九雀通信

台本を読む


カテゴリー: 2013年11月06日
九雀です。
寒くなりました。

ここ1ヶ月、緊張感のある慣れない舞台をやりすぎました。
吹奏楽落語、江戸弁「芝浜」、寿歌4のリーディング。
もうへとへとです。
ところが脳が興奮状態にあるのか、眠たいのに寝られません。
それならメルマガでも書くか、、、で現在に至っています。

現在の興奮状態の源は「寿歌」です。
前号で書いたように、私にとっては特別な作品です。
久しぶりにお芝居に浸りきる努力をしました。
ゲサクという役に自分を同化させようとしました。
稚拙な私の芝居で、それがうまくいったかどうかはわかりません。

ただ、公演が終わって4日経った今も、ゲサクさんが体から抜けてくれません。
11月3日に大須演芸場で落語をやったのは九雀ではなくゲサクどんのような気がします。

それはまぁ徐々に抜けていくでしょうし、ゲサクさんみたいな人になりたいとすら思うので、
このままでもいいかな、とも思います。

「演劇」と書きましたが、厳密には「リーディング」というものでした。
リーディング:台本を読む。
つまり、覚えんで良えという、とりようによっては「ズボラな公演」です。
リーディングには様々な形態というか、次元と言うか、線引きがあるようで。

灯りも音響も無しで、ただ読むだけ
てなものから
動きから衣裳から音響、照明に至るまで、殆ど普通の演劇なんやけど、ただ台本は読んでます
みたいなものまで。

今回は、
・衣裳あり
・音響とナマのマリンバ・パーカッション演奏あり
・照明あり
・立って動くのんは無し
という感じでした。

気づいたこと。

アマチュアの方に落語指導をするに、「早く覚え【ない】で下さい」とお願いします。
真面目な生徒さんほど、「とりあえず台詞だけは早く覚えよう」とします。
実際、うち以外の殆どの落語教室では、そう指導します。
私は逆。「早く覚えようとしないで下さい」とお願いします。
台本を読みながら、落語を台詞面から完成させていきます。
ラジオなら、あるいはご家族が襖一枚隔てて聞いてたら「もうできてるやん」というところまで作って、それから覚える。
こうすれば覚えたら出来上がりです。
これが「とりあえず覚えました」とテキストファイルだけを覚えたところで、落語にはならないのです。

今回、寿歌のリーディングをやってみて、このやり方は間違っていないと確信しました。
今回はリーディングです。「読む」公演です。
だから「覚えなくて良い」ではなく、「覚えてはいけない」んです。
つまり、読みながら台詞だけで芝居を作っていく。まさに私がやってる指導そのものですやん。
当然のことながら、1つの台詞にも色々な読み方があり得ます。
伊丹、名古屋と6回やりましたが、1回として同じものなんかありませんでした。
音や照明の入る演劇リーディングですらそうなのですから、台詞の比重がさらに大きい落語においてはなおさらリーディングが重要なわけです。

生徒さんの中には「でも最終的には覚えないといけない」とあせる人がいます。
私はこう指導しています。「何度も本気で読んでたら、嫌でも覚えますよ」と。
これもその通りでした。
実際、寿歌の台詞を覚えてしまいました。
演出の北村想さんから「覚えてしまって台本を見てない」と言う駄目出しを頂いたくらいです。

つまり「覚えられない」生徒さんは、「自然に覚えてしまうほどの回数を読みこんでいない」ということが、この度のリーディングで得た結論です。

と良えとこですが、今、まさに睡魔が来ました。
寝そびれると、また眠れませんので、中途ではありますが、ここまで。

<ツイッター>
公演情報 @hataraku_kujaku

<facebook>
「桂 九雀」の名前にて。

<ホームページ>
http://www.rakugokobo.jp/ 落語工房 

ついでに読みたい

九雀通信

RSSを登録する
発行周期 月に2回程度発行します。
最新号 2016/10/04
部数 492部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング