でるとこ攻略日本史メルマガ

7/14 赤本の正しい使い方って?


カテゴリー: 2018年07月14日
◆◇━━━━━━◇◆

 予備校講師 石黒拡親の
 でるとこ攻略日本史メルマガ
 第599号

 毎週水・土曜日発行
 http://www.derutoko.com/

◆◇━━━2018/07/14


■赤本の正しい使い方って?

夏休みに入って、過去問を解いている人が多くなってきましたね。
しかし、時間も限られていますから、要領よくコトを進めなければなりません。
そんな中での、受講生からの質問です。

<Kさん>
赤本の正しい使い方を教えてください。
僕は立教なので、論述もなく、大学ノートに書いて採点し知らない語句は用語集を使い調べ40面ノートに書き写しています。
某先生は、地歴は知らないものをやったってしょうがないんだし解答を先に見て丸暗記しな、入試に間に合えばいいんだ。といいます。
お薦めの使用法を教えてください(^.^)b

<石黒>
K君のやり方でかまいませんよ。
ただし、知らない語句と言っても実はノートに書いてあったりするので、ちゃんと本気でノート検索をしてくださいね。
でるとこサイトのノート検索プログラムを使うのが早いです。
http://www.derutoko.com/target/member.html
ただし、よくあるのは以前にブログにも書きましたが、
http://www.derutoko.com/blog/20050802/221204
夏期講習で配布したテーマ別のプリントに載ってるってパターンですね。
忘れている人が多いようです。

ちなみに、某先生が「丸暗記しろ」とおっしゃるのは、そもそも某先生ご自身が非常に日本史が得意であり、また暗記能力も相当に優れていらっしゃるゆえのご発言だと思います。
僕たち凡人は、単に用語を暗記するだけでは整理がつかないのですよ。
残念ながら「脳みちょ」な僕たちは、やり方を工夫しないと受験に必要な用語を網羅できないのです。
しかも、最近は単なる知識を求める問題ではなく、考えて解答させる問題が早稲田などでは目立ちます。
それなのに先に解答を見てしまったら、考えて解く練習ができなくなってしまいます。
なので先に答えを見るのは、はっきり言って大損です。

そして立教の問題は、40面ノートがあればかなり高得点が獲れます。
しかし100%は取る必要はないので、ある程度のところは捨ててくださいね。
ノートとプリントをきちんと調べたなら、自分で取捨選択ができると思います。がんばってください。

※現在は、立教大でも短文記述問題が出題されます。ご注意ください。


もう一人、赤本に関する質問を紹介します。

<Xさん>
赤本はどうゆうふうにやればいいですか?
解いて、解説にハイライターかけるというのは…?
お願いします!!

<石黒>
なんのためにハイライターをかけるんですか?

<Xさん>
わからなかったところをチェックしたほうがいいのかと思いまして……

<石黒>
チェックして、その解説をいつかまた見直すのでしょうか?

<Xさん>
過去問は何度も解くものではないのですか?

<石黒>
効率の良さを追求しないと難関大には受かりませんよ?
問題集も過去問も何度も解く余裕などないのではないでしょうか?
解くべき過去問は山のようにあるのですから。
受験勉強をするにあたって、もっとほかにも勘違いしているところがあるような気がして、非常に不安になりました。
ブログやサイトで、受験日本史への挑み方を熟読された方が良いと思います。

赤本の解説は読んだらそこで理解して、覚えておかなければならないことはノートにメモしておくべきでしょう。
何度も見直すものはできるだけ1つに絞り込むべきです。
そういう意味では史料問題だけは何度もやり直す必要があります。


通常授業を受けている人ですら、学習法がハズれちゃっている人がいます。
もったいないことこの上ないです。


□■ 関連ブログ記事 ■□
なぜ蛍光マーカーを引かないか
 http://www.derutoko.com/blog/20080621/091219
日本史勉強法をおさらいします
 http://www.derutoko.com/blog/20070508/000043
定番の落とし穴と壁を打ち破る2ステップ
 http://www.derutoko.com/blog/20111115/000021
問題集と赤本、どっちをやるのがいいの?
 http://www.derutoko.com/blog/20051120/094605
6月になったら赤本!
 http://www.derutoko.com/blog/20060602/195623


◆◇━━━━━━◇◆

「でるとこ攻略日本史メルマガ」

◇発行者:石黒 拡親

◇お問い合わせ:mailmaga@derutoko.com
※メールの件名(Subject)に、必ず氏名を明記してください。
※携帯のアドレスをご利用の方は、指定受信リストへinfo@derutoko.comを登録してください。
 登録方法 http://www.derutoko.com/mobile/mailsetting.html
※いただいたメールは、メルマガやブログで紹介させていただくことがあります。
 (お名前はイニシャルにさせていただきます。)

◆公式サイト:http://www.derutoko.com/
◆ブログ:http://www.derutoko.com/blog/
◆Facebook:http://www.facebook.com/derutoko

Copyright(C) 2018 石黒拡親 All Rights Reserved

◆◇━━━━━━◇◆

でるとこ攻略日本史メルマガ

RSSを登録する
発行周期 毎週水・土曜日発行
最新号 2018/07/14
部数 271部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

でるとこ攻略日本史メルマガ

RSSを登録する
発行周期 毎週水・土曜日発行
最新号 2018/07/14
部数 271部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング