現代の生活に古代の智恵を活かす

現代の生活に古代の智恵を活かす「日本人のお辞儀」


カテゴリー: 2012年11月16日
読者の皆さん、お元気ですか? 寒くなって参りましたね(日本以外のお住まいの方は異なるかもしれませんね)。風邪など召されませんように。

さて、今回の記事は「日本人のお辞儀」です。だれでもお辞儀をしますよね。人に会えば、お辞儀だらけです。でも、それは日本の常識であっても、世界の常識ではありません。お辞儀って何だろうと考えると、けっこう深いものがあることが分かります。そうすると「たかがお辞儀」に見えても、私たちはお辞儀の習慣を残していかなければならないことに気づきます。

ご案内-------------------------------
○「悪い因縁が続くわけを古神道で説明する」が11月17日(土)の探求会(ホテル日航姫路)のテーマです。ご興味がありましたら、お気軽にお越しください。  http://kamitohito.seesaa.net/article/301928520.html
○「豊かな日本を創る会」にいろいろなご意見をください。  https://www.facebook.com/home.php#!/pages/%E8%B1%8A%E3%81%8B%E3%81%AA%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E5%89%B5%E3%82%8B%E4%BC%9A/284506288301605
○日刊メルマガ「少し気になる「明日はどんな日?」今日より幸せになりたいから(無料)」少し元気の出る言葉と過去のその日にあったことや暦にしるされたことをお知らせします。毎日をステキな一日にしていきましょう。ご講読ください。  http://www.mag2.com/m/0001330955.html
-----------------------------------

「日本人のお辞儀」

○はじめに
私たち、日本人は頻繁にお辞儀をします。どこででも、だれに会っても頭を下げます。それがふつうのことです。しかし、それは世界のふつうではないようです。

オバマ大統領が2009年11月に訪日し、赤坂御所の天皇皇后両陛下を訪れた際に、車寄せでの初対面にあたって握手をしながら、90度のお辞儀、つまり最敬礼をしました。アメリカにはお辞儀の挨拶はありません。彼は、天皇皇后両陛下に対しての挨拶に、お辞儀をして、握手をすることを意図的に行ったのです。

世界の常識ではお辞儀は、特別な敬意を示す振る舞いで、日本人のように頻繁にするものではありません。アメリカ人のお辞儀ををどなたも見たことがないことでしょう。相手の目を見るのが礼儀であって、握手をするときも目線を下げるのは失礼とされています。ステージでお辞儀をするアメリカ人の演奏家はいます。拍手に応えてのお辞儀です。しかし、それはヨーロッパ由来の舞台上の特殊な習慣です。

私たち、日本人のお辞儀は、相手への敬意を、示している姿なのです。世界の常識ではないかもしれませんが、日本人の奥ゆかしい心情なのです。


○お辞儀とは
物事を行うのにちょうど良い時期を意味するのが「時宜(じぎ)」です。江戸時代から「辞儀」と表記されるようになってきました。「時間」の意味が希薄になり、お辞儀は「物事が成立するのにちょうど良い状況・事態」になったのです。

頭を相手の前に差し出すことで、お互いに敵意がないことを表しているのかもしれません。


○世界中のお辞儀
日本を含めて東アジアでは、お辞儀は伝統的な挨拶、お礼、謝罪の時の振る舞いです。

ヨーロッパでもお辞儀は、伝統的な挨拶、お礼、謝罪の行為です。男性は、片足を引き、頭を下げます。貴族はbow and scrapeと言うお辞儀もあります。それは右足を引き、右手を体に添え、左手を横方向へ水平に差し出すものです。

女性はカーテシーをします。それは、女性らしいお辞儀です。片足を斜め後ろの内側に引き、もう片方の足の膝を軽く曲げて、背筋は伸ばしたまま挨拶をします。あるいは両手でスカートの裾をつまみ、軽くスカートを持ち上げて、腰を曲げて頭を深々と下げ、膝もより深く曲げて行います。王族や観客に対して、あるいはメイドが主人に対して特別な感謝を表しているのです。

キリスト教では、尊敬や服従を表すためにお辞儀をします。祭壇を通るときや、礼拝時にイエス・キリストの名前が出るときにお辞儀をします。イスラム教でもお辞儀は人に対してしません。神に対してのみ行われるものだからです。

ユダヤ教でも、モーセの十戒の2つめ、偶像崇拝の禁止のために神以外のものに対してお辞儀をすることが禁止されていると解釈しています。ユダヤ人の儀式ではお辞儀は、礼拝の特定の時に行われます。ユダヤ人のお辞儀は、わずかに膝を曲げるもので、膝を伸ばす間に上体を前に曲げます。多くの人は"アドナイ(ユダヤ人の尊敬する王)の名が挙がるときにお辞儀を行います。


○中国の特別なお辞儀
中国の特別なお辞儀に三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)があります。中国皇帝の前でとる臣下の礼の1つです。三跪九叩頭または三跪九叩と言われる場合もあります。

「跪(き)」の号令で跪き、
「一叩(いっこう)(または『一叩頭』)」の号令で手を地面につけ、額を地面に打ち付ける。 
「二叩(にこう)(または『再叩頭』)」の号令で手を地面につけ、額を地面に打ち付ける。 
「三叩(さんこう)(または『三叩頭』)」の号令で手を地面につけ、額を地面に打ち付ける。 
「起(き)」の号令で起立する。 
これを計3回繰り返します。

90度以上(叩頭拝)は当時、中国皇帝に対してのみ許された行為でした。


○日本の古代のお辞儀

「魏志倭人伝」に「支配者である大人に対し、奴隷者である下戸が道で逢えば、下戸は戸惑い恐縮して道脇の草むらに入り、ものを言うときは、蹲(うずくま)るかあるいは跪(ひざまづ)き、両手を地に着いて敬意を表している。」とあります。また「貴人に対し手を打つことを以て跪いて拝礼することに代えていた」とあります。

つまり目上の人に対しての挨拶の基本は「跪伏の礼」です。それに代えて人に対しても拍手を行っていたのです。古代には、人でも神でも貴いものに対して拍手をしていたのが、人に対しては行われなくなり、神に対するものだけが残ったのです。

中国の「礼記」には周末から秦・漢時代(紀元前)の儒者の礼儀に関する説が集められています。

「先生に遭うときは、趨りて進み、正しく立ちて手を拱く。先生之と言うときは即ち対う、之と言わざるときは、即ち趨りて退く。」

当時、中国では「直立拱手の礼」が貴人に対する最高の義礼だったが、倭人がもっと丁重な「跪伏の礼」をするのを見て驚き、魏志倭人伝にも記録したのです。

『日本書紀』第廿九巻・天武天皇十一年九月辛卯朔壬辰の勅令で天武天皇は古来の「跪伏(ひざまづくゐや)」「匍匐礼(はふゐやゐや)」を廃止して、中国風の「立礼」に改めることを命じました。つまり飛鳥、奈良時代には『魏志倭人伝』の「跪伏の礼」が行われていたのです。

『続日本紀』巻三・文武天皇慶雲元年正月辛亥の項に「始めて百官跪伏の礼を停む。」とあります。

つまり、12年前の跪伏の礼の禁止令を出したにもかかわらず、守られなかったため、再び中国の様式による立礼を命じたのです。

ところが、その3年後の記。『続日本紀』巻四・元明天皇慶雲四年一二月辛卯の項に「跪礼を禁止したところ、役所において厳粛にせず、進退に礼がなくなり、事を述べたり答えたりするのに節度が失われている」ので、これを正すように命じています。


○お辞儀の種類
お辞儀には、立礼と座礼があります。日本での経過からいうと座礼があって、後に立礼に変わったのです。

お辞儀の種類は、立礼でも立礼でも、およそ次の通りです。
会釈    15度 小揖(しょうゆう)
敬礼   45度 深揖(しんゆう)
最敬礼  90度 拝(はい)

揖(ゆう)は、神社などで使われる言葉です。笏(しゃく)を持ち、上体をやや前に傾けてする礼、つまり会釈や、中国の昔の礼で、両手を胸の前で組み、これを上下したり前にすすめたりする礼を指しています。


○お辞儀を大事にする
お辞儀は、世界中で相手に対して敬意をはらっての所作だと分かります。東アジア、つまり日本、韓国、中国の東北部では、人に対してもお辞儀をします。ところがヨーロッパやアメリカ、あるいはイスラム圏では、お辞儀はあまりに特別で、宗教的な崇敬の念をもって行い、あるいは儀式的な扱いで行うものなのです。

日本では、だれに対しても頻繁に頭を下げます。ふだんのことばかりではなく、華道や礼法など日本の伝統に基づく場でも頻繁にお辞儀をします。日本人の日常的なこの習慣は、いつでも相手に敬意をはらっていることなのです。ですから、人に対して敬意をはらうお辞儀を大事にしたいものです。いつでもゆっくりていねいにお辞儀ができるようにしておきたいものです。
  (中澤鳳徳)
------------------------
「現代の生活に古代の智恵を活かす」
発行所:修生会
http://syusei.or.jp/
中澤鳳徳のブログ「神と人のはざまで」
http://kamitohito.seesaa.net/
〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲2379
E-mail : syusei@saturn.dti.ne.jp
電話 079-245-0780
Copyright(C), 2011-2012 修生会
上の記事を自由にお使いください。必要に応じて出典を明示してください。

このメルマガは現在休刊中です

現代の生活に古代の智恵を活かす

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2013/11/30
部数 93部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

現代の生活に古代の智恵を活かす

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2013/11/30
部数 93部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング