現代の生活に古代の智恵を活かす

現代の生活に古代の智恵を活かす


カテゴリー: 2012年02月17日
読者の皆さま、いかがお過ごしですか。

今回のメールマガジン(メルマガ)は、近日発行のメルマガの予告と明日の探求会のご案内などです。と言いながら、けっこう長文です。リンク先は、ケータイでは読みにくいページもあるかもしれません。
m(._.)m

目次------------------------
○幸運祭(2月11日)の「鑑定とお祓い」は、今月中、行っています
○近日発行のメルマガは「ご先祖さまへのお供え物」です
○明日2月18日の探求会は「神さまへの供物(くもつ)」です
○2月19日(日)は「行者の言葉(無料のよろず相談)」です
---------------------------

○幸運祭(2月11日)の「鑑定とお祓い」は、今月中、行っています

2月11日に幸運祭を執り行わせていただき、無事終えました。どうもありがとうございました。当会の大きな祭事で、毎年、前年の夏から用意をはじめています。お越しいただけた皆さまに幸運をお持ち帰りいただきたいと思っています。今月(2月)中の午前中には、当日と同様に「鑑定とお祓い(お一人さま1000円)」をさせていただきますので、当日ご参詣いただけなかった方も、お越しください。

2月11日にお越しいただけなかった方が別の日にお越しになりました。やはり当日の方が良いと言われました。「そりゃそやろ(それはその通りだ)」と思いました。多くの方にお手伝いいただき、さくらふくむすめの皆さんにもたくさんの幸せのおすそ分けをしていただけるようにしていましたので、当然のことかもしれません。どなたにもいろいろな都合がありますので、そうできないこともあります。それもご配慮だと思いますので、安心して2月中に「鑑定とお祓い」のためにお越しください。

お守りやお札も、その時に替えられることをお勧めします。
幸運祭のご案内  http://syusei.or.jp/news/396


○近日発行のメルマガは「ご先祖さまへのお供え物」です

次回発行のメルマガのタイトルは、「ご先祖さまへのお供え物」です。仏壇で、あるいはお墓参りで、お供え物をするのは、ご先祖さまに召し上がっていただこうというお気持ちだからだと思います。それは、神さまにお供え物をするのとどのように異なるのか、あるいはどうして必要なのかを考えてみます。

そしてどのようにお供えをすればよいのかを、分かりやすく説明させていただけると思います。お楽しみに。

明日の探求会とセットで、ご理解いただけると、より分かりやすいかもしれません。


○明日2月18日の探求会は「神さまへの供物(くもつ)」です

神仏を祀るときに、ご神体、あるいは仏さまの手前にお供え物を置きます。米、お酒、海産物、野菜、果物、玉串、菓子鏡餅、生花などが供えられます。それが日本の常識です。

無病息災のご祈願でも安産や地鎮祭などでも、あるいは、個人の家屋でも神棚を設けて、神饌(しんせん)と呼ぶ供物を捧げ、家内安全や招福を祈願するために供物を捧げて祈願します。

ご神前でお供え物をするのは、神さまがそれを使われるのかもしれないと想像できます。あるいは、私たちが感謝し、あるいは信仰していることを明らかにするためかもしれません。神さまに供物を捧げる習慣は、古来からの神道儀礼です。

古来から世界中でお供え物をしています。しかし現在の私たちが神仏に供えるお供え物と似ているとは限りません。

日本では、稲作中心の農耕文化であったためか、新米など新しい五穀を供えて、その年の収穫に感謝し、豊作を祈願します。天皇家で行なわれる新嘗祭もそうした行事です。

生きていた動物を供えることもあります。神社で海のものとして鯛やめざしを供えることや、アイヌの方々の儀礼でイオマンテを執り行うことです。供物に動物を屠(ほふ)ることは、現在の日本ではまれなことだと思われています。

ところが古代から現在まで世界中を見渡すと、生贄(いけにえ)に頻繁に出会います。

『日本書紀』の「皇極天皇元年(642年)」に牛馬を生贄にした記録があります。当時の遺跡からは牛の頭骨など考古学的にも確かめられています。雨乞いのために牛馬を殺し、それを神に奉げたのです。『旧約聖書』『レビ記』にある贖罪の日に捧げられるヤギが「スケープゴート」の語源です。マヤ文明ではピラミッドの頂上で太陽の神に生贄がささげられました。旧約聖書でも新約聖書でも生贄が扱われます。

動物ではなく、人間を神への生贄にするのが、人身御供(ひとみごくう)です。

日本神話では、ヤマタノオロチの生贄として女神であるクシナダヒメが奉げられようとしました。それはスサノオノミコトによって阻止されました。ヤマトタケルの妻であるオトタチバナヒメは荒ぶる神を鎮めるために身を奉げたのです。日本の城の建築に人柱の言い伝えがあります。旧約聖書にはアブラハムが神のお告げによって末息子のイサクを生贄にしようとする話があります。

生け贄や人身御供は、世界中に見られます。そして人身御供は、アニミズム(精霊信仰)に由来すると考えられています。

そこで今回は、世界中で古代から行われてきた宗教儀礼の供物に託された意味を考えてみます。

今回、扱わない部分があります。日本でお米を供えることが、古代の日本の成立期の権勢の移動に関わっていることと、明治まで仏教の影響で殺生を避けてきたことで、これまでの探求会で扱ってきました。祖霊信仰として、私たちがご先祖さまに喜んでいただけるようにお供えをすることについては、近日発行のメールマガジンに「ご先祖さまへのお供え」として取り扱うつもりです。

ご興味がありましたら、お気軽にお越しください。

□日時 / 2月18日(土) 午後1時半から午後3時半
□場所 / ホテル日航姫路1階ファウンテン個室
・電車  JR姫路駅 中央改札口南へすぐ/山陽電鉄姫路駅より徒歩5分
・お車  姫路バイパス姫路南インターチェンジより車で3分
□費用 /1万円 (参加時にお支払いください)
□講師 / 中澤鳳徳
・参加される方は、お電話などでお知らせいただけると幸いです。
電話 079-245-0780
http://syusei.or.jp/gijyuku.html


○2月19日(日)は「行者の言葉(無料のよろず相談)」です

よろずの相談ごとをカリスマ神主、中澤鳳徳が、個別に無料でお受けします。
仕事、家族関係、恋愛、片思い、結婚、浮気、事業、病気など、人生には多くの悩みや問題が出てきます。霊感のある方ばかりが霊的な障りを受けるのではなく、どなたであっても霊障のために現実が立ち行かなくなることがあります。

地縛霊、水子、先祖霊、前世、生霊、悪因縁となっているものなど原因になりそうなものはたくさんあります。必要に応じて前世をリーディングするなど霊能で解き明かし、浄霊し、場合によっては除霊しなければならないかもしれません。あるいは神占に託したいこともあるでしょう。

何千人もの方の悩みの相談をお受けしてきた中澤が、霊視をしながら、どなたにもていねいにご指導します。予約も不要です。

日時 毎月3回
第2月曜日、第2土曜日、第3日曜日
午後1時~午後3時の間にご指導します 
場所 修生会本部道場(2階) 
料金 無料 

注意 
●参加費は無料です。お供え、お志しも不要です。 
●他の行事などのご案内をすることがあります。不要の場合はお申し出ください。 
●大広間でうかがいますので、他の来会者に内容が聞こえることがあるかもしれません。 
●多くの来会者がある場合には、時間が短くなります。 
●修生会の行事の都合などで開催しない日があるかもしれませんので、ホームページかお電話で確認してください。 
●お越しいただきましたら、相談票に、お越しになった方のお名前などと相談内容のご記入をお願いします。 
●「行者の言葉」以外に一般的なご指導もしております。内容、先生によって料金が異なります。
http://syusei.or.jp/kitou.html

------------------------
「現代の生活に古代の智恵を活かす」
発行所:修生会
http://syusei.or.jp/
中澤鳳徳のブログ「神と人のはざまで」
http://kamitohito.seesaa.net/
〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲2379
E-mail : syusei@saturn.dti.ne.jp
電話 079-245-0780
Copyright(C), 2011 修生会
上の記事を許可なく転載することを禁じます。

このメルマガは現在休刊中です

現代の生活に古代の智恵を活かす

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2013/11/30
部数 93部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

現代の生活に古代の智恵を活かす

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2013/11/30
部数 93部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング