現代の生活に古代の智恵を活かす

現代の生活に古代の智恵を活かす


カテゴリー: 2013年11月30日
読者の皆さま、お久しぶりです。年の瀬も間近で、寒い毎日が続いています。お元気にお過ごしですか。今回は、「クリスマスツリーと門松」です。もうあちこちにクリスマスツリーが飾られていることでしょう。そして、それが終わると迎春の準備です。いずれにも常緑樹を用います。私たちはそれらに大きな期待をしていることが分かります。


ご案内-------------------------------
○「なかよし祈祷」のご案内
仲よしの方のために、仲よくなりたい方のために、ご活用ください  http://syusei.or.jp/news/1297

○心願成就の祈祷
恋愛を成就させたい、病気から快復したい、仕事を首尾よくやり遂げたい、受験に合格したいなど神さまのご配慮を受けたいときにご相談ください。1か月1万円
http://www.syusei.or.jp/kitou.html
http://www.syusei.or.jp/ganfuuji.html  (癌封じと癌平癒)

○日刊メルマガ「少し気になる「明日はどんな日?」今日より幸せになりたいから(無料)」少し元気の出る言葉と過去のその日にあったことや暦にしるされたことを日めくりのようにお知らせします。
http://www.mag2.com/m/0001330955.html
メルマガが小冊子「明日は今日より幸せになりたいから」になりました。感想やご意見などをお聞かせください。  http://syusei.or.jp/news/1274
-----------------------------------



クリスマスツリーと門松


○はじめに
日本では12月になると、あちこちにモミの木のクリスマスツリーが飾られます。そして、クリスマスが終わると、迎春のために松や竹でできた門松が用意されます。それらは、いずれも常緑の木です。太陽の力が衰えている冬の季節に、より強い太陽の光を求める思いの込められたものです。


○門松
門松(かどまつ)は、お正月に家の門の前などに立てられる松や竹の正月飾りです。古くは、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代でした。

神様が宿る常盤木の中でも、松は「祀る」につながり、古来の中国でも生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされてきました。


○クリスマスツリー
クリスマスには、クリスマスツリーがつきものです。部屋に飾られる方も多いでしょうし、街のあちこちで見かけます。かつてはヨーロッパモミというモミの木を用いていましたが、現在では、それに似たいろいろな木が用いられます。

クリスマスツリーのオーナメントは、キリスト教のいわれに則して用意されます。ツリートップ、つまりツリーの先端にはキリスト降誕を知らせたベツレヘムの星にちなむ星や、クリスマス・エンジェルが飾られます。リンゴは智恵の樹の実を象徴して飾ります。それは、オーナメントボールと呼ぶ金属光沢のあるボールなどになっています。キャディケインは杖の形をした飴です。ろうそくや電飾、金属光沢のあるモールなどの飾り、リボン、ベル、菓子かそれを模したもの、雪の装飾で飾られます。

北欧に住んでいた古代ゲルマン民族の冬至の祭は、ユールです。ユールでモミの木を使っていました。冬の間も緑を保つために、強い生命力の象徴となっているのです。それがキリスト教の普及で混淆されたのです。

また、ロシアのヨールカは、私たちのよく知っているクリスマスツリーと同じような形をしています。本来、新年を祝うものですが、クリスマスの時期から飾られます。

クリスマスツリーは、キリスト教では智恵の木の象徴だとされます。旧約聖書の創世記に出てくるエデンの園にあって、アダムとイブがその樹の実を食べました。神は、それに気づき、エデンの園を追放しました。

智恵の樹が何の樹なのかを旧約聖書では説明していません。翻訳の誤りでリンゴになったようです。ジョン・ミルトンの「失楽園」でもリンゴとされています。

ダン・コッペル著「バナナの世界史」によると、古代の中東ではバナナはイチジクと呼ばれていました。コーランの楽園の禁断の果実がバナナと考えられていて、また禁断の果実は、「エバのイチジク」と書かれているので、智恵の樹は、バナナであったともいわれます。


○冬至の祭に由来
クリスマスは、イエス・キリストの降誕を記念する祭日です。新約聖書にも、誕生日は記されていません。つまり、クリスマスは、お誕生日だと言うことではないのです。

北欧のクリスマスは、ユールと呼ばれます。ユールは、キリスト教以前の冬至祭のことを指し、北欧では今もクリスマスを指す言葉となっています。冬至の太陽が再び力強い生命を持つ日を新年とし、北欧神話の神々にビールや猪や豚などを捧げました。特に猪は、フレイ神の象徴であり、神聖ないけにえとされます。現在でも北欧、ドイツのクリスマス料理は、豚肉がメインです。

クリスマスの料理を並べたテーブルをユール・ボードと呼びます。この日に現れる霊たちに特別に用意されました。季節や農作業の変わり目、特に冬至は、死者の霊、悪魔、魔女などが大挙して現れるといわれます。

冬の長い北欧では、太陽の再生を祈るための祭りが冬至の頃に行われました。火を焚き、生贄をささげました。たき火(ボーンファイア)は、暗闇や寒さと戦う太陽の象徴で、人々は火の回りで歌ったり、飲み食いをしました。亡くなった人々の霊も宴席に参加すると言われていました。

ユールは、12月13日の聖ルチア祭から始まります。その家で一番年下の娘が、白いドレスに赤い帯、太陽をあらわすロウソクの冠をつけ、サンタ・ルチアの歌を歌い、家族にケーキを贈ります。お供には数人の星男(シャーンゴッセ)がつきます。

ルチアの語源は、ルクス(光)です。かつてはこの日に太陽の再来を願って生贄が捧げられたため、ルチアのモデルは女神フレイヤとされています。

また、クリスマスは、ミトラ教の冬至の祭を転用したものではないかと言われています。

キリスト教のライバルだったミトラ教は、ゾロアスター教発祥で、太陽神ミトラを崇拝しており、このミトラ神が再生する日が冬至(その当時は12月25日)でした。キリスト教は、ミトラ教同様に、12月25日を祝うようになりました。325年のニカイア公会議で、キリスト教会は、12月25日をイエスの誕生日に正式決定しています。キリスト教とミトラ教、そして、冬至祭の伝統を持つケルト民族やゲルマン民族を統合することになったのです。

そうしたわけで、私たちの知っているクリスマスツリーには、旧約聖書から想定されるリンゴやバナナではなく、冬至の祭に由来するモミの木が用いられることになったのでしょう。


○まとめ
太陽の光の弱った冬に、私たちは、太陽の再生を願って常緑の木を用いました。日本でも常緑の竹や松を門松にして、新年を迎えます。同時期に常緑のもみの木を使った冬至の祭に由来するクリスマスが行われるのです。
                  (中澤鳳徳)
------------------------
「現代の生活に古代の智恵を活かす」
発行所:修生会
http://syusei.or.jp/
中澤鳳徳のブログ「神と人のはざまで」
http://kamitohito.seesaa.net/
〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲2379
E-mail : syusei@saturn.dti.ne.jp
電話 079-245-0780
Copyright(C), 2011-2013 修生会
上の記事を自由にお使いください。必要に応じて出典を明示してください。

このメルマガは現在休刊中です

現代の生活に古代の智恵を活かす

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2013/11/30
部数 92部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

現代の生活に古代の智恵を活かす

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2013/11/30
部数 92部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング