ゴミ拾いにいこう

ごみ拾いに行こう~2017年6月号~vol.070


カテゴリー: 2017年06月12日
http://www.gomingo.jp ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ゴミ拾いに行こう
   ~2017年 6月号~       Vol.070

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/6/12

友ヶ島のゴミが漫画に掲載されました


友ヶ島での「みんなで島のゴミ拾い!!」は、5月中旬にみなさまのお力添えをもちまして無事に終了できました。
宿泊することによって、日帰りではスケジュール的に手を入れることが難しい南垂水でも、
昨年に続き2年連続でゴミ拾いをすることができました。
二日目の南垂水ではどうしても人数的にも時間的にも作業量を確保できず、拾い残しが多々見られて後ろ髪引かれる思いでしたが、
それは友ヶ島全体の漂着ゴミにも言えることです。

そんな友ヶ島ゴミ拾いでバタバタしてる最中に、小学館から一本のメールが。

小学館で発行している『週刊ビックコミックスペリオール』で連載している「旅の四宝」という漫画内で
友ヶ島にゴミが漂着しているということを扱いたく、その際にゴミンゴが撮った写真を使用したいというお話をいただきました。
こちらとしても、友ヶ島のラピュタ/廃墟ブームだけではなく、
ゴミが大量に漂着していることを少しでもいろんな人に知ってもらういい機会だと考え、快諾しました。

まいなびニュースによると、「「旅の四宝」は、経営不振の旅行会社で企画開発部長を務める朱雀凪紗(すざくなぎさ)が、
とある優秀なツアープランナーの男にスカウトをしに行く展開からスタート。」というように、
旅行会社が様々なパッケージツアーを企画運営するストーリーの様です。

その中で、実際に小学館から送られてきた漫画の内容を読んでみると、
観光客の増えた友ヶ島内の観光地(第3砲台や灯台など)を巡った後、
一番見てほしい場所として、ゴミで埋め尽くされた北垂水に案内するという展開になっていました。

ゴミンゴとしても、友ヶ島の単なる景色の一つとして取り上げられているのではなく、
最も見てほしい景色として取り上げてくれているのは、非常にありがたく思いました。

問題意識を少しでも広く共有し、自分が捨てたゴミがどこに行くか思い巡らす人が増えてくれることを祈っています。

少しでも、山に川に海に自然にゴミが残らないように


NPO法人ゴミンゴ・ゴミ拾いネットワーク
代表 近藤 潤


────────────
◎ゴミ拾い情報
────────────

>>  いまからいこう!

6/18(日)
伝法<淀川>(大阪市)10:00~
 [ゴミンゴ http://www.gomingo.jp/] 

6/21(水)
藻川(兵庫県尼崎市)12:30~
 [まいどいんあまがさき・自然と文化の森協会 http://blog.livedoor.jp/iz31/archives/50367500.html] 

6/24(土)
大和川水系石川(大阪府藤井寺市)10:00~
 [ゴミンゴ http://www.gomingo.jp/]  

6/25(日)
大和川(大阪市住吉区)10:00~11:00
 [大和川を守る会 http://yamatogawamamoru.aikotoba.jp/index.html] 

7/9(日)
海老江干潟<淀川>(大阪市)10:00~
 [ゴミンゴ http://www.gomingo.jp/]


※集合場所や活動場所など詳細は各主催団体のホームページをご確認ください。


────────────
◎スタッフコラム
────────────

既にご存知の方もおられるかも知れませんが、蛾(が)の幼虫がプラスティックを食べれるそうです。

先月の24日にアメリカで研究論文が発表され、レジ袋などのプラスチックごみによる環境問題への対策に
蛾の幼虫が一助となる可能性があると言われています。

なぜこのような経緯に至ったのかと言うと、幼虫が湧いてしまったハチの巣をプラスチック袋に入れておいたところ、
多くが穴を開けて外に這い出しているのに気づき、これが研究のきっかけとなったそうで…。

研究では、幼虫数百匹をレジ袋の上に乗せて実験を行い、40分後には複数の穴を確認することができ、
12時間後には、92ミリグラムが食べられていました。

プラスティックは食べても幼虫に影響はないのかと疑問が残りますが、完全に消化したことも確認され、
化学成分を分解していたことも分かったみたいです。

現実的にはプラスチック袋を分解させるのはないとした上で、プラスチック分解物質を環境に害を与えない液体として開発し、
プラスチック処理施設で使用するという方法が考えられるらしいです。

逆に、蛾が増殖し過ぎたら、何かしら生態系に影響ありそうですよね(笑)

担当:徳永


────────────
◎編集後記
────────────

皆様、おかわりなくお過ごしですか。
梅雨入りしたわりに過ごしやすい天気が続きそうですね。
ただ水難事故が増え始める時期です。
川や海のゴミ拾い時には十分に気をつけてくださいね。
  
          
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 ゴミ拾いにいこう
 発行責任者:西野依里
 発行部数:50部
 発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
 配信中止はこちら↓
 http://www.mag2.com/m/0001308691.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 Copyright (c) NPO法人 ゴミンゴ・ゴミ拾いネットワーク
 http://www.gomingo.jp/
 Tel:090-5659-9966
 E-mail:info@gomingo.jp

ゴミ拾いにいこう

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/02/16
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ゴミ拾いにいこう

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/02/16
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング