ブログでは語りきれないバナナ魚

サンプル誌


カテゴリー:
☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

       ブログでは語りきれないバナナ魚小説        

―――――――――――――――――――――――――☆★☆ サンプル号

はじめまして、発行人の【らぶばな】です。

ついにメルマガを発行することになりました。
拙い文章でお見苦しいところが
あるかも知れませんが、よろしくお願いします。

このメルマガではBANANAFISHの創作をおおくりしています。
漫画や映画、ドラマなどからヒントを得て、独創的なアイディアと視点で
皆さまに楽しんでいただける小説を創作しています。

サンプル号のメニューはコチラです。

★1★ 創作小説
★2★ 編集後記
___________________________________

★1★ 創作小説
 登場人物:アッシュ、英二

【 もし英二がアッシュにお守りを渡すなら…… 】

 英二は渡米の際、妹からお守りを預かった。
 だがそのお守りはなぜか『良縁』だった。 

 それでも英二は妹の気持ちが嬉しくて肌身はなさず
お守りを持っていた。

 英二は日本が恋しくなった時、無意識にお守りを見ていた。
 アッシュの前では決して「日本が恋しい」と言わないが、
アッシュは英二の気持ちが何となく分かっていた。

 そして英二も、アッシュは口には出さないが本当は
 「普通の家族」や「兄弟」について憧れを抱いている事に
気づいていた。

 ある日、アッシュは英二がお守りを見ているところを目撃した。

(英二、日本が懐かしいのか……?)

 しばらくして、アッシュが英二に言い出した。
「英二、お前たまには日本の家族に連絡しろよ」
「えっ? 何? 突然どうしたの? 」
 英二は驚いた。

「お前、全然電話してないだろ?家族が心配しているに
 違いないぜ」
「うん……そうだね……」
 英二は母親の顔を思い出した。

「俺はちょっと出かけてくるよ。だから今すぐ電話しろ」
「あぁ……分かった」

(アッシュ、突然どうしたの?)
 
 英二は アッシュがどうしてそんな事を言い出したのか
すぐに理解できなかった。

 しかし、日本にいる家族が心配しているのは事実だったので
アッシュが出かけた後、電話をすることにした。

「……そうなんだ。母さん、心配しなくても大丈夫だよ」
「英二がお世話になっている人にお礼の品を贈らせてちょうだい」
 母親は御礼をしたかったようだ。

「え、そんな事しなくてもいいよ……」
 英二は断ろうとしたが、ある事を思いついた。

(……あ、そうだ! )

「母さん、やっぱりお願いしていいかな?
 買ってきて欲しい物があるよ」
 英二は母親にお願いをした。

 2週間後、日本から郵送物が届いた。
 英二は荷物を受け取るなり、そのままアッシュのいる書斎へ行った。

「アッシュ、日本から君へのプレゼントがあるよ」
 嬉しそうにアッシュに箱を渡した。

「ジャパンから俺に? どうして? 」
 アッシュは不思議そうに聞いた。 

「あぁ……母さんにお願いして買ってきてもらったんだ」
 英二に催促されて、アッシュは小包をあけた。

「これは……お守り? 」
「そう。ずっと君にお守りを渡したかったのさ。
 これを持つとね、君は日本の神様に守ってもらえるよ」
「俺みたいな人殺しでも、日本の神に守ってもらえるのか? 」
 自嘲気味にアッシュが言った。

「そんな言い方するなよ。神様はきっと君を守ってくれるはずだよ」
「…………ありがとう」
 アッシュは少し照れて答えた。

( ちょっと違うかな……すでに俺はお前とお前の家族に守られてる気がするよ)

 アッシュは奥村家の人々の優しさに感謝した。
 そしてお守りを見てふと疑問に感じた。

「英二、このお守りの文字はどういう意味だ? 」
 漢字を知らないアッシュが英二に聞いた。

「あぁ、それはね『安全祈願』と言って……」 
 安全祈願の説明の途中で、英二は固まった。 

 英二は電話で母親に『安全祈願』のお守りを買って
きてくれと伝えたのに、そのお守りは『安産祈願』だった。

(母さん……聞き間違いしたな……)

 しかも一緒に入ってた手紙には次の様に書かれていた。
「英二がいつもお世話になっています。
 奥さまに元気な赤ちゃんが産まれますように」
 英二の母親は完全に勘違いしていた。

「……」
 英二は言葉に詰まった。

(まぁ……でもいいか。たぶん誰も気づかないだろう。)

 結局、英二は『安全祈願』と『安産祈願』の違いを言わずにそのまま
にしておいた。母からの手紙も適当にごまかしておいた。


 後日、アッシュが『安産祈願お守り』と手紙を伊部に見せて自慢しよう
としたが、それを見た英二が慌てて
 「これは人に見せるものじゃなくて、ひっそりと持っておくものだよ」
と言い、決して伊部に見せようとしなかった。

<完>

___________________________________

★2★ 編集後記

お読みいただきまして、ありがとうございました。
ほのぼのとしたお話を今回はお送りさせていただきました。

常にアッシュの心配をする英二なら、お守りを渡すことがあるのでは
ないかという想いで創作しました。

ご感想・ご意見があればお気軽にメールでどうぞ。
                          (らぶばな)
___________________________________

メールマガジン「ブログでは語りきれないバナナ魚」

★発行責任者:らぶばな
★公式サイト:http://love-banana-ae.otonagami.com/
★問い合わせ:ash1968love@otonagami.com
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001307091.html 

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

ブログでは語りきれないバナナ魚

発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2013/10/06
部数 83部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング