[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

2017/4月第70号


カテゴリー: 2017年04月02日
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@
[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法 2017/4月 第70号
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@

*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*
<今月のメールマガジン内容>
■今月のプレクシャ・ヨガ特別企画(お花見付き)のご案内
■コラム「勝利者の瞑想法」(坂本知忠)
■定期講座・集中講座 開催情報
■平成29年度 年会費納入のお願い
■編集後記~サマニーワークショップを終えて~(中村正人)
*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*

桜が満開となり、いよいよ本格的な春を迎えました。皆さまいかがお過ごしで
しょうか? 新年度最初となるメルマガをお届けいたします。どうか春らしい
ホクホク、ワクワクした気持ちで、ゆっくりお読みください。
__________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■今月のプレクシャ・ヨガ特別企画(お花見付き)のご案内

4月のプレクシャ・ヨガは、沖ヨガの武藤誠四郎先生主催の林泉寺アシュラムと
特別に合同企画で開催することになりました。さらにヨガ後は、桜並木で大変
有名な播磨坂でお花見をします。研究会は今回はお休みします。

4月3日(月)
「ヨガと瞑想」18:30~20:00

会場:大塚地域活動センター 2階和室
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/chiiki/otuka.html

前半 18:30~19:15 武藤誠四郎先生によるヨガ
後半 19:15~20:00 プレクシャ瞑想 坂本知忠先生、中村正人先生

*林泉寺ヨガに初めてご参加の方の参加費:
体験料1000円+会場費500円
(通常のプレクシャ・ヨガの参加費は必要ありません。)

「お花見」20:00~
場所:播磨坂 https://hanami.walkerplus.com/detail/ar0313e26523/
参加費:無料
持ち物:敷物、自分の食べたいもの、飲みたいものをご持参ください。
    外で寒いので、防寒着など暖かくしてお越しください。

ヨガアサナは瞑想を行う前に、体と呼吸を整えるためのものです。
瞑想には欠かせないもので、武藤先生から素晴らしいアサナを学べます。

ご参加希望の方は、まちこ(machiko@kej.biglobe.ne.jp)まで
ご連絡ください。

皆様のご参加をお待ちしております。


■定期研究会は4・5月はお休みです。新年度は6月より、第1月曜日に再開
いたします(祝祭日を除く)。

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■コラム「勝利者の瞑想法」 (坂本知忠)

[火とは何か]

火とは何かについてアヌプレクシャした。火について考察するとき私の脳裏に
まっさきに思い浮かぶのは焚火である。今の若い世代や私の孫たちは焚火の経
験が少ないか全くないといってよい。また、どのように薪を燃やすのか、その
技術を知らない。私は若いころ、北関東から東北北部の白神山地まで未知なる
渓谷を求めて沢登りに熱中した時期がある。道のない山を渓谷伝いに登るとき、
渓畔での野宿の友は焚火であった。山での焚火は調理のための燃料であり、体
を温めるための暖房であったが、それ以上に心の安心や暗闇を照らし、友との
語らいを引きだしてくれる媒体であった。薪を刈るための山道具として私は秋
田県角館の喜一鍛冶に特別注文の鉈を作らせたほど、渓流歩きと焚火の達人に
なった。

南アルプス北部の白岩岳に8月に登った時のこと、滝もない登りやすい門口沢
を登り予定より早く白岩岳に登頂し、前小屋沢に下った。登行記録のなかった
前小屋沢は、登りの時の門口沢とは全く違って険しい谷だった。下山途中で不
運にも雨になった。我々3人は誰も雨を予期していなかったので雨具を持って
いなかった。雨に打たれて全身びしょ濡れになった。雨に打たれているので下
山を急いだが夕暮れ時、どうにもならない大きく高い滝に遭遇した。無理して
滝を下降して滑落したら命にかかわる。3人で協議して滝の落ち口の安全な場
所でビバーグすることにした。我々は日帰りでベースキャンプまで降りてくる
予定だったので食料も持参していなかった。ひもじく、寒さに震えながらの長
い一夜を過ごした。遭難一歩手前の夏の夜が明けた。幸い雨が止み流木を集め
て焚火を盛大に起こし、濡れた衣服を乾かした。雨具や食料は持っていなかっ
たが、マッチと鉈だけはサブザックに入れていた。地図を焚きつけにして、火
を起こした。この時の焚火のありがたかったこと、一生の思い出である。

火を扱えるようになって人類はほんとうの意味で人類になれたのではないかと
私は思う。火は暗闇を照らす明かりであり、食物を食べやすくする煮炊きの燃
料であり、寒さから暖をとったり、獣から身を守るありがたいものとなった。
ホモサピエンスの登場以前、今から40~50万年以前、原人の時代から人類
はすでに日常的に焚火としての火を使っていた。

火を巧みに扱えるようになって初めて人類は文明を持つ余裕ができたと言える。
石炭や石油などの化石燃料が広く使われるようになる以前、人類史の長い間、
人間が火を作るための燃料は主に薪と炭であった。火は調理、照明、暖房、合
図として使われてきた。焚火で調理する方法として土器や金属器がなかったと
きには調理する物を串にさす、木の葉に包む、焼石を使う方法がとられた。火
を使うことが出来るようになって、食べることが困難だった豆や穀物、芋など
多くのものが食用可能となり農業が起こる礎となった。火を通すことで肉に付
着している寄生虫や病原菌を熱消毒できる利便性も得られた。

さらに火を扱うことに上達して土器が焼けるようになり、陶器や磁気まで焼け
るようになった。火が使えることで銅と錫を混ぜて青銅器をつくれるようにも
なった。文明とは火を上手に扱える技術のことだといえる。照明器具として菜
種油や魚油を燃やす行燈やランプが作り出され、化石燃料を安価に大量に扱え
るようになって、蒸気機関から自動車、航空機まで作れるようになった。さら
に現代ではエネルギー源として原子力や燃料電池、風力発電や太陽光まで火の
カテゴリーとして扱えるようになり、文明は加速度的に進歩発展している。

火という言葉の定義づけは、「熱と光を出す現象のこと」といえる。科学的に
は、「物質の燃焼に伴って発生する現象のこと」である。燃焼とは物質の急激
な酸化である。火が燃えるとき熱や光とともに様々な化学物質が生成される。
炎は煙が熱と光を持った状態になった気体の示す一形態である。それを科学的
にいうと、気体がイオン化してプラズマを生じている状態という。

火は大地の重力や引力、大気の対流や、湿度などとも関係している。ろうそく
の炎は炎心と内炎と外炎によって構成されている。最も明るいのは内炎である。
内炎では炭素(すす)が多く含まれていて不完全燃焼を起こしている。最も熱
いのは外炎で酸素と最も多く接している。ろうそくの炎の先端では1000℃
になっている。地球では火は地球独特の火の燃え方をしている。他の惑星では
火は違った燃え方をするだろう。宇宙船内部など無重力状態では対流が起きな
いので炎は球形になってしまうという。そして、完全燃焼するために青くなる
らしい。丸く燃える炎はゆっくり動かさないと消えてしまうらしい、丸く燃え
る炎の周りに発生した二酸化炭素が炎を包み込み酸素を遮断してしまうからで
ある。

火が燃え続けるには適正な温度と燃料と酸素の継続的な供給が必要となる。火
を消すにはその条件を奪えばよい。調理には炎が小さくて長くゆっくり燃える
小さな火が都合よい。燃えても炎が小さい炭はその点で使いやすく、灰をかけ
るなどの方法で燃料を長持ちさせることもできる。

火は人間に多大な恩恵を与えてくれる半面、時には大きな災いをもたらす。不
注意から家屋が火災で焼け、時には燃え広がって大火となり多くの家屋を焼き
尽くす。第二次世界大戦時、日本の主だった都会はB29による焼夷弾攻撃をう
け焼け野原となった。広島や長崎に落とされた原爆も人為的な火の大災害であ
る。火は善悪の両面がある。優しさと恐ろしさの両面を備えている不動明王の
ようだ。不動明王は体から火炎を放射した御姿をしている。それは究極的な火
の神像である。私の家の床の間には代々、慈覚大師が版木を彫って制作された
下総御瀧山の不動明王像の掛け軸が掛けられている。光背の炎は人間の血液で
彩色したものである。私はずっとこの掛け軸を見て育った。今でも毎日それを
見ている。

火は熱であり、光であり、エネルギーである。その根源、生まれたところは宇
宙の誕生とおなじ所である。今から138億年前、空間もなく、光も電波も物
質もなく、時間もない、点もないところにビックバンが起こった。天文学用語
でいう特異点から急激な膨張する動きを伴って宇宙は生まれた。なぜ急激な膨
張、天文学用語のインフレーションが起こったか?それは宇宙全体が急に加熱
された結果、急激に膨張が起こったのである。その熱は真の真空から現在の真
空に相転移することで想像を絶する高温が発生した。それが宇宙の誕生ビック
バンである。全ての元素やエネルギーや物質や星々や生物や火や水や風や地球
や我々一人ひとりの出発点がその特異点、ビックバンにある。

光も熱も火も、地球も大地も樹木も我々自身も、宇宙空間の膨張と共に時間が
始まり、時間の経過で継続する変化が起こり、その変化の中で最初の相転移の
熱が形を変えて今、このように違った形で違った場所に存在しているのである。

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■定期講座・集中講座 開催情報

▼「瞑想とヨガ」
指導士養成講座レヴェル1(東中野・沖ヨガスタジオ)

全12回(単発受講可) 木曜日19:00~20:30

第1回 4月6日  講義:瞑想とは何か どのように行うか
          実習:カーヨウッサグ
第2回 4月13日 講義:カーヨウッサグの理論
          実習:カーヨウッサグ
第3回 4月20日 講義:アンタール・ヤートラの理論
          実習:アンタール・ヤートラ
第4回 4月27日 講義:ジャイナ教瞑想と仏教瞑想の相違点と類似点
          実習:アンタール・ヤートラ
第5回 5月11日 講義:シュヴァーサ・プレクシャの理論
          実習:シュヴァーサ・プレクシャ
第6回 5月18日 講義:呼吸法とプラーナヤーマについて
          実習:プラーナ・サンチャラニー・ムドラ
第7回 5月25日 講義:マントラを唱える意味
          実習:スマブリッテイ・シュヴァーサ・プレクシャ
※6月1日     只見でYOGA合宿のため休講
第8回 6月8日  講義;身体の宗教哲学的意味
          実習:シャリーラ・プレクシャ
第9回 6月15日 講義:肉体、電磁気体、カルマ体、魂について
          実習:シャリーラ・プレクシャ
第10回6月22日 講義:8つの主要なケンドラについて
          実習:ジョーテイ・ケンドラ・プレクシャ
第11回6月29日 講義:4ステップ瞑想の組み合わせ時間配分について
          実習:4ステップ瞑想
第12回7月6日  特別瞑想 1.5時間連続瞑想
         (マントラメディテーションと4ステップ瞑想)
注:7月13日より8月31日まで瞑想講座は夏休みとなります。
9月7日よりレヴェル2としてスタートします。

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■平成29年度 当協会年会費納入のお願い

4月より新しい年度がスタートしました。会員の皆様におかれましては日頃
のご支援に感謝しております。当協会では、皆様に瞑想の学びを無理なく継続
していただくため可能な限り低い設定で会費を頂戴しております。大変恐縮で
すが、どうか引き続きご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、会員資格は、退会のご連絡をいただかない限り原則として自動継続とな
ります。下記をご確認の上、お早目のご入金をお願いいたします。

会員にご登録いただきますと、瞑想を学ぶための下記各種サービスを受けるこ
とができます。

【年会費】
一般会員  年会費2,000円 
(新規登録および継続会員とも、同一料金となります)
(入会金はありません)

【会員向けのサービス内容】
・毎月の研究会への参加割引(会場費・テキスト代込) 
・年2回会報誌の配布(4月、10月)
・講習会、教室、合宿、ワークショップなどへの参加費用の割引
・月刊メールマガジンのご購読(※会員以外の方も無料で購読いただけます)
・各種企画・イベント情報の通知

【手続の方法】
すでに会員の方は、下記の口座(ゆうちょ銀行または三菱東京UFJ銀行)まで
年会費をお振込みください(振込人名義が会員名と異なる場合はご一報くださ
い。研究会やプレクシャ・ヨガなどの場で直接お支払いただくこともできま
す)。

【振込先】

三菱東京UFJ銀行
浦安支店(店番:361)
普通口座:0137217
口座名義:日本プレクシャ・ディヤーナ協会 代表 坂本 知忠

ゆうちょ銀行
記号:10580 番号:71299071
※他行から振り込む場合↓
店番:058(ゼロゴハチ支店)普通預金口座:7129907
口座名義:日本プレクシャ・ディヤーナ協会


退会を御希望の方は、その旨を協会事務局までご連絡ください。

受付期間:2016年5月末日まで

なお、新規会員のお申し込み手続の詳細と申込書などはこちらをご覧下さい。
http://jp.preksha.com/preksha/member.htm
登録書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえお申し込みください。

協会事務局 お問い合わせ先:japan@preksha.com

どうぞよろしくお願いいたします。


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

<編集後記> ~サマニーワークショップを終えて~(中村正人)

3/16~20にかけて、大阪、名古屋、東京の4会場で、インドからジャイナ教の
本物の僧侶(海外渡航を特別に許された准尼僧)を招いての瞑想特別ワーク
ショップが開催され、大盛況のうちに無事終了いたしました。ご参加くださっ
た皆さま、貴重な機会を共有していただき、ありがとうございました!

ワークショップの内容は盛りだくさんで、ここで紹介することはできませんが、
ご希望の方には後日、DVDをお頒ち致しますので、協会までご連絡ください。

14日に関西空港に到着してから24日に成田空港から出立するまでの約10日間、
一緒に行動できたことは、スタッフ一同にとって大変貴重な経験となりました。
ただ文字に書かれたものを読むだけではわからない、様々なことを学ばせて頂
きました。おそらく、すべての行程で直に感じたのはアヒンサ(非暴力)とは
何か、他者を尊重するために自分の感情をどうコントロールしたら良いか(ア
ネカンタ)、そしてすべてを手放すとはどういうことか(アパリグラハ)です。
これらはジャイナ教の三大戒律と言われているもので、それぞれ非暴力・不殺
生(=アヒンサ)、非独善主義・不定主義・非対立主義・相対主義(=アネカ
ンタ)、非所有・無執着・不貪(=アパリグラハ)などと訳されていますが、
単なる概念としてではなく、その一つひとつが日常の細部にどれほど関係して
くるか、どう生かされているかがよくわかりました。これらの習慣をバランス
よく採り入れれば、たしかに他者(人間に限られません)との間に争いは起こ
らなくなります。「争いが起こらない」という意味は、問題が存在しないとい
うことではありません。日常的に生じる問題が「争い」にならないということ
です。様々な機会を通して、今回学んだ「知恵」を皆様にもお伝えしていきた
いと思います。まずは、4月3日のプレクシャ・ヨガ講座(上記)とお花見に来
れる方はぜひ遠慮なくご参加ください。その他、下記Facebookページでも随時、
ご案内いたしますので、この機会に各グループに参加申請ください。

プレクシャ・コミュニティ 
https://www.facebook.com/groups/465120036943301/?fref=ts
プレクシャ・メディテーション
https://www.facebook.com/groups/276947325739512/?fref=ts
日本プレクシャ・ディヤーナ協会
https://www.facebook.com/jp.preksha/?fref=ts


(メールマガジン編集・発行責任者:中村正人)


お気軽にメールマガジンの感想や、プレクシャや瞑想についてのご質問、
ご自身のプレクシャ体験談などメールにてお寄せください。協会のプログ
やSNSに掲載いたします。

メールアドレス:japan@preksha.com

■メルマガの配信停止は以下のページからお願いします■
http://www.mag2.com/m/0001262370.html

過去に配信したメルマガは下記URLから読むことができます。
http://archive.mag2.com/0001262370/index.html

過去に掲載したコラムとエッセイは、協会ブログにも掲載しております。
http://prekshajapan.blogspot.jp/

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発行:日本プレクシャ・ディヤーナ協会
ホームページ http://jp.preksha.com/
ブログページ http://prekshajapan.blogspot.com/
Copyright (C) 2010-2017 Preksha Dhyana Association of Japan.
___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/25
部数 141部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/25
部数 141部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング