[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

2016/11月第66号


カテゴリー: 2016年11月04日
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@
    [プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法 2016/11月第66号
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@

*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*
<今月のメールマガジン内容>
■速報 サマニー来日のお知らせ
■コラム「勝利者の瞑想法」(坂本知忠)
■第71回 プレクシャ・メディテーション研究会開催のお知らせ
■定期講座開催情報
■編集後記(中村正人)
*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*
___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■速報 サマニー来日のお知らせ

ここ数年来、インドに希望を伝えておりましたサマニーによる来日ワークショ
ップがいよいよ実現する運びとなりましたので、取り急ぎ、速報いたします。
東京、大阪、名古屋の三か所で開催予定です。滅多にない貴重な機会ですので、
皆さま、日程をご確認の上、スケジュールの調整をよろしくお願いいたします。

3月17日(金)午後 大阪
3月18日(土)午後 名古屋
3月19日(日)・20日(月)東京 

詳細が決まり次第、本メルマガ上で告知いたしますので、どうぞご期待ください!


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■コラム「勝利者の瞑想法」 (坂本知忠)

[カルマヨギ・二宮金次郎]

自己探求に偏りしすぎると宗教は理想主義の傾向が強くなり、社会救済を重視
すると宗教は現実主義、実用主義化する。宗教の理想は理想主義と現実主義が
フィフティ、フィフティに調和されたものが私は望ましい宗教だと考えている。
自己探求とは皮膚の内側に深く潜っていって真実の自己を見つけることである。
それがメディテーション(瞑想)である。瞑想によって「自分だと思っていた
ことが自分ではないとわかる」。真実の自己は神であるとの悟りを得ることが
できる。社会救済は愛、慈悲、菩薩行の実践である。社会救済は皮膚の外側に
自己を拡大していく行為であるということができる。社会救済、菩薩行、奉仕
行によって「自分ではないと思っていたことが全て自分だとわかる」。菩薩行
の実践によって、全てのものとの融合、宇宙との合一、神との合一が達成され
る。 沖正弘先生はそのことを真智聖愛と言った。真智が自己探求、聖愛が菩
薩行、二つ合わせたものが沖ヨガ行法でそれを冥想行法と呼んだ。自己探求だ
けの意味の瞑想でなく、沖ヨガは社会救済を含む意味の冥想行法と表現して両
者を区別したのである。

2600年前のインドは多くの出家僧が瞑想と苦行に取り組んでいた。当時の
シュラマナ系宗教は自己探求とカルマの解消、輪廻からの離脱にばかり目が向
いて理想主義、厳格主義に傾いていた。そのシュラマナ系宗教に対し、実用主
義、現実主義をとってシュラマナ系宗教を改革したのが仏陀だと私は考えてい
る。仏陀が現実主義(中道の教え)をとったため、厳しかった戒律が、後に仏
教徒によってだんだん戒律の数が増えていったのに反比例して安易なものにな
ってしまった。古代のシュラマナ系宗教の姿を今にとどめるジャイナ教は、魂
の存在を認め、非暴力、不殺生、無所有、無執着の戒律を、不合理でも現実離
れしていても何が何でも変更せずに堅持した。ジャイナ教が理想主義で仏教が
現実主義といってもよい。どちらが優れているかという問題ではなく、どちら
をより重視しているかの違いなのだ。

ヨガの部門は72部門あると言われている。その中で主要なものはバガバッド
ギータに説かれているジュニヤーナヨガ、カルマヨガ、バクティヨガである。
バクティヨガは信仰のヨガで全てに神を見ることで救い、救われを目指してい
る。ジュニヤーナヨガは自己探求の瞑想ヨガであり、カルマヨガが生活や仕事
を通じて社会救済をする菩薩行ヨガである。

カルマヨガとは何か、カルマとは日本語で業という意味である。業とは因縁果
のことであり因果律のことをいう。全てのものごとには起こってくる原因があ
り、原因と縁なくして結果はおこらないという考え方のことをいう。幸せにな
りたかったら幸せになるための行為をしなさいという実践である。それが社会
奉仕行、社会救済行である。仕事を通じ生活を通じて世のため人のためになる
奉仕行の実践がカルマヨガである。カルマヨガを実践したカルマヨギを思うと
き、私の頭に真っ先に思い浮かぶのは日本の偉大なるカルマヨギ・二宮金次郎
である。江戸時代後期から幕末にかけて日本はキラ星のごとく幾多の精神性の
高い人々を輩出した。武士階級だけでなく庶民階級からも優れた人物が現れた。
心学という道徳を教えた石田梅岩であり、船乗りの高田屋嘉兵衛や百姓出の二
宮金次郎もその一人である。

キリストや仏陀、親鸞、道元などすぐれた宗教的指導者になった人は、子供の
ころ父や母を亡くした例が多い。江戸時代後期小田原藩の百姓として生まれた
二宮金次郎も14歳で父を亡くし、16歳で母を亡くし、貧困という苦難に直面し
ている。そうした困難の中から世のため人のためになるという覚悟が生じてき
たのだから菩薩の出現と言ってもよい。金次郎は一般的に思想家、道徳家、農
村指導者というイメージで見られているが、大実業家であり現実的な商人、大
政治家、社会革命家などの側面をもっていて、一言では表現できない偉大な人
物である。身分制度が厳しかった江戸時代、百姓から武士に取り立てられ、財
政難に窮した各藩の改革を任せられ、それを見事にやり遂げていることに驚き
を禁じ得ない。

私が小学生だった時代、浦安小学校にも薪を背負って読書しながら歩く二宮金
次郎の石像が校庭の片隅にあった。努力と勤勉という道徳を教えていたのであ
る。二宮金次郎は理屈でなく実践で社会を向上させ多くの人々を幸せにした。
金次郎は徹底的な現実主義者、実用主義者だった。自然を良く観察し自然から
学び自分の体験を通して自分の思想を作り上げた人だった。私が金次郎を偉大
なるカルマヨギであるとする根拠は、日々の生活と実践を通じて無私の立場で
社会貢献をなした点を評価している。彼が亡くなった時、家も土地もお金も残
さなかった。すべてを他に捧げたのである。他に譲ることを金次郎は推譲(ス
イジョウ)といった。金次郎の教えを要約すると、天地自然の恵み、社会の恩
恵、父母祖先のおかげに報いるために徳行、報恩、感謝、積善をもってする実
践の道であるといえる。人間が働くのは、ただ自分の為に働くのではなく、他
の命のために働かねばならぬということであり、これを金次郎は「報徳」とい
った。私が金次郎を素晴らしいと思うのは、人間の道と天の道は違うと説いて
いることにある。「天の道は自然法則だから稲や雑草に善悪はない。自然法則
だけに任せると荒地になってしまう。人の道は自然法則に従うけれども雑草を
悪とし、稲や麦を善とする。人間にとって便利なものが善、不便なものが悪と
考える。この点で天の道(自然法則)と人間の正しい生き方は少し違う。人の
道は天の道に任せておくとたちまち廃れてしまう、行われなくなってしまう。」
自然法則に従うだけの理想主義ではなく、あくまで人間の生き方を現実主義、
実用主義としてとらえているのである。

金次郎は小さなことをこつこつ積み上げることを大事にした「積小為大の理法」。
金次郎は善悪、強弱、遠近、貧富、苦楽、禍福、寒暑など互いに対立している
ものを一つの円の中に入れ、常に総合的に物事を判断していた。因果律を重視
して積善を唱えた。万物は一つも同じところに止まっておらず、四季が循環す
るのと同じで陰極まれば一陽来復、厳冬だからこそもうすぐ春がそこに来てい
るのだと苦難に悩んでいる人を鼓舞した。天地の間で万物の道理は皆同じであ
る。善の種を撒いて悪の実がなることはない。悪の実がなったのは悪の種を撒
いたからである。困窮はその人自身の因果の上に成り立っている。他から救助
の手をさしのべる方法はない。本人の気づきが大事といった。本人がそのこと
に気づくようにして、それに気づけば惜しげもなく援助の手をさしのべたので
ある。

日本が生んだ偉大なるカルマヨギ・二宮金次郎のことをもう少し知りたい人は、
三戸岡道夫著『二宮金次郎の一生』(平成14年6月、栄光出版社刊)、及び現
代語抄訳『二宮翁夜話』(2005年2月、PHP研究所刊)を読まれることを勧めます。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■第71回 プレクシャ・メディテーション研究会開催のお知らせ

日時: 11月7日(月)19:00~20:30
会場: 南行徳市民談話室 集会室2
参加費:1500円(協会員1000円)

*坂本知忠先生著の『坐禅の源流印度へ -プレクシャ・メディテーション随想
録-』の各章の3項目目のエッセイをテーマに、自由に感想や意見交換を行います。
本をお持ちの方は事前にお読みください。お持ちでない方は、当日ご用意します。

※事前に連絡をいただかないと資料を受け取れないことがあります。
※参加費は会員1,000円/非会員1500円です。

【今後の開催予定】
・2016年12月5日(月)19時~21時 場所:同上
・2017年1月は未定です。

※定期研究会は、原則として、第1月曜日(祝祭日を除く)に開催しています。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■定期講座開催情報

▼「瞑想とヨガ」坂本知忠講師による、プレクシャ瞑想教室 <東中野>
(*単位取得対象講座)

『勝利者の瞑想法』著者である坂本知忠による定期プレクシャ瞑想教室です。

【プレクシャ・メディテーション 指導士養成講座 レベル2】

この講座は、単発受講もできます。初心者でも参加出来ます。プログラムは都
合により変更になることがありますので、予めご了承ください。

木曜日開催 開催時間:19:00~20:30

第6回  11月10日  レーシャ・ディヤーナ  1  講義と実習
第7回  11月17日  レーシャ・ディヤーナ  2  講義と実習
第8回  11月24日  アヌ・プレクシャ 沈思黙考  講義と実習
第9回  12月 1日  アヌ・プレクシャ 自己暗示  講義と実習
第10回 12月 8日  特別瞑想 マントラ・メディテーション
                  地・火・風・水・空 の瞑想
第11回 12月15日  6種瞑想連続実習 1 1.5時間瞑想
第12回 12月22日  6種瞑想連続実習 2 2時間瞑想

場所:NPO沖ヨガ協会 沖ヨガスタジオ
   中野区東中野3-6-14 小谷ビル301
電話番号:03-6908-5613
http://okiyoga.com/studio/index.php?Class
交通:JR東中野西口より徒歩5分、東京メトロ東西線落合駅より徒歩3分

アクセスマップにつきましては、下記URLにてご確認ください。
http://goo.gl/maps/qJtvK


※当日参加費として2,000円を頂戴いたします。
 (この講座は協会主催の講座ではないため、会員割引の適用はありません)
※NPO沖ヨガ協会(国際総合ヨガ協会)の会員でなくとも受講できます。
※初めて参加される方は予め連絡をいただき、日程や開催場所をご確認下さい。
※ヨガマットは不要です。


▼「プレクシャ・ヨガ」アーサナとプレクシャ瞑想実践クラス <行徳>

日本プレクシャ・ディヤーナ協会が主催するヨガの指導者および一般の方向け
の講座です。毎回異なる指導者が登場して日頃の指導内容を披瀝し、他の指導
者から感想やアドバイスを受けます。そしてクラスの最後に、協会の指導員か
らプレクシャ瞑想の実践誘導があります。

当日になってのご参加ももちろん歓迎いたしますが、参加のご希望が早めにわ
かると大変助かります。協会事務局のメールアドレス(japan@preksha.com)
宛に伊東真知子までご連絡ください。皆様のご参加をお待ちしております。
↓
■第54回 プレクシャ・ヨガ 開催日程
講師は、先月ご担当いただいた芳賀芳江さんが再登場です。

北海道の水野ヨガ学院指導者養成を出られ、指ヨガインストラクター、インド
中央政府認定ヨーガインストラクター、月陰ヨガベーシック養成を修了。

講師からの言葉:体の固い人にも無理なく、ムダなく、やさしいほぐしテクニ
ックでご指導いただきます。

日時:11月7日(月)15:00~18:00
会場:行徳公民館5階 第6学習室
アサナ担当:芳賀芳枝さん
アサナテーマ:『秋の養生は肺を癒すため、胸を開く』
瞑想担当:有資格者
*芳賀さんが急にご都合がつかなくなった場合は、伊東真知子が担当させていた
だきます。

※原則として、研究会と同日開催となっております。
※当日参加費として1,000円(協会非会員の方は1,500円)を頂戴いたします。
  (初回体験につきましては、1,000円となります)
※初めて参加される方は予め連絡をいただき、日程や開催場所をご確認下さい。

ご不明な点などは協会事務局にお問い合わせください。



⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

<編集後記> 

 先日、私の瞑想レッスンに参加したある太極拳の先生から「もう少し参加者に
寄り添った方がいい」という指導をいただきました。日頃から感じているプレ
クシャ瞑想の二つの課題を考えさせられました。
 一つは、テクニックについて。基本的に4ステップにより詳細に手順を構成され
ているプレクシャ瞑想ですが、その指向性はひたすらに内側(魂)に意識を向か
わせることにあります。この間、徹底して内側に集中しているので外に向っての
意識は必然的に希薄ないし皆無になります。メリットとしては初心者でも容易に
瞑想に入りやすいこと、そして集中力さえつけばどこにいても周囲の環境に関係なく
深い瞑想に入れる点が挙げられます。一方、デメリットとして外との関係性・感受性・
配慮が薄れてしまうことがあります。ここをどうバランスをとるかが誘導時あるいは
外的要素(たとえば自然や場の力)を瞑想に採り入れたい時に課題になります。
 もう一つは、瞑想をする究極の目的はなにかということに関係します。プレク
シャ瞑想では、魂を純粋なものにすることを様々な方法で目指しますが、社会への
働きかけの面でノウハウが欠けていることは大きな問題です。たとえば、環境問題は
いくら瞑想しても(あるいは瞑想的に考えても)解決することはできません。
心をいくら浄化し純粋にしても、自分の行動(たとえば消費行動)が実は環境破壊
に手を貸していることを知識として知っていないと、「罪深き無知」(sinful 
innocent)でしかありません。インドではこれを宗教的に、すなわち信者に対して
宗教哲学的な生き方(生活科学)として説くことで補っていますが、日本では
それをそのまま伝えると宗教団体になってしまうため困難です。なので、自分で
勉強して補っていく必要があります。
 わたしは今、この二つの側面をどうバランスをとって瞑想生活をしたらよいかを
日々考えています。社会運動ばかりしていても心が平和に安定していないと誤った
方向に進んでしまったり、同じ目的を共有する人同士で対立が生じます。逆に、
心の平和だけを追求しても世界の平和を実現できません。この両面を自分なりに
バランスをとるために、いま様々な活動やプロジェクトをはじめています。
機会がありましたら、ぜひ皆さんにもご協力いただけると有難いです。

(メールマガジン編集・発行責任者:中村正人)


お気軽にメールマガジンの感想や、プレクシャや瞑想についてのご質問、
ご自身のプレクシャ体験談などメールにてお寄せください。協会のプログ
やSNSに掲載いたします。

メールアドレス:japan@preksha.com

■メルマガの配信停止は以下のページからお願いします■
http://www.mag2.com/m/0001262370.html

過去に配信したメルマガは下記URLから読むことができます。
http://archive.mag2.com/0001262370/index.html

過去に掲載したコラムとエッセイは、協会ブログにも掲載しております。
http://prekshajapan.blogspot.jp/

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発行:日本プレクシャ・ディヤーナ協会
ホームページ http://jp.preksha.com/
ブログページ http://prekshajapan.blogspot.com/
Copyright (C) 2010-2016 Preksha Dhyana Association of Japan.
___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/25
部数 141部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/25
部数 141部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング