[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

2016/9月第65号


カテゴリー: 2016年10月01日
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@
    [プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法 2016/9月第65号
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@

*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*
<今月のメールマガジン内容>
  ■コラム「勝利者の瞑想法」
 ■第70回 プレクシャ・メディテーション研究会開催のお知らせ
 ■定期講座開催情報
 ■編集担当者交代のお知らせとご挨拶
*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■コラム「勝利者の瞑想法」 (坂本知忠)

[日本文化の精髄・露天風呂]

 夏休みに上越国境に近い群馬県の山の中にある、二軒の秘湯温泉宿に泊まった。
初日に泊まった宿は 「たんげ温泉美郷館」、この宿は5年前の正月休みに一度
泊まったことがある。和風木造の日本情緒あふれる建物の雰囲気や露天風呂の
作りにすっかり魅せられてしまった。そのときは外気温が寒くて、お湯の温度が
ぬるかったので、もう一度次回は夏に行きたいと思った。今夏、再訪して感じた
のは、6か所ある浴場の作りがいずれも上手にできていて高い美意識と完ぺきな
芸術性を感じた。地元の林業会社の社長が趣味で凝りに凝って作ったとしか言い
ようがない、手の込んだ作りになっている。渓流沿いに露天風呂は3か所あって、
うち一番大きなものは、使われている石も大きく上手に石組みされている。この
ような形よく美しい大きな庭石をどのように集めたのだろう、さらに現地で庭園
にするために石組みする技術にもすっかり感心してしまった。銘庭と呼ぶにふさ
わしい石組みの露天風呂に温泉が掛け流されている。
露天風呂から望む渓谷の流れも美しい。客室は18室しかないのでウイークデイ
に泊まればすいていて、どの浴室も貸し切りのように入れる。自然の中に融合して、
まったく違和感のない人の手でつくられたこの露天風呂に入るとき、日本人に生
まれた幸せをつくづく感じた。美郷館は平成3年に開業した比較的新しい温泉宿
である。露天風呂の設計や施工は多分群馬県内の業者が携わっていると思われるが、
その技術力の高さは称賛すべきものである。

 二日目に泊まったのが法師温泉長寿館、新潟県境の三国峠に近い山中の秘湯だ。
長寿館は40年前、50年前の若いころに2度泊まっている。昔ながらの鄙びた
風情を感じさせる「法師の湯」は、湯船が4つに仕切られた大きな木造の浴場で
ある。湯船は川底につくられているので足元は卵大の大きさの川原石が敷き詰め
られている。湯船の底の丸石の隙間から新鮮な温泉がふつふつと湧き上がってくる。
印象深いこの温泉にもう一度入りたくなって二日目の宿に選んだ。40年ぶりに
訪れた法師温泉は新館が増設されて旅館の規模が大きくなっていた。旅館の玄関や
囲炉裏の間は全く昔のままだった。昔の雰囲気を壊さずに守り残そうとしている
旅館の経営方針に共感を覚える。建物も浴場も綺麗に掃除され磨きこまれて清らか
である。前回は本館に泊まったが今回は法隆殿に泊まった。混浴の時間帯だったが
家内を誘って、法師の湯に入った。湯船を仕切るように置かれた丸太を枕にして体
を湯に横たえると全ての筋肉から緊張が抜け出ていった。はじめ我々二人だけだった
が、一人二人と男性が入ってきた。昼間でも薄暗い、広い浴場に数人だけしか入浴
していないので、のんびりとした気分になる。丸太を枕にあお向けになって浴場の
太い丸太の小屋組みを見ていると、身も心もリラックスしていった。

 時間制で男女別の入浴時間をもうけている「玉城の湯」は近年、新しく作られた
法師温泉の名物風呂である。内湯と露天風呂に分かれている。内風呂から望む露天
風呂の景色が実に美しいが、さらに外の露天風呂に出てみて驚嘆した。この露天風
呂に使われている石が形も色も模様も銘石ばかりで、大きく存在感があり、実に巧
みに石組みされていたのを見たからだ。どうやってここまで運んだのだろうかと思
うほど巨大な石の上から温泉の湯が滝になって落ちてくる。玉城の湯の露天風呂に
入って、使われている石を触ったり石組みを見ていると日本人はなんて素晴らしい
のだろうと思う。翌朝、滝となっている石組みの大石を後ろから見てみたいと思って
散歩に出た。背後から大石の石組みは良く見えなかったが、小さな石碑があって 
「法師温泉 長寿館 玉城の湯 露天風呂造園工事一式施工 平成12年7月 
設計・濵名造園設計研究室 施工・群馬庚申園株式会社」 と彫られてあった。

 法師温泉に向かう途中時間があったので、旧三国街道の宿場だった須川宿にいった。
須川宿は宿場町全域を「たくみの里」というコンセプトでテーマパークのような
町づくりをしていることで知られている。その町はずれに桃山時代創建と伝わる
曹洞宗の古刹泰寧寺がある。山門と本堂の須弥檀が県の重要文化財になっている。
泰寧寺はアジサイと蛍の名所で、地元にも人気の寺らしい。
山門の前には小さな川が流れている。村道から川に降りて砂防堰堤と一体に作られた
橋をわたって対岸に作られた石段を登っていくと立派な山門が現れる。山門をくぐ
りさらに少し上ると本堂の立つ境内にでる。鐘楼もあり趣ある山寺である。ここで
私が興味惹かれたのは山門でもなければ、石段や山門の石垣でもない。堰堤と橋を
中心にした回遊式庭園の石組みである。寺に向かう橋は砂防堰堤の落ち口に堰堤と
一体的にコンクリートで作られている。コンクリートであるが太鼓橋のように優美
に緩やかに中央を膨らませて作られている。シンプルなデザインであるが趣がある。
コンクリートの橋は苔むして古びた良い雰囲気を出している。橋の下が堰堤の落ち
口になっていてそこから流が滝となって落ちている。堰堤の上流は池になっていて
池の水際から上手に石組みされている。人間が作ったとは感じさせないほど自然と
同化している。堰堤の下流の巨岩の石組みは驚嘆すべき巧みさである。堰堤を落ち
る滝はどう見ても自然に落下している滝に見える。庭園なのだがどう見ても自然
風景になっている。神の手が加わったかのように自然風景を超越した完璧な調和の
石組みとなっている。こんな巨大な石をどうやって運び入れ、どうやって組み立て
たのだろうか本当に素晴らしい。指摘されなければ人工物とは気づかない。そのよ
うな、石組みの中に座禅に手ごろな平らな大石がいくつも配置されている。その
一つに座ってみた。私の心の奥深くから、深い感動が湧き起ってきた。この庭園を
設計した名もない造園家、施工した名もない職人の美的感覚の凄さがわかった。
泰寧寺はこのような立派な庭園を造れるほど裕福な寺には到底思えない。多分街
づくりの公共工事の一環としてなされたものであろう。寺の住職か公共工事にか
かわる誰かが発案したのであろう。真相がわからないのでどのような経緯でいつ頃、
この庭園が造られたか調べてみたいと思う。

 自宅に戻って泰寧寺のことをいろいろネットで調べてみた。沢山の記述投稿が
あったが、この庭園を称える記述や、誰がいつ作ったかについて触れた文章は皆無
だった。評価されないのか、忘れられてしまったのか私には解からないが、この
庭園こそ真に価値ある文化財である。
思い起こせば自然に流れていた川に庭師が手をいれて、庭園のようにしてしまった
川を私は過去にも見ている。一番印象に残っているのは厳島神社の側を流れる「紅
葉谷公園」である。谷の石組みは庭師が組んで調和した理想形に作られている。
もみじ谷はよく観察しないと人間が作ったものと感じさせないほど自然に溶け込み、
人工的な不自然さを感じさせない素晴らしい渓谷になっている。

奥多摩の御岳山近くのロックガーデンも自然の谷に人工的な手を加え、さらに自然
美を整えたものである。大型建築機械が入れないような場所で自然の雰囲気を損な
わないように大きな石をたくみに組み合わせ人が歩きやすいように整えている。
大きな石を適材適所に配置した技術に驚嘆する。

伊豆半島の湯ヶ島温泉に白壁荘という温泉宿がある。宿の敷地から掘り出された
巨石をくりぬいて露天風呂の湯船にしている。この巨石の湯船がユニークでみごと
である。石庭の美しさ、敷地内の巨石の石組みや、露天風呂の石組み、銘石など
日本の石の文化を堪能したかったら山梨県石和温泉「銘石の宿・かげつ」に行く
と良い。石庭が好きな人にとって「銘石の宿かげつ」はたまらない魅力の宿である。

私は石庭や露天風呂の石組みだけでなく、城の石垣が好きである。石垣を見ている
と古く忘れられた記憶は過去生まで辿れるような気がする。私が興味惹かれるもの
は石や石で作られたものである。石灯籠や石仏なども大好きだ。河原の石が私に
話しかけてくる。路傍の石が私に話しかけてくる。石とだったら私はいろいろ話が
できる。20歳のころ造園家になりたいと思ったことがあった。自分の中に熾火の
ように残っている「かくありたい」を探るとき来世で私は造園家を仕事に選択する
ような気がする。近いうち、静かな時を選んで再び泰寧寺の渓流庭園の坐禅石に
坐って瞑想してみたい。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■第70回 プレクシャ・メディテーション研究会開催のお知らせ

日時:10月3日(月)18:00~19:30
会場:行徳公民館5階 第6学習室

*先月に引き続き『坐禅の源流印度へ ~プレクシャ・メディテーション随想
録~』の各項目の2をテーマとして、自由に感想や意見交換を行います。本を
お持ちの方は事前にお読みください。本をお持ちでない方は、当日ご用意します。
※事前に連絡をいただかないと資料を受け取れないことがあります。
※参加費は会員1,000円/非会員1500円です。

【今後の開催予定】
・2016年11月7日(月)19時~21時 場所:南行徳
・2016年12月5日(月)19時~21時 場所:同上

※定期研究会は、原則として、第1月曜日(祝祭日を除く)に開催しています。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■定期講座開催情報

▼「瞑想とヨガ」坂本知忠講師による、プレクシャ瞑想教室 <東中野>
(*単位取得対象講座)

『勝利者の瞑想法』著者である坂本知忠による定期プレクシャ瞑想教室です。

【プレクシャ・メディテーション 指導士養成講座 レベル2】

この講座は、単発受講もできます。初心者でも参加出来ます。プログラムは都
合により変更になることがありますので、予めご了承ください。

木曜日開催 開催時間:19:00~20:30

第4回  10月 6日  チャイタニヤ・ケンドラP 1  講義と実習
第5回  10月13日  チャイタニヤ・ケンドラP 2  講義と実習
第6回  11月10日  レーシャ・ディヤーナ  1  講義と実習
第7回  11月17日  レーシャ・ディヤーナ  2  講義と実習
第8回  11月24日  アヌ・プレクシャ 沈思黙考  講義と実習
第9回  12月 1日  アヌ・プレクシャ 自己暗示  講義と実習
第10回 12月 8日  特別瞑想 マントラ・メディテーション
                  地・火・風・水・空 の瞑想
第11回 12月15日  6種瞑想連続実習 1 1.5時間瞑想
第12回 12月22日  6種瞑想連続実習 2 2時間瞑想

場所:NPO沖ヨガ協会 沖ヨガスタジオ
   中野区東中野3-6-14 小谷ビル301
電話番号:03-6908-5613
http://okiyoga.com/studio/index.php?Class
交通:JR東中野西口より徒歩5分、東京メトロ東西線落合駅より徒歩3分

アクセスマップにつきましては、下記URLにてご確認ください。
http://goo.gl/maps/qJtvK


※当日参加費として2,000円を頂戴いたします。
 (この講座は協会主催の講座ではないため、会員割引の適用はありません)
※NPO沖ヨガ協会(国際総合ヨガ協会)の会員でなくとも受講できます。
※初めて参加される方は予め連絡をいただき、日程や開催場所をご確認下さい。
※ヨガマットは不要です。


▼「プレクシャ・ヨガ」アーサナとプレクシャ瞑想実践クラス <行徳>

日本プレクシャ・ディヤーナ協会が主催するヨガの指導者および一般の方向け
の講座です。毎回異なる指導者が登場して日頃の指導内容を披瀝し、他の指導
者から感想やアドバイスを受けます。そしてクラスの最後に、協会の指導員か
らプレクシャ瞑想の実践誘導があります。

当日になってのご参加ももちろん歓迎いたしますが、参加のご希望が早めにわ
かると大変助かります。協会事務局のメールアドレス(japan@preksha.com)
宛に伊東真知子までご連絡ください。皆様のご参加をお待ちしております。

■第53回 プレクシャ・ヨガ 開催日程
今回は、北海道の水野ヨガ学院指導者養成を出られ、指ヨガインストラクター、インド
中央政府認定ヨーガインストラクター、月陰ヨガベーシック養成を修了された芳賀芳枝
さんをお招きします。
講師からの言葉:ヨガを始めた頃、身体が硬く、呼吸も苦しかった私ですが、継続して
いくうちに、随分とラクに、自由になりました。身体の硬い人、できない人の気持ちは、
よく分かります。無理なく、ムダなく、やさしいほぐしテクニックでお伝えします。
日時:10月3日(月)15:00~17:30
会場:行徳公民館5階 第6学習室
アサナ担当:芳賀芳枝さん
アサナテーマ:「『呼吸を深めて、しなやかに・・・前屈』
瞑想担当:有資格者

※原則として、研究会と同日開催となっております。
※当日参加費として1,000円(協会非会員の方は1,500円)を頂戴いたします。
  (初回体験につきましては、1,000円となります)
※初めて参加される方は予め連絡をいただき、日程や開催場所をご確認下さい。

ご不明な点などは協会事務局にお問い合わせください。



⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

<編集後記> 
8月のメルマガを配信できなかったことをお詫び申し上げます。
今月号より、編集・発行を引き継ぐことになりました。よろしくお願いいたします。

今年の秋は、台風が次から次へとやってきてすっきりしませんね。作物への影響も
出始めています。田んぼも水が抜けず、稲は倒れ、あちこちで収穫が遅れています。
通常は水を抜いて田んぼを乾かしてから稲刈りをするのですが、今年の田んぼは
ぬかるみすぎてコンバイン(稲刈り機)が入らず、収穫をあきらめてしまった農家も
出ているそうです。80年以上稲作に携わってきた農家の長老たちも、「こんなの俺も
初めてだよ」と驚いているとか。そんな中、ご縁があって田植えから参加している
鴨川の棚田に9月、急遽「援農」に行ってきました。田植えをするように長靴を
履いて田に入り、倒れた稲を引き起こしながら手刈りしていきます。でも足が抜けず、
途中からは裸足でやりました。ヨガの様々な立ポーズを全部やったんじゃないかと
思うほど体をひねりながら稲を刈りました。けれども、とても大変ではありました
が全然嫌ではありませんでした。自然の中で、きれいな空気を吸いながら、頭を
空っぽにして体を動かす。まるで瞑想とヨガのようです。しかも、その成果は
日本人の食の原点を守ることにもつながります。これ以上やりがいのある作業は
ありません。

いま、日本各地には「限界集落」と呼ばれる取り残された村々が存在します。若者が
いなくなり、日本の原風景である田畑が消えつつあります。平均年齢は85歳前後だとか。
あと4、5年で後継者が現れないと消滅してしまうそうです。私は、都会に住む人には
自然が必要だと子育てをしながら常々感じていますが、もしそういう集落と都会に
住む人の間につながり・交流が生まれたら、どんなに素晴らしいだろうかと思います。
都会人は週末に田畑で汗を流すことで生き返り、村人は人手が確保できて助かります。
彼らは「援農」に来てほしいと訴えますが、メリットはむしろ都会の人の方が大きい
ので「参農」させていただくと言う方が適しているように思います。そんな思いで、
この両者をつなぐ活動を始めました。私にとっての新しい「冥想」行法になりつつ
あります。皆さんも、どうぞいつでもご参加ください。


(メールマガジン編集・発行責任者:中村正人)


お気軽にメールマガジンの感想や、プレクシャや瞑想についてのご質問、
ご自身のプレクシャ体験談などメールにてお寄せください。協会のプログ
やSNSに掲載いたします。

メールアドレス:japan@preksha.com

■メルマガの配信停止は以下のページからお願いします■
http://www.mag2.com/m/0001262370.html

過去に配信したメルマガは下記URLから読むことができます。
http://archive.mag2.com/0001262370/index.html

過去に掲載したコラムとエッセイは、協会ブログにも掲載しております。
http://prekshajapan.blogspot.jp/

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発行:日本プレクシャ・ディヤーナ協会
ホームページ http://jp.preksha.com/
ブログページ http://prekshajapan.blogspot.com/
Copyright (C) 2010-2016 Preksha Dhyana Association of Japan.
___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/25
部数 141部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/11/25
部数 141部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング