[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法 2016/5月 第62号


カテゴリー: 2016年06月04日
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@
    [プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法 2016/5月第62号
@@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@@

*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*
<今月のメールマガジン内容>
 ■プレクシャ・メディテーション・キャンプのお誘い
  ■コラム「勝利者の瞑想法」
 ■第68回 プレクシャ・メディテーション研究会 休講のお知らせ
 ■定期講座開催情報
*★*★*★*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*★*★*★*

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■プレクシャ・メディテーション・キャンプのお誘い

まもなく2016年のプレクシャ瞑想合宿がはじまります。今年は1回のみの開催
となります。ふるってご参加ください!

合宿開催期間:2015年6月10日(金)~12日(日) 
参加費(宿泊・食事・講習費含む)※現地までの交通費は含まれません
2泊3日:25,000円(協会会員は5%割引あり) (前後の宿泊も可能です)

今回はどなたでも初心者から上級者まで参加が可能な合宿となっております。
様々なレベルの人が交流し、熟練者は原点を、初心者は道筋を学べる貴重な機
会になります。普段の教室では体験できないない、合宿ならではのプログラム
をどうぞお楽しみに!

なお、合宿内容詳細につきましては、下記よりチラシのPDFデータをダウン
ロード下さい。参加を希望される方は、チラシ裏面の申込書にてお申し込みい
ただくか、事務局まで直接ご連絡ください。

・プレクシャ・メディテーション合宿 チラシPDF
http://jp.preksha.com/learn/PDJ_Retreat_2016.pdf

※今回の合宿は、期間中であればいつでも参加ができ、入門の方から上級者ま
 でどなたでも参加可能な、自由参加型の合宿です。
※予定は変更されることもありますので、あらかじめご了承ください。
※指導員資格を取得された方は、特待受講が可能ですのでお問合せください。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■コラム「勝利者の瞑想法」 (坂本知忠)

[無限の自由とは]

地球に生きる全ての生き物たちに生命力が宿っている。生命力の根源は宇宙が
始まった時に生じた電磁気的な+と-の流れである。この電磁気的な+と-の流
れが生じたとき情報としてのカルマが同時に発生した。カルマとは陰と陽、拡
散と収縮、苦と楽、快と不快、善と悪のように存在している物の質の捉え方で
あり、また、カルマとは測定の仕方や、判断の基準によって結果が動く物事の
相対的性質であり、不二一如のことである。生命が宇宙に生じたときそこに
『個性・性質』としてのカルマが結びついた。情報としてのカルマが形を変え
て、生き物たちに命の願いとして根本的な欲望が備わっているのである。その
欲望が身体に備わった苦・楽、快・不快の感覚とともに、命を守り、命を進化
させる原動力、働きになっているのである。

その根本的な欲望とは命を長らえたいとする自己保存本能 (食欲・外部から
身体を持続成長させるためにエネルギーを摂り入れること)、 子孫や種族を
増やしたい自己拡大本能 (性欲・繁殖の仕組み)、あらゆる束縛から自由にな
りたい自由獲得本能の三つである。全ての生き物の願い、最終目的は永遠の生
命、生命の無限拡大、生命の無限自由の獲得と言える。

生き物たちにはその三大欲望が生命の深いレベルで情報としてインプットされ
ている。完全なる自由を獲得するために、時には食欲や性欲が妨げになる。完
全なる自由の獲得を目指そうとする古代のジャイナ教や仏教の出家修行者達は
食欲や性欲のコントロールが重要と考えた。そうした考え方が戒律の中に入っ
ている。仏教やジャイナ教の理想は輪廻転生しないこと、もう生き物として生
まれないこと、解脱が理想である。無限の自由とはカルマの束縛、つまり電磁
気的エネルギーの流れやもっと精妙な霊的エネルギーからも離れてその束縛か
ら自由になることである。

無限の自由とは生き物たちの最終目的地で、無限の愛、宇宙との合一 (梵我
一如) と同義語であり、全ての宗教の目標である。宗教とは無限の自由を個
人的に達成しようと起こってきたものである。

一方、無限の自由を集団的に達成しようとして人類全体が努力しているのが政
治であり、経済であり、科学の進歩発展である。経済の発展や科学技術の発達
は人間が無限の自由を求めて活動している結果の現れである。飛行機や自動車、
鉄道機関車などの交通機関、冷蔵庫、洗濯機などの家電、テレビ、スマホ、パ
ソコンなどの情報通信機器の登場は人間が自由を追求している集団的な活動の
結果として出現したと言える。

テクノロジーの高度な発達は生き物としての人間が集団的に求めている進化の
現れであり、必然的な方向性でもある。コンピューターの発明は今や高度に改
良発展して人工頭脳が作られるようになった。人工頭脳と各種センサーが結び
つき、車の自動運転がまさに始まろうとしている。近未来、人工頭脳が自ら学
習し判断までするようになるので、車の運転走行に運転手としての人間は必要
なくなるだろう。

私は自動車道路の必要性は物質輸送のためのトラックだけになってしまうと想
像している。人間の移動手段はヘリコプターを小型化した一人乗りのトブコプ
ター、つまり、ドローンを大型に発展させた飛行物体になると思っている。ト
ブコプターの人工頭脳が目的地と気象条件や飛行高度、経路を最適に判断し、
障害物や進入禁止地を避け、トブコプター同士の空中衝突を避けて我々を安全
に早く目的地に運んでくれる。東京と只見間の移動所要時間は江戸時代には一
週間を要した。車が登場した初期の頃60年前は只見まで一日がかりだった。
そして今や高速道路が整備され自動車の性能が良くなって4、5時間で行ける
ようになった。そして、トブコプターが登場し実用化されると2時間程度に短
縮される。

友達が「只見も良いところだけど、東京から遠いからねー」と今は言う。トブ
コプターの登場で夜、友達とお酒を飲んで10時頃東京に居ても、その日の深
夜には只見の自宅に戻れるようになる。このようなことが実現されると文明は
全く新しい局面を迎える。自然災害の少ない所、風景の美しい所、水の清らか
な所、森や耕地が豊かな所が、人が住む適地として一番の価値を持つようにな
ってくる。只見のような見捨てられた所に人が集まってくるだろう。

2016年頃、自動車の燃費性能偽装問題を起こして業績低迷にあったスリー
ダイヤモンドがトブコプターの研究にいち早く着手して自動車の生産からトブ
コプターの生産に業態を切り替える。スリーダイヤモンド社は将来トブコプ
ター生産で世界一の企業になるかも知れない。

農業はアンドロイドが野菜工場で作るようになっている。気象条件に影響され
ないので、雪の降る冬の只見でマンゴーやパパイアなど南国のくだものが作ら
れている。地球温暖化、気候変動によって露地栽培での農業が難しくなるが、
アンドロイドが工場で農産物を生産することで食糧問題は解決している。エネ
ルギー問題は自然エネルギーから電気分解によって作られた水素による燃料電
池発電が主役となっている。エネルギーは個人が自前でつくるので送電線や電
柱がなくなり村や町の景観も美しくなっている。

月や火星では人間に先駆けてアンドロイド達が都市や町、文明を作っている。
アンドロイドが作った宇宙都市に人間は宇宙旅行するようになる。地球の引力
の束縛から解放されて人間活動は宇宙に広がっていくだろう。50年後の世界
は今からは想像すらできない世の中となっているだろう。

沿海部に発展した大都会は気候変動による海面上昇があるとき急激に起こって、
対応ができず居住地を放棄せざるをえなくなるかもしれない。大都市住民が2
016年頃のシリア難民のようになって、過疎地の中間山間地に移住すること
になるなど、50年前の現在には誰も想像できなかったことが起こるかも知れ
ない。

どんなにテクノロジーが発展しようとも人間の動物的な身体の仕組みはすぐに
は変えようがない。高度にテクノロジーが発達した社会が出現すれば、動物的
身体を持つ人類にますます不自然生活を強いられることになる。不自然生活に
よる適応障害が起こってさまざまな心身の病気が人類を苦しめることになるだ
ろう。そんな時代が到来したとき、人間にとって免疫系や内分泌系、神経系の
コントロールは今よりづっと重要なテーマとなる。そのためにヨガの身体的訓
練や瞑想の実践が欠かせないものになる。プレクシャ・メディテーションを伝
え遺すことは未来の孫達へのメッセージであり贈り物でもあるのだ。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■第68回 プレクシャ・メディテーション研究会 休講のお知らせ

今回は、都合によりお休みです。

次回は2016年7月4日になります。次回以降の内容は、『坐禅の源流印度へ~プ
レクシャ・メディテーション随想録』を読み、感想やインスピレーションを話
し合います。まだ読んでいない方は、この機会に是非読破してください。一人
で読むよりも、皆で読む方がずっとためになることでしょう。お持ちでない方
は、事前に協会までお問い合わせください。

【今後の開催予定】
・2015年7月4日(月)19時~21時 場所:南行徳
・2015年8月1日(月)19時~21時 場所:同上

※定期研究会は、原則として、第1月曜日(祝祭日を除く)に開催しています。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■定期講座開催情報

▼「瞑想とヨガ」坂本知忠講師による、プレクシャ瞑想教室 <東中野>
(*単位取得対象講座)

『勝利者の瞑想法』著者である坂本知忠による定期プレクシャ瞑想教室です。

※4月でレベルIが終了し、8月までお休みです。
9月から新たにレベルIIがはじまります。ご期待ください。


▼「プレクシャ・ヨガ」アーサナとプレクシャ瞑想実践クラス <行徳>

日本プレクシャ・ディヤーナ協会が主催するヨガの指導者および一般の方向け
の講座です。毎回異なる指導者が登場して日頃の指導内容を披瀝し、他の指導
者から感想やアドバイスを受けます。そしてクラスの最後に、協会の指導員か
らプレクシャ瞑想の実践誘導があります。

普段自分の気づかないところを優しく率直に指摘されるので、歴年の指導者か
らも好評をいただいています。

ヨガ担当:梅原由子さん

テーマ:「梅雨のプチうつ&ストレス解消」

プロフィール:20代初めに沖正弘著「ヨガの喜び」に出会い、「あるヨギの自
叙伝」の著者のパラマハンサ・ヨガナンダ師のクリアヨガを3年間通信教育で
学ぶ。
沖ヨガの武藤誠四郎氏主宰「NPO法人ヨガ元氣学」認定インストラクター。
日本ヨーガニケタンのヨーガ療法でインド政府公認インストラクター。
2009年よりヨガ指導を開始。

瞑想担当:高山知子さん 「フォーステップ瞑想」

当日になってのご参加ももちろん歓迎いたしますが、参加のご希望が早めにわ
かると大変助かります。協会事務局のメールアドレス(japan@preksha.com)
宛に伊東真知子までご連絡ください。皆様のご参加をお待ちしております。

【以後の開催予定】
・2016年7月4日 15:00~17:30 場所:行徳
・2016年8月1日 15:00~17:30 場所:行徳

※原則として、研究会と同日開催となっております。
※当日参加費として1,000円(協会非会員の方は1,500円)を頂戴いたします。
  (初回体験につきましては、1,000円となります)
※初めて参加される方は予め連絡をいただき、日程や開催場所をご確認下さい。

ご不明な点などは協会事務局にお問い合わせください。



⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

<編集後記>  (伊東真知子)


あっという間にもう6月。木々の葉はますます色濃くなり、日中も夏日となっ
てまいりましたが、皆様にはいかがおすごしでしょうか。

私ごとですが、4月から仕事で尾瀬の山小屋「原の小屋」の担当となり、先週
小屋開けの準備で尾瀬に行ってきました。

いつもなら5月はまだ雪がたくさんあるのですが、只見同様、この冬は驚くほ
どに積雪量が少なく、例年より1ヶ月も早く水芭蕉が咲き始めていました。至
仏山や燧ヶ岳にはまだ少し雪が残り、池塘に青い空が写り、白くかれんな水芭
蕉がそれはそれはきれいでした。

先月は総会だったためプレクシャ・ヨガもお休みでしたが、6月6日は通常通り
ヨガと瞑想を行います。東中野のプレクシャ・ディヤーナクラスは、8月いっ
ぱいまでお休みのため、どうぞ皆様のご参加をお待ちしております。


(メールマガジン編集・発行責任者:坂本江美・伊東真知子)


お気軽にメールマガジンの感想や、プレクシャや瞑想についてのご質問、
ご自身のプレクシャ体験談などメールにてお寄せください。協会のプログ
やSNSに掲載いたします。

メールアドレス:japan@preksha.com

■メルマガの配信停止は以下のページからお願いします■
http://www.mag2.com/m/0001262370.html

過去に配信したメルマガは下記URLから読むことができます。
http://archive.mag2.com/0001262370/index.html

過去に掲載したコラムとエッセイは、協会ブログにも掲載しております。
http://prekshajapan.blogspot.jp/

___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
発行:日本プレクシャ・ディヤーナ協会
ホームページ http://jp.preksha.com/
ブログページ http://prekshajapan.blogspot.com/
Copyright (C) 2010-2016 Preksha Dhyana Association of Japan.
___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/02
部数 138部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

[プレクシャ・メディテーション]-勝利者の瞑想法

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/02
部数 138部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング