ラーコモラボ通信

[LClab-061]ラーコモラボ通信 第61号「『こっそり ごっそり としょかんをかえよう』……


カテゴリー: 2016年08月17日
2011-08-26創刊
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ◆ ラーコモラボ通信 ◆
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
                    ◆ 第61号 ◆

   -曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える-

               2016-08-17発行   ‡No.061‡   343部発行


・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ◇ 目次 ◇
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

●イベントレポート
 「『こっそり ごっそり としょかんをかえよう』は現実のものに?」(寺島美佐子)

○イベントカレンダー

○情報コーナー
 -ニュース
 -記事紹介

○編集後記

○奥付

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ レポート ○ 
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

●イベントレポート
 「『こっそり ごっそり としょかんをかえよう』は現実のものに?」
                          寺島美佐子(デザイナー)


 去る6月18日(土)、建築家 三浦丈典さんの講演会とワークショップに向けたトー
クセッションが開催されました。これは、県立長野図書館にて開催される「可能性
を形に。これからの『図書館』 想像(創造)会議」に先立ったイベントです。ワー
クショップは、図書館という公共空間が果たす役割、必要な機能など、図書館のあ
り方について考えていくもので、「子どもと図書館の関係」「図書館が持つ多様性」
「図書館の空間と情報へのバリア」の3つのテーマが設定されています。建築を志す
大学生や長野県内各地で学びの場をつくる市民団体「まちの教室」と、図書館関係
者だけでなく図書館を利用する多くの人とともに、3回にわたり開催されるものです
(ワークショップ開催日:6/19(開催済)、8/21、10/1)。
http://www.library.pref.nagano.jp/futurelibnagano_160619kenritu


講演会「こっそりごっそり としょかんをかえよう」
http://www.library.pref.nagano.jp/futurelibnagano_160618kenritu
講師 三浦丈典 氏(スターパイロッツ代表)
2015年グッドデザイン賞金賞受賞「道の駅ファームス木島平」設計。この他、前事
務所所属時の主担当として、「茅野市民館」など。工学院大学、法政大学、横浜国
立大学、早稲田大学非常勤講師。


 トークショーや講演会への参加は、毎回どんなお話が聞けるのかとか自分の中で
どんな化学反応が起きるのだろうと楽しみでいっぱいだ。今回の三浦さんの講演会
テーマは「こっそり ごっそり としょかんをかえよう」。テーマからあれやこれや
と、想像して県立長野図書館へと向かった。

 講演会テーマとは別に、講演会で三浦さんが掲げてきたのは「職業的市民のはな
し」……。何のことであろう?と頭を捻ってみるが聞き覚えのない言葉。それもそ
のはず、三浦さんが講演会の数日前に考えた言葉だそうだ。講演会は、この「職業
的市民」を軸に話が進んでいく。先に、職業的市民の定義を記しておくと「住民=
市民ではなく、パブリックマインドを持ち、やることをやっているひと」とのこと。
つまり、ただそこにいるだけだったり、従来のように与えられるものをただただ享
受するのではなく、自らが社会を変えるエンジンとして意識を持ち動いていく人々
のこと。なかなか、大変なことだ……。

 講演会は、建築の話を軸として進んでいくので、「図書館」は?と思う人もいた
かもしれない。しかし、柔軟な視点でお話を広げていくと、ワクワクとする図書館
がイメージされてくる。


■戦う武器は1つではなく、3つ

 自らの強みを掲げるときになにか1つに絞ることはよくあることです。ここに、三
浦さんは、1つじゃ心もとない、なら3つに……と、「3本の矢」理論を挙げていまし
た。毛利元就の逸話としても有名な、あの言葉ですね。リノベーションを行った、
下宿的シェアオフィスでは、「広めの打ち合わせスペース・本棚の開放・大家がそ
こにいる」というように。ほら、見えてきませんか?図書館にはすべてがそろって
いるなぁと。そして、もともとその建物が持っていたポテンシャルである、「来て
くれていた地元の人たちがいる、地元の人たちが気軽に入ってこれる」この点を生
かし、引き継ぐためにもワークショップを行ったりします。

 その空間にとって何が最重要案件かは変わってきます。しかし、そこにとっての
目的をいくつか明確にして進むことで「必要なこと・必要じゃなかったこと」がは
っきりと見えてくると強く感じます。そして、必要なことを大切に育てていくと、
独自のすてきな図書館が生まれてくる気がしてなりません。


■非効率が新たな効率を生む

 三浦さんが設計を行った「道の駅ファームス木島平」(長野県木島平村)では、
人の動きのデザインが設計に組み込まれています。これまでなら隠されてきたり、
効率という名の非効率で見えなくされてきた作り手の動き。これを見せることで、
人と人の交わりや作り手が見えるようになりました。たくさんの材料を使うことで
オートマチックに人が動けることを効率がよいと考えるか、材料の無駄をなくしさ
ほど広いわけではない店舗の中を作り手が行き交うことで効率がよいと考えるか。
三浦さんが講演の中でおっしゃっていた「自分本位のビジネスになっていないか」
の言葉通りだと感じます。

 供給側の都合だけではよいサービスは生まれませんし、需要側の都合に合わせて
ばかりでは安定したサービスになりません。両者から引っ張られながらも、バラン
スをとってみるのもいいかと思いました。今は非効率だなぁと思うことでも1年先に
はこちらのほうが効率がよかったと思えるかもしれません。その「効率」何にとっ
て効率ですか?誰にとっての効率ですか??


■甘えあう関係性

 三浦さんのお仕事のひとつに、公園に隣接するビルの1階の空きスペースの活用と
いうものがあります。ビルには母子連れが多く訪れるものの、公園では禁止されて
いる物事が多いというところから、ビルの1階に公園を取り込み、公園でできないこ
とを全部できるようにしたのです。また、ビルで働く人のちょっとしたアルバイト
にもなるような仕組みを作ります。そうしたいくつもの仕掛けが多くの人を呼ぶこ
とになり、予約もしないと入れないほどの人気スポットとなっているのだそう。

 このお話を聞いていて思ったことが2つあります。

 1つは、昔懐かしい和建築の間取りと活用方法。建具を取り払うとひと続きの大き
な部屋に、部屋の中に屏風を立てればより狭小な空間が手にも入る。そして、内と
外の概念のあいまいさで、開け放たれた扉から見える景色は縁取られた一枚の絵画
と変わる。そんな、日本人が持っていた生活文化です。三浦さんのやり方は一見新
しいことのようで、実は日本人の生活文化にぴったりと結びついたものなのではな
いかと感じました。

 もう1つは、人と人、人と建物、建物と野外が、お互いに甘えあえる関係性。三浦
さんは、講演の中でも「あえて、甘えあう関係性をつくる」とおっしゃっていまし
た。上手に甘えるには、相手にも甘えさせること。お互いに譲り合うことでできる
新たな関係性。その上にはどんな世界が出来上がってくるのか考えるとワクワクし
てきます。

 建築家という目線で、建物を語るときに「なぜ」を掘り下げていくと「人」に行
き当たるのではないでしょうか。どんなものでも「人」を忘れず、それぞれの専門
性だけに閉じ籠らず、ちょっとずつ融通して互いに甘えながら次を考えるときにワ
クワクはとまらなくなります。ワクワクが新鮮なうちに、どんどん試していけると
より楽しい何かが生まれてくるのではないか……そう思わずにはいられない講演会
でした。


☆寄稿者紹介☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
寺島美佐子(てらしま・みさこ)長野県長野市出身。文化服装学院卒。ANOTHER 
EDITIONやEDIT FOR LULU、無印良品などのアパレルメーカーにてデザイナーとして
勤務。2011年地元長野にUターンし、専門学校にてファッション分野の授業を行う。
また、「まちの教室」( http://www.naganocampus.net/ )のメンバーとして参加
し、授業の企画や運営を行う。

Copyright (C) TERASHIMA, Misako 2016- All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ イベントカレンダー ○ 
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

*ラーニングコモンズに限らず、大学図書館にかかわるイベントを
広くACADEMIC RESOUCE GUIDEイベントカレンダーを中心にお届けします。
(□は新しく追加されたイベントです。)


■2016-08-20(Sat)~2016-08-21(Sun):
日本デジタル教科書学会 2016年 年次大会(京都)
「再考 デジタル教科書 学習者の多様性を生み出す活用のあり方」
(於・京都府/京都産業大学 むすびわざ館)
http://kyoto.js-dt.jp/schedule/

■2016-08-25(Thu):
国立情報学研究所 「情報学最前線」平成28年度 市民講座
第2回「コンピュータはどうやって動くのか?コンピュータのしくみ
-スマホからスパコンまで」(五島正裕)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/

□2016-08-25(Thu):
インターネットユーザー協会 MIAUシンポジウム2016
「欧州の事例から考える著作権の未来」
(於・東京都/アンスティチュ・フランセ東京)
http://miau.jp/1469623512.phtml

■2016-08-25(Thu)~2016-08-26(Fri):
平成28年度 日本薬学図書館協議会研究集会
「薬学図書館からの教育・研究サポート プラス1」
(於・石川県/北陸大学太陽が丘キャンパス)
http://www.yakutokyo.jp/news/2016/06/30/96

□2016-08-27(Sat)~2016-08-28(Sun):
日本教育工学会 2016年度 夏の合宿研究会
「ラーニング・コモンズを活用した学びのデザイン」
(於・福岡県/九州工業大学 飯塚キャンパス)
https://www.jset.gr.jp/study2/20160827.html

■2016-08-27(Sat)~2016-08-29(Mon):
大学図書館問題研究会 第47回全国大会 広島
(於・広島県/広島YMCA国際文化センター)
http://www.daitoken.com/research/annual_conference/2016/

□2016-09-01(Thu):
国立国語研究所 大規模日常会話コーパスに基づく話し言葉の多角的研究
シンポジウム「日常会話コーパス」I
(於・東京都/国立国語研究所)
http://pj.ninjal.ac.jp/conversation/event/sympo1.html

■2016-09-05(Mon)~2016-09-06(Tue):
人工知能学会 セマンティックウェブとオントロジー研究会(SIGSWO)
第39回SWO研究会「DBpediaシンポジウム」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.sigswo.org/papers/39cfp

■2016-09-06(Tue)~2016-09-09(Fri):
日本ソフトウェア科学会第33回大会
(於・宮城県/東北大学 片平キャンパス)
https://jssst2016.wordpress.com/

■2016-09-07(Wed)~2016-09-09(Fri):
電子情報通信学会 FIT2016 第15回 情報科学技術フォーラム
(於・富山県/富山大学 五福キャンパス)
http://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2016/

■2016-09-08(Thu)~2016-09-09(Fri):
電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション(NLC)研究会
第9回 テキストマイニング・シンポジウム
(於・東京都/AP渋谷道玄坂渋東シネタワー)
http://www.ieice.org/~nlc/tm9.html

□2016-09-09(Fri):
国際学術情報流通基盤整備事業 第1回 SPARC Japan セミナー2016
「オープンアクセスへの道」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2016/20160909.html

■2016-09-10(Sat)~2016-09-11(Sun):
Code4Lib JAPAN Conference 2016
(於・大阪府/大阪府立労働センター エル・おおさか)
http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2016

□2016-09-11(Sun):
国際公文書館会議 ICAソウル大会 記念シンポジウム
「アーカイブズの未来を考える」
(於・東京都/一橋講堂)
http://www.archives.go.jp/about/activity/ica2016.html

□2016-09-13(Tue):
学習院大学 人文科学研究科 アーカイブズ学専攻 講演会
「チリ共和国のアーカイブズ、アーカイブズ制度、アーキビストについて」(仮)
(於・東京都/学習院大学)
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/

■2016-09-13(Tue)~2016-09-15(Thu):
WebDB Forum2016 第9回 Webとデータベースに関するフォーラム
(於・神奈川県/慶應義塾大学 日吉キャンパス)
http://db-event.jpn.org/webdbf2016/

■2016-09-15(Thu)~2016-09-16(Fri):
第6回 大学図書館学生協働交流シンポジウム
「考えよう!大学図書館学生協働の未来」
(於・香川県/香川大学図書館中央館)
http://www.jaspul.org/news/2016/07/post-43.html

□2016-09-23(Fri)~2016-09-25(Sun):
第23回 東京国際ブックフェア TIBF 2016
(於・東京都/東京ビッグサイト)
http://www.bookfair.jp/

□2016-09-30(Fri):
情報処理学会 連続セミナー2016 第3回
「スマートなヘルスケアとライフケア」(井上創造)
(於・東京都/日本大学理工学部 駿河台校舎)
http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2016/program03.html

(ACADEMIC RESOUCE GUIDE: http://www.arg.ne.jp/ )


・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ 情報コーナー ○ 
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・


【ニュース】

(2016年07月28日付)
中部大学附属三浦記念図書館、高校生、大学受験生のための「オープンライブラリ
ー」を開催
http://www.bliss.chubu.ac.jp/whatsnew/news2016/n2016072801.html

(2016年07月28日付)
西九州大学附属図書館、西九州短期大学部附属図書館、高校生向けに図書館を開放
http://www.nisikyu-u.ac.jp/nagahara/library/topics/detail/i/287/

(2016年07月30日付)
関西学院大学図書館、2016年度一般公開利用(後期)の登録受付を開始
http://library.kwansei.ac.jp/news/common/1958

(2016年08月01日付)
藤女子大学図書館、女子高校生を対象にオープン・ライブラリーを開催
http://www.fujijoshi.ac.jp/contents/index.php?path=library/librarynews/3020&id=3020

(2016年08月01日付)
琉球大学附属図書館、第10回びぶりお文学賞の募集を開始
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/?p=16415

(2016年08月01日付)
名古屋工業大学附属図書館、学生を対象にラーニング・コモンズの愛称を募集
http://www.lib.nitech.ac.jp/news/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA%E6%84%9B%E7%A7%B0%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89

(2016年08月02日付)
神戸学院大学、地域貢献の一環として、図書館を近隣の中学生・高校生に開放
http://www.kobegakuin.ac.jp/box/news/newsall_detail.cgi?kanriid=201608005

(2016年08月02日付)
山梨大学附属図書館、高校生対象図書館開放のお知らせ
http://lib.yamanashi.ac.jp/

(2016年08月08日付)
三重大学附属図書館、学内学生限定で図書館業務データを用いた入館および
貸出実態調査を実施
http://www.lib.mie-u.ac.jp/lib_news/post_36.html

(2016年08月08日付)
北海道医療大学総合図書館ラーニング・コモンズの利用について
http://library.hoku-iryo-u.ac.jp/info/-1-141.html

(2016年08月12日付)
熊本大学附属図書館公認キャラクター「くまぽん」のイラストを募集
http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/news/2090


【記事紹介】

(2016年07月26日)猫に夢研究所
講演『大学図書館における学習支援』の聴講メモ
http://nekoniyume.hatenablog.com/entry/2016/07/26/213706

(2016年07月30日)やわらか図書館学
通称、JUSTICEの誕生である。
http://yawatosho.hateblo.jp/entry/2016/07/30/011016

(2016年08月04日)仁愛女子短期大学 キャンパスブログ
福井県立図書館にて「ふくいの大学生なう」開催中☆
http://www.jin-ai.ac.jp/blog/2016/08/post-439.html

(2016年08月14日)ささくれ
「Converting Scholarly Journals to Open Access」
(ハーバード大学図書館報告書)
http://cheb.hatenablog.com/entry/2016/08/14/225754


【随時更新】カレントアウェアネス・ポータル
「大学図書館」がタグ付けされた記事一覧
http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/37

【随時更新】CiNii論文検索
キーワード「ラーニングコモンズ」の結果一覧
http://goo.gl/WT5CbH


・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

*ラーコモラボ通信では、皆さまからの寄稿・情報提供をお待ちしています。
ぜひ情報をお寄せください。
   Facebookページ: https://www.facebook.com/LClab
   Facebookグループ: https://www.facebook.com/groups/266869456661249/
   *Facebookグループへの参加は承認制となっております。

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ 編集後記 (ふじたまさえ) ○
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

 今回は、ちょっと間があいてしまいましたが、6月18日に県立長野図書館で開催さ
れた講演会「こっそりごっそり としょかんをかえよう」のレポートをデザイナーの
寺島さんに書いていただきました。ご寄稿ありがとうございました!

 一見ちょっと関係ないかもしれない、と自分では思うような視点も自分の見方や
相手の視点を取り入れることで、一気につながり、世界が広がっていく、そんな広
がりのある講演会だったんだなと思いました。この講演会+ワークショップが県立
長野図書館にどんな効果をもたらすのか、参加者が何をつかみとっていくのか、今
後が楽しみです。

 講演会に続くワークショップも第2回が間もなく開催となります。また、興味のあ
る方は、講師の三浦さんの著書『こっそりごっそりまちをかえよう。』を読むと、
なるほど!と思えることもあるかもしれません。おすすめです。

 また、今回のニュースで紹介した三重大学附属図書館の学内学生限定での入館お
よび貸出実態調査もとても気になります(でも、問わ合せても教えてもらえなさそ
うです。詳しいことをご存知の方はこっそりおしえてください)。

 ラーコモラボ通信はどなたも無料で配信登録が可能です。ぜひ、周囲の方々に
お薦めください。

メルマガ登録・解除ページ
      http://www.mag2.com/m/0001260410.html
                            からどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラーコモラボ通信[LClab-061]2016年08月17日(月刊)
【発行者】ラーニングコモンズラボラトリ
【編集者】ラーニングコモンズラボラトリ
【発行地】〒231-0012
    神奈川県横浜市中区相生町3-61 さくらWORKS<関内>408
      アカデミック・リソース・ガイド株式会社 内
【E-Mail】LCLabHQ@googlegroups.com
【サイト】https://www.facebook.com/groups/266869456661249/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮下さい。

Copyright ラーニングコモンズラボラトリ All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ラーコモラボ通信

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/22
部数 362部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ラーコモラボ通信

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/22
部数 362部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング