日刊株式投資情報新聞

【日刊株式投資情報新聞】米雇用統計など発表迫りトランプ発言も尾を引き日経平均は2日続落


カテゴリー: 2017年01月06日
■■////////////////////////////////////////////////////////////
■■   日刊株式投資情報新聞(日本インタビュ新聞社提供)
■■
■■               2016年1月6日(金)
■■////////////////////////////////////////////////////////////

 ※ほぼ日刊で配信しておりますが、お休みをいただく場合が
  ありますので、あらかじめご了承ください。(土日祝日はお休み)

    ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
    【株式投資のための投資情報メールマガジン】
        場中の記事をそのまま配信!
        http://media-ir.com/news/

★株式投資情報ツイッター=https://twitter.com/mediaircom

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 米雇用統計など発表迫りトランプ発言も尾を引き日経平均は2日続落
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【株式市場】

◆日経平均の終値は1万9454円33銭(66円36銭安)、TOPIXは1553.32ポイント(2.36ポイント安)、出来高概算(東証1部)は18億6189万株

 6日(金)後場の東京株式市場は、円相場が米国の雇用統計と貿易収支(日本時間の今夜発表)を控えて小動きに陥り、トランプ氏のTwitter発言を受けてメキシコに拠点を置く日産自動車<7201>(東1)は軟調なまま小動きとなるなど、主力株は総じて一服模様で推移した。日経平均は前場の下値1万9354円44銭(166円25銭安)を割らなかったが軟調で2日続落となった。東証マザーズ指数も軟調転換。半面、東証2部指数、日経JASDAQ平均は高い。

 後場は、大塚ホールディングス<4578>(東1)が統合失調症治療薬の国内での承認申請が好感されて一段ジリ高となり、ソフトバンクグループ<9984>(東1)は米ソフトバンクグループ<9984>(東1)の孫社長がいち早くトランプ氏と面会済みのため「トランプリスク」の風圧が小さいとされて高値を更新。
 エスクローエージェント<6093>(東1)は13時過ぎに四半期決算を発表して急伸。リミックスポイント<3825>(東マ)は子会社のビットコイン取引会社が自社開発した仮想通貨の取引システムなどが気にされて後場急伸。
 
 東証1部の出来高概算は18億6189万株(前引けは8億8799万株)、売買代金は2兆3537億円(同1兆810億円)。1部上場2004銘柄のうち、値上がり銘柄数は1008銘柄、値下がり銘柄数は864銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は14業種となり、サービス、パルプ・紙、陸運、情報通信、食料品、などとなった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _______
   業績&株価分析
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■カーリットホールディングスはM&Aも活用して規模拡大や事業多角化を積極推進、中期収益拡大期待

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は、化学品事業を主力に、M&Aも積極活用して規模拡大や事業多角化を推進している。当社はロケット用固体推進薬原料を国内で唯一製造しており、宇宙関連銘柄の一つである。17年3月期は研究開発費を含む販管費の増加や新興国景気減速、設備投資による償却負担増加などで減益予想だが、積極的な事業展開で中期的に収益拡大が期待される。株価は昨年来高値圏で堅調な動きだ。0.6倍近辺の低PBRも見直し材料で上値を試す展開が期待される。

■化学品、ボトリング、産業用部材を展開、M&Aで規模拡大と事業多角化

 日本カーリットが株式移転で設立した持株会社である。グループ収益基盤と総合力強化に向けたM&A戦略で規模拡大と事業多角化を推進している。

 12年1月工業用塗料販売・塗装工事の富士商事、12年8月耐火・耐熱金物製造販売の並田機工、13年10月一級建築士事務所の総合設計、14年2月各種スプリング製造・販売の東洋発條工業を子会社化した。15年10月並田機工がアジア技研(北九州市)からスタッド事業(スタッドおよび溶接機械製造販売等)を譲り受け、アジア技研(大阪市)を新設して承継した。16年2月合成樹脂原材料販売の三協実業を子会社化した。

 16年3月期の売上高構成比は、化学品事業(産業用爆薬、自動車用緊急保安炎筒、信号炎管、危険性評価試験受託、二次電池試験受託、化成品関連、電子材料・機能性材料など)40%、ボトリング事業38%、産業用部材事業(半導体用シリコンウェーハ、研削材、耐火・耐熱金物・スプリングワッシャーなど)19%、その他3%である。

 化学品事業の自動車用緊急保安炎筒は新車装着用・車検交換用を展開し、トップシェアを維持している。ボトリング事業は伊藤園<2593>向けが主力だ。産業用部材事業の半導体用シリコンウェーハは小口径4~6インチのニッチ市場を主力としている。

 16年4月には完全子会社の日本カーリット、日本研削砥粒、第一薬品興業の3社を合併(存続会社および新商号は日本カーリット)した。経営資源の集約、経営の一層の合理化、事業展開・業務運営の一体化を図る。合併に伴い、今期より報告セグメントの区分変更を行っている。

 海外は並田機工がベトナムで耐火・耐熱金物を製造販売する子会社を設立した。当社グループにとってASEAN地域における初の生産拠点となる。

■現中期経営計画「礎100」で事業基盤確立を推進

 15年2月策定の中期経営計画「礎100」では、18年の創業100周年を迎え、次の100年企業の礎となる事業基盤確立を推進する。目標数値として18年度の売上高650億円、営業利益35億円、15年度~18年度4年間合計の設備投資額200億円を掲げた。中長期目標は24年度までに売上高1000億円としている。

 基本戦略としては、成長基盤強化(新商品・新規事業の創出と育成、M&Aや資本・技術提携など)、収益基盤強化(経営資源の有効配分、新商品開発のスピードアップなど)、グループ経営基盤強化(グループシナジーの最大化、子会社・事業の再編・統廃合、R&Dの新体制構築、海外展開の強化、CSR経営の推進など)を掲げている。

 新商品・新規事業の創出と育成に関しては、H-2 ロケット用など高エネルギー化学物質の宇宙産業への展開、環境・エネルギー関連における次世代蓄電デバイスへの展開、ライフサイエンス分野のヘルスケア材料におけるバイオリファイナリー関連への展開、遠赤外線カメラ用レンズ材料、無機機能材料の車載向けへの展開など重点分野を一段と強化する。

 15年7月にはR&Dセンターとグループ会社のシリコンテクノロジーが、サーモグラフィー用材料分野への参入を発表した。車載、セキュリティ、エネルギーマネジメントなどで使用されるサーモグラフィー用材料分野の非冷却赤外線カメラ市場は拡大が予想されているため、低コストで大量供給が可能なシリコンをベースに高性能結晶材料を開発し、国内外の複数の企業とサンプルテストを実施して良好な結果が得られている。

 15年8月には日本カーリットが同社所有の水力発電所である広桃(こうとう)発電所(群馬県前橋市)の大規模更新工事の実施を決定した。工事完了は17年度、投資額は約23億円の予定である。

■第1四半期はボトリング事業の定期メンテナンスが影響する収益構造

 四半期別業績推移を見ると、15年3月期は売上高が第1四半期106億67百万円、第2四半期115億52百万円、第3四半期110億29百万円、第4四半期128億61百万円、営業利益が54百万円の赤字、2億67百万円、3億82百万円、6億04百万円、16年3月期は売上高が107億20百万円、119億38百万円、114億81百万円、122億39百万円、営業利益が29百万円の赤字、4億66百万円、3億62百万円、4億51百万円だった。第1四半期はボトリング事業における定期メンテナンスが影響する収益構造だ。

 16年3月期は固定資産売却益が一巡して最終減益だが、M&Aによる新規連結も寄与して15年3月期比営業増益・経常増益だった。売上総利益は同4.7%増加し、売上総利益率は15.4%で同0.6ポイント上昇した。販管費は同4.8%増加し、販管費比率は12.7%で同0.5ポイント上昇した。ROEは3.5%で同1.9ポイント低下、自己資本比率は48.0%で同2.2ポイント上昇した。配当性向は30.2%だった。連結配当性向の目標は20~30%としている。

 セグメント別(連結調整前)の動向を見ると、化学品は売上高が同11.9%増の183億57百万円で営業利益が同73.7%増の6億47百万円、ボトリングは売上高が同6.9%減の177億88百万円で営業利益が同2.7倍の4億14百万円、産業用部材は売上高が同2.7%減の89億07百万円で営業利益が同78.7%減の96百万円だった。

■17年3月期第2四半期累計は販管費増加で減益だが売上総利益率上昇

 今期(17年3月期)第2四半期累計(4~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比5.2%増の238億31百万円、営業利益が同10.1%減の3億93百万円、経常利益が同7.4%減の4億43百万円、純利益が同4.3%減の2億54百万円だった。

 三協実業などの新規連結も寄与して増収となり、産業用部材事業の損益が大幅改善したが、研究開発費を含む販管費の増加などで減益だった。売上総利益は同7.6%増加し、売上総利益率は14.8%で同0.3ポイント上昇した。販管費は同10.3%増加し、販管費比率は13.1%で同0.6ポイント上昇した。

 セグメント別(連結調整前)に見ると、化学品は売上高が同8.6%増の103億28百万円で営業利益が同0.5%減の2億67百万円だった。
化薬分野の産業用爆薬、化成品分野のパルプ漂白用塩素酸ナトリウム、除草剤、電子材料分野の機能性コンデンサ向けピロール関連製品、セラミック材料分野の研削材などが増収となり、16年2月連結子会社化した三協実業も寄与した。
自動車用緊急保安炎筒は新車装着用が増加したが、車検交換用が減少し、全体として減収だった。受託評価分野は危険性評価試験、電池試験とも減収だった。固体推進薬の原料である過塩素酸アンモニウムはH-2ロケット打ち上げ回数減少で減収だった。電気二重層キャパシタ用電解液およびアルミ電解コンデンサ用材料は海外向けが低迷した。

 ボトリングは売上高が同1.4%増の90億57百万円で営業利益が同10.8%増の1億20百万円だった。主力の茶系飲料が堅調で、缶珈琲、委託品の炭酸飲料も好調だった。産業用部材は売上高が同6.3%増の38億95百万円で営業利益が同4.0倍の75百万円だった。金属加工品のリテーナ、ばね・座金製品などが増収だった。15年10月アジア技研から譲り受けたスタッド事業も寄与した。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期117億50百万円、第2四半期120億81百万円、営業利益は46百万円、3億47百万円だった。

■17年3月期通期は減益予想だが中期的に収益拡大期待

 今期(17年3月期)通期の連結業績予想(5月16日公表)については、売上高が前期(16年3月期)比10.0%増の510億円、営業利益が同4.0%減の12億円、経常利益が同2.3%減の13億円、純利益が同13.8%減の6億50百万円としている。配当予想は前期と同額の年間10円(期末一括)で予想配当性向は36.4%となる。

 M&A子会社の通期連結も寄与して増収だが、中期計画で打ち立てている先行投資や中国など新興国の景気減速や為替の影響など不透明な事業環境を考慮して減益予想としている。なお通期予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が46.7%、営業利益が32.8%、経常利益が34.1%、純利益が39.1%である。やや低水準の形だが、第1四半期はボトリング事業における定期修理が影響して低水準となることや、産業用部材事業の損益が改善基調であることも考慮すれば、通期予想は達成可能だろう。

 中期的には緊急脱出用ガラス破壊機能付き自動車用緊急保安炎筒「ハイフレヤープラスピック」の拡販、2次電池充放電受託試験の収益化、グループ全体のコスト削減、そしてM&Aを含む積極的な事業展開で収益拡大が期待される。

■株価は昨年来高値圏で堅調、低PBRも見直し材料で上値試す

 株価の動きを見ると、16年12月の昨年来高値575円から一旦反落したが、その後も昨年来高値圏540円~560円近辺で堅調な動きだ。

 1月5日の終値560円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS27円47銭で算出)は20~21倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間10円で算出)は1.8%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS948円40銭で算出)は0.6倍近辺である。時価総額は約135億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドの形だ。0.6倍近辺の低PBRも見直し材料で上値を試す展開が期待される。

────────────────────────────────

●[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
 http://kabu-ir.com/category/20186867-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ______
   編集長の視点
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力

 エルテス<3967>(東マ)は、前日5日に240円安の6260円と続落して引けた。同社株は、昨年11月29日に新規株式公開(IPO)されたばかりで、12月1日につけた上場来高値8810円から同27日につけた上場来安値6000円まで調整、年明けに再度、この最安値を確認する展開となっているが、前日5日に発表した新しいマーケティング支援サービスの提供開始を手掛かりに直近IPO買いが再燃する展開が有力視される。
 同社の過去5年の年間売り上げが平均して40%強も伸びた主力のソーシャルリスク事業の成長可能性の見直しにつながるためで、さらに米国のオバマ大統領が、昨年11月の米国の大統領選挙に干渉したロシアのサイバー攻撃に対して制裁措置を12月29日に発令したことも、引き続き関連株買いを誘発しよう。

■デジタル社会のインフラを担い過去5年間の年平均売り上げ成長率は44.8%

 同社のソーシャルリスク事業は、法人名などに関するネット上に拡散する投稿を収集して人工知能により振り分け24時間365日にわたり監視し、デジタルリスクの火種を早期に予兆・検知しネット炎上を回避するリスクモニタリングを中心に、情報流出を防ぎ、テロ予告や金融犯罪を早期検知するリスクインテリジェンス、さらに情報発信のためのリスクコンサルティングなどの各種サービスを提供している。
 このソーシャルリスクモニタリングサービスの提供を開始した2011年以来、5年間の年平均成長率は、44.8%に達した。昨年5月の伊勢志摩サミットでも、ネット上のテロ対策を担当し、デジタル社会のインフラにとって不可欠な存在となっている。

 前日5日に発表したマーケティング支援サービス「eltes FIND」は、企業にとってネガティブあるいはポジティブな情報がネット上で拡散するタイミングをリアルタイムに捉えて、ネガティブな情報であれば、自社のニュースリリースや説明ページに誘導して迅速に炎上を沈静化させ、ポジティブな情報の拡散であれば、効率的にキャンペーンサイト、製品サイトにユーザーを誘導して製品・サービスの認知度や好感度、購買意欲の調査を行うことを可能とする。

 業績も絶好調で今2017年2月期業績は、売り上げ13億6900万円(前期比42.6%増)、営業利益1億8400万円(同36.3%増)、経常利益1億6500万円(同26.0%増)、純利益1億1200万円(同27.3%増)と予想、純利益は連続して過去最高を更新する。売り上げは、既存案件の継続による既存売り上げのストック効果と新規案件受注による新規売り上げの相乗で大きく伸び、新規事業開発に向けた人件費の増加や上場関連費用などをカバーする。

■「3割高下に向かえ」の定石通りに初値奪回で弾みをつけ上場来高値を目指す

 株価は、公開価格1790円に対して6510円で初値をつけ、ストップ高を交えて上場来高値8810円まで買い進まれる高人気となり、いったん6800円まで調整し、科学技術振興機構の新規研究課題への採択などで8470円の戻り高値までリバウンドし、エストニアのリアルシステムズ社との業務提携発表でも8440円高値へ買い直されたが、年末相場の手仕舞い売りでは再び上場来安値6000円へ突っ込み、足元では米国のロシア制裁などの関連人気の波及で下ヒゲを伸ばして最安値を試した。
 テクニカル的に最高値から最安値まで約32%の調整となり、相場格言の「3割高下に向かえ」の定石を試すタイミングにあり、突っ込み買いから直近IPO株人気に弾みをつけ、戻り高値抜け、最高値奪回を目指そう。

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆
 (記事の詳細は下記をご覧ください)
http://syoukenn.seesaa.net/category/1589503-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■ ニュース・トピックス ━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

【どう見るこの相場】相場展望
 http://kabu-ir.com/category/23195154-1.html

●【特集】注目銘柄
 http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

■決算情報 Media-IR
 http://www.media-ir.com/press/kessann/gyouseki/index.shtml

 ■高配当利回り特集
 http://www.media-ir.com/press/kouhaitou/hai201201/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★国内初の報道型IR:個人投資家向け企業情報ポータルサイト
http://www.media-ir.com/mediairpress/

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
 「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社 日本インタビュ新聞社
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8
-----------------------------------------
Webサイト:
◎日本インタビュ新聞社公式サイト
 http://www.media-ir.com/
◎株式投資情報 総合サイト(株式投資のキュレーションサイト)
 http://media-ir.com/news/
◎日本インタビュ新聞 株式投資情報
 http://kabu-ir.com/
◎日本インタビュ新聞 Media-IRソリューション
 http://www.media-ir.com/mediairpress/
◎日本インタビュ新聞 経営者紀行
 http://interview-ir.com/
◎犬丸正寛の相場格言
 http://soubakakugenn.seesaa.net/
◎株式投資情報ツイッター(mediaircom)
 http://twinavi.jp/account/detail/mediaircom
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

ついでに読みたい

日刊株式投資情報新聞

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/03/29
部数 1,674部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング