日刊株式投資情報新聞

【日刊株式投資情報新聞】3連休やクリスマス休暇前のポジション調整が気にされ日経平均は2日続落


カテゴリー: 2016年12月22日
■■////////////////////////////////////////////////////////////
■■   日刊株式投資情報新聞(日本インタビュ新聞社提供)
■■
■■               2016年12月22日(木)
■■////////////////////////////////////////////////////////////

 ※ほぼ日刊で配信しておりますが、お休みをいただく場合が
  ありますので、あらかじめご了承ください。(土日祝日はお休み)

    ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
    【株式投資のための投資情報メールマガジン】
        場中の記事をそのまま配信!
        http://media-ir.com/news/

★株式投資情報ツイッター=https://twitter.com/mediaircom

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 3連休やクリスマス休暇前のポジション調整が気にされ日経平均は2日続落
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【株式市場】

■本日上場のエイトレッド、フォーライフは公開価格を大きく上回る

◆日経平均の終値は1万9427円67銭(16円82銭安)、TOPIXは1543.82ポイント(1.12ポイント安)、出来高概算(東証1部)は18億7138万株

 22日後場の東京株式市場は、3連休や欧米のクリスマス休暇を控えたポジション調整売りの懸念が漂い、材料株を個別に物色する以外は見送りムードの展開になった。日経平均は前場の安値116円98銭安(1万9327円51銭)を割らなかったが軟調なまま一進一退を続け、大引けにかけては持ち直したが2日続落。主な株価指数も総じて安い。

 後場は、ティアック<6803>(東1)が「iPhone」「iPad」対応の新製品などを材料に急動意となり、美容家電のヤーマン<6630>(東1)は好業績が見直されて一段ジリ高。インタートレード<3747>(東2)は社長保有株の一部をジャパンインベストメントアドバイザー<7172>(東マ)に譲渡とされて思惑が強まり急伸。
 ALBERT(アルベルト)<3906>(東マ)は引き続き人工知能の接客システムなどが好感されて急伸。デジタルデザイン<4764>(JQS)は地方創生事業での提携が好感されてストップ高。

 本日は2銘柄が新規上場となり、エイトレッド<3969>(東マ・売買単位100株)は14時23分に気配値のまま上げる場合の本日上限になる4210円(公開価格1800円の2.3倍)で初値がつき、その後4910円まで上げ、終値も4910円で高値引け。また、フォーライフ<3477>(東マ・売買単位100株)は10時3分に公開価格2280円を67%上回る3000円で初値がつき、高値は前場の3680円、終値は2940円。

 東証1部の出来高概算は18億7138万株(前引けは9億3311万株)、売買代金は2兆1590億円(同1兆49億円)。1部上場2001銘柄のうち、値上がり銘柄数は852(同705)銘柄、値下がり銘柄数は990(同1156)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は16業種(前引けは12業種)となり、値上がり率上位の業種は、金属製品、鉱業、繊維製品、石油・石炭、ガラス・土石、ゴム製品、非鉄金属、化学、情報・通信、などだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _______
   業績&株価分析
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■アルコニックスは年初来高値更新の展開で15年高値目指す、商社機能と製造業を融合した非鉄金属総合企業

 アルコニックス<3036>(東1)は商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」を目指してM&A戦略も積極活用している。12月20日には富士プレスを子会社化(17年4月予定)すると発表した。17年3月期は非鉄市況下落や円高影響などで減益予想だが、足元の円安傾向で一転上振れ余地がありそうだ。また積極的な事業展開で中期的に収益拡大が期待される。株価は年初来高値更新の展開となった。15年6月高値を目指す展開だろう。

■商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」

 軽金属・銅製品(伸銅品、銅管、アルミフィン材など)、電子・機能材(レアメタル・レアアース、チタン・ニッケル製品など)、非鉄原料(アルミ・亜鉛地金など)、建設・産業資材(配管機材など)を取り扱う非鉄金属商社グループである。

 レアメタル分野に強みを持つことも特徴だが、中期成長に向けて商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」を目指し、M&Aも積極活用して、非鉄金属の周辺分野も含めた川上(製造)~川中(流通)~川下(問屋)を網羅するビジネス展開を推進している。

 16年3月期のセグメント別売上高構成比は軽金属・銅製品43%、電子・機能材35%、非鉄原料16%、建設・産業資材6%、経常利益構成比(連結調整前)は軽金属・銅製品60%、電子・機能材35%、非鉄原料1%、建設・産業資材4%だった。

 なお17年3月期からセグメント区分を変更し、新セグメントは商社流通(電子機能材事業、アルミ銅事業)および製造(装置材料事業、金属加工事業)とした。製造業の利益が連結業績の過半を占めるようになったため、流通を手掛ける連結子会社は商社流通、製造を手掛ける連結子会社は製造に再編する。

■M&Aを積極活用して業容拡大

 13年1月金属・化成品メーカーの米ユニバーティカル社を子会社化、13年3月アルミ合金スクラップ販売の大阪アルミセンターを子会社化、13年4月産業機械用精密加工部品メーカーの大羽精研を子会社化、14年4月住宅建設関連資材メーカーのケイ・マックを持分法適用関連会社化、14年11月アルミ銅センター(大阪アルミセンターが14年9月1日付で商号変更)が稲田商会の銅リサイクル事業(稲田銅センター)を譲り受けた。

 15年7月中間持株会社アルコニックス・トーカイが溶接材料製造ならびに溶射加工事業の東海溶業を子会社化、15年10月非鉄金属専門商社の平和金属を子会社化、16年2月中間持株会社アルコニックス・エムティが金属製品非破壊検査(表面探傷検査)および金属マーキングの国内トップ企業であるマークテックを子会社化した。

 12月20日には自動車向け精密プレス金型およびプレス部品製造の富士プレス(愛知県大府市)の株式100%を取得して子会社化(17年4月予定)すると発表した。100%出資の中間持株会社アルコニックス・フジ(仮称)を設立して富士プレスの株式を取得する。優良な取引先を持つ富士プレスをグループ化し、製造業へのさらなる展開を推進する。

■非鉄金属市況などが影響するが、M&A効果で収益拡大基調

 四半期別業績推移を見ると、15年3月期は売上高が第1四半期484億04百万円、第2四半期485億96百万円、第3四半期546億06百万円、第4四半期499億37百万円、経常利益が17億13百万円、13億95百万円、13億02百万円、7億95百万円で、16年3月期は売上高が529億30百万円、482億55百万円、524億29百万円、481億41百万円、経常利益が12億71百万円、10億43百万円、10億34百万円、6億85百万円だった。

 レアメタル・レアアースなど非鉄金属の市況、持分法投資損益、M&Aに伴うのれん償却や負ののれん益なども収益変動要因となるが、積極的なM&Aが寄与して収益拡大基調である。
 16年3月期は15年3月期比増収、営業減益、経常減益、最終増益だった。スマホ・タブレット端末の高機能機種向け電子材料や、船舶・発電設備向け熱交換器用チタン展伸材の輸出などが伸長し、第3四半期から新規連結した平和金属も貢献して増収だが、非鉄原料やレアメタル・レアアースの市況低迷、販管費の増加などで営業減益、ケイ・マックの負ののれん発生益一巡で経常減益だった。純利益は平和金属の負ののれん発生益が寄与して大幅増益だった。

 16年3月期の売上総利益は同0.8%増加し、売上総利益率は6.0%で同横ばいだった。販管費は同11.8%増加し、販管費比率は4.2%で同0.5ポイント上昇した。営業外では受取配当金が増加し、為替差損益が改善したが、持分法投資利益が減少し、ケイ・マックを持分法適用関連会社化したことに伴う負ののれん発生益が一巡した。

 特別利益には平和金属の株式取得に伴う負ののれん発生益を計上した。ROEは17.8%で同2.9ポイント上昇、自己資本比率は26.8%で同2.5ポイント低下した。NET/DERは0.6倍(15年3月期は0.7倍)だった。配当は同4円増配の年間44円(第2四半期末22円、期末22円)で配当性向は11.4%だった。利益配分については将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続的に実施していくことを基本方針としている。

 セグメント別経常利益を見ると、軽金属・銅製品はケイ・マックの負ののれん発生益一巡で同14.3%減の25億73百万円、電子・機能材はレアメタル・レアアースの減収やめっき材料の価格下落で同13.6%減の14億98百万円、非鉄原料はアルミ再生塊の減少やアルミ銅センターの不振で同81.7%減の49百万円、建設・産業資材は国内配管機材の減少で同19.7%減の1億66百万円だった。

■17年3月期第2四半期累計は減収減益

 今期(17年3月期)第2四半期累計(4~9月)連結業績は、売上高が前年同期比6.8%減の943億45百万円、営業利益が同17.9%減の17億97百万円、経常利益が同10.6%減の20億69百万円、純利益が同3.1%減の16億66百万円だった。非鉄原料やレアメタル・レアアースが非鉄市況下落や円高影響などで減収となり、マークテックの中国現法の業績低迷も影響して減益だった。

 売上総利益は同14.3%増加し、売上総利益率は7.4%で同1.3ポイント上昇した。製造子会社の伸長が寄与した。販管費は同32.2%増加し、販管費比率は5.5%で同1.6ポイント上昇した。新規連結で大幅増加した。営業外では受取配当金が増加(前期47百万円、今期1億30百万円)、持分法投資利益が増加(前期1億68百万円、今期2億45百万円)した。自己資本比率は28.4%で同1.7ポイント上昇、NET/DERは0.6倍で1.0倍以下を維持した。

 セグメント別(連結調整前)動向を見ると、商社流通の電子機能材料は売上高が同18.3%減の254億74百万円で経常利益が同34.3%減の5億44百万円だった。
 スマホ・タブレット端末向け部材は需要低迷で全般的に減速した。端末向け二次電池部材、太陽光発電関連部材、環境関連部材も需要減速の影響を受けた。レアメタル・レアアースは需要低迷・価格下落が続いている。商社流通のアルミ銅事業は売上高が同6.3%減の577億65百万円で経常利益が同14.6%減の2億77百万円だった。平和金属が貢献したが、業務用空調や自動車分野など一部を除いて需要が低調で、円高や商品市況回復遅れも影響した。

 製造の装置材料事業は売上高が同27.7%増の83億38百万円で経常利益が31百万円(前年同期は2百万円)だった。米ユニバーティカル社はのれん償却後で増益となり、東海溶業も順調だった。
 マークテックは中国法人の業績が悪化した。製造の金属加工事業は売上高が同2.0%増の46億52百万円で経常利益が同5.1%増の12億19百万円だった。大羽精研はチップマウンター用研削加工部品が高水準推移し、自動車向け試作部品も伸長した。大川電機製作所は半導体製造装置向けなど受注が高水準だったが、小ロット・短納期対応が収益を圧迫した。なお持分法適用関連会社3社の持分法投資利益も寄与した。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期477億93百万円、第2四半期465億52百万円、営業利益は8億93百万円、9億04百万円、経常利益は10億83百万円、9億86百万円だった。

■17年3月期通期は減額して減収減益予想

 今期(17年3月期)通期の連結業績予想(10月25日に減額修正)は売上高前期(16年3月期)比5.8%減の1900億円、営業利益が同5.1%減の36億円、経常利益が同8.9%減の39億円、純利益が同39.7%減の30億円としている。純利益は平和金属の負ののれん発生益一巡も影響する。配当予想は据え置いて前期と同額の年間44円(第2四半期末22円、期末22円)としている。予想配当性向は18.9%となる。

 アルミ・銅、レアメタル・レアアース等の非鉄市況の下落、円高影響などによる第2四半期累計の計画未達分を減額修正した。修正後の売上総利益率は同0.5ポイント上昇の7.3%、販管費比率は同0.5ポイント上昇の5.4%を想定している。

 セグメント別の計画は、商社流通の電子機能材の売上高が同3.0%減の555億30百万円で経常利益が同33.8%減の10億90百万円、商社流通のアルミ銅の売上高が同11.6%減の1085億30百万円で経常利益が同13.5%減の6億20百万円、製造の装置材料の売上高が同30.2%増の169億90百万円で経常利益が同5.1倍の3億円、製造の金属加工の売上高が同2.3%増の89億50百万円で経常利益が同6.7%減の18億90百万円としている。製造の装置材料ではマークテックの下期回復を見込んでいる。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が49.7%、営業利益が49.9%、経常利益が53.1%、純利益が55.6%である。足元の円安傾向を考慮すれば通期予想に上振れ余地がありそうだ。

■新中期経営計画で19年3月期ROE13~15%程度目標

 16年5月策定の新中期経営計画(17年3月期~19年3月期、1年ごとに見直すローリング方式)では、経営目標値として19年3月期の経常利益65億円超、純利益46億円超、ROE13~15%程度、NET/DER1.0~1.3倍程度を掲げ、3年間の投融資総額はM&A・事業投資を中心に200億円の計画としている。商社機能と製造業を融合した「非鉄金属の総合企業」を目指し、アクションプランとして、営業収益力の強化と投資案件の推進を掲げている。

 営業収益力の強化では、電子材料分野における原料(レアメタル・レアアース)から製品(電子材料・機能材料)までを網羅したビジネスモデルの展開、環境対応関連分野における省エネ・環境対応素材からリサイクル事業までの幅広い事業展開、そして海外事業展開(地場取引の拡大、三国間ビジネスの拡大、海外ネットワーク充実に向けた拠点拡大)を推進する。

 投資案件の推進では、短期間での業容拡大に有効なM&A、新たな商流を創出するための金属加工・販売事業等への事業投資、およびリサイクルを含む資源確保のための投資を重点施策として推進する。積極的なM&A戦略も奏功し、グループのシナジー効果を高めて中期的に収益拡大基調だろう。

■株価は年初来高値更新の展開、15年6月高値目指す

 株価の動きを見ると、11月の直近安値1250円から反発後はほぼ一本調子の上昇で、3月高値1670円を突破して年初来高値更新の展開となった。12月12日には1832円まで上伸した。

 12月21日の終値1736円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS232円80銭で算出)は7~8倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間44円で算出)は2.5%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2311円32銭で算出)は0.8倍近辺である。時価総額は約224億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線が26週移動平均線と52週移動平均線を上抜いて先高感を強めている。15年6月高値2198円を目指す展開だろう。

────────────────────────────────

●[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
 http://kabu-ir.com/category/20186867-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ______
   編集長の視点
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■AWSHDは分割後安値から底上げ途上、ZMP上場延期を織り込み最高業績と新ソリューションを買い直す

 AWSホールディングス<AWSHD、3937>(東マ)の前日20日の株価は、40円安の3010円と反落して引けた。今年11月9日につけた株式分割の権利落ち後安値2700円から25日移動平均線までリバウンドしており、目先の利益を確定する売り物が交錯した。ただ下値に買い物も続き、底上げはまだ序盤で一段の戻りが期待できそうだ。
 自動車の自動運転技術で同社と密接なロボットベンチャーのZMPが、12月19日に予定していた新規株式公開(IPO)を延期したことを受けて、同社の株価も、200円幅の下落となったが、既に影響は一巡したとして、同社の今3月期の2期ぶりに過去最高純利益を更新する好業績や、
ソフトバンク<9984>(東1)と日本アイ・ビー・エムが共同で構築・提供する「IBM Watsonエコシステムプログラム」に参画して展開する新ソリューションが依然として注目材料となっているためだ。投資評価会社が、強気の投資判断と想定株価レンジを打ち出したことも、フォローしそうだ。

■2Q業績は2回も上方修正しメディカル事業の好調推移で3月通期業績も上ぶれ期待

 同社の今期業績は、4月~9月期(第2四半期、2Q)累計業績が、今年8月、11月と2回も上方修正され、営業利益は期初予想の3100万円が1億2800万円へ、経常利益が同じく6400万円から1億7300万円へ、純利益も同3100万円から1億500万円へそれぞれ大きく引き上げられた。
 フィリピンで展開しているオフショアシステム開発のグローバル事業の開発案件の受注が拡大しているほか、メディカル事業では、レセプト点検ソフト「Mighty」シリーズの今年9月末のユーザー数が、1万2500医療機関を突破したことなどが要因となった。

 3月通期業績は、今年6月の新規株式公開(IPO)時の予想を据え置き売り上げ34億3400万円(前期比17.3%増)、営業利益2億7100万円(同40.0%増)、経常利益2億7000万円(同16.2%増)、純利益1億6700万円(前期は400万円の赤字)と予想しているが、2Q累計の純利益は、通期予想業績に対して63%の進捗率と目安の50%を上回っており、上ぶれて着地する期待を高め、2015年3月期の過去最高(3200万円)を大幅に更新することになる。

 一方、「IBM Watsonエコシステムプログラム」は、大規模なデータを分析し、自然言語で投げ掛けられた複雑な質問を解釈して根拠に基づき回答する人工知能IBM Watsonを活用したサービスの
導入を推進するパートナープログラムで、AWSHDは、積極的にこの日本語版を活用したソリューションを提供し、「Automation(ソフトウェアテスト自動化)」、「Analytics(分析)」、「AI(人工知能)」の3Aの分野で様々な業界において協業を進める。

■「リターン・リバーサル」で急騰特性を発揮し分割落ち後高値へキャッチアップ

 株価は、今年6月に公開価格2490円に対して8350円で初値をつけ、連続ストップ高を交えて上場来高値1万2070円まで買い上げられた。その後は、新興市場の人気離散などで4805円安値まで売られたが、今期2Q累計業績の1回目の上方修正、株式分割(1対2)の好材料が続いてストップ高を交えて9180円の戻り高値をつけ、7810円で分割権利を落とした。
 分割権利落ち後は、落ち後安値2700円から今期2Q累計業績の2回目の上方修正で底上げし、ZMPの上場承認、「IBM Watsonエコシステムプログラム」参画が続いて落ち後高値3745円へ1000円高し、ZMP上場延期とともに再度、下値を探り、落ち後安値目前で踏み止まった。
下げた株ほど良く戻るとする投資セオリーの「リターン・リバーサル」通りに再騰は有力で、投資評価会社のモーニングスターの強気投資判断、想定株価レンジ4500-5000円の高評価も加わり持ち前の急騰特性を発揮しまず分割落ち後高値3745円へキャッチアップしよう。

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆
 (記事の詳細は下記をご覧ください)
http://syoukenn.seesaa.net/category/1589503-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■ ニュース・トピックス ━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

●【特集】狙い場・買い場
 http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

■決算情報 Media-IR
 http://www.media-ir.com/press/kessann/gyouseki/index.shtml

 ■高配当利回り特集
 http://www.media-ir.com/press/kouhaitou/hai201201/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
■好評!『犬丸正寛の『時を買え投資法』で着実に稼ぐ』メールマガ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

犬丸正寛(株式評論家) 価格:5,400円/月(税込)
発行:毎週 日・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
課金開始月:購読した月から
http://foomii.com/00033

当マガジンは、「投資のタイミング」を重視し、
しかも、テーマ性、業績、人気性など「銘柄固有の特性」を
考慮し投資期間と目標株価を明記します。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
■浅妻昭治のマーケットセンサー(銘柄発掘の王道を伝授・注目株厳選)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

浅妻昭治(株式評論家) 価格:5,400円/月(税込)
発行:毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)
課金開始月:購読した月から
http://foomii.com/00046

■投資情報を楽しく読んで楽しく儲ける!
★「知的投資家」のために相場の正しい
 「読み方」、「攻め方」、「守り方」を公開

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★国内初の報道型IR:個人投資家向け企業情報ポータルサイト
http://www.media-ir.com/mediairpress/

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
 「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社 日本インタビュ新聞社
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8
-----------------------------------------
Webサイト:
◎日本インタビュ新聞社公式サイト
 http://www.media-ir.com/
◎株式投資情報 総合サイト(株式投資のキュレーションサイト)
 http://media-ir.com/news/
◎日本インタビュ新聞 株式投資情報
 http://kabu-ir.com/
◎日本インタビュ新聞 Media-IRソリューション
 http://www.media-ir.com/mediairpress/
◎日本インタビュ新聞 経営者紀行
 http://interview-ir.com/
◎犬丸正寛の相場格言
 http://soubakakugenn.seesaa.net/
◎株式投資情報ツイッター(mediaircom)
 http://twinavi.jp/account/detail/mediaircom
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

ついでに読みたい

日刊株式投資情報新聞

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/05/25
部数 1,667部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

魔法使いリエちゃんのインスピレーション競馬
馬券ベタの初心者でも高額配当的中 魔訶不思議な魔法の3連単馬券術をお伝え中(有料) もちろん、馬券センス有りのあなたなら、さらに、、、( *´艸`) 直近の的中結果 9/24 中山 1R  148,100円的中 中山 2R  135,630円的中 9/25 阪神2R  221,300円的中 阪神4R  257,570円的中 中山7R  139,420円的中 中山10R  133,100円的中 中山12R  113,680円的中 詳しくは、メルマガ紙面にて
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング