the EPSDC News

EPSDC 診査診断学ベーシックコース 6月コース スタートしました!


カテゴリー: 2012年06月13日
「The EPSDC news」第16号配信致します。
 
このメルマガは、endo perio specialist宮下裕志のセミナーにご参加された方々、
またはメルマガ登録して下さった方へ配信いたしております。
 
■ご挨拶
■ EPSDC 診査診断学ベーシックコース 6月コース スタートしました!
  診査診断学ベーシックコース第1回目 レポート (コーススタッフ 中村)
■ 診査診断学ベーシックコース 11月コース開催決定・申込受付開始しました。
■ EPSDC研修会 1Dayセミナー(10/7)申込み受付中!
■ おわりに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ ご挨拶
Aloha Mai Kakou!
EPSDC 研修会事務局員、最近運動不足で、色々な意味でたるんでいる
ポリネシアンダンサーNamiです。(*^^*)
なんだか梅雨入りをしたようで、雨が降り続きどんよりした毎日で憂鬱ですが、
紫陽花のキレイな季節となりましたね。
 
さて、いよいよEPSDCコース「診査診断学ベーシックコース」
第5期が6月よりスタート致しました!
前日の夕方から、懇親をかねてリクリエーションを行いました。
今回も遠方からわざわざおいでいただき、スタッフ一同も満足して頂けるよう張り切っておりますよ。
前日の懇親会も夜が深まるにつれ、初顔合わせとは思えないほど盛り上がり、
わたしも時間を忘れ飲み語ってしまいました。
 先生方の歯科医療にかける熱い志、毎回の事ですが素晴らしい! 
こんな先生がたが日本中に増えればどんなに患者さんが幸せになれる事でしょう〜。 
わたしも歯では苦労していますから切に願っておりますよ。
さて、今回はコースの内容をコーススタッフの中村クンから読者の皆様にお伝えさせて頂きま〜す。 
中村クンこと中村浩高先生は、南青山のEPSDCクリニックの方では、
宮下先生の第一アシスタントとして臨床研修されているとても仕事熱心な先生です。
もう1年が過ぎますね。 
EPSDCのコンセプトが骨の髄までしみ込んでいるのでは・・・! 
コーススタッフとして今期より入って頂いてます。  
みなさま、宜しくお願いします。
 
■ 診査診断学ベーシックコース第1回目 レポート (コーススタッフ 中村浩高)
 
EPSDCメルマガ読者の皆様、はじめまして。 
すでにもうお会いしている先生や衛生士さんもいらっしゃると思いますが、
改めてご挨拶させて頂きます。
EPSDCコーススタッフの中村です。
さて、いよいよ宮下裕志先生の診査診断学ベーシックコースが6月より始まりました。  
 
講義のイントロダクションとして、EPSDC南青山クリニックでの
実際の診療の流れについての説明がありました。
まず第一に、初診で訪れる患者さんは自分の言いたいことだけをお話しされるのが通常と思いますが、
そのため、我々歯科医が診断に必要な情報を聞き出せない事があります。
もっと全人的に考えれば、目の前の患者さんが本当は自身の歯の健康をどう考えているか、
耳を傾けて聴く事が出来ていない事が殆どです。
といってもせわしない臨床の中では、そんな事に気がつけていない場合が当たり前となっているようです。
また、今後の講義でくわしく学んでいくことになる問診と医療面接との違いなど講義がありました。
 
臨床システムも診断能力もすぐさま身に付く物ではありませんが、
すくなくとも患者からの情報を効率よく聞く為の受付応対が最初のステップです。 
そのため、EPSDCでは、予め聞くべき項目を挙げた電話受付チャートを用意しています。 
例えば、誰が電話に出てもチャート通りに応対する事で、患者さんの状態や初診時に診ていく事が予め把握出来ます。
緊急性があるかないかの判断もつくので、予約の入れ方にも影響してきます。
さらに、来院まで日にちがある場合は、クリニックから診療申込書、痛みの問診票、口腔健康問診票、
クリニックのご案内リーフレットなどを予め郵送する事で、
その時点から患者の口腔健康への興味を高めていく取り組みを行っています。 
またそうする事で、初診時に診断に必要な情報を前もって得ているのです。
 
【宮下裕志の診査診断学】
 まずは「診断(学)とは何か?」というテーマから始まりました。
「診断」と一言で言ってしまうと、臨床所見やレントゲン写真などから、
その歯に起きている病気を判断することだと考えてしまいますが、宮下先生のスライド
「What we learn」では、
「診断とは疾患の名前をつけることではない」
「診断には疾患の診断と人の診断がある」
「診断にはステップがある」
「診断には疾患の診断と治療の診断がある」
「臨床は診断の連続である」
 
と、話されていました。これを中村的にまとめてみました(^^)!
 
⇒ はたして歯を残せるのか? ⇒ 残して機能するのかを診断する必要がある。
⇒ その歯のためには何をしなければならないのか? ⇒ 他に治療法がないのか診断する。 
⇒ 患者さんは、どの治療法を受け入れられるのか? 歯を残してほしいと思っているのか?

というように歯科医として思考し、そして、「個々の患者を人として治療するのであって、
歯とか口腔単位で診ていくのみではない」ことから、患者のニーズに応えることが最も重要だということになる。
 
実際の「治療」の流れ
・ 現在の状況を説明
   ↓
・ 一般的な治療の時期を説明
   ↓
・治療するかしないかを相談
 
レントゲンで根尖に透過像を見つけても、臨床症状がない透過像であれば、
4年経つと85%治癒する(Endoの手術をしても完治まで4年かかる)ことから、
以前に治療が行われてから4年以内で、無症状あればすぐに治療は必要がないことも、
根尖病巣発見!⇒感根処!と考えていた自分には驚きでした!!
 
【プラークコントロールの重要性】
 
エナメル質から象牙質にまで齲蝕が到達するのに5年、
象牙質齲蝕が歯髄に到達するまで2年かかることから、
レントゲンでエナメル質に齲蝕を疑う透過像を見つけても、
患者さんがしっかりとプラークコントロールを行えば、齲蝕がほとんど進行しないことも、
レントゲンで説明があり、EPSDCクリニックの臨床で実際に取り組んでいる事とコースでの内容がリンク出来よく理解出来る話でした。

重要!!
・インフォームドコンセント(治療計画・治療の実施) ← 誰がどう話していくのか。
・経過観察 ← 誰がどう経過を診ていくのか。
 
 
【齲蝕について】
 レントゲンでの齲蝕の程度の診断と、実際の齲蝕が必ずしも一致しないことがある。
これは、狭くて深い齲蝕はレントゲンにうつりにくく、
逆に広くて浅い齲蝕はレントゲンにうつりやすいために起こるのです! 
このため、齲蝕の診断の際は、レントゲンだけでなく、
臨床症状や患者さんのプラークコントロールの度合いなどを総合して診断する必要がある。
 
という話にもう〜ん、納得です。 
当たり前の事なのですが、果たして臨床で実践出来ていますか??

→「リスクに基づいた齲蝕管理」が必要
 また会場から、「齲蝕はどこまで削ればいいのか?」という問いに対しては、
軟化象牙質を除去した後の硬い象牙質を採取して細菌培養すると、象牙質内にすでに細菌が生息している。
というお話も、ふ〜むふむ。
「齲蝕は常に変化している(唾液の量、フッ素、炭水化物の摂取頻度などの生活習慣)」
 
【歯髄病変について】 
 象牙質と歯髄は、解剖学的につながっていて、「象牙質歯髄複合体」と呼ばれている。
象牙質が損傷を受けると象牙細管が閉鎖される、あるいは歯髄内に修復象牙質ができる。
(修復象牙質ができると電気歯髄診で反応がないこともあり、誤診する可能性がある)
この修復象牙質は、本物の象牙質に比べると空洞が多く、細菌が通過しやすくなっている。
最初に、歯髄に細菌が感染すると、象牙芽細胞付近に来ている神経線維はAδ線維であることから、
するどい痛みが生じる。しかし、一度感染が生じると歯髄内には細菌がどんどん新入し、Aδ線維は死亡する。
すると、歯髄の奥の方はC線維のため、歯髄炎の「ズキズキする」といった鈍い痛みになる。
 するどい痛みを訴えて受診した患者には、歯髄の上の方の神経のみ、タービンで切除してあげれば痛みは治まる。
リーマーを使用すると、返って根尖に細菌を押し込むことにつながり、抜髄後の痛みとなって現れることがある。
 齲蝕のない象牙質は、もっとも細菌を通過させやすい(齲蝕があれば、象牙細管の閉鎖等防御反応が働く)。
このため、支台歯形成した歯は、細菌が侵入しやすいので、ボンディング剤等でのコーティングをした方が良い。
「いかなる歯内の問題も、細菌なしに発生することはまれである」
 
【根尖病変】
 根尖病変では、全く無症状の人がほとんどである。
 
ふう〜〜。 以上、僕のノートのごく一部です・・  とにかく1日非常に濃い内容で頭もフル回転、充実しています。
さらに、恒例の宮下先生からの宿題がー!
 
【今日の宮下名言】
「人間として不完全な自分に気づかされ、
薬として働く自分を変えていく姿勢があるか」
 
また次回のレポートも勤めさせて頂きます!  
ありがとうございました! (中村でした)
 
■□■□■□■□■□■□

中村クン、詳しいレポートをありがとうございました。
受講生の先生方は本当に勉強熱心で常に目が真剣!! DrMに穴があく程の熱視線(^^;
プライベートのお時間も、歯のトークで時間を忘れてしまう程、、、笑
でも、そこが皆の良い所で、臨床を高めていけるんですね〜。
 
 
■ 診査診断学ベーシックコース 11月コース開催決定・申込受付開始!
 
好評いただいている、診査診断学ベーシックコースですが、この秋に第6期生を募集する事に致しました!!  
6月コースの申し込みに間に合わなかった先生方、
また診査診断スキルを高めていこうとお考えの先生方、11月コースへのご参加をお待ちしております。

申込、お問い合わせ、EPSDC研修会 パンフレット請求も(DVD付)Nami までお願い致します!  090-1553-8211 /epsdc.course@gmail.com
 
■ EPSDC研修会 1Dayセミナー 申込中!
 
10月には、EPSDC 1dayセミナー   「世界基準の歯内療法」北欧/米国 Dr宮下×Dr石井 ジョイント講演を開催します。 
北欧流と米国流エンドに違いがあるのか、はたまた合致するのか?? 
わたしにはわかりませんがー。当日のお楽しみです。
参加申込はお早めに!!  こちらもNamiまで!
 
■ おわりに
あと少しでビールの美味しい季節がやってきます。 EPSDC裏セミナー(笑) EPSDC OFF会予定してま〜す。 
7月28日土曜夜には納涼会、8月17日18日には軽井沢キャンプとめじろ押しですよ!! 
こちらもNamiまでお申し込みお待ちしております。 メンバ以外でも参加可能です。   
皆様飲み過ぎに注意しましょうね〜笑
 
それでは、また次回~
 
Aloha A Hui Hou!
(*^^*)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■メールマガジン「The EPSDC News」
発行者: 医療法人 EPSDC
発行責任者: 宮下 裕志 (DrHiro)
住所:〒107-0062 港区南青山3-1-36-8F
Tel: 03-5785-0885
Web site: http://www.epsdc.jp/
E-mail: epsdc.course@gmail.com
登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001254251.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
copyright(c) EPSDC corporation 2011

the EPSDC News

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 季刊
最新号 2016/05/07
部数 210部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

the EPSDC News

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 季刊
最新号 2016/05/07
部数 210部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング