日語作文大賽月報(日本語作文コンクール月報)

★第13回中国人の日本語作文コンクール、5月8日から受付開始!★


カテゴリー: 2017年04月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         日語作文大賽月報 第67号 2017年4月26日発行
       http://duan.jp/jp/ 編集発行:段躍中(1212@duan.jp)
       △登録・解除http://www.mag2.com/m/0001237171.html△
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★第13回中国人の日本語作文コンクール、5月8日から受付開始!★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

目次
■東京新聞社説、中国人の作文コンクール「『爆買い』以外にできること」を大きく紹介
■まもなく5月8日から受付開始! 第13回「中国人の日本語作文コンクール」
■特別掲載、「中国人の日本語作文コンクール」「安田奨学生」と私/照屋慶子
■朱杭珈さんの感想文
■金夢莹さんの感想文
■これまでの「中国人の日本語作文コンクール」受賞作品集12冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

■東京新聞社説、中国人の作文コンクール「『爆買い』以外にできること」を大きく紹介

【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所主催の第12回(2016年)「中国人の日本語作文コンクール」のテーマの1つ「訪日中国人、『爆買い』以外にできること」とその受賞作品が、東京新聞(4月23日付)「社説」に大きく取り上げられた。

同コンクールの事業や入選作、入賞者などについては、これまでも数多く日本の各紙に取り上げられたが、大手紙の社説で紹介されたのは初めて。また社説のタイトル「『爆買い』のあとにこそ」は同紙の「きょうの目次」にも掲載され、注目記事の1つであることが読み取れる。

社説は、日中国交正常化45周年の節目となる今年、日本と中国は「政治関係改善が道半ばだけに、国民同士が相手の良い面を見つめ誤解を解く努力が欠かせ」ないとした上で、根づいている「意義深い活動」の1つとして「日本語作文コンクール」を紹介。

第12回コンクールで、「爆買い」ツアーでは得られない人と人との心の交流について作文に書き、一等賞を受賞した中国人民大学の郭可純さんの作品などを取り上げた上で、「あの『爆買い』ブームが去った後、中国の若い世代にこのような相互理解を求める気持ちが芽生えていることに心強さを感じます」と論評している。

* 東京新聞社説「週のはじめに考える 『爆買い』のあとにこそ」は、こちらの公式サイトから全文が閲覧可能です。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017042302000132.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■まもなく5月8日から受付開始! 第13回「中国人の日本語作文コンクール」
http://duan.jp/jp/2017.htm 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所主催の「中国人の日本語作文コンクール」は、今年の第13回コンクールの作品応募を5月8日(月)から受け付けます。
応募資格は、日本への半年以上の留学(滞在)経験のない中国人学生であること。
募集する作文のテーマは3つで、
(1)日本人に伝えたい中国の新しい魅力
(2)中国の「日本語の日」に私ができること
(3)忘れられない日本語教師の教え
――とします。

テーマの選択は自由で、1人につき複数作品の応募も可能です。
応募作品の中から、最優秀賞の「日本大使賞」1本(人)のほか、1等賞(5本)、2等賞(15本)、3等賞(50本)の計71本、さらに佳作賞200本(昨年実績は219本)が選出される予定。
最優秀賞受賞者には、副賞として「日本1週間招待」の特典があります。また上位入賞作は「受賞作品集」として書籍にまとめられ、日本僑報社から出版される予定です。

作文の応募期間は、5月31日(水)まで(中国時間同日午後11時59分までに必着のこと)。
詳細は公式サイトの「募集要項」をご確認の上、皆さん、どしどしオリジナリティーあふれる新視点の力作、自信作をお送りください。心よりお待ちしています!

※ 第13回「中国人の日本語作文コンクール」募集要項
http://duan.jp/jp/2017.htm 
※ 第13回「中国人の日本語作文コンクール」テーマ趣旨説明
http://duan.jp/jp/20172.htm 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編者より、日本僑報社・日中交流研究所主催の「中国人の日本語作文コンクール」に近年毎年参加している嘉興学院(中国浙江省)の日本語教師、照屋慶子先生とその学生たちからこのほど、コンクール事務局に“「日本語作文コンクール」「安田奨学生」と私”などと題した感想文が届きました。

照屋先生の教え子で同コンクールの受賞者である朱杭珈さん、金夢瑩さんが、公益財団法人安田奨学財団(安田隆夫理事長)の奨学生選考に合格した時の喜びと感謝の意が綴られています(コンクール受賞者には、安田奨学財団の奨学生面接資格が与えられており、朱さん、金さんはこれまでに奨学生選考に合格)。

照屋先生は「作文コンクールが私に与えてくれた物は私の未来である。これから、日中の架け橋になって両国の交流に貢献、活躍する学生達(人材)を育てられた事は教師冥利につきる」などと作文コンクールに参加することの意義を述べています。

照屋先生と「安田奨学生」の金夢瑩さん(第10回作文コンクール3等賞)、朱杭珈さん(第12回3等賞)から送られた感想文は、以下のリンク先をご覧ください(原文ママ)。

◆「日本語作文コンクール」「安田奨学生」と私 ―― 照屋慶子
「私と中国人の日本語作文コンクールと安田奨学生」―― 朱杭珈
「私と中国人の日本語作文コンクールと安田奨学生」―― 金夢瑩 
http://duan.jp/news/jp/20170425.htm

■特別掲載、「中国人の日本語作文コンクール」「安田奨学生」と私/照屋慶子
 
朱杭珈さんは「私は照屋先生の誇りになりたい」と、金夢莹さんは「将来、照屋先生から学んだ教育の神髄を学生達に伝えたい」と言った。

作文コンクールに応募する2人の作文を添削、指導した。安田奨学生の応募用紙への記入も添削、指導した。

2人と一緒に作文コンクールに挑戦した。作文コンクールで2人とも3等賞を受賞した。2人とも安田奨学生にもなった。作文コンクールを通して築いた2人との揺るぎない信頼関係、絆は(私にとっての)現在、過去、未来という「時」を超えた。中国と日本という「地」をも超えたと確信している。

作文コンクールが私に与えてくれた物は私の未来である。これから、日中の架け橋になって両国の交流に貢献、活躍する学生達(人材)を育てられた事は教師冥利につきる。彼女達は自分自身の人生もキチンと生き抜いていく力がある。

私は彼女達に育ててもらった。作文コンクールから得たものの一つである。

朱さん、金さん、照屋という個人が一人一人の人間として付き合い、理解しあう。その小さな積み重ねが大きな異文化間の相互理解、日中の交流に繋がっていくと感じた。彼女達と作文コンクールに挑戦したお陰で、以前の偏った考えも修正できた。

彼女達の活躍を見聞きする楽しみで私の未来は明るくなった。今、作文コンクールと2人から与えられた第二の青春の中だ。

未来への楽しみと喜びで満ちている。

日本僑報社の「中国人の日本語作文コンクール」のますますのご発展を願っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■朱杭珈さんの感想文――「私と中国人の日本語作文コンクールと安田奨学生」朱杭珈

お母さん、私…安田奨学生選考に合格した!」

水の流れる声しか聞こえない静かな午後はある呼び声に静けさを破られた。

日本語読めない母が安田財団からのメールを見ている姿は心に焼き付けている。

作文コンクールのおかげで、安田財団と会えた。安田財団のおかげで、心の奥に置いている夢は蘇られた。

作文コンクールとの出会いはまるで昨日のことのようだった。4年前、照屋先生から作文コンクールのことを聞いた。最優秀賞受賞者は日本1週間の招待がある。3等賞以上に入ると安田財団奨学生選考に出られる。奨学金があれば親に苦労させなくても日本へ留学に行けるだろう?正直に言うと、最初はこういう条件で作文コンクールに興味を持ってきたが、ただの私の片思いだった。

なぜなら、作文コンクールはなかなか私のことに気に入られないのだ。2年間作文コンクールに応募し続けたが、全部彼に断われた。
最初は悔しいと思った。書いた作文は受賞した友達(金さん)よりよく先生に褒められたのに、なぜ私が落ちた。
照屋先生の話によると、金さんは一日10何回くらい作文を書き直していた。何回も面白くないと言われた後、素晴らしい作文ができた。
たぶん作文コンクールは金さんのような『七転び八起き』のタイプが好きだと分かった。作文コンクールに好かれるようにもっと頑張らなきゃと決心した。こうやって、作文を書くことにも日本人の中国語先生になる夢を追いかけることにも根性ができた。お父さんは友達の保証人になって、うちはたくさん借金ができて3年間付き合ってきた彼氏に振られた時もちゃんと起きた。

借金のため、留学の夢は一応寝かせなきゃと思った時、作文コンクールはなんかやっと私のことに好きになってくれた。3年目、やっと3等賞受賞した。やっと安田財団さんと会えるようになった。
作文コンクールへの最高の告白は安田財団さんに私のことを採用することだ。3年間作文を添削してくれた照屋先生に最高の恩返しは自分の夢を叶えることだ。日本語との物語を漫画の形式で描いて、安田財団さんに見せたかった。安田財団さんに私が皆さんへの感謝の気持ちを感じさせたかった。就職されたため、あまり描く時間はなくて、トイレでも食事するときも一生懸命描いていた。照屋先生はいつものようにいろいろ応援してくれた。いつものようにいろいろアドバイスをしてくれた。

安田財団さんと会った日、意外に落ち着いた。安田財団さんの前で日本語や照屋先生や作文コンクールとの物語を語った時の私はすごく幸せだった。神様は私に不幸を与えた時、私に皆さんと会わせてくれた。面接終わってからの毎日、『私に日本に行かせてください』と神様に願っていた。そして、神様が聞いてくれた。

作文コンクールさん、照屋先生、聞いているの?あなた達のおかげで、私は奨学生に合格した!安田財団さん、日本語読めない母があなたからのメールを見ている姿はこの一生も覚えていく。あなたのおかげで私はまた夢を実現する道に出ていった。皆さん、これから何回転んでも起きるから、いつか絶対夢を叶えて見せるから、元気で待ってね。

※2017年3月11日、受賞の報告で片山上海総領事との記念写真by段躍中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■金夢莹さんの感想文――「私と中国人の日本語作文コンクールと安田奨学生」金夢瑩

一昨日、照屋先生からメッセージが送ってきた。「私と中国人の日本語作文コンクールと安田奨学生」をテーマに作文を書いてくださいという内容だった。引っ越しでヘトヘトになり、書きたくないなぁと思いながらも、はいはいと返事してしまった。大人になったかな。

思うと既に3年前の話だ。大学2年生だった私が、照屋先生に作文の指導を受けていただいて、第10回中国人の日本語作文コンクールに挑戦し、三等賞を受賞した。受賞者には、安田奨学財団の奨学生面接資格が与えられるので、運良く合格の結果も得た。うちの日本語学科では全国大会で賞を取った人は誰一人いなかったため、受賞した後、作文コンクールの経験について後輩たちにいろいろ聞かれた。「私にとっては悲惨な道程だった。作文コンクールに出るなら覚悟してね」と冗談を言うつもりだったが、なぜかあの子たちはすごく真剣な顔をして聞いていた。

第10回作文コンクールの募集要項に作文のテーマは二つあった。「ACGと私」、それに「公共マナーと中国人」だった。
テーマを一つ選んで書くのが普通かもしれないが、私の場合、確か二つのテーマに三つか四つの作文を書き、何回も何回も添削を入れた。どうしても賞が取りたいとか、作文が趣味だとかの理由で書いたわけではない。私には面白さを伝える才能が欠けていた。それを認めたくなかった。負けたくなかったからだ。つまらないから読まないと、作文を丸ごと戻されたり、原稿用紙に書き直しては先生のところに持っていったりした。恥ずかしくも辛くも思わずに、ただただいい作文を書きたいとねばった。

作文コンクールと出会って分かったことは二つある。一つは、私という人は、先生の言うように、勉強にだけは素直だ。日本語が話せなかったら話せるまで話す。作文が書けなかったら書けるまで書く。二つ目は、照屋先生という先生は、多分、私のことを我が子のように教え育てていたのだ。親子みたいな日本人の先生と中国人の学生が中国の各地にいることは後で北京の授賞式で知らされた。

初めての北京行、初めてのスーツ姿に初めての面接、それが日本語作文コンクールからの贈り物だった。高速電車に乗って6時間、ワクワクの心が収まらず、授賞式と面接はまるで照屋先生との北京旅行のようだった。面接の日、駄目元のつもりで会場に入ったら、逆にあるがままの自分を出して、気楽に面接官の方々と歓談できた。こうやって作文一つで奨学生になれるとはなかなか少ないのだということも後に東京の奨学生懇親会で知らされた。

日本に来てから半年、新しい挑戦がどんどん現れてくる。それでも毎日気負けせずに、生活と学習をこなせてこられたのは、私を支えてきた日本僑報社と安田奨学財団の方々、それに私の成長を見守ってくださった照屋先生のおかげだ。

日本語は日本語を楽しむ人に大きな幸せを運んでくれる。それを実感しつつ、多くの人に伝えたい。

※2017年2月18日名古屋で段躍中との自撮り

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■これまでの「中国人の日本語作文コンクール」受賞作品集12冊
http://duan.jp/item/jpsakubun.html 

日本僑報社からこれまでに刊行された「中国人の日本語作文コンクール」受賞作品集は、以下の通り(2016年版まで計12点)。

(1) 『日中友好への提言2005』第1回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/023.html 

(2) 『壁を取り除きたい』第2回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/047.html 

(3) 『国という枠を越えて』第3回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/066.html 

(4) 『私の知っている日本人――中国人が語る友情、誤解、WINWIN関係まで』第4回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/083.html 

(5) 『中国への日本人の貢献――中国人は日系企業をどう見ているのか』第5回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/092.html 

(6) 『メイドインジャパンと中国人の生活――日本のメーカーが与えた中国への影響』第6回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/107.html 

(7) 『甦る日本! 今こそ示す日本の底力――千年に一度の大地震と戦う日本人へ』第7回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/122.html 

(8) 『中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?』第8回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/140.html 

(9) 『中国人の心を動かした「日本力」――日本人も知らない感動エピソード』第9回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/163.html 

(10) 『「御宅」と呼ばれても―中国“90後”が語る日本のサブカルと中国人のマナー意識』第10回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/182.html 

(11) 『なんでそうなるの?――中国の若者は日本のココが理解できない』第11回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/208.html 

(12) 『訪日中国人「爆買い」以外にできること――「おもてなし」日本へ、中国の若者からの提言』第12回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
http://duan.jp/item/229.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集・発行:日本僑報社 http://jp.duan.jp/ 
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000005117.html 
★段躍中微博:http://weibo.com/duanjp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

日語作文大賽月報(日本語作文コンクール月報)

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/04/26
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年3月現在8800人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング