日語作文大賽月報(日本語作文コンクール月報)

第13回「中国人の日本語作文コンクール」表彰式・日本語スピーチ大会、北京で開催


カテゴリー: 2017年12月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         日語作文大賽月報 第76号 2017年12月26日発行
       http://duan.jp/jp/ 編集発行:段躍中(1212@duan.jp)
       △登録・解除http://www.mag2.com/m/0001237171.html△
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

第13回「中国人の日本語作文コンクール」表彰式・日本語スピーチ大会、北京で開催
「『日本語の日』に花を咲かせよう」――最優秀賞の宋妍さんら学習の成果を発揮
http://duan.jp/jp/vol_13/houkoku01.html 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所主催の「第13回中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会が12月12日(火)午後、北京の在中国日本大使館で、横井裕大使をはじめ上位入賞者ら関係者約150人が出席して開かれた。
日中国交正常化45周年の節目の年である今年(2017年)、本コンクールはその認定事業の一環として開催された。
(表彰式共催:日本大使館、コンクール協賛:株式会社ドンキホーテホールディングス、公益財団法人東芝国際交流財団、メディアパートナー:株式会社朝日新聞社)

来賓として、横井大使をはじめ日本大使館の川上文博公使参事官・広報文化部長、ドンキホーテホールディングスの髙橋光夫専務取締役兼CFO、東芝の須毛原勲中国総代表、東芝国際交流財団の大森圭介専務理事、朝日新聞社の古谷浩一中国総局長、伊藤忠商事の常務執行役員東アジア総代表で中国日本商会の上田明裕会長などが出席した。

中国人の日本語作文コンクールは、日本と中国の相互理解と文化交流の促進をめざして、2005年にスタート。中国で日本語を学ぶ、日本に留学経験のない学生を対象として、今年で第13回を迎えた。今回は中国各地の大学や専門学校など189校から、計4031本もの多くの作品が寄せられた。
日中関係は今年、国交正常化45周年の節目の年を迎え、この重要な機会を生かして一層の関係改善を図ろうとする期待が高まった。こうした前向きな両国関係の背景をとらえ、中国で日本語を学ぶ若者たちの日本語学習熱が一定して高いことが示された形となった。

 今回のテーマは(1)日本人に伝えたい中国の新しい魅力 (2)中国の「日本語の日」に私ができること (3)忘れられない日本語教師の教え――の3つ。
数次にわたる厳正な審査の結果、最優秀賞の「日本大使賞」から佳作賞まで計292本(人)が入選を果たし、河北工業大学日本語学部4年(作文執筆時は同3年)の宋妍(そう・けん)さんによる「『日本語の日』に花を咲かせよう」がみごと日本大使賞の栄冠に輝いた。

「『日本語の日』に花を咲かせよう」は、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」のビデオ制作活動を知り、周囲の人たちを誘って実際に歌った経験を交えて「日本語の日」こそこの歌を届けたいと、復興を目指してがんばる日本人への温かな励ましの気持ちを綴った作品。

表彰式で挨拶した横井大使は、この作品を自ら大使賞に選んだ理由について「宋さんの経験は、私が、外交官として中国の方々と交流し、協力し合いながら、日本と中国の交流促進のために力を尽くしてきた経験と重なるものでした。こうした共感も宋さんの作品を大使賞とした理由の一つです」と語り、作文に「共感」を得たことが大使賞選出の大きなキッカケとなったことを明らかにした。

今後の日中関係を発展させるためには「中国の多くの若い方々にも、皆さんのように日本語を学ぶとともに、日本人と一緒に学び、仕事をすることで、日本のことを深く理解していただくことが何よりも大切であると考えております」などと相互理解の大切さについて強調。
さらに、日本語を学ぶ中国の学生たちに向けて「日本の同世代の若者と様々な交流を積み重ねられ、将来にわたって、日中友好の担い手として活躍されることを期待しています」と力強いエールを送った。

日本大使賞の授与式では、横井大使から宋妍さんに賞状が贈られたほか、日中交流研究所の段躍中所長(日本僑報社編集長)から副賞の「日本1週間招待」の目録が手渡された。
会場には、宋さんのふるさと河北省邯鄲市から駆けつけた両親の姿もあり、宋さんの受賞とともに出席者たちから大きな拍手を受けていた。

続いて上位入賞の1等賞(5人)、2等賞(15人)、3等賞(60人)受賞者がそれぞれ発表され、この日のために中国各地から駆けつけた受賞者たちに賞状と賞品が授与された。メディアパートナーの朝日新聞社からは、2等賞以上の受賞者に対し「これで日本語の学習に一層励んでほしい」と朝日新聞が半年から1年間、無料で閲覧できる「朝日新聞デジタルID」がプレゼントされた。

受賞者代表のスピーチでは、日本大使賞受賞の宋妍さんをはじめ、1等賞受賞の邱吉さん(浙江工商大学、現在は関西大学大学院に留学中)、張君恵さん(中南財経政法大学大学院)、黄鏡清さん(上海理工大学)、林雪婷さん(東北大学秦皇島分校)の5人が登壇。

「日本語や日本に触れたい一人でも多くの人と共に、日本語を学びながら『花は咲く』という歌を歌えば(被災した)日本人の心を癒すことができるはずだ」と訴えた宋妍さんのほか、
「中国文化のソフトパワー、漢方医学の素晴らしさを日本人に伝えたい」と漢方医であった祖父の思い出を交えて語った邱吉さん、指導教師の励ましにより作文コンクールに再チャレンジした過程を生き生きと描き、昨年に続いて1等賞を連続2回受賞した初めての学生となった張君恵さんなど、それぞれが受賞作を堂々とした日本語で発表。さらに、一人ひとりが受賞の喜びと感謝の気持ちを自由にスピーチするなど、日ごろの学習の成果を存分に発揮した。

来賓の挨拶に続いて、日中交流研究所の段躍中所長が本コンクールの開催について、壇上のスクリーンに図表などを映し出しながら報告。
コンクールはこの13年間で300を超える大学からのべ3万7202人の応募があり、うち受賞者(佳作賞以上)はのべ1813人を数える。こうした実績により、コンクールはいまや中国で日本語を学ぶ中国人学生にとって「参加すること自体が大きな目標になる」ほどの知名度と権威性の高い大会へと成長を遂げてきた。
さらに、コンクールの入選作品をまとめた「受賞作品集」をこれまでに13巻刊行(いずれも日本僑報社刊)。合わせて831本に上る上位入賞作品を掲載し、日中両国のメディアに多数報道されているほか、「中国の若者の声」として各界から注目されていることなどが紹介された。

段躍中所長は13年にわたる各界からの支援に感謝の意を述べるとともに、「日本語学習を通じて日本への理解を深めた学生たちを、これからも応援していただきたい」と、コンクールへの一層の理解と支援を呼びかけた。

続いて、来年の第14回コンクールのテーマが発表された。日中平和友好条約締結40周年の節目の年となる2018年は、これを記念するものとして(1)中国の若者が見つけた日本の新しい魅力 (2)日本の「中国語の日」に私ができること (3)心に残る、先生のあの言葉――の3つのテーマが挙げられた。
応募期間は2018年5月8日(火)から5月31日(木)。段所長から「引き続き、多くの皆さんに応募していただきたい。2回、3回と連続受賞を目指してください」などと熱心な呼びかけがあった。

表彰式第1部の「学生の部」に続く第2部は「先生の部――日本語教師フォーラムin 中国」として、一昨年より創設された「優秀指導教師賞」の受賞者が発表された。
「優秀指導教師賞」は、コンクール3等賞以上の受賞者を育てた教師に対して、その日ごろの努力と成果をたたえるもの。受賞者それぞれに同賞が授与された。

続いて「優秀指導教師賞」受賞の指導教師を代表して、河北工業大学の高良和麻先生、浙江工商大学の賈臨宇先生、中南財経政法大学の中村紀子先生、上海理工大学の郭麗先生、東北大学秦皇島分校の濱田亮輔先生、運城学院(現・湖南大学)の瀬口誠先生の6人が登壇。
作文を書く場合、まずは読者の存在を念頭に置き、その上で「力を入れすぎず、身の丈に合った言葉を用い、方向性を持って文章を書こう」(賈臨宇先生)などといった「作文の書き方指導」についての報告があった。

この後、受賞者と来賓、主催者らが全員そろっての記念撮影が行われた。
受賞者たちは、すがすがしい笑顔を見せるとともに「受賞してうれしい。これを励みに来年もチャレンジしたい」「上位入賞者の素晴らしいスピーチを聞き、感激した。私も負けずに頑張りたい」などと語り、さらなる日本語学習の向上に強い意欲を見せていた。

■『日本人に伝えたい中国の新しい魅力―日中国交正常化45周年・中国の若者からのメッセージ』 第13回日本語作文コンクール受賞作品集
段躍中編、日本僑報社刊、A5判288頁、2000円+税
 ISBN 978-4-86185-252-7  9784861852527
 注文先 http://duan.jp/item/252.html 


3)第13回日本語作文コン 朝日新聞、NHK、中国新聞など日中大手メディアが報道
  http://duan.jp/news/jp/20171212.htm 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所主催の「第13回中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会(12月12日、北京で開催)の模様が、朝日新聞やNHK、中国新聞など日中の大手メディアに報道された。

同コンクールのメディアパートナーでもある朝日新聞は同日夜、「最優秀賞に河北工業大の宋さん 中国人日本語作文コン」と題して、開催の模様を動画付きで速報。最優秀賞・日本大使賞を受賞した河北工業大学の宋姸さんの作品「『日本語の日』に花を咲かせよう」の全文を掲載した。
http://www.asahi.com/articles/ASKDD3QVTKDDUHBI00S.html 

また、12月14日付朝刊の国際面では「溝残る日中 私がつなぐ 中国人の日本語作文コン」などと題し、今回のコンクールのテーマの一つが「日本人に伝えたい新しい中国の魅力」だったことに焦点を当て、受賞した学生たちの思いを大きく紹介。
発展する農村、環境保護を大事に考える価値観の広がり、踊り、漫才、漢方など「中国の魅力を伝えたい」という学生たちの意欲的な声を伝えた。

 NHKは12月12日夜、「日本語作文 最優秀の中国大学生 “『花は咲く』広めたい”」と題して速報。
 最優秀賞の宋姸さんが、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」の歌を「中国で広めたい」などと日本語への思いを語ったことを詳しく伝えた。

 中国の大手メディア、中国新聞は電子版(12月12日付)で「全中国日語作文大賽表彰式在北京挙行」(中国日本語作文コンクール表彰式、北京で開催)と題し、表彰式の模様を詳報。
 最優秀賞の宋さんの両親にも取材し「娘が今後、中日友好のためにいっそう貢献することを願っている」などとそのコメントを伝えた。
 この記事は、鳳凰網、網易財経、新浪新聞、中華網、和訊、東方網など多くの中国ニュースサイトに転載された。
 http://www.chinanews.com/gn/2017/12-12/8398783.shtml 

また、在中国日本大使館によると、中国のSNS「微博」(ウェイボー)による同大使館サイトでこの中国新聞の記事を紹介したところ、12月18日夕刻時点で約9万4600件もの「ビュー」(閲覧)が認められ、「多くの関心が集まっている」という。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集・発行:第13回中国人の日本語作文コンクール事務局 http://duan.jp/jp/
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000005117.html 
★段躍中微博:http://weibo.com/duanjp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日語作文大賽月報(日本語作文コンクール月報)

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/12/26
部数 135部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

日語作文大賽月報(日本語作文コンクール月報)

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/12/26
部数 135部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ゼロから始める不動産投資
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング