有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~

おかえり、またあえたね ストリートチルドレン・トトのものがたり ★★★★★


カテゴリー: 2017年02月25日
=================================================================
■ 有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~
■ 有坂汀(ありさか みぎわ)     (2017.02.25号)
■ プロフィール http://profile.ameba.jp/magokorowo-bokuni/
=================================================================
☆このメールマガジンは、私、有坂汀が独断と偏見と個人的な興味の
赴くままに読み続けた本を編纂し、できましたら自分が今まで
学んだことを読者の皆様と共有いたしたく、まぐまぐから発行して
おります☆

■ごあいさつ
こんにちは、みなさん。2017年も2月がそろそろ終わりかけております。
ようやく7冊目の『ミギワノコトノハ ~Ver.2013~』を完成させ、
本命の8冊目『斜めからの視点に立つ~釧路公立大学下山ゼミ生・
学生団体SCANたちと分け合った日々~』の初版本を学生たちに配り終える
事が出来ました。それは同時に、彼らとの「別れ」の瞬間が
近づいているという事なのですが…。

今週は尾崎豊の『黄昏ゆく街で(91年5月20日 横浜アリーナ)』をお送り
します。久しぶりに聞き直しているのですが、やはり名曲です。
2017年2月20日に乃木坂46を卒業した橋本奈々未ちゃんの2nd写真集
『2017(ニイゼロイチナナ)』(小学館)のカットを見ているとこの
『黄昏ゆく街で』の歌詞世界とを重ねて
「あぁ。あれをななみんとできればなぁ。」
と不意にそんな事を妄想してしまっていたのでした。
<YouTube↓ ↓ ↓>
https://youtu.be/kEcoudKDZmI

私のメルマガを今週もお読みいただいて、ありがとうございます。
あなたに感謝御礼でございます。

===============================================================
■今回の本

おかえり、またあえたね ストリートチルドレン・トトのものがたり

著者:石井光太, 櫻井敦子 (イラスト)
出版社:東京書籍

★★★★★

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=kabutotyou200-22

================================================================

世界で数千万人いるといわれる路上で暮らすストリート・チルドレンと
呼ばれる子供たち。主人公のトトはその一人です。かわいいタッチで
描かれていますが内容は厳然たるもので、私たちに重い現実を突きつけ
られます。 

私はこの本の原作を書かれた石井光太さんの本はすべて読んでいて、
そのディープな世界に魅了されていますが、今回の本は彼が初めて手がける
絵本だということで大変楽しみにしておりました。 

主人公のトトは作者の石井光太さんがアジアの最貧国で出会った少年の
イメージが組み合わさってできたものなんでしょうね。これは、絵本なので
ほかの石井光太作品で特徴的などぎつい話は一切出てきません。
しかし、ここに書かれているエピソードの一つ一つは今、この間にも路上で
生活をしているストリートチルドレンたちの「今」に他ならないわけです。 

初めてこの作品のモチーフとなったエピソードをほかの作品で見たときは
あまりのショックに茫然自失としましたが、その中でも特にトトが死んだ
仲間の遺体を引きずって町を練り歩き、「死体乞食」として、お金をもらう
という話があって、物語ではそれを哀れに思った元マフィアのボスがトトに
お金を渡すのですが、トトは
「悪いやつのお金なんか要らない」
と突っ返します。 

ですが、現実にはそんなことはありえません。一種のファンタジー
なのでしょう。ここに書かれている絵はかわいいのですが、改めてどうしようも
ないものを私に突きつけられました。トトは同じく路上で出逢ったリンリンと
結ばれてハッピーエンドになるわけです。しかし、路上生活を送る少年たちの
人生で、このような結末になることはほとんどといっていいほどありません。 

ですが、このラストに、悲惨な現実を見続けてきた作者の祈りであると
いうことを私は勝手ながら思ってしまうのです。

====================================================================
■有坂汀的確付け表
====================================================================
<本の格付け基準>
★★★★★(非常に参考になりました。できましたらこの感動を共有したいです)
★★★★☆(一読して損はないと思います)
★★★☆☆(もしかしたら異論はあるかと思いますがそれを踏まえてもお勧めです)
★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればお読みいただけるとうれしいです)
★☆☆☆☆(私と読書傾向が違うのかもしれませんが人によっては…)
☆☆☆☆☆(格付け云々の前にそもそもこういうお勧めできない本は初めから掲載しません)
====================================================================

※本メルマガが紹介するのは「あくまでも個人的な「本の内容、および見識」
であって、書籍の著者及びその活動を皆様に推薦するものではありません。

☆読者の皆様へ相互紹介のお願い☆
読者の皆様にメルマガやブログ等発行媒体もしくはFacebookや
twitterなどのソーシャルメディアアカウントをお持ちの方で私のメルマガを
紹介してもいいという方がいらっしゃいましたらぜひお願いします。
 貼り付けるだけのものを下にご用意致しました。ご報告いただければ弊メルマガで
定期的に紹介させていただきます。よろしくお願いいたします。
========================================================
■メルマガ紹介のお願い
【有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~ 】は、
 私、有坂汀が『恥じ多き生涯』の中で読み勧めた本を紹介するメルマガです。
これを読んで何かを感じてくれると幸い、という想いだけがこのメルマガを書く
動機になっております。ぜひよろしくお願いいたします!
http://archive.mag2.com/0001205053/index.html
====================================================================
■ミギワノコトノハ~Ver.2012~  (新刊案内)

6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私がツイッター上でつぶやいた
「ツイート」を基に編集し、更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したもの
です。2012年当時と2015年の私が交錯しているところをお楽しみいただければ。
制作に1年半もの時間を要しました…。

Amazon Kindle版
http://goo.gl/Q0tnfs


note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m3bf260cfba6e


ブクログのパブー版
http://p.booklog.jp/book/100250


YONDEMILL版
https://yondemill.jp/contents/15414?cid=15414


Google Play版
https://goo.gl/gNfL3q


Stores.Jp版
https://arisakamigiwa.stores.jp/items/570638379821cc9fc

=========================================================
■編集後記
なかなか1イチペースが脱却できないでいる件。

■今週の名言
「相手の気持ちを考えることは、じつはたいへん過酷なことです。
いじめられる者は、相手の気持ちを考えるのならいじめる者の
「楽しさ」も考えねばならない。暴走族に睡眠を妨害される者は
相手の気持ちを考えるのなら、暴走族の「愉快さ」も考えねば
ならない。」
中島義道『私の嫌いな10の言葉』


私の書評が少しでもあなたの心に寄り添い、
あなたご自身と…。あなたの周辺にいる大切なひとたちが、
しあわせになることを心から願ってやみません。
====================================================================
■自著のご案内
長年の悲願であった自著の出版を先日、Amazonの『kindleセルフパブリッシング』
などから刊行いたしました。これもひとえに皆様のお引き立てのおかげでございます。
これからも有坂汀をよろしくお願いいたします。以下に書名とURLを掲載しますので、
興味をお持ちになった方はご覧になっていただけると幸いです。

ミギワノコトノハ~Ver.2011~(ツイッター本第2弾)

5冊目に上梓した拙著です。ここでは2011年に私がツイッター上でつぶやいた
「ツイート」を基に編集し、更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。
「3.11」に何を考えていたのかが生々しく記録されておりますが、それ以降は
グダグダの展開かもしれません…。

  
Amazon Kindle版
http://goo.gl/qYktLP

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m3bf260cfba6e

パブー版
http://p.booklog.jp/book/92603

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/12598

Google Play版
https://goo.gl/RZSjIt 


Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/55b76b953cd48253d900074d

・ミギワノコトノハ~Ver.2010~(ツイッター本第1弾)
私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを取捨選択した上で
一冊にまとめました。編集していて思ったことは「私」というものが良くも
悪くも最も生々しい形で出ているな、という事でありました。

Amazon Kindle版

http://goo.gl/ovWC3R

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m3e05e40708ff

パブー版
http://p.booklog.jp/book/75386

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/4085

Google Play版
http://goo.gl/PwSQbQ 


Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54a284603cd4826ba90038f4

・世間から遠く離れて
4冊目に上梓した拙著です。この企画を考えて動かしていたのは2014年の
1月くらいからでしたが、ずいぶんと日にちが経ってしまいました。1000字
から3000字弱のエッセイを100本収録しております。

Amazon Kindle版 
http://goo.gl/zZEJOx 

note版 https://note.mu/arisakamigiwa/m/m084e28621bcc 

パブー版
http://p.booklog.jp/book/75454

YONDEMILL版 https://yondemill.jp/ebooks/5317 

Google Play版
http://goo.gl/IEzsC3 


Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54d608503cd48243e0001c04

・生産性はなくても本は出せる(エッセイ集)
これを書いていたときはこんなに時間と労力がかかるとは思っておらず、
本当に難儀しました。書評ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』
より、書評以外の部分をピックアップして大幅な加筆訂正を施しました。

Amazon Kindle版
http://goo.gl/lpYVWS

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m1dff144ae58f

パブー版
http://p.booklog.jp/book/67348

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/3926

Google Play版
http://goo.gl/5LUN17

BCCKS(電子書籍・オンデマンド印刷)版

http://bccks.jp/bcck/138500/info

Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54a140cd3bcba95667001491

・遠浅の海(小説)
自分の書いた文章に自分で解説をつけるというのはこっぱずかしいですが、
私が初めて書いた本を電子本化して公開したものです。いわゆる『恥の記録』
ですが、こうして自分が書いたものが出るというのは嬉しいですね。

Amazon Kindle版
http://goo.gl/CDoaHI

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/mcead12e2c933

パブー版
http://p.booklog.jp/book/68975

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/3771

Google Play版
http://goo.gl/7iAL6h

Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54a140cd3bcba95667001491


BCCKS(電子書籍・オンデマンド印刷)版

http://bccks.jp/bcck/122422/info

====================================================================
■献本について

メルマガ掲載は保証できませんが、もし献本したいという方は、
『献本について』というタイトルで下記にメールください。
arisakamigiwa■ gmail.com(■を@に換えてください)
====================================================================
タイトル   : 有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~
 発行者    : 有坂汀
 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0001205053.html
メール    : arisakamigiwa■ gmail.com(■を@に換えてください)
ホームページ : http://arisakamigiwa.jimdo.com/
 twitter    : http://twitter.com/ARISAKAMigiwa
 facebook   : http://www.facebook.com/arisakamigiwa
 Google+    : http://gplus.to/arisakamigiwa
バックナンバー: http://mediamarker.net/u/arisakamigiwa/
有坂汀amazon著者ページ:http://www.amazon.co.jp/-/e/B00EGH748Y
 ====================================================================
今回もお読みいただき、まことにありがとうございました。次回もよろしく
お願い申し上げます。 有坂汀拝

ついでに読みたい

有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/02/25
部数 17部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング