有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~

武士道セブンティーン (文春文庫) ★★★★★


カテゴリー: 2017年04月18日
=================================================================
■ 有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~
■ 有坂汀(ありさか みぎわ)     (2017.04.18号)
■ プロフィール http://profile.ameba.jp/magokorowo-bokuni/
=================================================================
☆このメールマガジンは、私、有坂汀が独断と偏見と個人的な興味の
赴くままに読み続けた本を編纂し、できましたら自分が今まで
学んだことを読者の皆様と共有いたしたく、まぐまぐから発行して
おります☆

■ごあいさつ
こんにちは、みなさん。2017年も4月がそろそろ半ばを過ぎてしまい
ました。昨日はNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ておりました。
取り上げられていたのはヒグマや鹿を撃つ猟師・久保俊治氏でありましたが、
どうしても『大草原の少女 みゆきちゃん』のおとうさん、というイメージが
抜けないのでした。

今月は乃木坂46 『インフルエンサー』をおおくりします。個人的にはこの
歌のことを
『恋愛の体裁をとった社会評論の歌』
ととらえております。

<YouTube↓ ↓ ↓> 
https://youtu.be/r4SdiT7mm7Y

私のメルマガを今週もお読みいただいて、ありがとうございます。
あなたに感謝御礼でございます。

===============================================================
■今回の本

武士道セブンティーン (文春文庫)

武士道シックスティーン (文春文庫) 

著者:誉田 哲也
出版社:文藝春秋

★★★★★

http://amzn.to/2oj7DT8

================================================================

青春剣道小説の第2弾です。ここでは磯山香織と甲本(西荻)早苗が敵同士
として合間見えることになります。しかし、彼女たちの「友情」は健在です。 

『武士道シックスティーン』最後のほうで、甲本早苗は九州にある剣道の
強豪校に転校して、磯山香織は個人主義から自分の所属先である東松高校
女子剣道部に忠義を尽くすようになる。
というところを軸として物語が始まります。
甲本早苗の所属先である九州の剣道強豪校、福岡南の練習風景がすごいです。
でも、なんであれ、体育会系の部活で、全国に何度も出場する位であれば、
それががある意味、当たり前なんだな、と思いました。 

読んでいて男の自分でも練習についていけるのかどうか怪しいなといわざるを
得ませんでした。でも福岡南のエースである黒岡レナが使っていた、竹刀を
こぶしではじく、というのは、甲本早苗でなくても、納得できるものでは
ありません。
勝てばそれでいいのかと突っ込みを入れてしまいました。 

勝利至上主義の方針に自分の『武士道』に悩み始めた甲本早苗を磯山香織が
自分の通っている町道場『桐谷道場』に「所属」させて彼女たちの出会いの
きっかけになった剣道の大会に出場させるくだりがよいです。

====================================================================
■有坂汀的確付け表
====================================================================
<本の格付け基準>
★★★★★(非常に参考になりました。できましたらこの感動を共有したいです)
★★★★☆(一読して損はないと思います)
★★★☆☆(もしかしたら異論はあるかと思いますがそれを踏まえてもお勧めです)
★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればお読みいただけるとうれしいです)
★☆☆☆☆(私と読書傾向が違うのかもしれませんが人によっては…)
☆☆☆☆☆(格付け云々の前にそもそもこういうお勧めできない本は初めから掲載しません)
====================================================================

※本メルマガが紹介するのは「あくまでも個人的な「本の内容、および見識」
であって、書籍の著者及びその活動を皆様に推薦するものではありません。

☆読者の皆様へ相互紹介のお願い☆
読者の皆様にメルマガやブログ等発行媒体もしくはFacebookや
twitterなどのソーシャルメディアアカウントをお持ちの方で私のメルマガを
紹介してもいいという方がいらっしゃいましたらぜひお願いします。
 貼り付けるだけのものを下にご用意致しました。ご報告いただければ弊メルマガで
定期的に紹介させていただきます。よろしくお願いいたします。
========================================================
■メルマガ紹介のお願い
【有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~ 】は、
 私、有坂汀が『恥じ多き生涯』の中で読み勧めた本を紹介するメルマガです。
これを読んで何かを感じてくれると幸い、という想いだけがこのメルマガを書く
動機になっております。ぜひよろしくお願いいたします!
http://archive.mag2.com/0001205053/index.html
====================================================================
■ミギワノコトノハ~Ver.2012~  (新刊案内)

6冊目に上梓した拙著です。ここでは2012年に私がツイッター上でつぶやいた
「ツイート」を基に編集し、更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したもの
です。2012年当時と2015年の私が交錯しているところをお楽しみいただければ。
制作に1年半もの時間を要しました…。

Amazon Kindle版
http://goo.gl/Q0tnfs


note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m3bf260cfba6e


ブクログのパブー版
http://p.booklog.jp/book/100250


YONDEMILL版
https://yondemill.jp/contents/15414?cid=15414


Google Play版
https://goo.gl/gNfL3q


Stores.Jp版
https://arisakamigiwa.stores.jp/items/570638379821cc9fc

=========================================================
■編集後記
特に彼らのファンという訳ではないのですが、先日は夢の中で
B'zの『いつかのメリークリスマス 』が流れ、それで目が覚め
ました。何故そうなったのかは未だに不明です。

■今月の名言
今にして始めて、僕は「文学に生きる」といふ意味を知った。
なぜなら文学によつて訴へ、文学によつて嘆き、文学によつて遊戯し、
そして過去の口惜しかりし人生を、文学によって復讐することの外、
今の非力の僕には何事もできないからだ。

『無からの抗争』-復讐としての文学- 萩原朔太郎

まさに僕がこのメルマガを書いているのもその心境です。

私の書評が少しでもあなたの心に寄り添い、
あなたご自身と…。あなたの周辺にいる大切なひとたちが、
しあわせになることを心から願ってやみません。
====================================================================
■自著のご案内
長年の悲願であった自著の出版を先日、Amazonの『kindleセルフパブリッシング』
などから刊行いたしました。これもひとえに皆様のお引き立てのおかげでございます。
これからも有坂汀をよろしくお願いいたします。以下に書名とURLを掲載しますので、
興味をお持ちになった方はご覧になっていただけると幸いです。

ミギワノコトノハ~Ver.2011~(ツイッター本第2弾)

5冊目に上梓した拙著です。ここでは2011年に私がツイッター上でつぶやいた
「ツイート」を基に編集し、更に描き下ろしのエッセイを加えて書籍したものです。
「3.11」に何を考えていたのかが生々しく記録されておりますが、それ以降は
グダグダの展開かもしれません…。

  
Amazon Kindle版
http://goo.gl/qYktLP

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m3bf260cfba6e

パブー版
http://p.booklog.jp/book/92603

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/12598

Google Play版
https://goo.gl/RZSjIt 


Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/55b76b953cd48253d900074d

・ミギワノコトノハ~Ver.2010~(ツイッター本第1弾)
私、有坂汀のツイッターで2010年度につぶやいたツイートを取捨選択した上で
一冊にまとめました。編集していて思ったことは「私」というものが良くも
悪くも最も生々しい形で出ているな、という事でありました。

Amazon Kindle版

http://goo.gl/ovWC3R

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m3e05e40708ff

パブー版
http://p.booklog.jp/book/75386

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/4085

Google Play版
http://goo.gl/PwSQbQ 


Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54a284603cd4826ba90038f4

・世間から遠く離れて
4冊目に上梓した拙著です。この企画を考えて動かしていたのは2014年の
1月くらいからでしたが、ずいぶんと日にちが経ってしまいました。1000字
から3000字弱のエッセイを100本収録しております。

Amazon Kindle版 
http://goo.gl/zZEJOx 

note版 https://note.mu/arisakamigiwa/m/m084e28621bcc 

パブー版
http://p.booklog.jp/book/75454

YONDEMILL版 https://yondemill.jp/ebooks/5317 

Google Play版
http://goo.gl/IEzsC3 


Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54d608503cd48243e0001c04

・生産性はなくても本は出せる(エッセイ集)
これを書いていたときはこんなに時間と労力がかかるとは思っておらず、
本当に難儀しました。書評ブログ『誇りを失った豚は、喰われるしかない。』
より、書評以外の部分をピックアップして大幅な加筆訂正を施しました。

Amazon Kindle版
http://goo.gl/lpYVWS

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/m1dff144ae58f

パブー版
http://p.booklog.jp/book/67348

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/3926

Google Play版
http://goo.gl/5LUN17

BCCKS(電子書籍・オンデマンド印刷)版

http://bccks.jp/bcck/138500/info

Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54a140cd3bcba95667001491

・遠浅の海(小説)
自分の書いた文章に自分で解説をつけるというのはこっぱずかしいですが、
私が初めて書いた本を電子本化して公開したものです。いわゆる『恥の記録』
ですが、こうして自分が書いたものが出るというのは嬉しいですね。

Amazon Kindle版
http://goo.gl/CDoaHI

note版
https://note.mu/arisakamigiwa/m/mcead12e2c933

パブー版
http://p.booklog.jp/book/68975

YONDEMILL版
https://yondemill.jp/ebooks/3771

Google Play版
http://goo.gl/7iAL6h

Stores.Jp版

https://arisakamigiwa.stores.jp/items/54a140cd3bcba95667001491


BCCKS(電子書籍・オンデマンド印刷)版

http://bccks.jp/bcck/122422/info

====================================================================
■献本について

メルマガ掲載は保証できませんが、もし献本したいという方は、
『献本について』というタイトルで下記にメールください。
arisakamigiwa■ gmail.com(■を@に換えてください)
====================================================================
タイトル   : 有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~
 発行者    : 有坂汀
 登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0001205053.html
メール    : arisakamigiwa■ gmail.com(■を@に換えてください)
ホームページ : http://arisakamigiwa.jimdo.com/
 twitter    : http://twitter.com/ARISAKAMigiwa
 facebook   : http://www.facebook.com/arisakamigiwa
 Google+    : http://gplus.to/arisakamigiwa
バックナンバー: http://mediamarker.net/u/arisakamigiwa/
有坂汀amazon著者ページ:http://www.amazon.co.jp/-/e/B00EGH748Y
 ====================================================================
今回もお読みいただき、まことにありがとうございました。次回もよろしく
お願い申し上げます。 有坂汀拝

ついでに読みたい

有坂汀の厳選の一冊~汝が家郷はあらざるべし~

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/04/18
部数 17部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

魔法使いリエちゃんのインスピレーション競馬
馬券ベタの初心者でも高額配当的中 魔訶不思議な魔法の3連単馬券術をお伝え中(有料) もちろん、馬券センス有りのあなたなら、さらに、、、( *´艸`) 直近の的中結果 9/24 中山 1R  148,100円的中 中山 2R  135,630円的中 9/25 阪神2R  221,300円的中 阪神4R  257,570円的中 中山7R  139,420円的中 中山10R  133,100円的中 中山12R  113,680円的中 詳しくは、メルマガ紙面にて
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

集客は一生懸命やるから失敗する!大反響ストーリーチラシ集客術
チラシ反響率が1万分の1以下と言われる今の時代に、チラシ50枚で1件の問い合わせを獲得する大反響チラシを開発しました。これを「ストーリーチラシ」と呼んでいます。 その大反響チラシのノウハウをこのメルマガで公開します。 しかし、誰にでも大反響が実現できるわけではありません。「何としてでも集客をしないと!」と一生懸命になる人は、ノウハウ通りにチラシを作っても反響が取れません。 なぜか?表面的なノウハウではなく、大反響がずっと続く本質部分をお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング