成績を上げるにはどうしたらいいの!?

★高校受験で成功するには:勉強は毎日★ by 成績を上げるにはどうしたらいいの!?


カテゴリー: 2017年04月17日
週刊(発行部数6,000部)          Vol.355 2017/04/17
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

              【 殿堂入り 】

   ★ 元学習塾教室長がとにかく役に立つ情報を配信します! ★

   メルマガタイトル : 成績を上げるにはどうしたらいいの!?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
メルマガ発行人のプロフィール ⇒ http://juku-katsuyo.com/profile.htm
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



『成績を上げるにはどうしたらいいの!?』は、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          元学習塾教室長が親子へ宛てたメールマガジンです(^^
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ■□■□■□■□■□■□■□■

■高校受験で成功するには:勉強は毎日
 学習効果を上げて成果を出す方法 その281
■合格を確実にしたければ過去問対策をしっかりやっておくことです!
■学習支援サイトGashin(ガシン)のご紹介(無料)
■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■高校受験で成功するには:勉強は毎日
 学習効果を上げて成果を出す方法 その281
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。



今日は、

学習効果を上げて成果を出す方法の第281回目、

 ”高校受験で成功するには:勉強は毎日”

です。


   ◆


高校受験に成功するためのお話しです。



高校受験に『合格』するだけなら、

多くの子が合格出来ています。



『成功』という言葉を使ったのは、

偏差値と内申を上げて、

第一志望校に、

合格するためのお話しだからです。



第6話の今日は、

『勉強は毎日』です。



下記の、

(1)(2)(3)に関係するお話しです。



<<< 高校受験で重要だと思うこと >>>


 (1)具体的な目標を持つこと

 (2)勉強の仕方を間違えずにすること

 (3)可能性を信じて努力を惜しまないこと(親も子も)

 (4)結果が出た(成功した)喜びを忘れないこと

 (5)成功した自分をイメージして勉強すること

 (6)失敗から学ぶ姿勢(意識)を常に持つこと

 (7)家族で支えあうこと

 (8)最後まであきらめないこと


   ◆


中3になったけど、

部活で忙しくて、

満足に勉強が出来ていない受験生に向けて、

お話しします。





あなたが、

部活をしている間に、

勉強をしている友達はいます。



そんな友達と比べてしまうと、

遅れを作っている気になって、

部活に集中できなかったり、

部活を辞めてしまいたいと、

思うかもしれません。



でも、

部活が原因で、

受験に失敗することはないので、

安心して、

部活に励んでいいと思います。



部活を一生懸命頑張れる子は、

勉強も頑張れます。



部活を引退して、

受験一本になったら、

いくらでも、

今までの挽回をすることができますから、

悔いの残らないように、

部活を頑張ってください。



さらに、

部活は部活で、

集中力を高めて、

励んで欲しいと思っています。



集中力というのは、

部活だけに限らず、

勉強にも通じるからです。



部活も勉強も、

何でもそうだと思いますが、

何かをするときは、

一生懸命に、

集中して取り組んだ方がいいです。


   ◆


さて、

部活をしていると、

帰宅時間が遅くなると思います。



まして、

体育会系の部活だと、

疲れて帰宅するときもあるでしょう。



夕飯を食べて、

お風呂に入ったら、

眠くなって、

寝てしまう子もいると思います。



無理をすると、

身体を壊してしまいますから、

無理はしない方がいいのですが、

それでも、

理想を言えば、

毎日、

勉強はした方がいいです。



今日、

学校で習ったことを思い出す程度の復習は、

どんなに忙しくても、

疲れていても、

して欲しいと思っています。



なぜなら、

思い出すことによって、

記憶として残っていくからです。



教科書の読み直しでもいいです。



ノートの見直しでもいいです。



読んだり見たりすれば、

今日学校で習ったことを、

思い出すはずです。



それが(思い出すことが)、

勉強にはいいんです。



思い出すことによって、

記憶が確かなものになっていくからです。



また、

思い出せるということは、

学校の授業を、

集中して受けている証とも言えるでしょう。



学校の授業で覚えるようにして、

自宅で思い出す、

この習慣が学力を上げていくのです。



しかし、

思い出すことすらしないでいると、

頭に入ったものは、

どんどん消えていってしまいます。



すると、

勉強は、

また一からやり直しになるので、

とても効率が悪くなります。



積み重ねは、

やがて大きな力となっていきます。



ですから、

勉強は毎日するようにしましょう。





続きは、

「編集後記」で。。。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■合格を確実にしたければ過去問対策をしっかりやっておくことです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


基礎基本の勉強をしておくことは当然ですが、

合格を確実にしたければ、

過去問対策をしっかりやっておかないとダメです!







私がしていた個別では、

受験に備えて、

中3の4月から、

中1・中2の復習をさせていました。



中1~中3夏前までの復習は、

夏期講習から行うところが多いと思いますが、

私は復習する回数が多いほど、

知識は定着すると考えていましたから、

4月から、

中3の勉強とは別に、

中1からの勉強も行っていました。



ただし、

塾の授業の中で、

中1からの復習を本格的に行ってしまうと、

中3の勉強がおろそかになってしまうので、

中1~中2までの勉強は、

それ専用のテキストを使って、

宿題で対応していました。



 ⇒ 高校入試用 中1・2の総復習
   http://benkyou-shikata.info/kyouzai/chuu1-2_soufukushuu.shtm

   ※塾で使用したものとは違いますが、
    中身はほぼ同じです。



そして、

夏期講習が始まる前までに、

中1~中2までの復習を、

一度終わらせてしまいます。



そして、

夏期講習では、

もう一度、

中1~中3夏前までの復習を行います。



これで2回は、

復習を行った計算になります。

(実際は、

 授業のコマが許す限り、

 何回転も何回転もテキストの問題を解かせていました。

 そして、

 正解率が7~8割位まで上がってきた生徒には、

 レベルを上げた問題集を買ってもらって、

 さらにこの問題集の問題を、

 何度も何度も解かせていました)



さらに、

9月以降は、

夏期講習で行った中1~中3夏前までの復習の中で、

間違えた問題や、

不得意な分野・単元の問題だけを選んで、

宿題として、

さらに問題を解かせていました。



これを、

最長で冬期講習前まで行っていましたから、

4月から始めて、

約9か月、

中1~中2までの復習を行った計算になります。



ここで疑問を持たれた方がいらっしゃるかもしれませんので、

申し上げますが、

何故、

中1と中2の復習にこだわるのかと言いますと、

入試では、

その範囲から6割程度の問題が出題されているからです。



だから、

何度も何度も復習を繰り返して、

身につけさせようとしていたのです。



出来れば、

この復習は、

今から始めた方がいいのですが、

中3の勉強とのバランスは、

よく考えながら行ってくださいね。



これが入試に向けた、

私の塾の取り組み方でした。



塾としては、

4月から、

教科書の隅から隅まで、

復習していくので、

ある意味安心です。



その上で、

冬期講習からは過去問を取り組んでいきますが、

中1~中3秋までの基礎が身についていれば、

すんなり過去問に入っていくことができます。



そのあとは、

志望校の過去問を何度も何度も解かせて、

問題慣れさせていきます。



そして、

志望校の合格ラインの少し上の得点を、

毎回取れるようになってきたら、

次は、

同位校の過去問をドンドン解かせていきます。



これでほぼ完成です。



あとは、

健康面や精神面だけが課題となってきます。







受験までの道のりは、

長いようですが、

あっという間です。



大事なことは、

今自分がどこの位置に立っているかということを、

いつも気にしながら勉強することです。



春には春の、

夏には夏の、

冬には冬の勉強の仕方が、

あるということです。



 ⇒ 中3の受験勉強の仕方
   http://benkyou-shikata.info/benkyou-shikata/benkyou-shikata46.shtm







大筋上記のやり方で完成しますが、

余裕をもって一年が過ごせるように、

年間を通して課題を見失わないように、

もうひとつ加えて欲しいことがあります。



それは、

最終目標である、

入試問題の傾向と対策を、

早い段階から把握しておく、

ということです。



というのも、

合格を確実にしておくために、

過去問対策は欠かせないからです。



これは、

臨む相手(入試問題)がどのようなものなのかが、

事前にわかっていれば、

本番に向けて、

準備が整いやすく、

闘いもしやすくなるからです。



志望校の入試問題の傾向を抑えつつ、

複合問題とはどういうものなのか、

発展問題とはどの程度のレベルなのか、

入試レベルの学力を身に付けていくためには、

どういった順序で、

勉強していく必要があるのか。



それらのことが事前にわかっていれば、

勉強の組み立てがしやすくなり、

途中途中でのトラブルを、

未然に回避することができるからです。



つまり、

効率よく、

効果的に、

勉強を進めることで、

完成を早めることもできるし、

完成度を上げることもできるのです。



場合によっては、

志望校を1ランク上げることだって、

可能になってきます。



これらのことは、

孫子(中国の兵法の書)の言葉を借りて言うと、

闘う相手(入試問題)を知っておくことは、

自分との力関係を知ることにもなるし、

そこから攻略の仕方を見出すこともできて、

闘いを有利に進めることができるようになる、

ということなのです。







私がおススメしている教材は、

入試問題全般の傾向やレベル、

その対策、

加えて、

そのための勉強のやり方を教えてくれます。



位置付けで申し上げると、

市販の問題集と、

過去問(模試)との間に、

位置付けることができます。



市販の問題集をやり終えて過去問に入る前や、

過去問を取り組んだ後の補強教材として利用できますので、

市販の問題集と過去問(模試)とのギャップを減らし、

ワンクッションおくことができます。

(ちなみに、

 この教材は問題集ではないので、

 お間違えのないようにお願いします。

 ノウハウ的な教材です。)





また、

受験対策だけで申し上げますと、

この教材を軸に勉強して、

弱いと気付いたところは市販の問題集に戻って補強し、

攻められる科目は、

過去問に突き進むという使い方もできます。





市販の問題集と過去問の間に位置付けられる教材であるため、

柔軟に使えて、

かつ、

実践的なので、

短期間・短時間で、

入試レベルまで学力を上げることも可能です。

(もともとは、

 そのような目的で作られている教材です)



傾向と対策を調べる目的で使用したり、

もちろん、

年間を通して、

受験勉強としても使えるので、

自信を持っておススメしています。



■奇跡の逆転合格プロジェクト

 ⇒ 3ステップラーニング
   http://benkyou-shikata.info/sp/text1.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■学習支援サイトGashin(ガシン)のご紹介(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料で見れる、

動画サイトを提供している会社(※)がありますので、

ご紹介します。



この会社は、

3ステップラーニングという教材を作って、

販売している会社(※)です。



※静岡県にある学習塾です。



この動画サイト(学習支援サイトGashin)は、

中学生が習う学習内容(5科目3年分)を、

単元毎(ポイント毎)に、

配信している動画サイトです。



わずらわしい会員登録など一切なく、

無料で24時間、

いつでも何回でも見ることができますので、

繰り返しの学習が可能です。



動画は、

塾で授業を受けているのと同じように、

一流の講師が勉強を教えています。



中学3年間で学ぶ5科目について、

単元毎(ポイント毎)に解説をしてくれています。



もちろん、

苦手なところだけを見ることだってできます。



閲覧の制限もないため、

どなたが何回見ても大丈夫です。



理解が深まるまで何回でも繰り返し見れますので、

これで納得するまで見てください。





この動画サイトで、

君の勉強が前に進むこと間違いなし!です。



よい機会なので、

大いに使っていきましょう!



 ⇒ 学習支援サイトGashin(ガシン)の紹介ページ
   http://benkyou-shikata.info/douga/gashin.shtm

   ※5科目3年分の授業を単元(ポイント)毎に見ることができます♪
   ※スマホ、パソコンどちらからでも見れます♪
   ※24時間、何回見ても無料です♪
   ※会員登録などのわずらわしい入力・登録、一切ありません♪



追)ちなみにですが、

  英語担当の石切山さんは、

  かなり前に、

  『ビートたけしのTVタックル』に出演したことがある方です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理想は、

毎日1時間~1時間半の、

復習と予習です。



でも、

毎日勉強が出来ないという子は、

スキマ時間を見つけて、

勉強するという方法もあります。



例えば、

リビングでおやつを食べているとき、

トイレに入っているとき、

お風呂に入っているとき、

5分とか10分という時間を使って、

思い出す勉強をするのです。



そうすれば、

勉強時間はゼロでなくなります。



オススメは、

早朝の10分を使った、

勉強です。



前日に出来なかった、

思い出す復習でもいいですし、

予習をしてもいいと思います。



前日は、

体と頭が疲れていても、

ぐっすり寝た翌日の朝なら、

頭はスッキリして、

冴えているはずです。



そんな頭を使って、

いつもより10分早く起きて、

勉強してみてください。



疲れている頭で、

1時間勉強するよりも、

冴えている頭で、

10分勉強した方が、

効果的な場合だってあるのですから。



たとえ10分でも、

毎日続ければ、

大きな力になります。



やるとやらないとでは、

大きな違いがあるので、

早朝10分勉強を目標にして、

毎日続けてみてください。





それと、

勉強する場所は、

こだわらない方がいいと思います。



親御さんは、

ついつい子供部屋で、

勉強をさせたがります。



それができれば、

それに越したことはありませんが、

そうなると、

どうしても、

重い腰をあげなくてはいけなくなります。



すると、

勉強の前に、

部屋に移動するという、

億劫な動作まで、

必要になってきます。



つまり、

 「部屋に行って勉強しよう」

という気持ちになれるまで、

時間が掛かるのです。



なので、

勉強させる場所は、

子供部屋と、

決めなくてもいいと思います。



優先すべきことは、

勉強することです。



ここが、

とても大事です。



そのことだけにこだわり、

それ以外の場所とか、

勉強する時間というのは、

こだわらない方がよいのでは、

と思っています。



一度に全てのことをしようとするより、

 『少しでもいいからできることをする』、

この考え方の方が、

前に進みます。



勉強のやり方に決まりはありません。



色々なやり方を模索しながら、

できることをしていく、

これが、

最も効果的な勉強方法だと、

思っています。


  ◆◆◆


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

メールマガジン:成績を上げるにはどうしたらいいの!?

☆ 発行責任者:江森規泰(元学習塾教室長)
☆ 公式サイト:http://benkyou-shikata.info/ (勝者の勉強の仕方)
        http://juku-katsuyo.com/ (塾の活用)
        http://ameblo.jp/jukuretire/ (塾経営ノウハウブログ)
        http://jukusapo.info/ (塾さぽ)
☆ Facebook  :https://www.facebook.com/benkyoushikata/ (勝者の勉強の仕方)
☆ ツイッター:http://twitter.com/#!/benkyou_shikata/ (勝者の勉強の仕方)
        http://twitter.com/#!/juku_katsuyo/ (塾の活用)
☆ 問い合わせ:letter@juku-katsuyo.com

        <<< メルマガの登録・解除 >>>

☆ まぐまぐ版 : http://www.mag2.com/m/0001199632.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆「元学習塾教室長」ってどんな人?

    出身:東京都青梅市(「青梅マラソン」で有名です)
   誕生日:5月14日
    星座:おうし座
    干支:とら
    仕事:ソフトウェア関連
    趣味:グッピーの飼育、映画鑑賞
    性格:優しい。短気な面もあります。
 好きな言葉:成せば成る
     夢:もう一度海外旅行に行きたいな♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ついでに読みたい

成績を上げるにはどうしたらいいの!?

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/04/17
部数 5,829部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング