小林久美の『メールコーチング』

【小林久美のメールコーチング】No.207


カテゴリー: 2017年12月08日
==================================

”Team Effectiveness”  Executive Coaching & Consulting 

個人・チーム・組織内の効果的なコミュニケーション、
”Team Effectiveness”を飛躍的に向上させる
コーチング、コンサルティング、企業研修、提供しています。

小林久美のHP→ http://www.kumikobayashi.com/      
   
==================================


December 8, 2017


『問いのパワー』

私はいつもコーチングの場や研修の場で「気になることには問いをたてて
考える続けることが大切です〜」とお伝えしています。

人に言われて気になったこと、何かで読んで心に引っかかっていることは、
おそらく自分の内面の何かに触れるものがあるということ。

 それをそのまま流して忘れるのも一つ。
 それの何が気になるのだろう?なぜ?と問い続けるのも一つ。

私はコーチになって15年になりますが、後者をずうっと続けてきた気がします。
結果得たものは、自分をより深く知るということでしょうか(まだまだ途上...)


これに関して、最近はこんなことがありました。

個人事業主で忙しく仕事をしている私に母がよく、「あんた、落とし穴はないか?
うまく行くときほど穴があるさかいに、落ちんように気いつけなさいや」と問うて
くれるのです。

そしてこの春頃から毎回電話でそれを言われるようになり、気がつけば自分で
スケジュール帳や書類を見ながら「落とし穴はないか?」と問う体質に(笑)。

・・・で、あるときフと気づいたのです!

私の場合、落とし穴はないか?と自問すると落とし穴を一生懸命探し始めて、
とても怖くて不安な気持ちになり、心身ともに萎縮してしまうと。

・・・で、違う角度からの問いに変えることにしました。

さんざん考えて出てきたのが、「オマエは有頂天になっていないか?」でした。

昔からすぐ調子に乗るタイプで、下手をすると凧の糸が切れそうになる自分がいる
のを知っているので、この問いを問うと、すうーっと地に足が着き、
良いエネルギーを保ったまま謙虚になれる気がしています。

問われる内容について問い続けたことで(笑)、少し自分が俯瞰できるように
なりました。


さて、あなたが今気になっていることは何でしょうか?

そして、それを問いにすると・・・?



□■このコラムのバックナンバーはブログまで
 → http://kumikobayashi.jugem.jp/




■■ひとことコーチング  「脳と言葉」

私は脳科学者ではないので、詳しくはわかりませんが、15年のコーチ体験で
一つ言えることは、脳というのは案外素直である、ということでしょうか。

こうなりたい!と5年前に熱く語っていたことが本当になっているというような
ことはコーチングではよく起こります。本人はそれを言ったことすらスッカリ
忘れていたのに、あるときフと「あ!そう言えばあのとき言ってたー!」と。

もう一つ。

ミルクのコップを運ぶ幼児に「こぼしちゃダメよ、こぼしちゃ!」とうるさく
言うと、「こぼす」という言葉を脳が受け取ってミルクをこぼしてしまう…
というのを聞かれたことはありますか?

 「ゾウのいない部屋を想像してください」と言われると・・・ですよね。

私の場合も然り。
落とし穴に落ちてはダメ=落とし穴を探す、という行動になりました。

もちろん崖っぷちから落ちないために、最悪(ネガティブなこと)を想像して
おくことはとても大切。ただ、そればかりに捉われていると可能性や楽しみを
阻まれることもあるので、ときには素直な脳にご注意を!笑




■■アメリカ凸凹生活 「Time Out!」

全く頼れる人のいないアメリカで子育てを始めた私ですが、周りのお母さん達が
やっている効果的なことがありました。

物心ついてきた子供が何か危険なことをしたり、約束を破った時に「Time Out」
させるのです。その瞬間に「ストップ!」をかけて「年齢の数だけ」部屋の隅に
置いた椅子に座らせ、なぜそこに座る羽目になったのかを考えさせるのです。

試しにうちの娘が2歳の頃にやってみると・・・彼女はワンワン泣きながら、
椅子に2分座り続けました(幼児にとってこれは長いと思われる)。
その間に、親の方も激した気持ちを収められて助かったのを覚えています。

「座る」ことで景色を変えるということもありますが、幼い子でも「なぜ?」を
問い考えさせるということは、幼いなりに学びがあったと感じています。

因みに、娘の最後のTime Outは中1の春。「ああ、13分もかー」と言いながら、
ベッドに座り、色々と考えを巡らせておりました(笑)。

そんな彼女が母になったとしたら、どんな問いを子に問うのでしょうか...


それではまた2週間後に!


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


-kumi

==================================

コーチングのお申込み・ブログ&メルマガバックナンバー(コラムのみ):
http://kumikobayashi.com 

コメント、ご質問など:  
kumik@earthlink.net までよろしくお願いします♪
     
==================================

小林久美の『メールコーチング』

RSSを登録する
発行周期 毎月第2&第4金曜日発行。祝日の場合は前日の木曜日発行。
最新号 2017/12/08
部数 217部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

小林久美の『メールコーチング』

RSSを登録する
発行周期 毎月第2&第4金曜日発行。祝日の場合は前日の木曜日発行。
最新号 2017/12/08
部数 217部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング