荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第895号@音を聴くとはどういう事か?


カテゴリー: 2017年03月09日
♪#♪────────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第895号*
2017年3月9日刊
────────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、チェコ出身でイタリアで活躍したオペラ作曲家、
ヨゼフ・ミスリヴェチェク(1737-1781)、

フランスの舞台音楽の作曲家でヴァイオリニストの
アレクサンドル・ルイジーニ(1850-1906)、

アメリカの作曲家、
サミュエル・バーバー(1910-1981)、

イギリスのピアニストで指揮者の
ハワード・シェリー(1950-)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 



そして、イギリスの作曲家で指揮者の
イモージェン・ホルスト(1907-1984)、

日本の作曲家、
池内 友次郎氏(1906-1991)、

インドの作曲家、
ジョン・メイヤー(1930-2004)の命日です。




──────────────────────────
@「音を聴く」とは、どういう事なのか?
──────────────────────────

演奏する時に、とても大事な事に、

「音を聴く」というのが、あります。


皆さんも、「もっと音を聴いて!」と
言われた事が、あるかと思います。



昔の私は、わかっていませんでした。


私は、自分の音を、聴いてるもん!

って、思っていました。


でもそれは、自分の音が「聞こえてくる」に、
過ぎなかったのです。


音を出せば、そりゃ「聞こえ」ますよね。


「聞く」と「聴く」では、大違いです。

「聞く」のは、無意識でも「聞こえてくる」もの。

例えばドアベルだったり、電話の音だったり、
お店のBGMだったり、小鳥のさえずりだったり。


「聴く」は、意識して、「聴きに行く」ものです。

自ら、強い意思を持って、その音に集中する事です。



この違いが、本当に理解・体感出来るようになるには、

人それぞれの差はあれど、大抵は、かなり時間がかかります。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 



さて、「聴きに行ける」ようになったら、考えたい事があります。


音は意識的だろうが無意識だろうが、

「きこえて」きますよね?


つまり、音が発音して、響きを放ってから、

自分の耳に、体に浸透してくる。



でも、自分で演奏する時は、

音が発音されるのを、響き出されるのを、

構えて待つ   のでは、ありません。



発音する前に、聴きます。


「発音されてないのに、音として出ていないものを聴くって?」

どういうこと?

って思いますよね。



そうです。

まだ発音されていない音を、

「こう言う響きが欲しい!こう言う音を出したい!」

という その音を、自分の中で、ほんの一瞬前に、

想像するのです。



「こんな音が欲しい」

と強く想像(イメージ)するから、

そんな音を出すのにふさわしい呼吸や体の動きをします。



それの、連続です。


だから、本当にその曲(音楽)に集中すると、
緊張しなくなる(あがらなくなる)と、私が言うのは、

常に次々と、これから発音する音を想像しているからです。



最初は、こだわりたい「1音」から。

それが出来るようになったら、

「こだわりの音」を増やしてみましょう。


全ては積み重ねですから、少し先には、

全ての音を事前に聴く事が出来るように、なります。

ただし、それを意識してやれば、の話です。





お読みくださり、ありがとうございました。


※ メッセージは、このメルマガに返信する形で
 お寄せください。
 嬉しく読ませて頂いておりますが、お返事を期待しないで下さいね。

いつも、ありがとうございます。



筆 荒井千裕

───────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:http://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/02/22
部数 815部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/02/22
部数 815部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング