荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第895号@音を聴くとはどういう事か?


カテゴリー: 2017年03月09日
♪#♪────────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第895号*
2017年3月9日刊
────────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、チェコ出身でイタリアで活躍したオペラ作曲家、
ヨゼフ・ミスリヴェチェク(1737-1781)、

フランスの舞台音楽の作曲家でヴァイオリニストの
アレクサンドル・ルイジーニ(1850-1906)、

アメリカの作曲家、
サミュエル・バーバー(1910-1981)、

イギリスのピアニストで指揮者の
ハワード・シェリー(1950-)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 



そして、イギリスの作曲家で指揮者の
イモージェン・ホルスト(1907-1984)、

日本の作曲家、
池内 友次郎氏(1906-1991)、

インドの作曲家、
ジョン・メイヤー(1930-2004)の命日です。




──────────────────────────
@「音を聴く」とは、どういう事なのか?
──────────────────────────

演奏する時に、とても大事な事に、

「音を聴く」というのが、あります。


皆さんも、「もっと音を聴いて!」と
言われた事が、あるかと思います。



昔の私は、わかっていませんでした。


私は、自分の音を、聴いてるもん!

って、思っていました。


でもそれは、自分の音が「聞こえてくる」に、
過ぎなかったのです。


音を出せば、そりゃ「聞こえ」ますよね。


「聞く」と「聴く」では、大違いです。

「聞く」のは、無意識でも「聞こえてくる」もの。

例えばドアベルだったり、電話の音だったり、
お店のBGMだったり、小鳥のさえずりだったり。


「聴く」は、意識して、「聴きに行く」ものです。

自ら、強い意思を持って、その音に集中する事です。



この違いが、本当に理解・体感出来るようになるには、

人それぞれの差はあれど、大抵は、かなり時間がかかります。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 



さて、「聴きに行ける」ようになったら、考えたい事があります。


音は意識的だろうが無意識だろうが、

「きこえて」きますよね?


つまり、音が発音して、響きを放ってから、

自分の耳に、体に浸透してくる。



でも、自分で演奏する時は、

音が発音されるのを、響き出されるのを、

構えて待つ   のでは、ありません。



発音する前に、聴きます。


「発音されてないのに、音として出ていないものを聴くって?」

どういうこと?

って思いますよね。



そうです。

まだ発音されていない音を、

「こう言う響きが欲しい!こう言う音を出したい!」

という その音を、自分の中で、ほんの一瞬前に、

想像するのです。



「こんな音が欲しい」

と強く想像(イメージ)するから、

そんな音を出すのにふさわしい呼吸や体の動きをします。



それの、連続です。


だから、本当にその曲(音楽)に集中すると、
緊張しなくなる(あがらなくなる)と、私が言うのは、

常に次々と、これから発音する音を想像しているからです。



最初は、こだわりたい「1音」から。

それが出来るようになったら、

「こだわりの音」を増やしてみましょう。


全ては積み重ねですから、少し先には、

全ての音を事前に聴く事が出来るように、なります。

ただし、それを意識してやれば、の話です。





お読みくださり、ありがとうございました。


※ メッセージは、このメルマガに返信する形で
 お寄せください。
 嬉しく読ませて頂いておりますが、お返事を期待しないで下さいね。

いつも、ありがとうございます。



筆 荒井千裕

───────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:http://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/07/20
部数 818部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2017/07/20
部数 818部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング