荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第891号@譜読みで気をつけたいコト


カテゴリー: 2017年02月23日
♪#♪────────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第891号*
2017年2月23日刊
────────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


気付いたら、このメルマガの読者さんが、
「800名様」になっていました!

嬉しいですっ!ありがとうございます!
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。



さて本日は、ドイツ生まれ、イギリスに帰化した作曲家、
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685-1790)の誕生日です。



そして、ルネサンス時代のフランスの作曲家、
ピエール・セルトン(?生年不詳-1572)、

ドイツ・バロック音楽の作曲家、
ゲオルク・ムッファト(1653-1704)、

ドイツ・ロマン派の作曲家、
ヴォルデマール・バルギール(1828-1897)、
※ クララ・シューマンの異父弟

ドイツのピアニストで作曲家、
ゾフィー・メンター(1846-1918)、

イギリスの作曲家で指揮者の
エドワード・エルガー(1857-1934)、

ロシアのヴァイオリニスト、
ユリアン・シトコヴェツキー(1925-1958)、

ルーマニアの作曲家で指揮者の
コンスタンティン・シルヴェストリ(1913-1969)、

イギリスの作曲家でオルガン奏者の
ハーバート・ハウエルズ(1892-1983)、

イギリスの作曲家・ピアニスト・オーボエ奏者の
ルース・ギップス(1921-1999)の命日です。




──────────────────────────
@譜読みで気をつけたいコトは、何だろう?
──────────────────────────

香港教室では、発表会を終えて、

全生徒たちが、新しい曲へと向き合い始めました。


なので、そこで気づいたコトです。


「譜読みを始める時に、気をつけたいコト」。


譜読みの仕方や、曲を仕上げていく過程は、

人それぞれ、違いがあると思います。


そもそも「譜読み」とはなんぞや? という定義も、

人によって違いがあると思います。



なので、何が良い悪い(正しい正しくない)という話は、
しません。


だって、「自分と相性の良い方法」なら、

良いと思うから。


だから、私も、私の生徒たちでも、

全員が同じやり方は、していません。



私たち教える側は、「講師」とか「教師」とか言いますが、

もっと相応しい言い方として、

「アドバイザー」とか「ヘルパー」がある、と思っています。


そこで、学ぶ側が意欲的に(積極的に)

「譜読み」をしている時に、私たち教える側がすることは、

「間違った方へ行っているのを放置せず、戻す努力をする」とか

「間違った方へ行く気配がある時、気付きを与えて戻す努力をする」わけです。



そこで、一般的に陥りやすい、最初の「譜読みのミス」、

ポイントです。



・音部記号を確かめる

右手がト音記号とは、限らない。
左手がヘ音記号とは、限らない。


始まりがト音記号だったからと言って、
その後もずっとト音記号だとは、限らない。



・調号の勘違い

#の調か、♭の調か、

また、それが幾つ付く「調」なのかは、確かめると思います。


何長調とか、何短調で始まって、どのように転調して・・・

などと理解出来れば良いのですが、

それが出来ていたとしても、結構ね、

頭はアンポンタンな所もありまして・・・


「#が3つの調」 と思っていると、


何故か、いきなり「♭」の調で弾き始めたりするのです。

どういうことでしょう?

でも、すごく、多いんですよ、これ。

    器用だな、とも、思いますが(^ε^)♪




はじめの「音部記号」については、

例えばね、右手が「あ、ここからヘ音記号になった」と、

理解しています。


だから、ちゃんと低音部に右手を持って行って弾いています。

しかし!

そこで、楽譜の読み方は、ト音記号で読んでしまって

弾いている、ということが、あるのです。

結構、あります。



調号の勘違いもそうなのですが、

弾いていて「なんか変かも?」と、

なんとなく不思議には、感じているのです。


だけど、こういう時って、見ていても見えないのですね。

不思議です。



音そのものの読み違いもそうですが、

最初に、どう読み込むか? 理解するか?で、

大きく変わります。



「思い込み」に転ずるので、その後、気付きにくくなります。

気づいても、直しにくくなるのです。

気づいた時には、間違った弾き方の癖が付いているからです。



だから、新曲の譜読みに取り組む時は、

これ以上ないくらい、慎重に! を、心がけたいものですね。





──────────────────────────
***4月の東京レッスン、ご予約受付中!***
──────────────────────────

4月は8日(土)9日(日)に致します。


初めての方は、以下のページをご覧くださいね。
http://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

リピーターさんでご希望の方は、
メールでもFacebookのメッセンジャーでも、
このメルマガに返信でも、iMessageでも承ります。

なお、レッスンの件で頂いたメールなどへは、
必ずお返事します。
私からの返信がない場合は、お知らせ下さい。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。




お読みくださり、ありがとうございました。

※ メッセージは、このメルマガに返信する形で
 お寄せください。
 嬉しく読ませて頂いておりますが、お返事を期待しないで下さいね。

いつも、ありがとうございます。



筆 荒井千裕

───────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:http://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/05/24
部数 842部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/05/24
部数 842部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング