ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

「西蘭花通信」~50代の宿題10:自立~ Vol.0723


カテゴリー: 2017年01月14日
昨日HPに上げたのですが、配信する前に力尽き1日遅れになってしまいました。

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2017年が記憶に残る、すばらしい年になりますように!

久々すぎて配信の仕方を忘れたりしないよう(汗)、今年はがんばるぞー!
(※ホントか?)

==================================================================   
「西蘭花通信」スピリチュアル編 ~50代の宿題10:自立~  Vol.0723 
2017年1月13日
==================================================================    

2017年が始まり、さっそくボランティア仲間で年末年始の報告会、というか女
子会をしてきました。74歳のミリーは唯一の孫娘がクイーンズタウンで就職し、
年明け早々に引っ越して行ったばかりでした。
「仕事を始めてかれこれ1週間。同時に入社した子があと2人いて、3人一緒の写
真を送ってきたわ。フラッティング(共同生活)している相手の女性もいい人
らしくて、部屋から湖が見えるんですって。すごくしっかりして楽しそうなのよ。」

3年制の大学を卒業したところなので今年21歳。親元を離れていくのがごく自然
な年齢と時期でありながら、地方での就職にはすったもんだがあり、私たちも
早くから経緯を小耳に挟んでいました。孫娘の両親であるミリーの娘夫婦は最
近、郊外に家を新築したばかりでした。寝室5部屋、バスルームも3、4つあり、
クルマ3台分のガレージ付きの大きな家を建てました。これには私たちが仰天し、
「子どもとはいえ全員成人していて時間の問題で出て行くのに、なんだからっ
てそんな家を建てたの?その歳で家を出て行かなかったら逆に問題じゃない!」
と、つい彼女を質問攻めにしたものでした。

「娘の夢なのよ。いつまでも子どもたちに囲まれて、家族全員が仲良く、楽し
くっていうのが夢なの。」
「えぇぇえ!」
子育てのゴールこそ子どもの独り立ちと考える私たちは一斉に声を上げ、娘さ
んの夢には賛同しかねました。18歳以降の自活を重んじるNZにあっては、珍し
い夢でもありました。なので理想の仕事を見つけて応募し、予想外の採用通知
が来たとき、孫娘が真っ先に打ち明けたのはおばあちゃんのミリーでした。

「どうしよう。ママに言えない。」
「でも、行きたいんでしょ?」
「もちろん!まさかこんなに簡単に採用されるとは思ってなかったの。ここし
か申し込んでなかったし。」
「それがチャンスってものでしょう。」
2人は何度も話し合い、孫娘は気持ちが固まったところで両親に話しました。父
親は戸惑いながらも喜んでくれ、母親は号泣。母親は娘とも、自分より先に知
っていたミリーとも1週間以上口が利けませんでした。それから3ヶ月ほどで、
孫娘は大きな荷物とともに旅行でしか行ったことがない遠い町へと旅立ってい
きました。

空港で見送った後も、
「どうしてオークランドじゃダメだったの?」
と夫の隣で未練がましく言う娘に、
「あなたよりましよ。」
ミリーは言い放ちました。私たちは全員、この経緯を知っています。泣きじゃ
くっていた娘がはっとして顔を上げました。
「あなたはたったの30分で出て行ってしまった。私がどんな思いだったかわかる?」
娘には返す言葉がありませんでした。

ミリーが40代だった30年ほど前、大学生だった娘はある日学校から帰ると、
「ちょうどいい空き部屋を見つけてフラッティングすることにした」と言って、
連れてきた数人の友だちと一緒に自分の部屋の物を運び出し、1時間もしないう
ちに出て行ってしまいました。
「夕食もいらないって言って、クローゼットまで持っていったのよ。」
不用品だけが残されたガランとした部屋で、ミリーは茫然自失のまま涙を流し
ました。親子でケンカをしていたわけでもなく、前日まで家族4人で食卓を囲ん
でいました。事前の相談もなにもないまま、娘は逃げるように家を捨てるかの
ように出て行ってしまったのです。

私は大学1年の終わりの19歳で家を出ました。大学の裏手に小さな古いアパート
を見つけ、仲のいい友だちとフラッティングというよりもルームメイトとして、
一緒に家を出ることにしました。取り壊しを待つばかりのおんぼろアパートだ
ったので家賃は知れており、横浜の実家から大学まで片道2時間かけて通学して
いたので、浮いた時間にバイトを増やせば、仕送りなどなくても下宿はたやす
いことでした。友だちは浪人していたので20歳を超えており、彼女の名義なら
賃貸契約に親の判子も必要ありませんでした。

入念に計画を立て、友人と話し合い、収入の確保にもめどをつけ、自活の可能
性を確信した段階で、私は両親に「家を出る」と打ち明けました。小学校に入
るか入らないかぐらいの幼い頃から、母親に二言目には「出て行け、出て行け」
と言われて育ってきたので、さぞや喜ぶだろうと思った両親、特に母親の言葉
は耳を疑うものでした。
「ちゃんとした家があるのに出て行くですって?あなたはいつも、なんて自分
勝手なの!?」

両親は猛反対でしたが、私は予定通りに家を出ました。ミリーの娘とは違い、
着替えや本といった自分で買った身の回りの物だけを持ち、小旅行にでも行く
ような軽装で出て行きました。電車では布団や家具が運べないという理由では
なく、親が買った物まで持っていったら、「あの子は家の物を勝手に持ち出し
た」と後々まで繰り返し言われることがわかっていたので、必要なものは下宿
先で揃えることにしました。

私たちも親子でケンカをしていたわけではありません。ケンカというものは自
分の主張をぶつけたら、相手の主張が変わるかもしれない可能性があるからす
るのであって、その可能性もないのに自分の主張だけをぶつけても気まずく、
いたたまれなくなるだけです。私は母が売ってくるケンカを絶対に買いません
でした。失敗がないよう周到に準備をし、丁寧に説明もし、礼は尽くしたつも
りでした。逃げるのでも捨てるのでもなく、私は玄関から堂々と出て行き自立
しました。誰にも祝福されなかった36年前のあの日を、今でも誇りに思います。
ミリーの孫娘もまた、この1月をいつまでも誇れるよう祈っています。

(不定期でつづく)

=================================================================     

「マヨネーズ」

2017年の最初がこんな話になるとは!今日は今年最初の満月。気持ちの整理に
は打ってつけなのか?
ミリーの話は~人生の春夏秋冬:豊かな秋~でも書いています。
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/vol.0628.html

西蘭みこと

===============================================================       

■このメルマガは西蘭家のホームページ                                 
http://www.sailanmikoto.com/                                          
に掲載しています。  
写真入りのバックナンバーもどうぞ。  
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/mailmagazine.html            



他のブログやHPは以下の通りです。                                

■ブログ日記「さいらん日和」(移住生活の日常をつづっています)      
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/                       


■「さいらんガーデン」(庭や外での小さなお話)  
http://blog.goo.ne.jp/tanikuhongan/    
   

■新しく始めた旅と夢限定ブログ「みたび」
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-mitabi


■2007年に永眠した飼い猫ピッピのブログ「シロ猫ピッピのおいら物語」 
http://blog.goo.ne.jp/oiramonogatari/                             
      

■ご感想は
mikoto@sailanmikoto.com
へお願い致します。
(メールでの個人的なご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい)  

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

RSSを登録する
発行周期 週2回
最新号 2018/06/12
部数 393部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

RSSを登録する
発行周期 週2回
最新号 2018/06/12
部数 393部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング