外国特許の出願ノウハウとその戦略的取得・活用法 大研究!!

外国特許の出願ノウハウ大研究 第17号


カテゴリー: 2012年06月23日
__________________________________________________________________
【第17号】
  外国特許の出願ノウハウとその戦略的取得・活用法 大研究!!

 - 米国特許、ヨーロッパ(欧州)特許、中国・韓国・台湾・香港・
 インドなどのアジア特許等取得のための外国出願・PCT国際出願は、
 海外ビジネス戦略、世界特許戦略のカギです!-

                  Presented by 特許出願ねっと!
__________________________________________________________________


このメルマガを発行しています特許出願ねっと!
専属弁理士の奥町です。


しばらく配信できておりませんでした。

今回号では、はじめに、私が執筆した書籍
『奥町メソッド 弁理士試験 知的財産法総整理』(日本評論社)
発行のお知らせです。

アマゾン等のネットからもご購入可能です。
↓↓↓
http://tinyurl.com/7wa29hy

これは;
知的財産権6法を同時に学習。短期合格を目指す受験生必携! 
知的財産法全体を短期間で整理・習得できるように、
「共通項目」と「各法域独自の項目」に分類し、対比して解説。
平成23年の法律改正に対応!  
という本です。

どちらかといえば、資格試験用の本ですが、
知的財産について関わりのある方であれば、
興味深く読んでいただけると思います。

興味のある方は、この機会にぜび読んでみて下さい!
http://tinyurl.com/7wa29hy




では、これまでのおさらいも含めて
本題に入ります。



■世界特許の捉え方―属地主義 

★外国特許について

日本から見た「外国特許」の定義や、
基本的な仕組みから探っていきたいと思います。


外国特許に関しては、これから国際的な知財マネージメントや、
日本以外の国にも特許出願をお考えの企業幹部の方、
発明者、知財部の方など、つい見落としがちな基礎の基礎から
各国特有の制度まで見ていきます。


外国特許とは、そもそも何なのでしょう。

巷では外国特許、海外特許、国際特許、世界特許など、
似たような名称をよく耳にします。今初めて聞いたという方も、
どれも同じ様に聞こえてしまいます。


これらはすべて同じことを指すのでしょうか。


それとも4つとも違う特許の種類なのでしょうか。
そんな疑問については、まず特許の仕組みを考える必要があります。



特許権とはそもそも発明を独占的かつ排他的に使用する権利のことを
指しますが、これは国が認めて初めて権利として成立します。


この基本原則は世界のどの国や地域でも同じことです。

つまり、ひとつの国で通常の特許出願を行い、特許が認められた場合、
特許権の効力はその国の中での実施にしか及びません。


この考え方を「属地主義」といいます。

ということは、日本で認められた特許権も、
外国では自動的に認められる訳ではないということです。


このようなことから、通常「特許」というと、
日本で取った特許を意味するため、日本以外の国で認められている特許
については、これと区別した言葉が必要となってきます。


そこで日本以外の国から受ける特許を総称して、
「外国特許」と呼んでいるのです。


ただし、これは法律用語ではなく、俗称と考えてよいでしょう。

ということは、外国特許とはかなり幅広いものですね。
アメリカ(米国)で出願して得た特許も香港で出願して得た特許も、
すべて外国特許でくくられてしまいます。


ちなみに海外特許や世界特許という呼び方も、
この外国特許と同義で使われています。

なお、国際特許はこれらと異なります。



★外国特許の出願方法について

「外国特許」は、ただの総称にすぎませんが、
そこまで単純なものでもありません。


世界のすべての国で特許を取りたい場合に200近くもある国に
出願手続きをする必要があるかといえば、そういう訳でもありません。


海外で特許出願をするには二つの方法があります。

外国特許庁への直接出願とPCT国際出願です。

(1)直接出願(パリルート)
直接出願というのは、外国の特許庁へ文字通り直接出願するものです。

当然言語も日本語から英語又はその国の言葉に直さなければいけません。

日本の出願人は最初に日本国内で特許出願しているのが通常ですので、
これを基礎としてパリ条約上の制度の一つである優先権主張して
一年以内に外国へ出願します。

このため、この直接出願の方法は、パリルートといわれています。



(2)国際出願(PCTルート)
国際出願とは、PCT(特許協力条約)に基づいた出願のことをいいます。
国際出願は、日本の特許庁を通じて、特許を取りたいすべての国
(PCT加盟国)へ一括して出願したものして扱われたり、
国際調査制度、国際予備審査制度などが利用できるといったメリットが
あります。


この国際出願によって外国の特許を取る方法を、
PCTルートといわれています。



特許出願ねっと!
OXIA綜合知的財産事務所
弁理士 奥町 哲行
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆このメールマガジンは『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
◆特許出願ねっと!ホームページ 
→ http://www.tokkyo-net.jp/
◆発行:特許出願ねっと!
Copyright (c) 2012 特許出願ねっと! All rights reserved. 無断転載厳禁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

魔法使いリエちゃんのインスピレーション競馬
馬券ベタの初心者でも高額配当的中 魔訶不思議な魔法の3連単馬券術をお伝え中(有料) もちろん、馬券センス有りのあなたなら、さらに、、、( *´艸`) 直近の的中結果 9/24 中山 1R  148,100円的中 中山 2R  135,630円的中 9/25 阪神2R  221,300円的中 阪神4R  257,570円的中 中山7R  139,420円的中 中山10R  133,100円的中 中山12R  113,680円的中 詳しくは、メルマガ紙面にて
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング