ガレキ通信

ガレキ通信 第54号


カテゴリー: 2017年04月01日
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
☆ガレキ通信54号☆
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

---------------------------------------------------------
■ Oh!hisashiburi!dane!
■ 来年3月、ガレキの太鼓、公演やります。 
■ そらみ通信    
■ 編集後記 
---------------------------------------------------------
こんにちは。
ガレキの太鼓です。

このメルマガは、ガレキの太鼓の公演アンケートで、

「メルマガ配信希望」にチェックをいただいた皆さま

ガレキの太鼓オフィシャルwebサイトから登録してくださった皆さまにお送りしております。
---------------------------------------------------------
■ Oh!hisashiburi!dane!

なんともなんともお久しぶりのガレキの太鼓のメルマガです。Oh!hisashiburi!dane!

皆様いかがお過ごしでしょうか?海老根でございます。

前回は去年の10月とな。半年前かいな。そうかいな。

この半年の僕は、ぽっかりしたりガンガン行ったりジュクジュクしたり。初体験・オンパレードだったり。

調子に乗ったりへこんだり。上がったり下がったり。願ったり叶ったり。

そんな感じdaze!

■来年3月、ガレキの太鼓、公演やります。

ふふふふふ。ふふふふふふふ。ふふふふふ。

お耳の早い方はご存知かもしれませんが、そう!来年3月!ガレキの太鼓がアゴラ劇場に戻ってまいります!いえす!!

あ。これ言っていいのかしら?ふつう情報公開ってもっと公演手前なんじゃないかしら?でもアゴラのラインナップに載ってるし。

いいか?いいか!!

止まらずの国から3年半。ガレキの太鼓はアゴラでどんな作品をみせるのか!?楽しみだなぁ!楽しみですねぇ!

どんなお話を書くのさ?なぁそらみさんよ!

どんな作品だってそうだけど最新作が最高傑作になるように邁進するのであります!

タイトルは!!!ドゥルルルルルルルルルルル・・・・ジャン!

「地上10センチ」!

ああ楽しみな私の妄想は止まりません。

あんな人やこんな人が出てくれないかしら?

ガレキの新作に出て欲しい人(てか海老根が共演したい・あこがれてる人)
↓
・深津絵里さん
夫婦役してみたいなぁ~~。

・吉岡秀隆さん
ナイーブ大魔王。兄弟役とかやりたいなぁ。小4で北の国からを観てからのあこがれの人。

・段田安則さん
よく図書館でビデオを借りて観てました遊眠社の頃の段田さん。かっこいんだよ。

・スザンヌクレマンさん
私はロランスをみて大ファンになりました。

みんな出てくれたらいいのに・・・でもギャラのこと考えたらチケット代が5万円くらいになっちゃうのかな☆

あ、あと、アゴラで2階建ての日本家屋セット組んだ芝居したいなぁ~。川と橋セットとかもいいなぁ~。

アゴラのエレベーターに監禁されてて、30分に一回ドアが開いてすぐ閉まるみたいな役やりたい。

あ、後アゴラでフライングしたい。10センチ。

地に足付けて地上10センチメートル浮いて見せます。

詳細は随時ツイッターなどでお知らせします。乞うご期待!

■ そらみ通信

最近毎夜、泣きそうになっています。そらみです。

情緒不安定じゃないですよ、幸せナノデスヨ。

色々後から思えば分かることだけど、本当に“今にして思えば”、ここ3年くらい、辛かったなあ。

いや、今にして思えばではないかもしれない。“厄払いしたい。厄払いしたい。”とことあるごとに呟いておりました。

と、メランコリーな中二病のような文章を書き始めてしまっている。

しょうがない、現在22時20分、クッタクタになりながら、フィリピンの道端で文章を書いています。

そんなん、感傷的になるなというのがおかしい。

何が辛かったなんて個別具体的なことはもう言わないけど、“すべてがうまくいかない”という感覚。

なにより、“人とうまくいかない”という感覚。

全ては私の自信の無さから来てた気がするけど、人に素直になれなくて誤解を与えてしまったり、揉めてしまったり。

新しい仕事に取り組むために必ず誰かと揉めて、一番身近な海老根君とも、実は揉めていました。

映画やドラマやWEBの世界で、初めてなことばかりのプレッシャーと共に「これがこけたら私は終わる」という危機感に追われる毎日。

ガムシャラに頑張れば頑張るほどに、遊び心も楽しみながら書く方法も忘れちゃって、自分の書くものすら「面白い」と思えないのに毎

日締切がやってくる地獄の日々だった。
「ガレキの太鼓復活しないの?」なんてよく聞かれてたけど、とてもじゃないけどそんなこと想像も出来なかった。

自信を持って人を率いる自信などどこにも無かった。

それが今、幸せだよーなんて夜な夜な噛みしめるほどになっている。人生分からないな。

直接的な原因なんて何もないけど、どこかで「自分から逃げない」なんていうダサイことを本気で思った瞬間がターニングポイントだっ

た気がする。
才能のある人間に見られたくてハッタリをきかせたくなる自分、嫌われたくなくて先回りして周りに気を使いすぎる自分、

失うのが怖くて逆にどこか守りに入ってしまう自分、そんなこと全てを「はい、やめ!!!!!」ってなったのがきっと大きかった。

「お前みたいなちっぽけな奴、誰にとってもどうでもいいんだから、マジでどう見られるかとか気にすんのやめ!」

となれてからが急展開だった。

全てそんな私の変化に呼応してくれたみんなのおかげだけど、今、超絶楽しく毎日過ごしています。

ガレキの太鼓は復活が決まりそれに向けて海老根君といい関係を作れてるし、たくさんの仲間たちにも素直に「一緒にやりたい」と伝え

る毎日。

映画やドラマを、色んなプロデューサーと考える毎日。採用されることはほとんど無いけど、生み出す作業の楽しさを教えてくれる。

WEBで、記事を連載している。何千何万という人がほぼ時間の差無しに文章を読んでくれる喜びは、何にも代えがたい。

多くの子どもたちにワークショップを行う日々。

私は学校が大嫌いだったし、学校が無ければもっと楽な生き方を出来たと恨んでさえいる。

だから、そんな子を一人でも作らないように「自由にやっていいよ!あなたは最高だよ!」と伝える役割だと思ってやっている。

こんな私が、子供たちに語れる機会が持てるなんてなんてありがたい。

そして今、月の半分をフィリピンはセブ島で暮らしている。

きっとこのままずっと東京に居ると私また無理しちゃうと思って、セブ島の仕事を受けてみた。

有り難い程に、ステキな場所だ。これからも東京とセブ島の行ったり来たりの生活を続けます。

なんだろ、どうでもいい中二病の文章をすみません。

でも、感傷的になってるんだもの。

今、このメルマガをまだ取ってくださって、ここまで読んでくださっている方がいる奇跡。

心から、お礼を言わせてください。

私たちは、見かけ以上に実は生き方が下手で、すぐ迷ったりしてしまいます。

うすうす思っているのは、表現することに真面目過ぎるのが逆に良くない気さえしています。

そんなくせに、好きな人達と好きな作品を作ることをもう我慢できない衝動になっちゃって、「ガレキの太鼓は、復活します」

って、次の公演が決まっているだけでその後どうなっていくのかも分からないけれど。

分からないとは言いながら、大事な大事なこの場所を大事にしていきたいと思うのです。

作品を作りお客さんに見ていただく喜びを教えてくれた場所。

ガレキの太鼓をやってる間のほとんどを私は悩み続けてしまっているけれど、

つまりガレキの太鼓をやるほどに私は悩みの人になるんだけど、

そんな私自身の写し鏡のようなここを大事にしていきたい。

このメルマガ、きっと80人くらいしか読んでないの。だから、今後ともよろしくお願いします(なんだそれ笑)。

異国の地の道端で、メランコリーにすみません。

やっと、自分の人生を歩み始められた感がすごいんだもの。

舘そらみ


■ 編集後記

昨年とあるカレー屋さんに衝撃を受けまして。

カレーってばこんなにおいしいのかいな!!といたく感激、と同時にこれは自分で作れないものか?と常々思っておりました。

そこで、「カレールーを使わない、スパイスカレー」を作ってみたんだけどこれがねぇ難しい!

レシピを見ずに勘で作ってみたのですが、全然美味しくない。カレー風味の土を食べている感じ。

心のどこかで「たかがカレーじゃないか」と侮っていたところがどこかにあったのでしょうな。

どーにも悔しいのでクックパッドの先人のお知恵を拝借しリベンジ!ふむ!なかなかに!ただ、深みがないんだよなぁ。。。

カレー奥深い。

次回のメルマガでオリジナルのレシピが披露できるようになれたらええなあ。

ではまた!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

--------------------------------------
ガレキの太鼓に関する更に詳しい情報&お問い合わせは
こちらへ↓
【official site】 http://garekinotaiko.com/
【E-mail】 info@garekinotaiko.com
--------------------------------------

※
バックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0001017105/index.html

ついでに読みたい

ガレキ通信

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/04/01
部数 93部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング