宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと

17351 インド・ネパール日記(その14)


カテゴリー: 2017年12月16日
 第3054号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2017年12月16日現在 参加者人数6166人
      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html 


<ルンビニからカトマンズへ>
長袖ワンピースの会をトトロハウスでしました。
青春切符を乗り継いで青森から来てくださった方や、兵庫や名古屋、京都、そして地
元など、本当にあちこちから来ていただきました。雪道の中ですが、心がぽかぽかと
ても楽しいうれしい時間でした。
朝10時から3時過ぎまでの短い時間でしたが、みなさんがんばられて、お二人は完
成、あとのみなさんも、片側を全部できて、あとは同じことをしたらできあがりとい
うところまでみなさんできあがりました。
とても素敵で可愛い暖かいワンピースができました。本当にありがとうございました。
青森から来てくださった方は、直江津の駅で夜を明かされたとうかがって胸がいっぱ
いになりました。そして、お土産をいっぱい持ってきてくださったり、持ってきてく
ださったリンゴもむいてくださったりお世話になりました。親子で参加くださった方
もおられて、お嬢さんの分が先にしあがったのですが、可愛さに歓声が上がっていま
した。またワンピースの会をしたいと思います。

旅日記はカトマンズに入ってきました。
・・・・・・・
私たちはバス二台に分かれて、観光に出かけました。今日はそのあとルンビニ空港か
らカトマンズへ入ることになっています。
二台の乗車のしかたは、1番から10番までとそれ以外。そうすることで人数の確認
ができるからです。
そして、私たちはブッダの母のマーヤの遺跡に向かいました。ホテルから4分ほどの
ところです。
ルンビニはブッダの生まれたところです。ブッダはマーヤが実家に帰って出産しよう
と思ったけれど、でも、途中で産気づき、沐浴をして、そのあと、沙羅樹に手をかけ
たときに、ブッダがマーヤの右の脇腹から生まれて、そして生まれたときにすぐに
立って七歩歩いて、右手で天、左手で地を指差して、天上天下唯我独尊と言ったそう
です。ブッダが歩いた足跡にはハスの花が咲いたそうです。

そのマーヤのお寺に行きました。そこでも、靴を脱いで歩きました。わたしはもう靴
下も用意していなかったし、気に入っていた靴だけどこの旅でもうその靴もぼろぼろ
になってきたので、平気で裸足になりました。みんなも素足になったので、足を比
べっこしました。びっくりしたのが、めぐみちゃんとゆかりちゃんの足がそっくりで
手みたいに動いて、二人で足握手ができたこと。二人は同室なんだけど、お家が偶然
近くて、もっと驚いたのは二人とも偶然に手首につけるビーズがついたウォーマーを
編むために編み針とセットをビーズを通して持ってきていたことでした。そんな偶然
があるでしょうか? 足まで似ていて双子だろかと思うほどでした。

わたしたちはブッダが生まれたあと置かれたという足跡の形をした石を観ました。
建物の中にその遺跡はあって、階段で降りていくと、ガラスのケースに入れられた足
の形の石がありました。わたしはバラさんに案内していただいたイエス様が生まれた
ベツレヘムになんだか似ているなあと思いました。
イエス様とブッダが共通する場所はたくさんあります。たとえばですが、修行の途中
に、イエスはサタンを観てブッダも同じように邪に会います。脳科学的に、修行を続
けると脳幹が活発になって、大脳から脳幹へのラインが太くなろうとします。それは
大きな苦しみがともないます。その途中に、幻聴や幻覚があらわれるということがわ
かっています。そしてしっかり太くなったあとは、もっと簡単に脳幹と繋がれ、宇宙
ともつながれるようになる。それが多分悟りの境地なのだと思います。

その足の形の石は階段の下にあって、見下ろす形になっていました。あっこちゃんは、
そこでガイドさんになって指差しながらどの人にも説明をしていました。バラさんが
下で「かっこちゃん見てごらんよ。あこは、ガイドの顔をしているよ」と言いました。
そのあとバラさんと歩きながらお話ししました。「かっこちゃん、本当にいい映画
だったよ。ギータちゃんと僕は分かりあえるところがあるよ。同じガイドをしている
だろう。イスエラエルでも子供たちがお金を欲しいとやってくる。買ってほしいと
やってくる。そんなときに、思うことは同じだね。そんなことをずっとやっていては
だめだとピシャッと断る。でも、応援をしたいと思ったら、それはすればいい。でも、
そうでないならしっかりと断る。お客さんにもわたしはそう言っていますよ」「それ
にしても、かっこちゃんと小林さんに会っていなかったら、僕は今頃結婚もしていな
いし、そのまま辛い人生を送っていただろうね。出会いはすごいね。ギータちゃんも
また素晴らしい出会いだね」「わたしこそです。バラさんとギータちゃんにお会いし
て、豊かな人生になりました。離れていても別々に生まれていても、会える人には会
えるんですね」

しばらく歩くと、マーヤが沐浴した場所がありました。四角くプールのように縁取ら
れていて、亀が泳いでいました。
大きな沙羅の樹もあって、ギータちゃんが「かっこちゃん、この辺でどうでしょう
か?」と言いました。それはこの辺りで散骨しますか?ということでした。
また小林さんが持ってこられたお線香が配られました。みどりちゃんと小林さんがお
骨を池に少し巻き、小林さんの般若心経に合わせてみんなで声を出して般若心経をあ
げました。旅の最初に配ってくださったわたしが訳した般若心経「宇宙の約束」を取
り出してくださっている方もおられました。

小林さんが「あこちゃま」と言いました。祝詞をあげてほしいということ。あこちゃ
んは「だって、宗教が違うもの」と言いましたが、小林さんの強い希望とバラさんの
後押しがあって、あこちゃんが前に出て祝詞をあげられました。
あこちゃんの凜とした声で急にどっと涙が出ました。何か天と地がつながるような感
じがしたのです。気がつくと多くの方が泣いておられました。ふみちゃんも涙が止ま
らないのです。そして祝詞をあげ終わったとたん、あこちゃんが小林さんの方にバタ
ンと寄りかかりました。座っていたので、倒れたわけじゃないけど、マラソンラン
ナーがゴールで倒れるように、全力で祝詞をあげてくださったからなのか、それとも、
神様とつながった瞬間から解き放たれたからなのかもしれません。
そのとたんでした。鳩が幾羽もパーっと空に飛んで行きました。あこちゃんは後で
「証をください」と神様に祈ったそうです。わたしにできることがあるのか、証をく
ださいと。それがあの鳩だったのじゃないかと思ったそうです。

小林さんが歩きながら「あこちゃんはすごいなあ。普段と急に変わって、神様とつな
がるからなあ」と言われました。
また優しい目をした犬がやってきました。前にあった犬とは違うけど同じような優し
い優しい目をしていました。また犬がついてきてるとどなたかが言ってくださったと
き、みどりちゃんが、「それには訳があるのよね」と言いました。わたしも不二夫さ
んや山岡さんが形をかえて、僕たちはいつもそばにいるんだよとおっしゃっているの
かなあと感じたのです。

そして歩き続けていると今度は囲まれた中に、ビルマ風の金色の玉ねぎのような形を
した仏塔がありました。
靴下を脱いで一周したところで、何かあーというような声が上がりました。振り返っ
てみたら、めぐみちゃんがどなたかと抱き合っておられるのです。その方とは随分ぶ
りで会われたそうです。ご家族でお参りにきておられたのだけど、その方のお母さん
に以前とてもお世話になったそうで、もしちょっとでもお互いに時間がずれていたら、
決して会えないのに、こうして会える、本当に神様は素敵なことをされるのです。

それからバスまではずいぶん距離がありました。少し歩くのが辛くなってこられた方
もおられて、リキシャに乗られました。それくらいずいぶん歩きました。次に行くの
は、日蓮宗の寺院。日本山妙法寺です。世界平和仏舎利塔と言われる真っ白なストゥ
パが遠くからでも見えました。
降りると、先に降りていたゆみちゃんが、日本の女性かなと思われるお嬢さんと写真
をとっていました。その方はゆみちゃんと住んでいるところが同じで、もう5年も、
ボランティアでカトマンズの施設で働いておられるそうです。「今日は一番やんちゃ
ぼうずを連れてきている」そうで、お金がなくなってきたので、もう少ししたら日本
に帰って働いてお金を作って、また戻ってこられるそうです。
マザーハウスで出会った若い女の人もそうでしたが、この方もきっと心を揺さぶられ
るようにしてわきあがるように、そうしたいと思って、ここに来られて自分のできる
ことをされているのだと思います。

不二夫さんが言われたように「天とつながって自分のしたいことをしていたら、それ
がきっと誰かの役に立つ」そんな思いでおられるのでしょうか?
そして、私たちはまた二台のバスに乗り込んで空港に向かいました。あとでわかった
けど、ラジャンさんはこの旅がとても強行軍で心配だったそうです。ルンビニの遠い
お寺に当初行くことになっていました。でもそこに行くと行き帰りで3時間かかって
しまうのです。実際に前日にギータちゃんと一緒に出かけて、難しいと判断して、こ
の日本のお寺に変えてくれたのですが、もうひとつの心配はこの飛行機のことでした。
しょっちゅう欠航があったり、遅延があるそうで、そうなったら、バスでインドの道
よりも遠くて悪い道を行かなくてはならなくなる。それには10時間かかるそうで、
なんとか飛んでくれと祈る思いだったそうです。

ルンビニの空港は小さな空港でした。そこで、ルンビニのドライバーさんとはお別れ、
そして、空港に入りました。飛行機はブッダ航空という名前のものと、イエティ航空
というのがありました。イエティとは、雪男のこと。足跡の印がマークです。
空港で働いている黄色いTシャツを着ている人の後ろに、「絆」という日本語が書か
れてありました。日本の方が送られたものなのかなあと思いました。また他の方で
ちょっと小さいけど、日本のネームが入っている服を着ておられる方もいて、何かう
れしくなりました。
 少し遅れたけれど、飛行機の中に無事に座れました。飛行機の中でアテンダーさん
から水がしたたっているおしぼりがわたされました。あんまいびちゃびちゃだったの
でびっくりしました。それから、白い木綿の綿と飴が配られました。たぶん耳栓なん
だと思います。ちょっと耳につめてみたけど、みんなの声が聞こえないし、とれなく
なってしまいそうなのが怖くて外しました。もう夜になっていて、外は見れなくて残
念でした。

バスに乗ったら、暗いけど街が見えました。みんなが「ごみがないね。きれいだね」
と言い合いました。インドでは道端にゴミがたくさん捨ててあったけれど、こんなに
道にゴミがないのはどうしてでしょう。
すぐにホテルに着きました。ラジャンさんが「みなさんまずお食事をしてください」
と言いました。
そしてホテルの方から配られたおしぼりがまたびちゃびちゃで、ネパールのおしぼり
はびちゃびちゃなんだろうかと、不思議でした。
ここも辛くないようにギータちゃんがお話してくださっていて、カレーもほとんど辛
くなくて、おいしいものばかりです。

そして、鍵が配られました。そのときに、明日の朝、ヒマラヤを見るマウンテンフラ
イトをしたい人の希望をとりました。本当は予定に入っていなかったけど、ラジャン
さんがせっかくネパールに来られて、したい人がいたらした方がいいのじゃないか?
帰ってくるのも、10時前には来れるからということで希望をとったら、5人ほど、
行かない人がいました。私もえみちゃんも小林さんも前回に行ったし、値段も2万6
千円と高いので辞める人もいました。
ドルでも日本円でも、ネパールルピーでもインドルピーでもいいけれど、それでも今
は手持ちがないという人もいました。でもお互いに借りっこをしたら乗れることがわ
かりました。わたしも日本を出るときに5万円を持ってきていたので、一万円ドルに
替えて、一万円インドルピーに替えても残っていて、紀子さんに「わたし、持ってい
ます」とお貸しすることができました。小林さんが、「え!? 姫がそんなにお金を
持ってるの?」とびっくりしていたけど、たまたまそんなときだってあります。

あさちゃんが作ってくださった「かっこちゃんインドネパールの旅」のライングルー
プにたくさんの人が参加しだして、それでみんなが「すごい広いお部屋だよ」「キッ
チンがついてる」「私の部屋はシャワーだけ」「バルコニーがあるよ」とラインが飛
び交って、それではお部屋訪問もしようかという話も持ち上がったけど、疲れている
から明日の夜にしようねということにもなったようでした。
それから、ラジャンさんとわたしと小林さんと野口さんで、マウンテンフライトの集
まったお金を数えました。いろいろな国のお金があって、計算するとピッタリとあっ
たのが、感動的でした。

わたしのお部屋も広かったけれど、湯船はなくてシャワーだけで、シャワーを出すと
熱くなったけど今度は熱くなりすぎて、蛇口をひねるところは熱いお湯がじゃーと出
て難しかったりしながら、日本ではただボタンを押すだけで熱いお湯が出るのも当然
のようになっていて、シャワーも水道も簡単にお湯がでる。それはとても便利だけど、
でも、旅の間、いろんなことをしながら、お風呂に入ったり、工夫をするのも楽しい
です。
ネパールではほとんどのおうちにはバスタブはないそうです。シャワーがある家もあ
るけど、やっぱりトイレの横の水道で頭を洗ったりするという家も多いそうです。
わたしは旅の間、元気だけど風邪がすっきりしないで、声もあんまりよくは出ないの
で、ラインで日本に無料電話をかけると、すごい声で驚かれてしまうけど、とてもと
ても元気です。

山元加津子ホームページ
https://kakkochannopage.wixsite.com/mysite


かつこ

~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~
このメールに返信で感想を送れない場合は、以下のアドレスにお送りください。
hoshinohitotsu@bcb.bai.ne.jp$ (注記:最後の$マークを消して送信下さい)
携帯アドレスからこちらにメールを送る場合は、このアドレスからのメールを受け取
れるように設定をお願いします。
メルマガに載せることに支障があるときには、そのこともお伝えください。

宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/16
部数 6,164部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/16
部数 6,164部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング