三橋貴明の「新」経世済民新聞

発展途上国化する日本


カテゴリー: 2017年07月22日
From 三橋貴明@ブログ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2017/7/22


※配信解除は、最下部でできます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


「新」経世済民新聞
公式サイトはこちら
   ↓↓↓
http://38news.jp/

ーーーーーーーーーーーー


「発展途上国化する日本」
From 三橋貴明@ブログ


一昨日は仙台で講演。昨日も仙台で講演。二日とも日帰り。

というわけで、何となく仙台に「通勤」している気分になって参りました。
新幹線「はやぶさ」に乗れば、東京駅から仙台まで1時間半でございます。
 
ついでに、芝浦から首都高に乗ると、
品川から東京駅まで15分かかりません、実は。

というわけで、日本で、いや恐らく世界で最も
インフラが充実している品川で暮らしているわけですが、
日本全体のインフラはお寒い状況になって参りました。



『財政難で補修見送り…老朽トンネル・橋、進む撤去
http://www.asahi.com/articles/ASK774GNJK77PTIL00Z.html 

老朽化した危険な橋・トンネルの存在が各地で判明し、
撤去などの動きが加速している。

国と自治体への取材では、2014年度に全国で始まった点検で、
今年4月までに340カ所が補修や撤去など緊急措置の必要があると判定され、
うち73カ所が撤去されたか撤去予定だった。

財政難にあえぐ自治体が補修などで
維持することを見送るケースが目立つ。

12年の中央自動車道笹子トンネル(山梨県)事故をきっかけに14年、
都道府県や市町村など管理者に5年に一度の点検が義務づけられた。
結果は四つに区分され、最悪の「IV判定」では、
機能に支障があるなどの理由で緊急措置が必要とされる。

国土交通省が公表した14、15年度分(計20万7774カ所)と、
16年度分の一部(17年4月の集計段階)の点検結果で
IV判定が出た橋・トンネルは340カ所。
朝日新聞社がアンケートなどで国と175自治体に取材した結果、
このうち15橋がすでに撤去され、58橋・トンネルが「撤去(廃止)方針」だった。

アンケートでは、約4割の自治体が今後、
利用頻度の少なさや財源不足などから橋・トンネルを
減らしていく可能性を示唆しており、自治体が、
管理してきたインフラを手放す動きが
本格的に始まったことがうかがえる。(後略)』

               
 
橋梁のメンテナンスには、億円単位の費用が必要になることが多いです。
それに対し、撤去であれば高くても数千万円。

我が国は、すでに先人が苦労して建設したインフラを
「廃棄する」レベルの発展途上国と化しているのです。

しかも、「予算」というおカネが理由で。

経済力とは、おカネの話ではありません。
経済力とは、モノやサービスを生産する力のことです。

モノやサービスを生産するためには、
交通インフラが整備されていなければなりません。
過去の公共投資で建設された交通インフラも、立派な「国富」の一部です。

その国富のメンテナンスを怠り、廃棄する。

まさに、発展途上国化でございます。

わたくしたちは、日常的に使用しているインフラについて、
「いつまでも、あるもの」
と、認識していると思います。
とはいえ、現実にはインフラはメンテナンスを怠ると、
使用不可能になってしまうのです。

そして、メンテナンスを継続するために必要なのは「おカネ」ではありません。
おカネなど、政府や中央銀行が発行すれば、いくらでも準備できます。

おカネがあったとしても、モノやサービスを生産する経済力がなければ、
インフラのメンテナンスすらできなくなり、「撤去」せざるを得なくなるのです。

日本国の場合、未だインフラのメンテナンスを
継続する経済力は維持しています。 

しかも、国債金利が世界最低水準で、デフレ継続。
政府が普通に国債を発行し、あるいは中央銀行が国債を買い取り、
財源を確保し、インフラのメンテナンスをすればいいものを、
「予算」を理由にやらない。

いずれ、我が国は財源が確保できたとしても、
経済力(モノやサービスを生産する力)がないために、
橋梁を撤去せざるを得ない発展途上国に落ちぶれることになります。

発展途上国化が嫌ならば、日本国民は早急に、
「経済において重要なのは、おカネではなく、モノやサービスを生産する力」
「日本には財政問題とやらは存在しない」
 という二つの「良識」を取り戻さなければならないのです。

発展途上国化が嫌ならば。






---発行者より---


【オススメ】

以前、イギリス・ロンドンの移民が
「バッキンガム宮殿をモスクにせよ」「その際、エリザベス女王はムスリムに改宗すればイギリスにいてもいい」
などと発言したことが話題となった。こんな発言も、イギリスのEU離脱(ブレグジット)の一因になったと言われている。

この発言の恐ろしさは、日本にたとえてみるとよくわかる。
「皇居をモスクにせよ」「その際、天皇陛下はムスリムに改宗すれば日本にいてもいい」
などと発言したようなものだ。

これはグローバリズムのなせるわざといえるが、日本も他人事ではない。

今上陛下のご譲位に関する特例法(天皇の退位等に関する皇室典範特例法)の採決にあたって、
「女性宮家の創設など安定的な皇位継承のための諸課題について、
皇族の事情も踏まえて検討を行い、速やかに国会に報告すると」した付帯決議がなされたのだ。

「これはまさに日本の国体を危うくするものだ」と三橋貴明は主張する。
なぜ「女性宮家の創設」が国体を危うくするのか。
グローバリズムがいかにして国体を歪め、破壊していくかといった視点から解説していく。

月刊三橋最新号
「グローバリズムと『国体』~日本崩壊という悪夢」
http://www.38news.jp/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php




※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
⇒http://www.mitsuhashitakaaki.net/

コメントも受付中です!
⇒http://www.mitsuhashitakaaki.net/



--------------------------------------------------------------
●三橋貴明のブログ ⇒ http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/
--------------------------------------------------------------
●有料メルマガ ⇒ http://www.mag2.com/m/P0007991.html
--------------------------------------------------------------
●三橋貴明のtwitter ⇒ http://twitter.com/TK_Mitsuhashi
--------------------------------------------------------------
●三橋貴明のプロフィール ⇒ http://keiseiron-kenkyujo.jp/profile/
--------------------------------------------------------------




◎配信のご登録・変更・解除は以下でできます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0001007984.html

◎発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者情報
--------------------------------------------------------------------
編集人:三橋貴明 http://www.mitsuhashitakaaki.net/
運営・発行:株式会社経営科学出版
住 所:150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-18-4 AHM'S ONE 9F

経営科学出版カスタマーサポートセンター
お問合せ先:http://www.keieikagakupub.com/contact/index.html
電話番号:06-6121-6211 (電話受付時間 平日10:00-17:00)
FAX番号:06-6268-0851
Email:info@mitsuhashitakaaki.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) Takaaki Mitsuhashi All Rights Reserved.

三橋貴明の「新」経世済民新聞

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2017/07/22
部数 30,462部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

三橋貴明の「新」経世済民新聞

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2017/07/22
部数 30,462部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング