知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第376号をお送りします!


----------------------------------

竹村義宏 公式メールマガジン

「新フランチャイズ発想法」第376号

平成29年5月7日(日)配信

----------------------------------



今週もメルマガ開封ありがとうございます!



業界歴25年、40を超えるFCに関わってきた、発行人、竹村義宏が
フランチャイズを上手に利用するための「考え方」「情報」をお送りします。
今年で8年目、ほぼ週1回日曜日に配信しています。



竹村のプロフィールはこのメルマガの最後にあります。



または下記のHPから御覧ください。
【竹村の公式HP】http://www.fc-takemura.com/



では、ここから本編です!



----------------------------------
1>今週の竹村
2>NEWS&お知らせ
3>フランチャイズ酔話~酔いどれだけど深い話
4>このFCニュースにひとこと!
▼マクドナルド創業者描く「ファウンダー」予告編完成
5>Q&Aコーナー
▼アルバイトを巻き込んでの「目標管理」について
6>今週の赤ペンチェック
▼「すごい立地戦略」 榎本篤史 著
7>編集後記<GI NHKマイルC>
----------------------------------



1.【今週の竹村】

今週はGW。仕事としてはこちらはいつもと変わらぬスタンスですが、やはり面談は
いつもの週より少なかったですね。月曜夜は新浦安の駅前ホテルで本の取材の後
「武田塾」に加盟いただき1年半くらい、ほとんど話もメッセージのやりとりもしていない
Mオーナーと一席。正直「武田塾」の中では生徒数順位「下」の方で少々心配してましたが、
現在生徒は15人とのこと。自分で教室責任者として毎日入ってるので、これで十分前やって
いた塾より収入はいい、とのこと。今15人なら秋には30人にはなるでしょうから、
そうなればかなり「残る」はず。やはり15人で売上が100万/月になるという、生徒単価の
高さ、は商売をラクにしますね。「FCは多店舗展開しなきゃ意味がない」が竹村の持論
ではありますが、自分が体をいれて1教室をやればいい、と割り切ればそれはそれで、
悩み少き生き方ですね。病気にならない、事故にあわない、ことだけ注意すれば、今どきの
サラリーマンより安定してます。
いつも次の展開を考えて社員の採用に悩んで、というオーナーと話すことが多いので、
今回聞いた話はわりと新鮮な話も多かったわけです。

さて来週はGW明け、けっこう忙しいですね。まずは月曜日札幌へ!







2.【NEWS&お知らせ】

▼幻冬舎主催 FC5社TOPセミナーの第2回開催が決定!
http://www.gentosha.jp/articles/-/7753

昨年11月に開催して満員御礼、好評だった企画の2回目を開催します。

「mammaciao」「武田塾」「shienグループ」「心身健康倶楽部」「資格スクエア・リアル」
つまり、今竹村が関わっている5社の社長が集まって語るFCセミナー、です。
今回もまたまた、裏話、他では聞けない話をたくさんする予定で計画中。



▼心身健康倶楽部 関西初出店決定! 高槻店が開校します。
https://goo.gl/PcVK5g

FC「0時募集」から初関西進出です。心身健康トレーナー(パーソナルトレーナー)
の養成講座も開催開校が決まりました。



▼mammaciao三原社長のコインランドリー漫画本が発売されます!
https://goo.gl/ZCcuww

5/25日発売予定!。まだ表紙もできてないみたいですが、Amazonで予約できます!



▼G-7HD、コインランドリー事業拡大 20年に関西で50店 
https://goo.gl/BCmRqj

mammaciao加盟店のG-7ホールディングスが、これからもドンドン出店していく、
という記事。日経より。
----------------------------------
昨年8月に京都府亀岡市に開業した1号店が好調のため、年内に10店程度を出す。
2020年までに兵庫県など関西で50店体制を目指す。若者の車離れなどで収益が
伸び悩むオートバックスにも来店を促し、相乗効果を狙う。
----------------------------------

ちなみにG-7HDはオートバックスや業務スーパーを全国で展開する売上1000億の
一部上場企業。



▼mammaciaoがテレビ人気番組に続々登場!

5/5にTBSのあさチャンに出たと思ったら、そして5/11はNHK「所さん!大変ですよ」に
mammaciaoが登場!



▼武田塾「武1 グランプリ」開催決定!
http://www.takeda.tv/take_1/

昨日の武田塾オーナー懇親会で告知された新企画。ノンスタイルのお二人を総合MCに迎え、
エントリーした10組の芸人が「学生」をテーマにしたネタで武-1グランプリ初代王者を
目指し競い合いあう、という企画。
なんか「武田塾」は“よしもとコラボ色”が濃くなってきました!

新しい動画が公開。井上さんの事故ネタも(笑)。

武田塾×ノンスタイル」オリジナル漫才| 授業をしないの意味
https://www.youtube.com/watch?v=FaqElvWPvXk



▼今週のフランチャイズ・チャンネル

今週はこの3本が公開!

コインランドリー市場は現在そんなに魅力的なの!?vol.175
https://www.youtube.com/watch?v=SiWUhqK9n40

価値観が変わる!?コインランドリーは今後定着していく!!vol.176
https://www.youtube.com/watch?v=KAXzwbpjbpE

FC業界は成長しているんですか?vol.177
https://www.youtube.com/watch?v=MV2WBszltO8



mammaciam三原社長にFCチャンネルに再登場頂くことが決まりました!
前回登場頂いたのは1年近く前。そこからさらに続く快進撃!
ブームが大ブームになり世の中に定着していく、そのあたりをご本人から語って
もらいます。



<<フランチャイズチャンネルでとりあげてほしいネタ、質問&相談を募集中です!>>

こんな話を聞きたい!などお寄せください!
info@fc-takemura.com

フランチャイズチャンネルのチャンネル登録はコチラ↓↓↓から。
https://goo.gl/qeJW7U







3.【フランチャイズ酔話~酔いどれだけど深い話】

新コーナーとして「教えて!フランチャイズ~基本だけど深い話」というタイトルで
はじめましたが、どうも面白くない(笑)。生徒と先生、みたいなヤリトリでは、
真面目な話しかできません。

真面目なことは本にでも書きますから、このメルマガではもう少し脱線して過激なことも
言いたいんで、居酒屋での酔話的に変えたいと思います(笑)。



ということで、今回仕切り直して(笑)。
(一応、今回の設定は元ベンチャー・リンク時代の部下が相手の酔話)



---やっぱり竹村さんは酔っ払ってたほうが方がイイですよね(笑)。
ということで、一応、前回直営とFCは全く別物、直営向きの社長と、FC向きの社長が
いる、という話の続きからいきますか。

竹-ベンチャー・リンク(以下VL)時代で言えば典型的なFC向きはガリバーの羽鳥さん。
あの人はユニークを超えた奇人、変人。もちろん最高の営業マンで商売が大好き、
ビジネスセンスも抜群だったけど、あそこまで「ヘン」だと真面目な社員はついて
いけないんだと思う。面白いけど危なっかしくて(笑)。
だから、大儲けしたり大失敗したりしながら、50歳までは地方の中古車屋の親父。
そこから、FCと出会って世界が変わった。

---社員はついてこないけど、FCオーナーはついていく、ということですね。

竹-その典型。オーナー面談に同席すると、本当に相手のココロを掴むのが天才的に
うまくて、あれは才能。最初はクレーム面談でも相手に取り入って、終わるころには、
解決どころか、大ファンにしてしまう、なんてのを何度も見た。

---コツ、極意があるんですかね?

竹-対人感受性(今何を考えているのか分かる)が強くて、それを中古車屋の商売
で磨いた、ということかと。

当時「安い中古車ってのはどこか難点がある、そこに引っかかってお客様は即決
しない、でもそこに即決させるポイントがある」と教えてもらったね。

---どういうことですか?

竹-当時はまだパワーウインドウがついてない車とか結構あって、そこがハードル
だと、「小さいお子さんがいる場合はPWは無い方がいいんです!」みたいな、
ハードル別切り返しトーク集があった(笑)。
結局、中古は中古だけど考え方を変えれば新車よりイイ、少なくとも得、みたいな
トークを年がら年中考えているわけだから、トークが冴えていく(笑)。

「すべての中古車が世の中にひとつしか無い掘り出しモン!」だからね。

この「中古の売り方」というのは羽鳥さんに教えてもらった。

そして、今でも例えばフランチャイズの既存店舗のオーナーチェンジ(今やっている
オーナーから買って別のオーナーに売る)なんてときに、この羽鳥さんに教わった
「中古車の売り方」は活きている。
「どんなポンコツでも買う人はいるの」なんてね(笑)。

---なるほど、羽鳥さんの話はつきませんね(笑)。
話を戻して、牛角の西山社長はどうでした?

竹-西山さんは羽鳥さんとの比較で言えば、天才型ではなく努力型。ただ、エネルギー、
モチベーションが常人とは段違いにあって、高い目標に向かって継続的に努力できる
スゴい人。

羽鳥さんに比べれば「優秀的真面目さ勤勉さ」があるので、西山さんはFCに出会わなくても、
直営でもそこそこ会社を大きくできた人、だと思う。

---FC本部社長もできるし直営社長でも大きくできる、ということですか?

竹-でも、どちらか、といえば西山さんは「直営向き」。とくに今の時代は。

---今の時代は?とは?

竹-西山さんはリーダーシップの人。高いモチベーションでどんどん動いて勉強して、
そこから出てくる先見性みたいなもので、多くの人をグイグイ引っ張っていく。
15年前はそういうグイグイ型のリーダーシップができる人=カリスマ社長、という
イメージがあった。

今はそこが違う。

「俺についてこい」的な父権的なリーダーシップが流行らない、とりにくい時代に
なった。

とくに成功するFC本部社長でそのタイプが減った。

---それはなぜですか?

竹-この人についていけば安心、大丈夫という感覚が持ちづらくなったから。
これはもう、時代感覚。

カリスマの時代じゃない。

そういう意味では、僕がVLの前に在籍した東進ハイスクール、ナガセの永瀬社長は、
典型的なリーダーシップ型のカリスマ経営者。

あと5年もすれば70歳、どこまであのやり方でイケるか、は疑問(笑)。

---なんでカリスマ型、は時代と合わないんですか?もうちょっと詳しく。

竹-旧来的カリスマ型、というのは他の人が見えてない時代の先をよんで、リスクを
とってチャレンジをしていく、それで勝つのがカリスマ。

でも今はネット時代でみな先見性をもちやすくなり、ある分野に絞れば学生でも、
先の先がよめてしまう。

そして変化があまりにも早くて、大きなリスクをとったチャレンジに勝っても、
大きなリターンが得られる時間が短い。ブームがしぼんだり、マネが出たり。

ナガセも東進衛星予備校というFC、映像授業の先見性で20年成長できたけど、
それが5年、とかになるイメージ。

そんな中でリスクをとって何度も勝ち続ける、というのはかなり無理がある、
ということ。

だから、リーダーシップ型のカリスマ社長、というのは損、と思うね。
少なくともFC本部社長としては。

---なるほど。もうちょっと飲ませればもっといい話、でます?

竹-そうだねぇ。せっかくの酔話、だからVL時代のダメFC社長列伝、しようよ。
ダメから学ぶ、失敗から学ぶのもいいからね(笑)。

<次回につづく>









4>このFCニュースにひとこと!

今週はこのニュースについて。

----------------------------------
▼契約は壊すためにある!? マクドナルド創業者描く「ファウンダー」予告編完成
----------------------------------
http://eiga.com/news/20170501/3/



日本では7月29日公開が決まりましたね。

ナント、竹村の51歳の誕生日、じゃないですか(笑)。運命を感じますね。

ちなみにこの物語は主人公、マイケル・キートン演じるレイ・クロックが52歳で
「マクドナルド」という繁盛店と出会う、というところから始まります。

52歳から81歳で亡くなるまでに5億ドルの資産をつくるんですから、人生これから(笑)、
ですね。



「契約は壊すためにある」というフレーズは「マクドナルド」という繁盛店を作った
マクドナルド兄弟に対してレイが発するもの。



マクドナルドを作った兄弟と、それを支配した男の話であり、
新しい挑戦せず「守り」の姿勢の兄弟と、常に野望をもって挑戦しつづける男の話であり、
フランチャイズを知らなかった兄弟と、フランチャイズを知っていた男、

の話、です。


	
『ファウンダー』予告編
http://thefounder.jp/

0:35秒から連呼される、

franchise! franchise!! franchise!!!

というところが最高!







5.【Q&Aコーナー】

このメルマガによせられたり、面談などで直接出た相談・質問の中から読者の皆様に
シェアして役立つというものを選び、質問に回答していきます。

時には「人生相談風」に、時には「知恵袋」風に。

このコーナーへのご質問・相談は随時受け付けます。
info@fc-takemura.com



あるいは、下記ホームページのコンタクト欄よりおよせください。
www.fc-takemura.com



それでは今週の相談、です。

アルバイトを巻き込んでの「目標管理」について
----------------------------------
Q.居酒屋系のFCに加盟しています。自分が店長として週6日店に入っていることも
あり、開店半年ですが売上はFCの中でも良い方だと思います。
次の店舗の資金も考えつつ、売上を更に伸ばしていきたいと考えていますが、
本部のSVに相談しても、オペレーションは合格点なので目標設定の話しかされません。
高い目標をもって販促に力をいれましょう、という話です。
「目標を高くもてば、売上が伸びますよ」と言われますが、そう単純な話でもない、
と思ってます。

ただ、アルバイトスタッフを巻き込んで「目標」を掲げて店を盛り上げるには、
どういう考え方が良いでしょうか。

(東京都 Oさん)
----------------------------------

A.「目標設定」というのはなかなか難しいですね。理屈的には少し高めの設定をして、
それを目指して頑張り、仮に到達しなくても予算はクリアされている、程度に考えて
予算の10%UPとか、15%UPとかにしている店が多いでしょう。
ただ、そんな調子でやっていれば、当たり前ですが「目標不感症」になっていきます。

そこで「目標設定、管理」のひとつの手法を紹介しておきます。
それは「目標前倒し設定法」と呼ばれるものです。

まず、この設定法の最大のポイントは、 「高めの」目標を設定するのではなく、
「早く」目標を達成することにチャレンジする、ことです。そして、「毎日の勝負」に
スタッフ気持ちをもっていくことです。

では具体的に。 例えば前年売上が600万の飲食店の場合、10%UPの660万をチャレンジ
目標に設定して、毎日の目標が@22万 というような設定です。 
これはあまり良くありません。
良くない理由は「10%」に何の根拠も無いからです。 前半少し数字が悪ければ、すぐに、
「そもそも周りの店も前年割れの店が多いのに」 というようなムードがスタッフに出て
きます。

 そこで、根拠の無い「10%UP」ではなく、 「600万を25日で達成しよう!」という
 チャレンジをしよう!と考えるのです。

 600万÷25日ですから、1日あたりの売上目標は24万円です。この数字を1週間7日間で、
 必ず「勝ち越していこう!」という目標設定するのです。

 この、 毎日が勝負 最終週まで毎日勝負 というチャレンジを持続させることが重要なの
 です。 そして、「毎週の勝ち越し」が目標ですから、普通の飲食店なら週末の数字は
 高いので、 金・土は必ず勝てる なら、 残り5曜日のうちどこかで2勝をすればよい、
 となれば「勝てる」気がします。

 そして、たとえ最初のうちはなかなか苦戦しても、 「今、店は1ヶ月の売上を25日で
 ヤリきる、というチャレンジをしている」 ということを店長が言い続ければ、
 必ず「勝つ日」が増えてきます。

 月曜に勝てれば、「これは今週は勝てる!」 月曜、火曜連勝でもすれば(週末の金土が
 ありますから)、今週勝ったも同然なわけです。 そんな雰囲気で盛り上がる中で、
 ほぼ毎週の「勝ち越し」は当たり前になってくる。

 それはつまり、 1ヶ月の売上を25日で達成する店 ということになります。 
 そして次月は「1ヶ月の売上を20日で達成する店」へのチャレンジです。

どうでしょう。こんな感じです。  この「目標前倒し設定法」は飲食業など「毎日売上を
上げる」ビジネスには特に有効です。
ひとり仕事で売上を上げる無店舗FCなどにも使えると思います。無店舗FCなら、本当に
月の目標を20日でやってしまえば、もっと稼ぐor10日休む、どちらでも選択できます(笑)。

 






6.【今週の赤ペンチェック】

このコーナーは竹村が、日々読んだ本や聞いた話等の「日々情報」から刺激を受けて、
考えたことなどを綴っていきます。
竹村の健忘録的なところもありますが、参考になればと思い公開します。
フランチャイズとは直接関係ないものも多いですが、ご了承下さい。

今週はこのフレーズ。

----------------------------------
新業態がひっきりなしに誕生する飲食業界には、立地戦略の本筋が見える

「すごい立地戦略」 榎本篤史 著
----------------------------------

榎本篤史この方は知りませんでした。

出店戦略のコンサル会社の社長、という方ですが、これまでの具体的な経歴がやや不明(笑)。

サイト:出店ノウハウ研究所
http://dicknowhow.com/



ただ、内容的には良書でした。



Amazonで「店舗開発やリーシング、PM系のビジネスに携わる人やその近辺の業界の人であれば、
ほぼ日々の業務上の常識」みたいなレビューもありますが、逆に言えば、知らない人にしたら、
この「常識」は面白い。目からうろこ、という話も多いはず。

売上を支える要因は、立地要因と商圏要因に分けられ、

立地要因には
立地因子の
 1) 顧客誘導施設
 2) 認知性
 3) 導線
 構造因子の
 4) 建物構造
 5) アプローチ
 
 がある。そして
 
商圏要因には
商圏因子の
 6)マーケット規模
 7)商圏の質
 8)ポイント規模
競合因子
 9)自社競合
 10)他社競合

 がある。
 
 
 
この本ではこの1)〜10)について、体系的に事例を示しながら書かれています。



街で目にするチェーン店が、こういう考えで、こういう作戦でここに出しているのか、
新しくできた店を見て、これはどういう戦略か、それが当たるかどうか、と考えると、
かなり面白い。

ビジネスブックマラソンの土井英司氏が、「ビジネスパーソンの教養としても、ぜひ」
とこの本を紹介してましたが、そのとおり!。

こういう「教養」をもつと、街を、店をみるのが楽しくなりますね。



なぜ「立地戦略」が面白いのか?



一言で言えば、

あまりに重要で、小売業や飲食店なら

そこに商売の成否がかかっている

と言っても過言ではない、からですね。



幹線道路沿いなら、コンビニひとつに5000万かかり、コメダ珈琲に1億かかる。

それで「立地に失敗」したら、莫大な損出になる。

なので、それだ大事な「立地戦略」には過去の成功、失敗からのノウハウが集積されない
わけがない、のです。



例えば、本の帯でも紹介されているこの事例。

----------------------------------
交差点に信号がある場合、信号の手前よりも、信号の先にお店があったほうがいいと
されています。なぜか。手前でも奥でも車での入りやすさ・入りにくさは変わらないと
思われるかもしれませんが、出るときを想像してみてください。
お店の駐車場から道路に出るときは、信号の奥のほうが出やすいですね
----------------------------------

これだけでコンビニの日販は大きく変わってくる、のです。



このような、小さなことで大きく変わってくる要素が立地ノウハウには多いのです。

ただ、それを無視まではぜずとも、そこまでこだわらないチェーンもあります。



そのサイゼリアが例としてあがってます。

----------------------------------
サイゼリアの立地戦略は異端といっていいものです。なんと、2階や地下1階が多い。
普通は敬遠する地上2階以上のフロアや地下に、明らかに臆することなく出店しています。
----------------------------------

他に、FCでは「鳥貴族」などが、この路線ですね。



要は、1等地の極上物件ではなく1.5等地、2等地の家賃の安い物件を選ぶ、という
これまたひとつの立地戦略です。

ただ、これができるのは業態の“引き”が強いから、です。

ガストじゃなくてサイゼリアがいい、ワタミじゃなくて鳥貴族がいい、というふうに、
「目的」的に来店してくれるからこの作戦がとれます。

それだけ「業態が強い」のです。



FC店で考える場合はこの

 エリア・立地と業態の強さ

の関係は非常に重要です。



極論をすれば、多少交通量、乗降客数が少ない駅の少し不便な場所でも流行るほど
魅力的な店(業態が強い)ならば、FCとしては大成功します。

「牛角」というFCは多少駅から離れてもお客を呼べたので、大成功したのです。



なので、大成功するFCをつくるには良い立地ふだから繁盛する店ではなく、「強い業態」
をつくらなければダメ、ということになります。



とにかく、飲食店において立地は大事。

この本でも、

----------------------------------
新業態がひっきりなしに誕生する飲食業界には、立地戦略の本筋が見える
----------------------------------

と言い切っています。



あと、出店データの見方、でもこんな話もなかなか興味深い。



飲食チェーンで人気がない「足立区」。年収が少なく単価が上がらない、という
イメージ、があるのでしょう。少なくとも高価格帯の店は足立区はない、というのが
定説、でしょう。

ただ、この本によれば仮に高い客単価設定の店でも、足立区はアリ、なのです。

----------------------------------
平均年収だけで判断したら足立区に出店は考えないかもしれません。ですが平均年収
300万円台の区は、23区のうちおよそ半分の12区にのぼります。
けして足立区だけが低いわけではないのです。
<中略>
基本的には目先の平均年収だけにとらわれて港区に出店するよりも、人口の多い足立区
に出店したほうが儲かる可能性が高い。
----------------------------------

港区の人口は24万人で、23区で17番目、に対して足立区は23区中5位の68万人。
ここから、

重要なのはイメージではなく、「母数」だ、という話。



ちばみに、これはベンチャー・リンク時代に店を出していた竹村の感覚、ですが、
「足立区」は意外と売上が高くなる店は多かったのです。

データで見れば所得は低いのかもしれませんが、外食で大事なのは「今日は外で食べよう!」
という、いわば財布のゆるさ。

ポケットに5000円しか入ってなくても「牛角」に行きたい!なんてカップルが、ある意味
大事な、メインターゲットのお客さんなのです。



最後に、これは知らなかった話。日経のデータらしいですが。

----------------------------------
行きつけの店に「行き続ける理由は?」という質問に対する答えで最も多かったのが、
「立地が便利」です。
その次が「店員の対応がいい」「雰囲気が気に入っている」といった回答がありました
が、1位は「立地が便利」だったのです。
----------------------------------

これには実はその前のアンケートがあって、

「行きつけの店があるか?」に対して7割が「ある」と答えるものの、その7割に、
「行きつけの店で何か得したことはあるか?」の質問には、これまた7割が、
「ない」と答えている、と。

つまり、「行きつけの店」にそこまで、求めていない、わけです。



なのになぜ「行きつけ」=頻繁に通う店があるのか?

という答えが、



 立地が便利



ということになるわけです。







7.【編集後記<GI NHKマイルC予想>】

世の中のゴールデンウィーク最終日はやや小ぶりなGIで締めくくり。
ただこのGIは荒れるというかトンデモナイ穴馬の激走もあるので、穴党向き、
と言われるが、それを反映したオッズでこれはいかにもワレ過ぎ。
大穴党の御仁は穴馬からの夢を手中にしても意外に配当が萎みそう。

◎はまっすぐ走らない5 プラチナヴォイスの左回りでの激走、に期待。

この曲馬ここまでずっと乗ってきた和田騎手がなぜか新潟へ。馬主・厩舎サイドからの
御せる騎手への変更かと思いきやこれまたなぜかの石川裕紀人。
思惑よんでその裏よんで、のこのご時世にこの「なぜか」に期待したい。
これまで1800以上しか使ってないが、皐月賞の行き足みればマイルのペースについて
イケず後方、はないはず。
現在10番人気も単勝は20倍をきる程度なので、ここから。

◯は人気馬から16 アエロリット。桜花賞のレースをみれば1番人気の4よりは力が
上そう。▲は明らかに最初からこの小ぶりなGI狙い見える3 アウトライアーズ。



あとは何がきてもオカシクないこのレースなのでバク穴は3頭。

NZTは明らかに下手に乗った 9 タイセイスターリー
中谷騎手の無念を乗せてドンケツ強襲の 17 ナイトバナレット。
そして戦ってきた相手とGIの池添、で18ガンサリュート。



さすがにわれている、と言ってもこのあたりがくれば、帯も見えてくる。



今週はこんなところで。







最後までお読頂き、感謝いたします。



ご意見、ご要望は

ytakemu0729@gmail.com

まで、お気軽に。




竹村義宏 公式メールマガジン

【発行責任者】 竹村義宏
【公式HP】http://www.fc-takemura.com
【メインBlog】http:/http://ytakemura.hatenablog.com/
【Facebook】 http://www.facebook.com/yoshihiro.takemura





-------------------------------------



◆発行者:竹村 義宏の簡単なプロフィール



-------------------------------------



▼千葉県浦安市マリーナイースト在住の50歳、



妻と子ども3人の5人家族です。



▼平成元年、早稲田大学卒業後、



株式会社ナガセ(東進ハイスクール)に9年間勤務。



主に「東進衛星予備校」のフランチャイズ事業に携わる。



▼最初はなかなか加盟校の生徒が集まらず、



苦労するも、あるビジネス上のアイデアをきっかけに



全国で生徒が集まり出す。



▼オセロで黒が一気に白に変わっていくような快感を



ビジネスで体験しました。



▼これでフランチャイズの面白さに取り付かれ、



より幅広いフランチャイズの仕事がしたくなり、



フランチャイズ事業支援のコンサルティング会社



株式会社ベンチャー・リンクに転職。



▼ここで10年。



直接携わったFC本部は7つ、



フランチャイズは20以上になります。



▼ここでは、数多くの成功もしましたし、



失敗もかなりありました。



上場した本部も数多くあれば、



残念ながら短期で本部自体消えてなくなった



フランチャイズもあります…



▼2001年1月1日、21世紀の初日の出を、



ハワイへ向かう豪華客船「飛鳥」から



FC事業で大成功した社長の方々



と見たのは、古き良き(?)思い出です。



▼その後、



株式会社トータルサービス



(カーリペアを中心とするフランチャイズ本部)に移り、



「個人起業のフランチャイズ」について、



様々な勉強をさせていただきました。



▼2012年以降



「フランチャイズ起業」で成功確率を上げる、



をテーマにいくつかのプロジェクトで



フリーエージェントとして動いています。



このメルマガで興味をもっていただけましたら、



下記までお気軽に連絡ください。



▼仕事に関する問い合わせ等は



ytakemu0729@gmail.com



までお願いします。


-- 
***********
■竹村義宏事務所 公式サイト 
http://www.fc-takemura.com
■メインブログ 「竹村義宏のフランチャイズBlog」
http://ytakemura.hatenablog.com/
***********
■竹村義宏 facebook
http://www.facebook.com/yoshihiro.takemura
■メールアドレス
ytakemu0729@gmail.com
■<iPhone>
080-3933-9002
**********

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/17
部数 244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/17
部数 244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7300人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング