知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第372号をお送りします!


----------------------------------
竹村義宏 公式メールマガジン

「新フランチャイズ発想法」第372号

平成29年4月9日(日)配信
----------------------------------



今週もメルマガ開封ありがとうございます!

業界歴25年、40を超えるFCに関わってきた、発行人、竹村義宏が

フランチャイズを上手に利用するための「考え方」「情報」をお送りします。

今年で8年目、ほぼ週1回日曜日に配信しています。



竹村のプロフィールはこのメルマガの最後にあります。

または下記のHPから御覧ください。

【竹村の公式HP】http://www.fc-takemura.com/



では、ここから本編です!



----------------------------------

1>竹村の一週間
2>NEWS&お知らせ
3><新コーナー予告>「フランチャイズの◯と×」
4>Q&Aコーナー
▼起業して成功できる確率はどれくらいですか?
5>今週の赤ペンチェック
▼「サイコパス」中野信子 著
6>編集後記<GI桜花賞杯予想>

----------------------------------

1.【竹村の一週間】

今週は出張はなくずっと東京でした。子どもたちは春休みの時期ですが、上と下は部活で
毎日忙しい感じ、この4月から中学生の中、は家にいて、ついに手にしたiPhone7でスマホの
世界に浸り中。子どもにスマホを与える時の注意、とかあるようですが、あまり気にしません。
まずは浸ることが大事で、危険やリスクについては使いながら感じさせるべきでは?と考えます。
最初からこれは絶対ダメ、とされるのは自分が子どもだったら絶対嫌、ですからね。
バーチャルとリアルの境界線については早めに感覚をみにつけて欲しいところ。その感覚は
明らかに古い世代を超えていくわけですから。
月曜日は武田塾の加盟校の採用を手伝ってもらっているアドバンテージ社のK社長と歌舞伎町。
今回とある地方校舎の採用でかなり骨折ってもらったんで、3軒回るフルコースで(笑)。
火曜日はとある会社の研修準備、いや〜ほんとMacのKeynoteって素晴らしいっ。
竹村の周りの社長たちで盛り上がるネタにノートパソコンのL派(レッツノート)かM派
(マック)というのがありますが、Lがどうこうというより、WindowsというOSがいけません
(笑)。確かにLは頑丈さ堅牢さでは軍を抜いて良くて値段の価値はありますが、そんな
頑丈な機械にWが入ってる、ということが問題、です。
水曜日は二冊目の本の構想のMTGをライターさんと。来週早速インタビューです。
木曜日はジムからのMTG、そして夜は武田塾の加盟契約数NO1企業のCAI社のK社長と、
歌舞伎町。久しぶりに台湾料理青葉。腸詰めがウマイなぁなんて何皿も頼みながら、
割りと濃い話。濃いというのは目先だけじゃなくて、先みて色々仮説立てて考えなきゃ、
という話。金曜日は新規FC案件相談、から武田塾物件、そして夜は久々に資格スクエア
鬼頭社長。土曜日は就労移行事業を北本で、コインランドリーを上尾でとりくんでいる
N社長とこれまた久しぶり。コインランドリーは初めて3年になりますが、これまで前年同月
割れしたのは特殊な天候だったひと月のみ、とのこと。日銭商売でこれは凄いと思います、ね。







2.【NEWS&お知らせ】


▼今週のフランチャイズ・チャンネル

先週日曜日からの公開分です。

介護(福祉)関係のFCについて林さんが語る!!|vol.163
https://www.youtube.com/watch?v=E3yWO0TFXjo

ダメFCに加盟しちゃったけどどうしたらいい??vol.164
https://www.youtube.com/watch?v=dyUK6eV53LI

ダメFCに加盟して繁盛店をつくった男!!vol.165
https://www.youtube.com/watch?v=yN4msAAIBRA



ダメFC、へなちょこFC、ブラックFC(笑)について、話してます。



<<フランチャイズチャンネルでとりあげてほしいネタ、質問&相談を募集中です!>>

こんな話を聞きたい!などお寄せください!
info@fc-takemura.com

フランチャイズチャンネルのチャンネル登録はコチラ↓↓↓から。
https://goo.gl/qeJW7U






3.【 <新コーナー>フランチャイズ◯と×】



「新コーナー」については色々候補がありましたが、ひとまず

「フランチャイズの◯と×」

というタイトルで連載をまず開始したいと思います。



趣旨としては、

世の中のフランチャイズに対する誤解を解いていきたい

ということですね。



◯と×というのは、正と偽、つまり正しい考え方と間違った考え方、ということです。

で、フランチャイズが「誤解されいる」というのは、

「間違った考え方」を信じている人がたくさんいる

ということです。



それは、「間違った考え方」は大きく分けて2つのくくりがあります。

ひとつは、

1)FCの本質を理解していないマチガイ
2)昔は正しかったが時代が変わってマチガイになった考え方

の2つです。



あえてもうひとつ加えれば、

3)FCを甘く考えている連中が流しているマチガイ

でしょうか。



1と2をしっかり理解すれば、3は自ずからわかるようになるのですが、現実的に
3をそのまま信じている人も多いので「間違いだらけのFC選び」がアチコチで起こって
いるわけです。

このメルマガでは、このところ「FCを見分ける目」をもつことの大切さを説いていますが、
良いFCを見分ける目をもつことこそ、FCの本質を理解することであり、加盟後も成功体質
になります。

成功体質=成功できる考え方&行動習慣



その「成功体質」を手に入れるために、

なぜその考えでは×で、
どう考えなければならないのか◯

をこのコーナーで整理していきたいと思います。



次週からご期待下さい!







4.【Q&Aコーナー】

このメルマガによせられたり、面談などで直接出た相談・質問の中から読者の皆様に
シェアして役立つというものを選び、質問に回答していきます。

時には「人生相談風」に、時には「知恵袋」風に。

このコーナーへのご質問・相談は随時受け付けます。

info@fc-takemura.com

あるいは、下記ホームページのコンタクト欄よりおよせください。

www.fc-takemura.com

それでは今週の質問、です。



起業して成功できる確率はどれくらいですか?
----------------------------------
Q.起業して5年での廃業率が85%と聞きました。
それがフランチャイズ加盟だとその程度まで上がるのでしょか?

北海道 Iさん
----------------------------------

A.「5年での廃業率が85%」これはよく言われるデータです。もともとは税務署が出した
データから算出された数字である、ということでかなり信憑性のあるもの、として
あちことで使われています。もう少し詳しく記しておくと、

設立された事業所が「生存」している率
1年:40%
5年:15%
10年:6%
20年:0.3%
30年:0.02%

です。これは確かにビックリする数字です。

ただこの統計数字はウソ、ですね。

正確に言えばこの「生存」の%を100から引いて、その%を「廃業」=事業を失敗して
会社をたたむ率、とするのは間違い、ということです。
自分も含め、周りで沢山の起業する方々を見てきましたが、独立に失敗して退場する、
例えばサラリーマンに戻る、田舎に引っ込むなんて人は、数えるほど、なわけです。
もちろん皆が最初から思ってたとおりに成功していくわけではありませんが、それなりに
もがきながらも、オーナーとして奮闘しています。

感覚ですが、本当に辞めてしまう、のは5年で15%くらい、ちょうど上のデータの生存率と
廃業率が逆、ということになります。竹村の周りの社長たち、起業者たちという感覚なので、
多少高いかもしれませんが、少なくとも起業した人の6割が1年で退場する、というのは
FCでいえば、かなりのダメFCでしょう。

では、なんでこんなおかしなデータが出回るのでしょう?その理由のひとつは1人でいくつかの
事業をやるケースが多いから、だと思います。会社を5つもってるよ、なんて社長は沢山いる
わけで。そのうちいくつかは休眠させてる、とか、今度この二つを統合する、とか、
逆に助成金の関係で1社新規に立ち上げる、とかそういう形で会社は増えてきます。
そんな形で会社をいくつももっている社長は上のデータの「生存率」でどうカウント
されているのか?ということです。会社でなくても個人事業主でも、始めた事業の
「廃業届」を1年以内に6割の人が出している、なんてことは考えられません。
また、事業がうまくいって売上が伸び、個人事業主から法人成りした場合は個人事業主
としての廃業届は出すでしょうからこれはカウントされる。これは成功して廃業した
わけですから、起業の成功・失敗を「事業所の生存率」のデータで考えるのは、
おかしいと思います。
会社もどんどん作りやすくなり、個人事業主なら屋号を登録するだけ、ですからアチコチ
簡単にで生まれ、いろんな理由で消えていきます。つくりやすくやめやすい、のです。
それを反映した数字が上のデータであり、それが間違った解釈、で使われているのです。
少なくとも、1年で40%、5年で15%、10年で6%というのは、起業した人の6割が1年で
撤退する、とか起業後10年生き残るのは100人に6人、という「人換算」の話ではない、
のです。
ということですが、このデータについて加えて言っていきたいことがひとつあります。
それは、FC本部がとくに加盟開発のプレゼン、トークでこの数字データを使って、
自FCの加盟へ誘導する、ことです。「悪用」している、とまでは言いませんが、
このデータを持ち出して、「起業した半分以上の人は1年で撤退してますが、ウチは
8割の方が継続してますよ」とか「起業して5年続く方は15%ですがウチでは半分の方は
続いてます」なんて、起業は難しい、でもウチに入れば確率が大幅に上がる、という
説明をするわけですね。それがホントならいいと思いますが、1年で2割も辞めて、
5年たって半分しか続かないのは、少なくとも優良FCではないでしょう。
そんなところがこの「事業所の生存率データ」を巧みに使って、加盟させるわけです。
これは「活」と言いたいですね。
>>フランチャイズ加盟だとその程度まで上がるのでしょか?
というご質問ですが、これは個人起業で始めるよりはFC加盟で始めたほうが、撤退率
が低いのは間違いありません。ただし、ダメFC除く、という条件ですが。
何%くらいですか?というQに答えるのは難しく、これは8割成功します、というFCだって、
5人に1人は失敗するわけで、貴方がその1人になる可能性もあります。
自分が成功できるか?を周りの確率で判断しようとすること自体危険な兆候であり、
自ら「FCを見分ける目」をしっかりもつよう意識して下さい。







5.【今週の赤ペンチェック】

このコーナーは竹村が、日々読んだ本や聞いた話等の「日々情報」から刺激を受けて、
考えたことなどを綴っていきます。

竹村の健忘録的なところもありますが、参考になればと思い公開します。

フランチャイズとは直接関係ないものも多いですが、ご了承下さい。



今週はこのフレーズ。

----------------------------------
犯罪を犯して刑罰を受ける「負け組サイコパス」と
社会的成功を収めている「勝ち組サイコパス」がいる

「サイコパス」中野信子 著
----------------------------------

昨年末に出て話題になっている本。



中野信子さんは脳科学者で、マスコミにかなり露出しています。

数年前に出た「努力不要論」は読みましたが、単なる「無駄な努力」不要論という
ありきたり感が強く、あまり「脳科学」の話では無かったような(笑)。

で、今回の「サイコパス」もかなり売れてるようなので気にはなっているものの
そのままでしたがNews Pickのインタビューを読んで、今回はかなり「脳」からの話
っぽいということでkindle読み。



なかなかの内容、確かにAmazonレビューで指摘されている、

強引なレッテル貼り

的なところはありますが、「サイコパスかも」という起点から世の中を改めて見てみる
のは、さまざまなプラスがありそう。



そもそも「サイコパス」なんて、犯罪心理学の中で出てくる言葉で、イッちゃってる
コワイやつ、くらいにしか思ってない人が多かったはず。

ただ、Wikipediaでみれば、確かに、精神病として「反社会性パーソナリティ障害」
と分類されてはいるものの、確率的に100人に1人存在し、それも(事件など起こして
捕まるようなことがなければ)普通に社会の中で生活している、と。

・良心が異常に欠如している
・他者に冷淡で共感しない
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が皆無
・自尊心が過大で自己中心的

まぁ、確かに上の表現を100%とすれば、70%程度の人物は思い浮かびます(笑)。
そりゃそうですよね。100人に1人、ですから。



この本が売れている要因は、やはり、

----------------------------------
犯罪を犯して刑罰を受ける「負け組サイコパス」と
社会的成功を収めている「勝ち組サイコパス」がいる
----------------------------------

ということを書いたことでしょう。

----------------------------------
しかも、サイコパスとは必ずしも冷酷で残虐な犯罪者ばかりではないのです。
大企業のCEO、政治家、弁護士、外科医など、大胆な決断をしなければならない
職業の人にサイコパシー傾向の高い人が多いという研究結果もあります。
----------------------------------

平均すれば100人に1人くらいの割合で存在するサイコパスが、企業のCEOに限ると
5人に1人くらいはサイコパスの傾向が高い、というオーストラリアの研究結果もある
ようで…



本書によれば、織田信長、毛沢東、ピョートル大帝、あとマザーテレサもサイコパス
疑惑。

妹の旦那を殺してその頭蓋骨で盃あげちゃう織田信長は、そりゃサイコパス!、と
うなずけますが、なんとマザーテレサまで。



しかしこの本によれば、マザーテレサは多くの貧しい人々を救ったというイメージ
が強いが、実際には側近どころか援助した子どもに対しても、とても冷淡だった、と。

そういういういわばダブルスタンダード、が普通の人にはできない、という意味は
しっくりきます。



「共感性の欠落し、損得勘定つまり合理性に基づいて行動することが特徴」
というのが少しイメージできない場合はこのエピソードが。

----------------------------------
「村に敵が入ってきて、見つからないようにみんなで隠れている。だけど赤ん坊が
泣きだしている。あなたならどうする?」という質問に、普通だったら「なんとか
泣かないように工夫する」と答えますが、サイコパスだと即決で「絞め殺す」という
判断ができる。
----------------------------------

確かにこの状況において「泣かないように工夫する」では、結局泣き止まず失敗、
→皆殺し、というリスクがあり、絞め殺せば、ない。

これを「合理的」というわけです。



ここを読むと、流石に…と思う人が多いと思いますが、かなりページを割いて書かれている
スティーブ・ジョブズについての解説を読むと、確かに…



そこから「サイコパス」は社会に必要とされている、という話につながっていきいます。

----------------------------------
リスクに直面しても恐怖を感じない人間、共感性の低い人間、平気でうそをつける
人間は様々な状況の中で必要とされます。
----------------------------------

サイコパスにも進化生物学的な意義がある、ということが書かれており、それは、



サイコパスのもつ反社会性をいい方向に使う



こと。「イノベーションを起こす」ような人物は、サイコパシーが高い、というのは
ナルホド、ということになります。



「周りの人たち」との人間関係や「その他大勢」との共感性から自由、でないと、
トンデモナイことはできません。



と、ここまでくると、竹村が常に日頃言っている、



----------------------------------
FC本部の社長は奇人・変人くらいでちょうどいい!
----------------------------------



という話につながってきますね。

過去から今までのFC本部社長たちを指を折りながら数えてみると…(笑)。



そういうことになりますよね、これは(笑)。



そしてフランチャイジーの社長としてはサイコパシーが高いと、成功は難しい、でしょう。

「みんなと一緒に成功する」とうのはベースが「共感力」ですから。



とはいえ、個人的には「サイコパス」をそこまでレッテルを貼ることもない、と思いますね。
これは「単なるいい人」よりも「変わり者」といるほうが楽しい、という個人的な感覚から
くるものかもしれませんが。

もちろん、ちょっと変わり者、から、超越した人までランクはありますがね。



こんな記述もありました。

----------------------------------
もてるタイプの男性は、二種類に分けられます。一つは子育てにリソースを割いて
くれそうな人。もう一つは、真逆のサイコパスの特徴を持っている人です。
ダークトライアドと呼ばれる、サイコパス、マキャベリスト、ナルシストの3要素を
備えた男性は外見上魅力があり、女性によく持てるという結果が出ています。
----------------------------------

サイコパスはモテる!んです。



結婚するなら「子育て」タイプ、付き合うなら「ドキドキさせてくれる」タイプ、
と考える女性は多いわけで。



そうやって、サイコパスは子孫を残していく、のです。







6.【編集後記】

14戦14勝の怪物の娘、ソールスターリングに初めて土がつくのか、圧勝するのか?
辛勝は無い気がします。

当日9時現在のオッズを見れば1.4倍。

昨年のメジャーエンブレム、一昨年のルージュバックもそれぞれ、単勝1.6倍、1.5倍で
敗けるどころか馬券に絡んでない、わけで2度あることは3度の結末も。



データに基づけば、桜花賞において単勝1倍台の馬は、1.4倍以下なら馬券に絡む、
1.5倍以上なら消し、ということに。



昨日の大量投票履歴をみれば、恐らく1名が4000万をつっこんでいて、この人物は凄い。
自らのる船の端にドカンと載せて船を傾ける、これは勝負師。

「その他大勢」が傾いた側にくることを承知で前日発売でコレをやる、これは漢。



ということで当方は船が右に大きく傾きゃ、何も考えずにカラダが動く、これが平衡感覚。
ゲンナマ4000万に勝負するなら夢を見るしか無い、ということ。

◎6  リスグラシュー
◯16 ミスパンテール
▲12 アエロリット

◎◯▲のどれかがアタマでくるのが勝負馬券。

武、四位、横典の乾坤一擲の決め打ち、に期待。


★は現在10人気の4 ジューヌエコールで。12同様父クロフネが芝のGIで絡むのは、
重の阪神しかないイメージ。



今週はこんなところで。



最後までお読頂き、感謝いたします。

ご意見、ご要望は

ytakemu0729@gmail.com

まで、お気軽に。




竹村義宏 公式メールマガジン
【発行責任者】 竹村義宏
【公式HP】http://www.fc-takemura.com
【メインBlog】http:/http://ytakemura.hatenablog.com/
【Facebook】 http://www.facebook.com/yoshihiro.takemura


-------------------------------------

◆発行者:竹村 義宏の簡単なプロフィール

-------------------------------------

▼千葉県浦安市マリーナイースト在住の50歳、

妻と子ども3人の5人家族です。

▼平成元年、早稲田大学卒業後、

株式会社ナガセ(東進ハイスクール)に9年間勤務。

主に「東進衛星予備校」のフランチャイズ事業に携わる。

▼最初はなかなか加盟校の生徒が集まらず、

苦労するも、あるビジネス上のアイデアをきっかけに

全国で生徒が集まり出す。

▼オセロで黒が一気に白に変わっていくような快感を

ビジネスで体験しました。

▼これでフランチャイズの面白さに取り付かれ、

より幅広いフランチャイズの仕事がしたくなり、

フランチャイズ事業支援のコンサルティング会社

株式会社ベンチャー・リンクに転職。

▼ここで10年。

直接携わったFC本部は7つ、

フランチャイズは20以上になります。

▼ここでは、数多くの成功もしましたし、

失敗もかなりありました。

上場した本部も数多くあれば、

残念ながら短期で本部自体消えてなくなった

フランチャイズもあります…

▼2001年1月1日、21世紀の初日の出を、

ハワイへ向かう豪華客船「飛鳥」から

FC事業で大成功した社長の方々

と見たのは、古き良き(?)思い出です。

▼その後、

株式会社トータルサービス

(カーリペアを中心とするフランチャイズ本部)に移り、

「個人起業のフランチャイズ」について、

様々な勉強をさせていただきました。

▼2012年以降

「フランチャイズ起業」で成功確率を上げる、

をテーマにいくつかのプロジェクトで

フリーエージェントとして動いています。

このメルマガで興味をもっていただけましたら、

下記までお気軽に連絡ください。

▼仕事に関する問い合わせ等は

ytakemu0729@gmail.com

までお願いします。

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/12/17
部数 244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/12/17
部数 244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング