知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第366号をお送りします!


----------------------------------
竹村義宏 公式メールマガジン

「新フランチャイズ発想法」第366号

平成29年2月19日(日)配信
----------------------------------



今週もメルマガ開封ありがとうございます!

業界歴25年、40を超えるFCに関わってきた、発行人、竹村義宏が

フランチャイズを上手に利用するための「考え方」「情報」をお送りします。

今年で7年目、ほぼ週1回日曜日に配信しています。



竹村のプロフィールはこのメルマガの最後にあります。

または下記のHPから御覧ください。

【竹村の公式HP】http://www.fc-takemura.com/



では、ここから本編です!



----------------------------------

1>竹村の一週間
2>今週のNEWS&お知らせ
3>フランチャイズ ズバリこの一言
▼FCで起業するなら「金持ちFCオーナー」を目指せ!
4>Q&Aコーナー
▼「着物cafe」をつくりたい!
5>今週の赤ペンチェック
▼自分のことを「クソ」と思え! 長倉顕太
6>編集後記<GI フェブラリーS 予想>

----------------------------------



1.【竹村の一週間】

今週は月一の勉強会やら、こちらも月一で開催している社長食事会である仙波会、
そして武田塾、Shienグループの勉強会が重なる週で、集まる機会が多かったですね。

このメルマガで何度か書いていますが、ビジネスで重要なのはコミュニティとそこからの
繋がり、だと思っています。良いコミュニティに属して、そこからの「人」の連鎖で
仕事をしていく、拡げていく。これが間違いなく成功確率が高く、効率的なのです。
「人脈」大事、というのとは少し違うんですね。逆に「人脈を頼りに紹介を」なんてのは
時代遅れで、いい印象をもってもらえません。

先週より、ブログの方で日々の動き、雑感をUPしてますので、御覧ください。
http://ytakemura.hatenablog.com/






2.【今週のNEWS&お知らせ】

▼「武田塾FC投資型.ver」説明会開催について


先週この欄で告知させていただきました、「武田塾FC投資型.ver」説明会ですが、
おかげさまで2/27(月)の会は定員になりましたので締め切りとさせて頂きます。

3/4(土)はまだ申込可能です。
https://goo.gl/oH5Vnj



なお、お申込みいただいきました方には開催3日前に確認のご案内メールをお送りする
予定ですので、内容ご確認下さい。

先週の開催告知はコチラからご覧いただけます。
http://archives.mag2.com/0001005201/20170212180000000.html



▼今週のフランチャイズ・チャンネル

フランチャイズ・ショーについて教えて!!vol.153
https://www.youtube.com/watch?v=QHqilKguvD8

竹村さんが考える最近のFCの問題点!!vol.154
https://www.youtube.com/watch?v=wGAWv1D9J8g



今週公開の二本は先日行われた「フランチャイズ・ショー」についての話題。

とくにvol.154の方で話しましたが、既存オーナーたちが儲かってなくて、FCとしては
限りなく赤に近い黄色信号の本部も、一生懸命FC募集をしているのがFCショー。
逆に新規加盟が入ってこなくなったら資金繰りが悪化し、潰れるという事情もあります。
なので加盟募集のための広告、宣伝はダメFCほどお金をかける、という傾向になります。

あまりに目に余るところはフランチャイズ・チャンネルで取り上げようかな、
と思ってます。

が、やはり大事なのはブラックFCのリストを入手することではなく、自分自身でしっかり
「見分ける目・感覚」をもつこと。これに尽きます。






▼フランチャイズチャンネルでとりあげてほしいネタ、質問&相談を募集中です!

こんな話を聞きたい!などお寄せください!

info@fc-takemura.com

フランチャイズチャンネルのチャンネル登録はコチラ↓↓↓から。

https://goo.gl/qeJW7U






3.【 フランチャイズ ズバリこの一言】

このコーナーでは毎週一つずつのフランチャイズ関連のフレーズを紹介し、

そこからフランチャイズの本質、成功につながる考え方を解説していきたい

と思います。



第25回目はこの一言、

今週は、

----------------------------------
FCで起業するなら「金持ちFCオーナー」を目指せ!
----------------------------------

というテーマで。



先日とあるFC本部の社長から、電話をいただきました。
以前、FC展開の初期段階に相談に会食しながら相談にのったことがある社長です。

その後それなりにこのメルマガを購読していただいているようです。

で、電話の相談は、

「既存店の実績は合格点だと思うが、そこから次の店を出すというオーナーがいない」

ので、どうやったら良いのか?

具体的には、

・期間限定で次の店舗の加盟金を半額にする
・2店舗目以降のロイヤリティを半額にする

などのキャンペーン施策はどうか?

というものでした。




このメルマガを読んで、「既存オーナーが次、次と店を出していくのがFCとして良い状態、
というのは理解しているが、その流れにならないのは何故か?」という悩み、ですね。



15分くらいヒアリングをしました。

確かに20近くある既存店の実績は悪くなく、7割のオーナーはサラリーマン時代よりも、
年収をUPさせているようです。なので「辞めたい」などというオーナーはいない状況。

なので、FCとしては「満足度」は高い、とはいえるのでしょう。



ただ、この「満足度」というフレーズは曲者です。



話を聞きながらいくつか質問をすると、要はオーナーさんたちは脱サラで起業して、
サラリーマン時代の年収以上になり、その状況に満足、つまりホッとしている、
ということなのです。



そうなっているいちばんの原因は加盟募集広告の内容。これが「安定・堅実」を全面に
出した文章になっており、それをみて説明を聞きに来た方に、「リスクが少ないことが、
当FCのいちばんのウリ、失敗したくありませんよね」とクロージング。

その言葉に響いた人が加盟するわけですから、当然の帰結として「低い水準」で満足
します。

だから、「1店舗儲かったら次!」とはならないのです。



「武田塾はなぜ既存オーナーがどんどん他店舗展開していくのですか?」と問われれば、

それは、

加盟募集時から

「FCは他店舗展開してこそ価値がある」
「短期間で急成長できるのがFC最大のメリット」

という事を全面に打ち出しているからです。



要は、

FCは安定より成長です!

と言い切って、その言葉に響いた方がきて加盟していくからです。




サラリーマン時代の年収を安定して稼ぎましょう、ということではなく短期間で
「経営者」になりましょう、ということを言っているわけです。



「個人事業主」として自分の店をもって安定して稼ぎを得ていく

というのと

「経営者」として会社をつくって人を雇用して成長させていく

というのは全く別の世界、なのです。



別の世界=価値観が違う、のです。

どちらの価値観が合うか、で目指す方向が決まってきます。



そのリトマス紙的な本がロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん・貧乏父さん」
という有名な本です。



この本読んで「金持ち父さん」になりたい、という方はFCオーナーになったら、
まずは「経営者」を目指し他店舗展開していくでしょう。



「金持ち父さん・貧乏父さん」の中で語られる、「ESBIクワドラント」の話に響く、
はずだからです。

  E Employee 従業員
  S Self-Employed、 個人事業主・小企業
  B Business Owner  会社経営者
  I Investor 投資家

というやつです。



ご存知の方は多いと思います。



で、フランチャイズ起業として重要な事は、

「S」と「B」の違い、をきちんと知り、最初から「B」を目指す

ということだと思います。



「最初から」です。



「ESBIクワドラント」の話の本質は、

「まずE(従業員)から抜けだせ!」

ではないのです。



キヨサキ氏は、医者や弁護士もダメだ、と言ってますね。

それは医者は収入が高いと入ってもその働き方は「S(個人事業主」であり、職業として
「時給が高いだけだ」ということです。

いくら時給が高くても、何らかの理由で本人が動けなくなる、という状況に陥れば、収入は
ゼロ、です。



なので、「ESBIクワドラント」で重要なことは、

  E    B
    +
  S    I

という4象限を、左(E&S)から右(B&I)と「横に」移動すること、なんですね。



フランチャイズで成功して、

金持ちオーナーになれるかなれないか?

は本当の意味での「B(会社経営者)」になれるかどうか?にかかっているわけです。



ただ、多くの方がまずは「E」から「S」に下移動する形で、FC起業を考えます。



他人を雇うより自分で入るほうが、コストはいらず簡単なので、それを「リスクが少ない」
というふうに理解して始めます。

ただこれは「リスクの先送り」でしかありませんね。

いずれ雇うわけですから。



というと、
「いやいや私はそこまで大きな収入は望みませんので、自分が精一杯頑張って働いて
家族が養えるくらいの程度でいいのですよ」という方が出てきます。



ここからは竹村の個人的な見解になりますが、(別な考え方を正しいという方もいる、
ということです)

本当にそういう志向、目標の方は、フランチャイズ起業はオススメしません。




FCなどには加盟せず、自分で工夫して小さな商売をするべきです。



フランチャイズというのは「拡大志向」にあうように設計されているのです。

業界未経験の方が小さく始めていかに短期間で大きくするか、というのが
フランチャイズの本質です。

フランチャイズ起業で得るものは「安定」ではなく「拡大」とはそういう意味なのです。



で、この「拡大志向」は「金持ち」と相性がいいという言い方ができます。

なので、

「フランチャイズに加盟してお金持ちになりたい」

というわかりやすい発想の人は成功しやすい、ことは事実です。



で、

「フランチャイズに加盟してお金持ちになる」

ための最大のポイントは、

いかに短期間で「B(ビジネス・オーナー)」になるか

にかかっているわけです。


自分が入らずに店が回る、という状況をいかに早くつくるか?

です。

その状況を早くつくって、あとは人を採用しFC本部に研修してもらう。

あとはその掛け算ですね。



その発想がなく、自分が店に入りつづければ、

 貧乏暇なしのフランチャイズオーナー

から抜けだせなくなります。



フランチャイズで起業するなら、「金持ちFCオーナー」を目指せ、とはそういうこと、
です。







4.【Q&Aコーナー】

このメルマガによせられたり、面談などで直接出た相談・質問の中から読者の皆様に
シェアして役立つというものを選び、質問に回答していきます。

時には「人生相談風」に、時には「知恵袋」風に。

このコーナーへのご質問・相談は随時受け付けます。

info@fc-takemura.com

あるいは、下記ホームページのコンタクト欄よりおよせください。

www.fc-takemura.com

それでは今週の相談、です。



「着物cafe」をつくりたい!
----------------------------------
Q.コインランドリー併設のcafeの開業を考えています。これまでバリスタとして仕事をして
きて、職人としてはそれなりの自信があります。以前お店では自分の存在によってお客様を
呼ぶ、ということにやりがいを見出し、名物バリスタとして繁盛店をつくりました。
あまりにハマりすぎ体を壊して一旦リタイアしました。体調も良くなったタイミングでに、
たまたまの縁でコインランドリーのの隣のスペースでcafeを開業しないか、という話を
いただきました。もちろん今流行りのコインランドリーの隣で営業すれば、そこに来る
お客様からの売上がかなり見込めるだろう、なんて甘い考えはもっていません。
単独の店として魅力ある、今までにないcafeにしたいと思っています。
今あるアイデアは「着物cafe」。外国人旅行者の多いエリアで開業できればかなりの話題に
なるのでは?と思います。着物をきて働きたい、という女子も多いと思うので、バイオも
良い子が集まる、と思うのです。
大成功させたらFC展開!まで考えたいと思っています。どうでしょうか?

千葉県 Kさん
----------------------------------

A.先週の「からあげ」に続いて今週は「着物cafe」。自分の力で商売を創業したい!という
個人の方が増えていくのは本当に良いことだと思っています。国策の支援も有り、これだけ
創業、起業に有利な時代もありません。どんどんチャンスを活かす方が増えてほしいと思います。

さて、まず雇われた店で名物バリスタそして活躍して「あまりにハマりすぎ体を壊して…」
という経験がいいですね。ブラック、ブラック叫ばれる時代にこういう経験は非常に貴重なの
です。やはり専門職というのはレッドゾーンにまでアクセルを踏み込んで人が強いのです。
体を壊してもうコリゴリ今度は少しセーブしてではなく、また踏み込みたい、というところも
評価です。商売を成功させる基本は失敗しても何度も起きるバイタリティ、です。
あと、書かれているとおり「コインランドリーの隣で営業すれば、そこに来るお客様からの
売上がかなり見込めるだろう」というのが甘い、ということが分かっているのは優秀です。
実際、コインランドリー併設型のcafeはその点を甘く考えて開業し、失敗しているところが、
ほとんどです。コインランドリーに1000円、1500円使う人なら待ち時間に、300円、400円
のコーヒーを飲むだろう、と思う人が多いのですが、多くの主婦は「そんな無駄とんでもない」
と思うのです。コインランドリーにくる主婦はお金に余裕のある人ではなく、時間もお金も
「節約」したい、という人ですから。

さて、ここまでは良いとして、「着物cafe」です。「外国人旅行者の多いエリアで開業できれば
かなりの話題に」これはちょっと安易な気がします。直感的に思うのはKさんのこれまでの
バリスタとしての経験、と「着物で外国人を引きつける」という点がしっくりこないところです。
バリスタとしての経験=家では、他の喫茶店では飲めないような一味違う珈琲をドリップできる、
ということでしょう。1杯500円、600円という値段で。少し高くても美味しいので、常連が
通う店というイメージです。ところが「着物」で外国人を呼ぶ、となるとそれとは離れた
イメージの店になります。旅行者が中心になるでしょうから、常連になってもえらうまでの「味」
の追及は必要ないでしょう。味より店の内装、器などに投資すべき、ということになります。
あとは「着物」のPR度、ですね。イメージとして白人系は大方「着物」好き、な気がしますが、
外国人旅行者といっても統計上は中国・韓国・台湾・香港で7割を占めますから、このアジア系
の人たちの「着物ラブ!度」がどうなのか?ですね。

都内のそれなりのエリアで1階路面店での出店となれば、20坪くらいの店でも経営的には売上は
150万〜200万は欲しいところでしょう。25日営業として1日あたり6万〜8万。6万としても、
500円のコーヒーなら120杯。10時間営業でコンスタントに1時間に12杯づつ出ないと、です。
5分に1杯、ですからかなりの忙しさ、それで月の売上が150万、です。
なので、珈琲だけではなくてデザートなどで客単価を上げる、あるいはテイクアウトが売れる
店にする、などのあんがありますが、フードは原価を上げロスを生み、利益率を下げます。
テイクアウトが出る立地はいい場所、ということですから家賃が高くなり初期投資も上がります。
こうかくとなかなか難しい、ですね。
ただ、考えるのがビジネスです。他のお店にはない付加価値をつけてそれが当たれば繁盛店、
になります。実際小さな喫茶店で開業し売上200万の繁盛店になっている、という店は沢山あり
ます。その裏で沢山の店が思ったとおりに売れず廃業してますが、そのどちらに行くか、は
アナタ次第、なのです。
最後に、「着物をきて働きたい、という女子も多いと思うので、バイオも良い子が集まる」
というは大きいです。昨今の飲食店はバイト集めに苦労し、そこが大きなリスクとコストに
なっています。制服が着物なんて着替えるのが面倒で嫌、と集まらないのではなんて思い
ましたが、逆にそれがポイントでいい子が集まるなら、成功可能性は拡がりますね。






5.【今週の赤ペンチェック】

このコーナーは竹村が、日々読んだ本や聞いた話等の「日々情報」から刺激を受けて、
考えたことなどを綴っていきます。

竹村の健忘録的なところもありますが、参考になればと思い公開します。

フランチャイズとは直接関係ないものも多いですが、ご了承下さい。



今週はこのフレーズ。

----------------------------------
自分のことを「クソ」と思え! 長倉顕太
----------------------------------

長倉さんは元フォレスト出版の名編集者で、有名どころでは石井裕之さんや苫米地英人氏の
著作でベストセラーを連発し、編集に関わった本の販売累計は1000万部を超えるという、
スゴイ実績。

フォレスト出版を離れてフリーになってからは自身の本も出して、電子書籍27冊+リアル本
2冊。



大学は学習院大学卒業ですが、卒業後は、なぜか歌舞伎町でお仕事からのギャンブルをやる
ために、単身アメリカに渡米されており、ブラックジャックで生活するために毎晩カジノ
に出入り、そこから編集者として成功するという経歴。1973年生まれですから44歳、ですか。



竹村はPodcastの番組である「親は100%間違っている」をたまに聴いています。



27冊出ている電子書籍のタイトルは…

 『倦怠と賃貸と変態 「やる気」なんてないのがフツウ』
 21世紀の借金論 お金を借りればパラダイス
 ゲロが止まらない ギブギブギブ経済時代の「情報資産家」としての生き方
 人生は「外出し」で ~ニューヨーク発!ストレスをエネルギーに変える方法~
 出会いに顔射 アクセスを最大化する人生戦略
 不正論 〜「正しさ」という支配から脱出する方法〜

・・・

ということで元名編集者、ですから「タイトル」が過激、ですね。



長倉さんのミッションは「奴隷解放」。

----------------------------------
オレが奴隷解放運動家として活動してる理由は、「多くの人が他人の人生を生きている」
からなんだ。

他人が創った価値観で生きているわけ。
そこを破壊したいんだ。
----------------------------------



親の価値観、学校の価値観、社会の価値観によって自分の人生を「洗脳」されている人が
ほとんどであり、それは精神的、価値観的「奴隷」だと。

だから、その「奴隷状態」から開放されろ、というメッセージを送り続けているわけです。



竹村が聴いているPodcastも冒頭には、

----------------------------------
長倉顕太が99%の凡人がずる賢く活きる方法を伝授していきます!
----------------------------------

と番組案内が入ります。



この「99%の凡人」というがキーワードで、人間の99%は凡人なのに、そう思っていない人
ばかり、だからまずは、「自分なんて大した才能がない」と認めること、ある意味、

 自分を否定すること

から、始めろ、というのが長倉さんの基本メッセージですね。



それを認めれば凡人は凡人の戦い方があり、自分を凡人と認められないどこかで自惚れて
いる奴らとは大きく差がつく、という話です。



まず、「否定」することの大事さ、そこから全てが始まるのだ、という考え方は大事なんじゃ
ないか、と思います。



これは例えば、竹村の仕事で言えば、

「フランチャイズなんてロクなもんじゃねぇ」

というところから始まる、ということです。



ロク=真面目で堅いもの、です。



竹村の感覚にあるのは、

フランチャイズというのは傾きながら不安定、なのです。

だからこそ、アッチにもコッチにも大きく揺れ、振れ幅が大きい。



不安定で大きく揺れるからこそ、大きく当たる、のです。



その不安定さの中で均衡をとってマイナス側に落ちないように、プラスに振れたときには
大きく成果がとれるように、するにはどうしたら良いか?

ということを自分としては常に考えているわけです。



これが、

「フランチャイズは真面目に取り組めば確実に成功できる堅実なもの」

という「全肯定」の発想から入っていたら、竹村の今のような仕事はできません。



だから、この長倉さんの

クソ=否定から入る、という発想は頷けます。



フランチャイズの話じゃなくて「自分」で考えてもそうですよね。

世の中には「自分を認める」ことの大事さを説き、「あなたは素晴らしい、何でもできる!」
なんてこと言う人がいます。

「考え方」を「やり方」をちょっと変えれば誰でも成功できる、みたいな本やセミナーが
売れます。



そんなわけないじゃないですか(笑)。



例えばですが、竹村は「武田塾」の林社長のような独創的発想力はありませんし、
「マンマチャオ」の、三原社長のような卓越した行動力・巻き込み力もない、わけです。

あの二人はある意味「異常」なのです(笑)。

そして、そもそも二人にあるビジネスを、会社をどんどん成長させて大きくしよう、
という「意欲」がありません。



これを「自分には無い」と認めることが、ある意味=クソだと認めること、でしょう。



で、そうやって「クソだと認める」ことから、自分には無い才能をもっている人と
くっついて仕事をして、FCとして成功させて大きくしてフランチャイズ業界を変えてやろう、
という野望につながっていきます。

会社を大きくしようという意欲はないが、業界を変えたいという野望はある。
複雑な乙女心、みたいなもんです(笑)。



そういう意味では、長倉さんの本のタイトルにある「吾輩はクソである」と認めるところから、
今の竹村のビジネスがあるわけです。



仕事づきあいのある方々から「竹村さんはいつも楽しそう!」と言われることはあっても、
「竹村さんはいつも自信満々ですね!」と言われることは、生まれてこの方一度もない、
気がします。

なので、世の中でたまに会う自信満々に提案してくる人は信用しません。自信満々で言ってる
ことがそのとおりなら、途轍もなく成功している、はずですから竹村に提案してくる、わけ
ないでしょう。



まぁ、自信満々で生きているという人は少ないにしても「腹のソコでどこか自信があるひと」
というのはかなりいて、そういう人は前に進まない人が多い気がします。

そんな人はまず、「自分はクソ=99%の凡人である」ということを認めてから、そこから
いかに行動するか、を考えるべき、だと思います。






6.【編集後記<GI フェブラリーS予想>】

ということで、「競馬」も勿論の事、クソと認めるところから。誤ってハマれば女房、
子どもを泣かせて人生を狂わすギャンブルでありながら、なぜこれだけ多くの人を魅了
するのか?

それは人それぞれ競馬という世界に記号性、物語性をみるから。自分の何かしらの投影
からそこに自分のカネを賭けて夢を見る。

カフジテイクの津村騎手は応援したい。まさに捨てられた女が戻ってきた形。それも
やっぱり貴方しかないの、と涙で家の前にたっていたわけでもなく、あの人がダメ、
この人もダメで、で仕方なくとりあえず一晩泊めてね、という戻り方。
「この一戦で騎手人生が決まるもりで乗る」とまでインタビューで言い切った男の
プレッシャーは白黒どちらに出るか?そこに女神は微笑むか?
馬主は50年、調教師も騎手から数えて40年やって、GIどころか大きなレースは無縁。
それをこれまたGI無縁の津村騎手が勝たせたら、最高のドラマ。
この一番人気はあらゆる意味で重い。

しかし一番人気である以上、応援はするがそこから馬券は買えないのは当方の性分。

ここは現在5人気のノンコノユメと、9人気のアスカノロマンからのユメ&ロマン馬券。

母親の夢、と名付けられたにも関わらず去勢。母の血はここで繋がらない。人間の都合
で非常すぎるがこれが競走馬、サラブレッド。そこまでしての去勢後の二戦が振るわない
が、まさかこのままのハズはない。アスカのほうは昨年より明らかに条件が良い。

勝負は二頭軸マルチの三連単と、抑えにそれぞれからの馬単&馬連。

あまり二桁人気がくるレースではないが爆穴で夢見れば 14キングズガード。
これだけ走ってこんな安定してる馬もない。ここから宝くじ馬券(笑)。



今週はこんなところで。



最後までお読頂き、感謝いたします。

ご意見、ご要望は

ytakemu0729@gmail.com

まで、お気軽に。




竹村義宏 公式メールマガジン
【発行責任者】 竹村義宏
【公式HP】http://www.fc-takemura.com
【メインBlog】http:/http://ytakemura.hatenablog.com/
【Facebook】 http://www.facebook.com/yoshihiro.takemura


-------------------------------------

◆発行者:竹村 義宏の簡単なプロフィール

-------------------------------------

▼千葉県浦安市マリーナイースト在住の50歳、

妻と子ども3人の5人家族です。

▼平成元年、早稲田大学卒業後、

株式会社ナガセ(東進ハイスクール)に9年間勤務。

主に「東進衛星予備校」のフランチャイズ事業に携わる。

▼最初はなかなか加盟校の生徒が集まらず、

苦労するも、あるビジネス上のアイデアをきっかけに

全国で生徒が集まり出す。

▼オセロで黒が一気に白に変わっていくような快感を

ビジネスで体験しました。

▼これでフランチャイズの面白さに取り付かれ、

より幅広いフランチャイズの仕事がしたくなり、

フランチャイズ事業支援のコンサルティング会社

株式会社ベンチャー・リンクに転職。

▼ここで10年。

直接携わったFC本部は7つ、

フランチャイズは20以上になります。

▼ここでは、数多くの成功もしましたし、

失敗もかなりありました。

上場した本部も数多くあれば、

残念ながら短期で本部自体消えてなくなった

フランチャイズもあります…

▼2001年1月1日、21世紀の初日の出を、

ハワイへ向かう豪華客船「飛鳥」から

FC事業で大成功した社長の方々

と見たのは、古き良き(?)思い出です。

▼その後、

株式会社トータルサービス

(カーリペアを中心とするフランチャイズ本部)に移り、

「個人起業のフランチャイズ」について、

様々な勉強をさせていただきました。

▼2012年以降

「フランチャイズ起業」で成功確率を上げる、

をテーマにいくつかのプロジェクトで

フリーエージェントとして動いています。

このメルマガで興味をもっていただけましたら、

下記までお気軽に連絡ください。

▼仕事に関する問い合わせ等は

ytakemu0729@gmail.com

までお願

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/06/25
部数 247部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/06/25
部数 247部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング