知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第362号をお送りします!


----------------------------------
竹村義宏 公式メールマガジン

「新フランチャイズ発想法」第362号

平成29年1月22日(日)配信
----------------------------------



今週もメルマガ開封ありがとうございます!

業界歴25年、40を超えるFCに関わってきた、発行人、竹村義宏が

フランチャイズを上手に利用するための「考え方」「情報」をお送りします。

今年で8年目、ほぼ週1回日曜日に配信しています。



竹村のプロフィールはこのメルマガの最後にあります。

または下記のHPから御覧ください。

【竹村の公式HP】http://www.fc-takemura.com/



では、ここから本編です!



----------------------------------
1>竹村の一週間
2>今週のNEWS&お知らせ
3>フランチャイズ ズバリこの一言 第22回
▼フランチャイズは「3年目の浮気」がないか、が大事!
4>Q&Aコーナー
▼金融投資と投資型FCの違いは?
5>今週の赤ペンチェック
▼要はお金ちになりたいならお金の心配をするな、ということなのです。
「すごいお金。」和田裕美 著
6>竹村義宏物語 第49回
▼80まで現役で仕事をするために
7>編集後記
▼お金と自由とビニ本との関係
----------------------------------



1.【竹村の一週間】

心身健康倶楽部FCの0次募集契約が決まりました。大阪地区で心身健康倶楽部トレーナー
の養成スクールとジムが開業になります。火曜日に本部にて契約とキックオフMTG。
大阪では1月16日に資格スクエアリアルのFC校舎も開校。新規FCが続々動き出しています。
その他今週は水曜日が仙波会、でしたね。ここに集まっている社長たちがみんな儲かって、
上昇気流に乗ってほしいと思ってますが、そのムードは確実にありますね。この会で
大した話をしているわけではないのですが。
金曜日に茨城の鹿嶋へ。3年間の高校時代を過ごした街ですが、仕事としては約20年前に
東進衛星予備校をつくりに出張した時以来。その東進はなんと私が通った高校の隣に移転
してました。
あと鹿嶋でこれまた懐かしいFC「とりあえず吾平」を発見。こちらはベンチャーリンク
時代にFC開発した店ですが、当時のコンセプトは「ロードサイド居酒屋」。駐車場を広く
とって、車で気軽に行って飲める居酒屋、だったのです。全国に数十店舗開店した後に、
福岡で飲酒運転が原因の大事故が起きて、全国一斉に飲酒運転の取締が強化。
「吾平」としては店のいちばんの「ウリ」が無くなったわけですが、グレーゾーンを
うまくやりくりできたのか現在も全国に100店舗以上。店舗の看板には「居酒屋」の文字
はなくHPも少なくともお酒飲むための店、のようには見えません。ただググってみたら
「ロードサイド居酒屋」業態はやはりニーズはあるようで、最近では名古屋の「海帆」
という会社が「昭和食堂」「えびすや」という店舗名で積極展開しています。5年で
全国200店舗という目標で積極展開してるようで、注目。







2.【今週のNEWS&お知らせ】

▼今週のフランチャイズ・チャンネル

サーティワンのFCについて教えて!!vol.143
https://www.youtube.com/watch?v=yMUSN8ZkXK8

FCに加入するベストなタイミングを教えて!!vol.144
https://www.youtube.com/watch?v=VD1TMD1MfZM

安易な考えは危険!?海外で成功したFC!!vol.145
https://www.youtube.com/watch?v=R73GRyCB8BQ



フランチャイズチャンネルでとりあげてほしいネタ、質問&相談を募集中です!

こんな話を聞きたい!などお寄せください!

info@fc-takemura.com

フランチャイズチャンネルのチャンネル登録はコチラ↓↓↓から。

https://goo.gl/qeJW7U



▼「資格スクエア・リアル」の神奈川(日吉)校・大阪校が開校しました。
日吉は慶応大学生のみをターゲットにした直営実験校、大阪(梅田)校はFCです。

詳しくはコチラの記事を!
http://edtech-media.com/2017/01/17/shikakureal/







3.【 フランチャイズ ズバリこの一言】

このコーナーでは毎週一つずつのフランチャイズ関連のフレーズを紹介し、
そこからフランチャイズの本質、成功につながる考え方を解説していきたい
と思います。



第22回目はこの一言、

----------------------------------
▼フランチャイズは「3年目の浮気」がないか、が大事!
----------------------------------

で。



「3日 3ヶ月 3年」というフレーズを聞いたことがありますか?



これは人材募集、育成でよく使われる表現です。



竹村がこのフレーズを知ったのは東進ハイスクールで「新卒採用」の仕事をしていた時です。


新卒で入った社員が会社を辞めたくなる節目、として考えると確かにあるんですね。
この「3」という数字が。


「3日」。まさかと思いますが、これもいました。「朝起きられない」とかいう奴が。
会社に行こうとすると蕁麻疹が出る(笑)、とか。

体が社会人の生活についていかない、というわけですね。これはもうしょうがない。



次の「3ヶ月」。



これは「就活=会社選びの失敗」ですね。

入ってみたらこんなハズじゃなかった!というケースです。

本人の問題でもあり、採用した会社側の問題でもあります。どこかで「勘違い」させた
ということですから。人事部採用担当としても責任が重い。



そして「3年」。



これは会社でそれなりに頑張ってみたが「先が見えない」ケースですね。

会社のこともよく分かってきた時点で「このままでいいのだろうか?」という感情から、
別な可能性が見えた→そちらに賭けてみたい、ということから辞めます、となります。



会社の人事部採用担当として当時は次のように思ってました。

「3日」は仕方ない事故。担当者としていちばんまずいのは「3ヶ月」。
なぜならそれはまさに人事部の「採用活動」のミスだから。

そして「3年」は会社の根本的課題としてとらえて、もっと「いい会社」にしていか
なければならない。

そんな感じですね。



そう考えると、この

「3日 3ヶ月 3年」

は、フランチャイズにおいても同じように当てはまる、と思うわけです。



加盟してすぐ、研修中に「こりゃ私には無理です、ギブアップです!」という方がいます。
これはもう「事故」ですね。成田離婚みたいなもんで仕方ない。



ただ「3ヶ月」と「3年」はフランチャイズにおいても重要な数字、だと思います。



フランチャイズの中には「3ヶ月」で加盟した方の多くがモチベーションを下げてしまって
いるFCというのが実は多くあります。

これは「FC加盟募集の仕方が悪い」のです。

「営業マン’が言っていることと、加盟した後にわかることに差がある、
「嘘を言っている」わけではないにしても、様々なことを加盟前にオープンにしていない。

加盟前には「表(いいところ)」だけみせて加盟後にその「裏(わるいところ)」が
分かってしまう。

そんなことだと、加盟して「3ヶ月」で加盟オーナーのやる気は下がってしまうのは当たり前
です。



一度そのような状態になってから、スーパーバイザーが入ったとしても、立て直しはかなり
難しくなります。オーナーの気持ちが萎えてしまっているわけですから。

ただ中にはそもそもそういうもの、営業へのクレームをリセットするところからが、
SVの仕事、というようなスタンスで仕事をしているFCのスーパーバイザーもいて、これには
同情します。

そういう仕事をすれば仕事力はつくとは思いますが、フランチャイズとしてみたら、良いFC
なわけはありません。

フランチャイズ本部としては加盟「3ヶ月」で黄色信号、赤信号がともるオーナーが全体に
10%以上いるようであれば、即加盟募集のやり方を見直すべき、でしょう。



次に「3年」の時期。

これがフランチャイズ本部としては本当に重要な時期だと思いますね。

3年経過したオーナーの満足度がどうか?

ということです。



3年たつと加盟オーナーはもうそのフランチャイズについてかなりの部分を理解し、吸収して
います。

その商売のオイシイところも、難しいところも、先行きも。

そして本部の姿勢や本部の能力、というのも把握してきます。

他のオーナーの状況も良くわかります。



そうなると、色々考え出すのです。



たとえそのFCでそこそこ利益が出ていたとしても、もっと利益が出せそうなFCが見つかったり、
本部の姿勢が気に入らなかったりしたら、

「3年目の浮気」をしだします。



3年たってそのFCに「再投資」するオーナーの比率がどれくらいあるか?
3年たったオーナーのうち次の増解約をする気があるオーナーがどれだけいるか?

ということです。



これはフランチャイズ本部を評価する上 で重要ポイントになります。



既存オーナーの増店比率が大事だよ、ということは良く言われることですが、
単純にそれだけでは評価できないのです。

法人なら最初から3店舗契約で始めるというようなケースも多いわけで。

単に「複数やっているオーナーがどれだけいるか?」ということなら、これで誤魔化されて
しまいます。



大事なのは、長くやっているオーナーが次、次と出していくか?、です。



3年やってるオーナーが「良いエリアいい物件が、良い人が採れればあれば店を出す」という
状態が良いFCなのです。



そういう意味からフランチャイズ本部は「3年」やっているオーナーを意識すべきです。

3年つきあっているオーナーたちがどれだけFCに前向きか?

それをひとつの目安にして本部運営を行っていくべきでしょう。




加盟検討者側としては「3年目の浮気がない」FCを選べ、ということです。







4.【Q&Aコーナー】

このメルマガによせられたり、面談などで直接出た相談・質問の中から読者の皆様に
シェアして役立つというものを選び、質問に回答していきます。

時には「人生相談風」に、時には「知恵袋」風に。

このコーナーへのご質問・相談は随時受け付けます。

info@fc-takemura.com

あるいは、下記ホームページのコンタクト欄よりおよせください。

www.fc-takemura.com

それでは今週の相談、です。




金融投資と投資型FCの違いは?
----------------------------------
Q.だいぶ古くからのメルマガの読者です。近頃竹村さんが強調されている「投資型の
フランチャイズ」というのが今ひとつ良くわかりません。金融の「投資」とはどこが
違うのでしょうか?
例えば私の周りではビットコインに代表される仮想通貨への投資話が増えてきています。
竹村さんもビットコインへの投資などしてますか?

東京都 Aさん
----------------------------------

A.「投資型のFC」というの代表的なものとしてコインランドリーFC、があります。
竹村がオススメしているFCとしては「エコランドリー・マンマチャオ」ですね。
「投資型」の定義としては初期投資を用意して開業、オープンすれば自分は店に
入らなくても営業できる、ということでしょう。コインランドリーの場合には、
機械が稼いでくれるわけでスタッフも雇いませんので(掃除のパートさんは必要)、
「何もしなくていい」という意味では投資と言い切ることも可能でしょう。
実際にサラリーマンの方や本業は別の方が投資的に取り組んでいるケースが多いです。
ただ、>>金融の「投資」との違い、を聞かれれば、やはりオーナーとしての「経営」
の要素もある、ということです。例えば立地、物件の選定から始まって、開業後の
初期販促など、オーナーとしてお金がからむ「意識決定」する事項があるのです。
この部分を全て本部に任せます、ということもできないことはないと思いますが、
やはり何もしないでお金だけだして、いわば「コインランドリーファンド」に投資する
のとは別な世界があります。何百ある店舗の業績は想像以上に違っているわけですから。
なので、竹村的には「コインランドリー事業は投資と経営の中間、やや投資よりでは
あるが経営の感覚で取り組むとより収益が上る可能性が高い」と考えています。
だから「マンマチャオ」のようにFCとしてネットワークする意味があり、現在それが
成功している、と思っています。
で、「マンマチャオ」のような「投資型のFC」というのが他業態でもできないか?
というのが今のテーマ、です。コインランドリーと同様に人を使わない業態、例えば
コインパーキング、レンタルボックス、カーシェアリング…などがFC展開をしてますが、
やはり収益性、利回りという面から判断すれば低い。土地活用などの要素がなければ、
大きく伸びる、とは思えません。
であれば、例えば「武田塾」を投資型でやることはできないのか?ということです。
結論から言えば可能性は大いにある、と思っていて、その根拠は現状でもオーナーは
ほぼ投資型的に「任せて」回ってる校舎もあるからです。関与度のパーセンテージは
様々ですが、少なくとも「武田塾」場合、オーナーが教室に体を入れる、定期的に顔を
出す、という必要はありません。本部とのSV機能もスマホでのやりとりで行われて
いるので、毎日報告をもらったりする必要もありません。
なので「一定レベルの教室責任者」が採用できて安定していれば「任せて」はおける
とは思うわけです。あとは、その社員の仕事に対するモチベーションをFC本部の方で
関与してマネジメントできれば、「投資型」でも可能だろう、というのが仮説です。
話が質問と少しそれましたが、いわゆるファンドなどにお金を入れる投資と、「投資型
フランチャイズ」は違います。「投資型FC」は投資に近い感覚でも加盟できるFC、
という意味です。
ただこの「投資型」の分野は流れは間違いなくあり、ニーズは高くなるとは思いますが、
そう簡単にもいかない、と思っています。やはり「お金を出してあとは任せる」という
話は安易に人が集まりいくらでも「いい話」ができますから。その「いい話」がズレた
場合は大きな問題です。
完全に「投資型」とは打ちだしてはいませんが、本部が全て運営代行を行って人も生徒も
そろえて黒字化した状態で加盟オーナーに引く次ぐ、という宣伝でFC展開を行った
「TOEベビーパーク」というFCは、加盟オーナー集めには成功しましたが、その後は成功
しているようには見えません。スタッフや生徒集めの点で本部の計算通りにはいかない、
のだと思います。
そんな事例もみていますので、あくまで慎重に「投資型のFC」のパッケージ化を考えて
います。
>>ビットコインへの投資などしてますか?→大昔(Mt.Goxの破綻前)にどんなものかと
10万円だけ買ったことがありますが、それだけです。確か手数料引いて3万円くらい増えて
コインが使えるバーに2,3回行って使いました。得した感もあまり無かったのでそれっきり。
「仮想通貨」自体はとてつもなく大きな可能性があると思いますが、個人が買っても、
それは投機、でしょう。でも揺れ動く世界経済とつながる面白さはあると思うので、少額
買ってみれば良いのでは?と思います。







5.【今週の赤ペンチェック】

このコーナーは竹村が、日々読んだ本や聞いた話等の「日々情報」から刺激を受けて、
考えたことなどを綴っていきます。

竹村の健忘録的なところもありますが、参考になればと思い公開します。
フランチャイズとは直接関係ないものも多いですが、ご了承下さい。



今週はこのフレーズ。

----------------------------------
要は、お金ちになりたいならお金の心配をするな、ということなのです。

「すごいお金。」和田裕美 著
----------------------------------

とある方から熱烈に勧められた本です。



普通ならタイトル・装丁から自ら「読んでみよう」、とは思わない本ですが、なかなか
面白かったです。

確かに竹村の周りでも「お金との付き合い方を拗らせている」と思える方はいますので、
そういう方への処方箋になるのか、なんて読んでみると、これが意外と現実として厳しい
話が上大岡トメさんのイラスト入りで書かれてます。



まず前提として、

----------------------------------
お金に困っている、お金のことで悩んでいる人はお金は稼げない
----------------------------------

というのです。



これは結構身も蓋もない(笑)。



ただ「困っている、悩んでいる」つまり「お金に不安がある」という状態にということは、
お金持ちになるマインドとは大きく離れた考え方をしてますよ、というのは竹村的にも納得
できると言えばできる、のです。



例えば恋愛でも、

モテナイ、なぜモテナイのだろう、と悩んでるという人はやはりモテナイ

でしょう。



恋愛に不安な人はモテマセンし、恋愛にポジティブな人はモテる、これも「流れ」なのです。



なので、

「お金」も同じで、お金には困ってない、お金との相性がいい、つまりお金のことをポジティブ
に考えている人のところにお金はまさに「流れて」いくわけです。



しかしそれが事実だとしたら、その「流れ」を変えるにはどうしたら良いか?、というのが
重要な話です。

このアドバイスは難しい。



デブにデブだから痩せないんだよ、とか
ブスにブスだからモテなんだよ、とか言ってるようなものですからね。

ただ、そこで、「デブでもいいんだよ」「ブスもいいんだよ」それでも小さな幸せはつかめるよ
と言ってしまったら、もう一生「流れ」はこなくてデブでブスのまま、でしょう。



それは「お金」も一緒だよ、ということを言っているのが、この本なのです。



和田さんは「陽転思考」という考え方を提唱しています。人生様々な局面で物事を好転させていく、
というミラクル思考術ですが、その陽転思考ですら「お金に困っている」状態だけは簡単には
好転させられない、とあります。

ちなみに「陽転思考」というのを記しておくと、

----------------------------------
 1.事実を受け入れる
 2.いやな感情も受け止める
 3.「よかった」を探す
 4.2と3を比較して、自分にあったものを選択する
 5.ワクワクする
----------------------------------

「起こることは全て善」みたいな単純な楽天思考=ポジティブ・シンキングとは違います。
「2」の感情をきちんと認めてから、「3」を探して転ずる」ところが違い、だそうです。

和田さんが様々な人生のアドバイスで使ってきた「陽転思考」を持ってしてても「お金が
なくて良かった」というのはかなり無理がある、というのです。



この本の結論は簡単です。

----------------------------------
要はお金ちになりたいならお金の心配をするな、ということなのです。
----------------------------------

ということです。



ただこの結論は簡単なのですが、では、どうすれば良いか?



ステップとしては、

----------------------------------
お金の不安をなくす

 ことと

お金を使う練習をする
----------------------------------

まずはこの2つで、その後に、

----------------------------------
自分の付加価値を付ける
----------------------------------

つまり、稼ぐ力ノウハウを身につける、という順番だということなのです。



お金への不安があって貧する生活を続けお金を使わない中で、苦しい努力をして自分の
付加価値をつけて稼ごう、としても稼げない、のです。



お金に困った状態の時に、どうやってお金の不安を無くすのか?というのは想像できない
と思いますが、そこに「天国貯金」というややトリッキーな考え方を紹介しています。
トリッキー、とはいってもお金という物質価値を精神価値に移行する、という図式は
しましていますから、そういうやり方が素直にハマる方は、効くと思います。



----------------------------------
お金は使えば使わなければ入ってこない(使うほど入ってくる)
----------------------------------

つまりお金を使うことを肯定することを、今お金の流れがない人に、分かってもらうのは
難しいですから、様々なやり方を体験してもらうしかないでしょう。



その中には「私はお金に困らない」と何十回も唱える、なんて竹村からみたら、笑っちゃう
アドバイスもありますが、人によってはこれが効く人もいるのかもしれません。

大昔、斎藤一人の本を読んで「ツイてる。ツイてる。」とぶつぶつつぶやき続け、そこから
流れが変わった人を1人だけ知ってます(笑)。




この本、全編を通じて共感でできる感覚があるのはやはり和田さんがフルコミッションの営業
での成功者だから、かと思います。

ブリタニカで脅威のセールス実績をあげて日本支社長まで出世した(2万人に1人)で、全世界
ブリタニカでも女性最年少支社長だったそう。25歳ですでに数千万の年収だった、という世界で
生きてきてますから、当然お金に困ったことはない。不運や挫折の時期はあったようですが、
基本、お金には困らない。



やはり「本当の営業力=他の人ならなかなか売れないものを沢山、簡単に売れる能力」これが
あれば「私はお金には困らない」と「お金の不安」は消えるはず、なのです。

そういう意味では子どもに能力をひとつつけさせるなら間違いなく「セールス力」なのだと
思いますね。






6.【竹村義宏物語】

昨年50を迎えましたので、半生記を「私の履歴書」風に。

私の人生50年を振り返っていきたいと思いますが、実は裏の目的としては、これまで
竹村の関わってきた方々について語ることです。

たとえば、FC本部社長だけで30人以上出会ってきたわけですから、その中から思い出
に残るやり取りを書くだけでも、かなり面白いのでは?と勝手に思ってます。

果たして何回になるか?は計算できません(笑)。

----------------------------------

<第49回>

今年は51歳の歳ですが、75歳、できれば80歳でもフランチャイズの仕事をしていたい、
と思ってます。ちょっと大げさですがそれを意識して仕事をしています。アウトプット
するような仕事は午前中のみ。午後は必要な面談やMTGなど、基本5時からは誰かと会食
しながら飲みモード、です。フリーで仕事をし始めた頃はたくさんアウトプットしようと
朝5時に起きて色々やってましたが、今は子どもたちより遅くまで寝てます(笑)。
こんなペースの仕事ならば、70でも可能でしょう。
セミリタイアしてどこかでボーッと余生を過ごしたい、と思ったことは一度もありません。
性に合いません。東進からベンチャー・リンクに転職する際に、そういうことも人生2度と
できないだろう、と思って当時お付き合いしていた女性と2ヶ月海外で過ごそうと思って
ハリキッて行きましたが、ホテルのプールでビールを飲んでボーッとしていたら3日で
飽きて結局1週間で帰ってきた、という経験があります。ベンチャー・リンクの人事の
人にはいい仕事するために2ヶ月ほどオーバーホールしてきます!と宣言していたので、
ホテルから、予定が変わり来週から出社します、と連絡したのを覚えてます(笑)。
これといった趣味もないので、セミリタイアしてもすることがないでしょう。
80まで仕事をする、といっても自分が興味あること、しかやならいと思うので、楽勝、
のはずです。そもそももう50の時点ですでに「仕事」をしているという感覚はかなり薄れて
きました。何かのためにここは我慢してなんとか踏ん張らなければならない、みたいな
局面はほぼ、なくなりました。
考えてみればフランチャイズという好きな分野で、気に入った人たちと、好きなこと
言ってやってるわけですから、いわゆる世にいう「仕事」とは随分違う、でしょう。
ただ「好き放題」やってりゃ人間いつの間にかクダラナイ方向に行っていつの間にか
落とし穴に落ちている、ということもみてきてますので、まぁ意識していることが2つ。
キーワードで言えば「若者」と「時代」ですね。大きな言葉過ぎますが。
具体的に言えば「新しい時代を常に肯定して優秀な若者からいい刺激を受けよう」という
ことです。これは80まで歳を取っていく最悪な姿を想像すれば簡単なこと、でしょう。
「時代の変化を受け入れず、理解できない若者を否定する老人」というのが最もなりたく
ない成れの果て、ですね。
「時代」に関しては「昔が良かった」なんて思ったことはこれまで一度もありません。
子ども時代なんてぜんぜん良くなかったですし、バブル時代を過ごした大学生の時も、
今より良かった、あの頃に戻りたいなんてこれっぽっちも思えません。自分の感覚として
明らかに歳を重ねるごとに時代は便利に豊かになってる、と思うので、「3丁目の夕陽」
をあの時代には夢があったなんて崇めてみてる意味がわかりません。その夢が実現して
「今」があるわけですから。平成と昭和どちらがいいか、なんて平成に決まってます。
少なくとも生活する、という意味では。
というような少々極端な時代感覚なので、今から10年後はもっと便利で楽しい社会に
なっている、と感覚的に思うわけです。
一方「若者」については若手の経営者と付き合うことが多くなって、やはりこの豊かな
時代を生きてきた優秀さをつくづく感じます。A.verの林さんと会った時が彼が28歳
で若い、と感じたわけですが、そこから20代それも前半なんて経営者と付き合うことも
多くなり、林さんをもう若い、とは全く感じなくなりました。
やはり子ども時代からパソコンでネットとつながってくるデジタルネイティブ世代という
のは、今の時代に合った能力が確実にあります。
これを会社だと50歳の部長が40歳の課長に指示して30歳の係長をリーダーにして若い連中
を育てていく、なんてやってるわけですから、いい仕事なんかできないだろう、と直感で
思いますね。

次回50回、あとがき的駄文を書いてこの連載を終えようと思います。

<つづく>







7.【編集後記】

和田裕美さんの「お金」の本について書きましたが、自分自身の「お金」についての
マインドは?というと…

正直、お金が好き、稼ぎたい度は和田さんの10分の1もない気がしますね(笑)。

この本の中に和田さんがブリタニカ時代に日本支社の営業マン向けに発したレターの
文面がそのまま掲載されていますが、自分がフルコミの営業マンで支社長からこの
メッセージをもらったらちょっと引くな、と思いました。



フルコミの営業では成功できないタイプ、なのかもしれません。



「お金」に関しては高校時代に何かで読んだ、

お金というのは「自由」という意味だ
千円より1万円の方が自由が10倍あることだ

というフレーズが刺さり、そこからマインドが変わりました。



何の本だったか、週プレの人生相談だったのか、もしかしたらマンガだったのか、
サッパリ思い出せません。



が、この言葉を知ってナルホド、と思い、ミスタードーナツでアルバイトをして、
「自由」を手に入れて、週末寮から外出して東京に行ってコンサートをみたりして
帰りにビニ本を買って寮に戻りました。

寮の仲間からも大いに喜ばれ、「自由」というものは素晴らしいものだ、と心から
思いました。

稼げば「自由」は手に入る。素晴らしい。



今もずっと「自由」は手にいれたい、そのために稼ぎたい、とは思ってますね。



今週はこんなところで。



最後までお読頂き、感謝いたします。

ご意見、ご要望は

ytakemu0729@gmail.com

まで、お気軽に。




竹村義宏 公式メールマガジン
【発行責任者】 竹村義宏
【公式HP】http://www.fc-takemura.com
【メインBiog】http:/http://ytakemura.hatenablog.com/
【Facebook】 http://www.facebook.com/yoshihiro.takemura


-------------------------------------

◆発行者:竹村 義宏の簡単なプロフィール

-------------------------------------

▼千葉県浦安市マリーナイースト在住の50歳、

妻と子ども3人の5人家族です。

▼平成元年、早稲田大学卒業後、

株式会社ナガセ(東進ハイスクール)に9年間勤務。

主に「東進衛星予備校」のフランチャイズ事業に携わる。

▼最初はなかなか加盟校の生徒が集まらず、

苦労するも、あるビジネス上のアイデアをきっかけに

全国で生徒が集まり出す。

▼オセロで黒が一気に白に変わっていくような快感を

ビジネスで体験しました。

▼これでフランチャイズの面白さに取り付かれ、

より幅広いフランチャイズの仕事がしたくなり、

フランチャイズ事業支援のコンサルティング会社

株式会社ベンチャー・リンクに転職。

▼ここで10年。

直接携わったFC本部は7つ、

フランチャイズは20以上になります。

▼ここでは、数多くの成功もしましたし、

失敗もかなりありました。

上場した本部も数多くあれば、

残念ながら短期で本部自体消えてなくなった

フランチャイズもあります…

▼2001年1月1日、21世紀の初日の出を、

ハワイへ向かう豪華客船「飛鳥」から

FC事業で大成功した社長の方々

と見たのは、古き良き(?)思い出です。

▼その後、

株式会社トータルサービス

(カーリペアを中心とするフランチャイズ本部)に移り、

「個人起業のフランチャイズ」について、

様々な勉強をさせていただきました。

▼2012年以降

「フランチャイズ起業」で成功確率を上げる、

をテーマにいくつかのプロジェクトで

フリーエージェントとして動いています。

このメルマガで興味をもっていただけましたら、

下記までお気軽に連絡ください。

▼仕事に関する問い合わせ等は

ytakemu0729@gmail.com

までお願いします。

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/17
部数 244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/17
部数 244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7300人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング