知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第403号をお送りします!


----------------------------------

竹村義宏 公式メールマガジン

「新フランチャイズ発想法」第403号

平成29年11月19日(日)配信

----------------------------------



今週もメルマガ開封ありがとうございます!



業界歴25年、40を超えるFCに関わってきた、発行人、竹村義宏が
フランチャイズを上手に利用するための「考え方」「情報」をお送りします。
今年で丸8年、ほぼ週1回日曜日に配信しています。



竹村のプロフィールはこのメルマガの最後にあります。



または下記のHPから御覧ください。
【竹村の公式HP】http://www.fc-takemura.com/



では、ここから本編です!



----------------------------------
1>竹村の一週間
2>NEWS&お知らせ
3>このFCニュースにひとこと!
▼すららネット、マザーズ上場承認…サービス拡大へ 他
4>Q&Aコーナー
▼何もないところから本部をやりたい!
5>今週の赤ペンチェック
▼「フェル先生のさわやか人生相談」by cakes
6>編集後記<GI マイルチャンピオンシップ予想>
----------------------------------



1.【竹村の1週間】

今週は毎月定例の予定が重なった週。火曜日は唯一参加してる経営者勉強会。10名以下の小規模な会ではありますが、5年、10年と付き合いが続く社長と定期的に話すのは、色々考えるベースになりますね。
翌日水曜、第3水曜日夜の定例会食の仙波会@目黒。この会は「今」ビジネスで付き合ってる社長たちと飲み食いする会。みんな儲かってる社長の方々ですが、あまりビジネスの話はしない、ならない感じ。そこがまたいいのでしょう。
その翌日木曜日はA.ver社関連のFCの勉強会。午前中武田塾、午後はShienグループ。Shienグループのほうは先月の社長交代発表からの新体制スタートの時期で、吉田新社長以下のメンバーは奮闘中。
ここはまだまだやらなければ、手を入れなければならないことが盛り沢山な感じ。この3ヶ月が勝負でしょう。
あと月曜日の夜は10年ぶりくらいに「牛角」の新店舗レセプションに参加。
牛角飯田橋西口店<https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13215238/> 
ベンチャー・リンク時代からの付き合いで現在は武田塾も3校舎加盟いただいているT社さんの店舗。当時は1週間に2つ、3つこんなレセプションが重なったりして、同じもんばかり食ってたなぁ、なんて。
けっこう久しぶりの「牛角」でしたがメニューがずいぶん進化しててビックリ。本部がコロワイドになって肉質UP、ですかね。






2.【NEWS&お知らせ】

▼今週のフランチャイズ・チャンネル

今週はこの3本が公開!

マクドナルドのV字回復について【VOL.2】|フランチャイズ相談所 vol.259
https://www.youtube.com/watch?v=4Oqircc5CCk

【話題作!!】マクドナルドの映画を見た感想を語る!!|フランチャイズ相談所 vol.260
https://www.youtube.com/watch?v=muX9i7wFy94

沖縄でFCは成り立つの?【前編】|フランチャイズ相談所 vol.261
https://www.youtube.com/watch?v=qGD1M-x8IYs



映画「ファウンダー」の話は少々古っくなってしまって、すいません、もう上映館が殆ど無いですね(笑)。
でもやはり日本での興行収入は上々だったようです。
http://thefounder.jp/

来年2月にブルーレイが出るようなんで家宝にひとつ買う予定(笑)。



沖縄でFCは成り立つの?、については【後編】が本日配信予定なので、来週のこの欄で総括したいと思います。



<<フランチャイズチャンネルでとりあげてほしいネタ、質問&相談を募集中です!>>

こんな話を聞きたい!などお寄せください!
info@fc-takemura.com

フランチャイズチャンネルのチャンネル登録はコチラ↓↓↓から。
https://goo.gl/qeJW7U






3>【このFCニュースにひとこと!】

このコーナーでは最近のFC関連のニュースについて、竹村の私見でひとことコメント、ときには少し長く解説していきます。



今週はまずはこのニュースから。

----------------------------------
すららネット、マザーズ上場承認…サービス拡大へ
https://resemom.jp/article/2017/11/13/41320.html
----------------------------------

「フランチャイズじゃないのにフランチャイズ以上」をウリ文句にFC塾を否定する戦略で展開してきた「すらら」が上場。
代表の湯野川氏は元ベンチャー・リンクなので、その立場からのFC否定はそれなりの説得力はある。

すららがフランチャイズ形式をとらない理由
http://suralajuku.jp/contents/column01.html

↑↑↑こんなの読んだら加盟金払ってFC塾に入ろうと思ってる層の何割か、は即決するでしょう。



ただ、その「すらら」を使った低初期投資で塾を開業した方々が成功しているか、というとそうではないのは事実。
一度このメルマガのQAでとりあげましたが、その後も「すらら」で開業したが生徒が集まらない、という相談は定期的に一定数きます。

ただ、「すらら」の元をたどれば、VL時代にこれ(の元になったシステム)を使って実験塾をつくってが、生徒の評判は悪くないのに生徒が集まらなかった。
相当に優秀な人材を教室長にすえて、VL式のかなり精緻な生徒募集戦略を駆使しても生徒募集に成功しなかったのだから、この型の学習塾は「すらら」とは別の要素がなければ生徒は集まらない。



「すらら」は生徒を教えるツールとしてはそこそこ完成されてるが、「集客力」はない、のです。



しかし、この「すらら」といい、先日の「まごころ弁当」といい、どうも業界的にはパっとしないところの上場く感じ(笑)。
とはいえ、「すらら」は塾起業のツールとしては中途半端でも、システムとしては悪いものではないので、ビジネスとしてはいろいろ発展性はあるのかな、とも思う。



あとは記事としては、コレ。

----------------------------------
コンビニ業界「北の異端児」吠える〜セコマ社長「既存ビジネスモデルは限界。我々は直営主体」
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/102700177/102700007/
----------------------------------

セイコマじゃなくてセコマ。これはFC関係者は一応読んどくべき、かと。
「北海道という特殊地域だから」ということが前提ですが、「FCでは絶対成り立たない、直営だから商売できる」ということがある、ということがわかる。

----------------------------------
店舗を作るには初期投資が必要ですから。多少の無理があっても、オーナーさんは長時間営業して「元を取る」インセンティブが働きます。ところが身を粉にして働いても、もともと商圏は極めて小さいわけです。オーナーが生活できるだけの売り上げを確保するのは難しいのです。
----------------------------------

人口900人の町でFCなんて、そりゃ無理(笑)。

あと、店としてはいわゆるコンビニのイメージよりかなりスーパーに近い、なんでもそろうミニスーパーのイメージ。
大手コンビニが出店できないというエリアをメインにしているわけですから、企業としては競合もなくかなり安定経営、でしょう。



コレも。

----------------------------------
フジタコーポがストップ高カイ気配に張りつく、4-9月期最終黒字転換と業績改善
https://minkabu.jp/stock/3370/news/1403678
----------------------------------

フジタコーポは北海道苫小牧市本社で飲食を中心に20を超えるFCブランドを運営するマルチFCザーの代表。
なので個々の業績はけっこう注目。

「ミスドの集客力が高まっている」との関連記事で。

----------------------------------
ミスドがごはん? あのラーメン店も驚きの変身
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3212365.html
----------------------------------

「ミスドゴハン」で大きな路線転換、とありますが、これまでも飲茶、そば系、チャーハンとかはあるわけですが、確かにそれでランチしてる人はあまりいないイメージ。
そもそも「なぜミスドに飲茶があるのか」が定期的にネットで話題になる。

なので、おやつのイメージが強いドーナツ頼みの一本足打法から脱却して、朝やランチタイムに客を呼び込むための、パスタやピザなどということ。



そして、

----------------------------------
都内を中心に人気のナポリタン専門店『スパゲッティーのパンチョ』が、フランチャイズ募集を開始!その名も「ナポリタンのれん会」!
https://www.value-press.com/pressrelease/192416
----------------------------------

パンチョ、ですね。

----------------------------------
通常の本部主導ですべてを決定するフランチャイズ契約ではなく、全国に新たなナポリタン世代の創出を目的とし本部と加盟店様が理念共同体となり活動をしてまいります。
----------------------------------

ということなので、食材供給で利益を得るVC的な契約かと思わせて、普通に加盟金(300万)、ロイヤリティ(3%)の設定。
モデルどおりの営業利益20%なら、いいチェーンになりますが。



あと最後にコレ。

----------------------------------
コンサル歴30年のスペシャリストが語る、独立開業で知らなきゃ損するフランチャイズ基礎知識
https://dokuritsu.mynavi.jp/promo/fcsv/?ec=t_read
----------------------------------

おじいちゃんコンサル代表の内川先生の。
正直読んでて首をひねりたくなる部分もありますが、ではこれらの質問に自分が答えるとなると、と考えると実はなかなか難しい(笑)。

タイトルどおり「基礎知識」としてはよくまとまってるかも。






4.【Q&Aコーナー】

このメルマガによせられたり、面談などで直接出た相談・質問の中から読者の皆様に
シェアして役立つというものを選び、質問に回答していきます。

時には「人生相談風」に、時には「知恵袋」風に。

このコーナーへのご質問・相談は随時受け付けます。
info@fc-takemura.com



あるいは、下記ホームページのコンタクト欄よりおよせください。
www.fc-takemura.com



それでは今週の相談、です。


何もないところから本部をやりたい!
----------------------------------
Q.このメルマガを3ヶ月前に知り、バックナンバーをかなり読みました。そこから現在「フランチャイズ本部」の運営に大変興味をもっております。
私は現在サラリーマン2社目の総合コンサルティング・ファームで仕事をしており将来はコンサルタントそしての独立でライフプランを考えておりましたが、
竹村先生の「FCは弱者の戦略で何もないところから本部もできる」というフレーズに共感したことにより、様々なビジネスアイデアが湧いています。
「何もない」といってももちろんこれまでの仕事の経験から発想したものが基本でそこに、経験からの人脈を組み合わせることが可能です。
まずは一度お会いしてディスカッションさせていただければと思います。

東京都 ●●●●●●●●●社 シニアコンサルタント Cさん
----------------------------------

A.「FCは弱者の戦略で何もないところから本部もできる」これは誇張した表現でもなく、現在リアルに「何もなくても」卓越したFC向きのビジネスアイデアがあれば、FCというビジネスモデルを展開することは可能です。

「卓越したFC向きの〜」をもう少し丁寧に言えば、利益率が高く参入障壁がそこそこあり他人に任せても成功できるビジネス、ということです。商売を考えている相手から「その超絶に儲かりそうな商売を金払うから教えてくれ!」と言われるくらいのモデルです。
こう書いてしまうと、そんなビジネスめったにないでしょ、と思われるかもしれません。ただ当たり前ですが「めったにない」と皆が思う裏にスゴイ成功はあるのです。
●社のシニアコンサルタントということですから、そんなことぐらいは百も承知だと思いますし、ビジネス偏差値は超絶に高いお方からでてくる「FCになりそうなビジネスモデル」は非常に期待しますので、ぜひお会いしてまずはディスカッション(笑)、させていただきたいと思います。

ただ、その前にひとつご理解いただきたい重要な話があります。
それは「FC本部になる」には儲かる(相手を儲けさせる)ビジネスモデルと合わせて、本部としての「覚悟」が必要だ、ということです。

ここで竹村がベンチャー・リンク時代に関わった「牛角」というFCの話をしましょう。
短期間で「牛角」は全国に拡がった成功FCですが、牛角というFCは小さな不動産屋を経営していた西山氏が考えた焼肉屋1店舗から始まっています。
「考えた」といっても自分が行きつけだった繁盛してる焼肉屋からイマジネーションをうけて、これなら自分でできそうだ!ということでその店をマネてつくった店です。

その店がそこそこ繁盛した時に「サンマルク」の成功について知る。サンマルクは岡山で2店舗だったベーカリーレストランが、ベンチャー・リンクというFC支援会社と組んでFC展開に成功し全国100店舗になった、という成功事例を知ったわけです。
そこから西山さんは即VL社にやってきて「牛角」をサンマルクみたいにして欲しい、と頼み込む。そこでVL社が出した提案は、関連会社である日本LCAのコンサルティングを受けること。これが年間1000万。
もちろんFCとして成功させるための様々な構築をするためのコンサルなわけですが、展開が約束されているわけでもないのに1000万。その時点での西山さんの会社規模としては普通には出せない金額であったはずですが、それをのむ。

これがひとつの「覚悟」であり、「FC展開に賭けた」ということです。そして、そこから時間が経過し、いよいよFC募集を始めるという時期にVL社のトップである小林社長は西山さんに強烈な条件を出します。
それは「まだFCとして不安定なので、赤字店が出る可能性がある。赤字店は全部直営が買い取る、それが条件」というものです。ただ、この条件を西山さんは即答でOKした、というわけです。
後から聞けば、「もちろん赤字店舗を買い取るお金なんてその時点であるわけない、ですが、あそこで少し考えさせて下さい…なんて言えるわけない、じゃないですか(笑)」ということ。
これも覚悟、小林社長もそこを試していた、というわけです。

どうでしょう。「牛角」はいわば何もないところから大成功したFCとなった、わけですが、その始まりはこの西山さんのFC化に対する「覚悟」だったと思います。
どんな優れたビジネスモデルを提案するにしても、やはりFC化して前に進めるのであれば、どこかでCさんの「覚悟」が問われる局面はあると思います。
多くの他人、場合によっては大きな会社を巻き込み、その方々に大金をベットしてもらうわけですから。

FC本部は成功したら大きい夢がありますが、カンタンではありません。成功確率が高いか低いか、といったらやはり低い、でしょう。それでもその夢に賭けるか、それが、まず「覚悟」だと思います。






5.【今週の赤ペンチェック】

このコーナーは竹村が、日々読んだ本や聞いた話等の「日々情報」から刺激を受けて、考えたことなどを綴っていきます。
竹村の健忘録的なところもありますが、参考になればと思い公開します。フランチャイズとは直接関係ないものも多くなると思いますがご了承下さい。

今週はこのフレーズ。

----------------------------------
「即断即決」をしているように見える人には、実は二種類あることをご存知ですか? 見えないところでジックリ悩んで、その姿を決して見せない人と、本当に即断即決の人です。

「フェル先生のさわやか人生相談」by cakes
----------------------------------

フェルディナント・ヤマグチ氏です。



この日経ビジネスのコラムが好評の車関連の連載が好評のようで、これでご存じの方が多いかも。

フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090512/194452/



竹村としては、大昔「週刊SPA!」の連載でその名を知って、そのコラムに注目してました。


それが編集されたのがこの本。

「恋愛は投資である」 単行本  2008/9/6
https://goo.gl/FGAAca

もう10年も前の本なんですね…

ちなみにこの本にはフェル先生流の、女性を「物件」にみたてて「時間と金」をかけて投資して利食っていくその哲学と手法が学べます。
ヤリ目な感じはせず、そのた対極にある幸せ感が漂うのがフェル先生流、だと言えます。



今思い出しても、この本で学んだ、

----------------------------------
女性に対する「積極的」と「親切」の境目
----------------------------------

というのは、当時楽しく生きる上では大いに役立ちました(笑)。



近頃はそんな思考使う局面はめっきりなくなりましたが、あの時期それを学んでなかったら「今」はない、でしょう。
フェル先生に感謝です。



ちなみに、最近この分野では、恋愛工学を提唱している藤沢数希氏がいますが、昨年出て話題になった「ぼくは愛を証明しようと思う。」を読んでも、竹村的にはフェル先生の深さとあたたかさ、に断然軍配です。



ということで、以前、このコーナーで林伸次「ワイングラスのむこう側」をとりあげた気がしますが、林さんのそれとフェル先生、この2つの連載を読むために「cakes」を定期購読している竹村です。

で、「フェル先生のさわやか人生相談」。
https://cakes.mu/series/14


フェル山先生の専門分野はもちろん「恋愛」なので、だからこの「人生相談」も恋愛系、が多い。

----------------------------------
不倫している夫を、まだ好きで悩んでいます【251回】
風俗で性病をもらってきた夫と、どう向き合うべきか【第248回】
低収入の彼との結婚に反対されています【254回】
夫との性行為を「体と時間を貸してる」だけに感じて苦痛です【第246回】
フェル先生の思う「いい女」って何ですか?【第235回】
----------------------------------

恋愛系というよりセックスまわり系、ですかね(笑)。



ただ、そこを離れた相談も実にいい回答をされます。
例えばこの回。

----------------------------------
悩まず即断即決するための、いい方法はありますか?【第247回】
https://cakes.mu/posts/17820
----------------------------------

半年間悩みに悩んだ末に、ようやく転職する決心が着いたという広告営業28歳からの質問。仕事のこと、結婚のこと、趣味のこと、そういうことを即断即決していける自分になりたい、と。
決断が遅い理由は後悔が怖いからだと分かってる、でも、この怖さをどう克服すればいいのか分からない、と真剣に悩んでいる。



そんな28歳にフェル先生は言いますね。

----------------------------------
悩む時間を減らしたい? しかも精度は落とさずに? あなたね、甘ったれちゃいけませんよ。ラクして良い結果を得ようだなんて、ご都合主義にも程が有ります。人生を舐めちゃいけません。
----------------------------------

フェル先生は人生は「彫刻をつくるようなもの」と言います。

----------------------------------
慎重に、丁寧に、これ以上無いほど注意深く。ゆっくりゆっくり彫っていく。美しく仕上げるには、徹底的に細部にこだわらなければいけません。しかし出来上がった彫像が三頭身のゆるキャラ風じゃ困りますから、つねに全体像も見渡さなければいけない。時間が掛かるのは当たり前です。悩んで悩んで悩み抜いた末に出来上がった作品だからこそ、人の心を揺さぶる力強い芸術になるのです。
----------------------------------



何でもスパッと決められて、しかもその結果がいつも良好である、みたいな人がいる、という意見には、

----------------------------------
「即断即決」をしているように見える人には、実は二種類あることをご存知ですか? 見えないところでジックリ悩んで、その姿を決して見せない人と、本当に即断即決の人です。傍から見れば同じですか、内容と結果は死ぬほど違います。
----------------------------------

とこれまた、バッサリ。



これ、そうですよね。

竹村も「重要な事だから考えさせて」というのはオカシイ、と思ってます。

重要なことだからこそ、いつも悩み、考えてるからこそ、すぐに答えれれるはず、なのです。



重要な事だからこそ、即答で「基本的にはAですよ」と方向を示せないとオカシイ、と思います。



最後にフェル先生のお言葉。

----------------------------------
精度を維持したまま、悩む時間を短くする方法なんてありません。それは「レオナルド・ダ・ヴィンチと同レベルの絵画を、ササッと描ける方法は有りませんか?」という質問と一緒です。
----------------------------------

横着をしないで存分に悩んで下さい、と。



ということで、この連載がついに本になるんですね。

フェル先生のさわやか人生相談
https://www.amazon.co.jp/dp/4862562205/

予約しました。






6.【編集後記<GI マイルチャンピオンシップ予想>】



人生も流れ、運も流れ、もちろん競馬も流れ。

この秋のGIにおけるミルコの引きっぷり、攻めての当たりっぷりは脱帽するしかない感じ。

一方流れをしくじったのが武豊。キタサンBで引き寄せた流れをベロベロからのフライデーで手放し、マイルCSのエアスピネルがムーアとは。これが社台の厳しさか。

そして、もうひとり、かつてのリーディングジョッキーが2年以上も流れから見放され、今年も反転攻勢の芽をつぶしてるかにみえる岩田J。
昨日落馬してその後の乗り替わりが、メインRの池添Jの激勝を含めて4戦2勝2着2がふたつ。こんなことあるんだろうか?と思うがそれが流れ。

そんな馬に跨る人間の流れに、馬主、厩舎の思惑が絡んで最後は馬の能力、それがどこまで噛み合うかでゴール順が決まる。

今年のマイルCSは団栗の背比べ。
8番人気までが単勝10倍台、三連単と三連複の連動してないオッズがそれを示して、ヘタレな競馬評論家なら「何が勝ってもおかしくない」という逃げのフレーズで茶を濁しそう。

であれば狂ってもここまでか、と皆が思うより下、単勝50倍以上の中から夢を買うのが当方の流儀。
◎は3 ヤングマンパワー。3連勝から臨んだ昨年は単勝4番人気(7.4倍)が今年は13番人気。前走の毎日王冠を見れば衰えた感じもない。
鞍上の石橋Jは、流れどうこうではなく今年実力が開花、まさに腕が上がった騎手。このところの人気馬に跨ったときの安定感はトップジョッキー以上のものがある存在感で、いつかGIでもその腕を証明するはず。

他には当初◎予定も穴人気し過ぎでやめた10 クルーガー。前走人気薄から激走させた内田Jからシュタルケへのチェンジ、これまた社台の厳しさ。
人気どころではCデムの7番を厚めにして、爆穴は昨日の流れから14 ガリバルディ。



今週はこんなところで。



毎回最後までお読み頂き、感謝いたします。



ご意見、ご要望は

info@fc-takemura.com

まで、お気軽に。



竹村義宏 公式メールマガジン

【発行責任者】 竹村義宏
【公式HP】http://www.fc-takemura.com
【Facebook】 http://www.facebook.com/yoshihiro.takemura


-------------------------------------

◆発行者:竹村 義宏の簡単なプロフィール

-------------------------------------
フランチャイズ・プロデューサー。

1966年茨城県取手市出身。清真学園高校から早稲田大学卒業後、平成元年株式会社ナガセ(東進ハイスクール)入社。東進衛星予備校のFC展開に携わる。
平成9年にFC総合支援企業であるベンチャー・リンクに転職。同社にて「車買取専門店ガリバー」を皮切りに「炭火焼肉酒家牛角」「TULLY'S COFFEE」「ITTO個別指導学院」
他、有名FCの加盟開発を経験。平成19年同社退社後、脱サラ個人起業向けFCのトータルサービス社に入社、パートナーサポート部マネージャーとして全国1000FCのサポート業務を経験。

平成21年フリーランスとして独立。「個別指導学院ヒーローズ」など複数のFC開発のプロジェクトに参画。
現在は業界を革新する可能性のあるビジネスの発掘からFC化を行い、その全国FC展開を支援する、FCプロデュース業を中心に活躍中。『エコランドリー マンマチャオ』では副業型FCとしてコインランドリーブームをつくり、
『日本初!授業をしない塾 武田塾』では営業マンをおかない新方式の加盟開発でFC募集開始から3年半で全国150校舎という成功例をつくりだす。

妻と子ども3人の5人家族+猫1匹で、千葉県新浦安在住。



▼仕事に関する問い合わせ等は



info@fc-takemura.com



までお願いします。

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/11/19
部数 244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/11/19
部数 244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング