富山販売士協会メールマガジン

富山販売士協会メールマガジン 2009年11月号(第5号)


カテゴリー: 2009年11月05日
富山販売士協会メールマガジン 2009年11月号(第5号)

                編集&発行:富山販売士協会
                    
http://www.toyama-hanbaishi.org/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   このメールは、以下の方を対象に配信しています。
  1.富山販売士協会に所属している方
   2.販売士検定を受験、販売士資格を更新する際などに配信希望された方
  3.販売士制度に興味があり、配信を希望された方
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   
【目  次】

● 編集より

● 最新情報

■ 編集より
先日、百貨店の大和から再生計画が発表された。7店舗中4店を閉店するという大掛かりなリストラだ。
百貨店業界自体が時代に取り残された感があり、地方百貨店も例外では無かったようだ。
確かに40代の私にとって大和は、わざわざ、それも車の便の悪い所まで行こうという動機を与えてはくれない。
百貨店に縁のない世代だからという理由もあろうが、それだけだろうか。
私が子供の頃は大和といえば憧れの場所だった。前日からワクワクして、当日は一番良い服を着せられたものだ。
それがいまやおばちゃましか行かない。どうも消費者とかい離しているとしか思えない。
先日のセブンイレブンの講演が思い出される。仮説し検証しながら消費者のニーズ・シーズを探り捉える。
そんな努力をせずに長年あぐらをかいてきた。そんな風に想像してしまう。
しかし、百貨店は中心商店街の核でもあるから話は大きくなってしまう。
ただ商店街も努力をしてきたのかと思わざるを得ない。
百貨店や国の補助金への依存。総論賛成各論反対。まちのことより自分優先。
戦後から高度成長時代への「国のため」「よりよい生活のため」という社会的な目的・目標は今や無い。
商道はどこへいったのか。
こんな状態で子供達へ良い時代を残せるのか?
親としての課題は大きい。(吉田誠)


■ 最新情報
例会
10月21日(水) 19:00~20:30 とやま市民交流館 学習室5

(1)日本販売士協会運営懇談会報告(平井会長、吉田)
・富山、福井、大阪、福山が参加
・各協会の現状調査報告
 協会数 30
 会員数 2,370名
 一協会あたりの会員数 平均82名 多いのは21~40名
 年会費 平均3,000円 最高額12,000円(金沢) 最低額500円(新潟)
 予算 平均135万円 最高1,002万円 最低 0円 当会 80万円
 商工会議所からの補助金 平均10万円
・意見交換
 会員勧誘 表彰式の開催(福山)、合格証に案内同封(大阪)
 収益事業 更新研修会の共催(大阪、福山)
 商工会議所とのコミュニケーションがとにかく大事

(2)ベストショップコンテスト報告(成川さん)
店舗巡回 10月7日、9日午前
審査会  10月9日午後
表彰式  10月28日13:30 富山商工会議所にて
参加店  28店舗

(3)視察会
日   11月27日(金)
場所  軽井沢プリンスショッピングプラザ
集合  8:30富山空港
参加者 平井会長、荒川副会長、平野先生、吉田寛さん、畔田さん、林さん、吉村さん
    (未定 野村副会長)
会費  3,000円(予定)
交通費 会負担
食事代 個人負担

(4)大黒さん退会報告
初代会長の大黒さんから今年度で卒業との申し出あり

(5)新年会
日時 平成22年1月19日(火)18:30~
場所 後日連絡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
例会は今回で年内は最後となりました。視察会を除けば、みなさんと会うのは年明けの新年会です。
あっという間に年の瀬が近づいています。
「今年は出来なかったから来年こそ」ではなく、残り2ヶ月の今年中にしよう!
と自分に言い聞かせています。
インフルエンザが迫っています。手洗い&うがいをして十分注意しましょう。
(吉田誠)

■編集・発行 :富山販売士協会
        http://www.toyama-hanbaishi.org/
 メールマガジンに対するご意見・お問い合わせ、配信停止やアドレス変更
をご希望の方は、お手数ですが、「お問い合わせ内容」「お名前」を明記のうえ、
以下までご連絡ください。
 富山販売士協会事務局:http://www.toyama-hanbaishi.org/
            FAX 076-493-4420

このメルマガは現在休刊中です

富山販売士協会メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2010/07/20
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

富山販売士協会メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2010/07/20
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング