TIPS通信

【TIPS通信470号】希少な生きものを守るには


カテゴリー: 2018年06月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2018/6/15  第470号
          ☆★☆ TIPS通信 ☆★☆

         ▼消費生活アドバイザーの知恵が満載▼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【希少な生きものを守るには】

こんにちは、身近な自然観察アドバイザーのmimosaです。

昨年から、市民ボランティアによる湿原での保全活動支援に携わっています。
たとえ雨天でも、寒い冬も、猛暑の夏も、四季を通じて活動に参加される市
民の方々の熱心さと、自然に対する知的好奇心の高さに心打たれます。保全
管理の作業は決して楽ではありませんが、動植物を観察したり、自慢のカメ
ラで撮影など、思い思いに自然を満喫しながら、仲間との会話もはずんで楽
しげです。モットーである「楽しんで活動する」を実践されているからこそ、
継続できているのだと思います。

6月の湿原では、トキソウ、カキラン、ノハナショウブなど、初夏の花々に
出会うことができます。湿原の花には派手さはありませんが、つつましやか
な美しさがあります。また、ハッチョウトンボやヒメタイコウチなど、湿原
ならではの生きものが間近に観察できるのも楽しみです。

初夏の湿原を訪れるお目当ての一つは、トキソウの花かもしれません。トキ
ソウは、ラン科の多年草で、日当たりの良い湿地に生育します。トキソウ
(朱鷺草)という名前は、花の色が特別天然記念物の鳥、トキ(朱鷺)の色
をしていることから名付けられました。

日本のトキは絶滅してしまったことは誰もが知るところですが、トキソウは
現在、環境省のレッドデータブックでは準絶滅危惧(現時点では絶滅危険度
は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のあ
る種)とされ、夏の湿原の花の代表格であるサギソウも同じく準絶滅危惧で
す。

レッドデータブックは、環境省が絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト
(レッドリスト)に掲載された種について、生息状況等をとりまとめ編さん
したものです。レッドリストでは、種ごとに絶滅のおそれの程度に応じて、
絶滅、野生絶滅、絶滅危惧、準絶滅危惧など、カテゴリー分けをして評価し
ており、環境省がレッドリスト2017で選定した絶滅危惧種の総数は3,690種
にものぼります。

レッドリストの数多くの多様な生きものは、掲載されたことによって、必ず
しも保全され、絶滅などを免れて安心というわけではありません。実際に保
全していこうとするならば、周辺の環境も含めるなどして、地域において天
然記念物や自然保護地区に指定するなど、さらなる対策が必要になります。
しかし、せっかく指定された場所も、環境が維持できないと、指定取り消し
の可能性もあるようです。

ハッチョウトンボは体調が2センチほどの世界最小級のトンボとして人気が
あり、トキソウやサギソウなどは、その美しい姿から保護の対象としてはわ
かりやすいでしょう。さらに、湿原という環境は、特有の動植物が数多く生
息・生育して、生物多様性が高いので、保全していくことの重要性も理解さ
れやすいかもしれません。そういう条件が揃っていることもあり、私が関わ
っている湿原は、貴重な生態系として市の天然記念物に指定されています。

レッドデータブックには、私たちが名前も聞いたことのない、一生出会うこ
とがないであろう生きものも多く掲載されています。野生生物が絶滅する原
因は、開発や乱獲、環境汚染、人が持ち込んだ外来生物、地球温暖化など、
そのほとんどが人間活動によるものです。人知れず姿を消していく生きもの
に関心を持つことはなかなか難しいものですが、それらを絶滅させないため
に私たちができることは、何なのでしょうか。

湿原の市民ボランティア活動においては、近隣に生える希少な植物のうち、
衰退が心配されるいくつかの植物の苗を活動地に植栽し、その生育を見守り、
保全していくという取り組みが始まりました。難しいことを考えても始まり
ません。まずは、自然の中での楽しみを見つけて、関心をもつこと、そして、
小さなことでもできることを実践していくことが大切ではないでしょうか。

生きものたちが、ずっとあるべき場所で生きられるように、懐かしい風景が
なくならないように。楽しみながら、活動を長く続けていくことで、絶滅危
惧種を一つでも減らすことができればうれしいことです。

====================================================================
 
■ 発行:くらしの情報発信研究会
■ 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
■ Copyright (C)2018 くらしの情報発信研究会
■ 掲載記事の無断転載を禁じます。

====================================================================

TIPS通信

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 108部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

TIPS通信

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/15
部数 108部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング