「税理士いらず」の使い方

「税理士いらず」の使い方 ≪第3号≫


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       「税理士いらず」の使い方

                      2008.12.12 ≪第3号≫
   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  税理士いらず              http://www.z-irazu.jp
   小規模法人のための算書・申告書一括作成タイプの税務会計ソフト
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■□ 本日のメニュー ■□■ ----------------------------------------
 ☆はじめに
 ☆入門編(2) 〜仕訳を入力してみる(その1)〜
 ☆よくあるお問合せ 〜作成した申告書はそのまま税務署に提出できるの?〜
 ☆お知らせ 〜マイナーバージョンアップ予定のご案内〜
 ☆次回予告

========================================================================
■ はじめに
========================================================================

今回から「税理士いらず」の画面イメージやPDFイメージなどをまじえながら
ご説明させていただきます。

ご説明の途中で必要に応じてURLをご案内しますので、そのURLをクリック
すると、ご説明中の画面イメージやPDFイメージをブラウザでご覧になれます。

なお、画面イメージは画像の鮮明度を落とさないために、1280 * 1024 の解像度
のスクリーンショットをそのまま掲載していますので、お客様のディスプレイの
解像度がそれ以下の場合には、ブラウザの縦横のスクロールバーを動かさないと
全画面をご覧になることができませんので、ご了承ください。
なるべく、1280 * 1024 以上の解像度で、全画面でご覧ください。

※「税理士いらず」の動作条件としても、なるべく、1280 * 1024 以上の解像度
 のディスプレイをご使用になることをお勧めしております。

また、このメルマガでのご説明は、会計処理やパソコンの操作にあまり詳しく
ないお客様向けのご説明となっていますので、読者の方の中には、若干、説明が
冗長に感じられる方もおられると思いますが、分かる方は読み飛ばしながら
読んでください。

========================================================================
● 入門編(2) 〜仕訳を入力してみる(その1)〜 ○
========================================================================

それでは、入門編(2)を始めます。
前回の入門編(1)では、仕訳入力せずに決算書と申告書を作成しましたが、
今回は、仕訳を1件だけ入力してみます。

まず、前回作成したテスト会社の「会社基本情報」の設定状況を確認して
みましょう。
以下のURLをクリックしてみてください。
 テスト会社の会社基本情報 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/001.html

ご覧のように、「株式会社メルマガ商事」という会社名で、

 従業員数:1名
 資本金 :1,000,000 円
 決算期 :第1期
 会計期間:平成20年4月1日 〜 平成21年3月31日

と登録されています。
また、右側の「決算調整」の設定は、既定の設定のままで、

 減価償却    :する (定率法)
 棚卸      :しない
 未払法人税等計上:する

「消費税設定」は、資本金1千万円未満で1期目なので、免税となっています。
「申告書様式選択」は「会計期間」の設定により、「平成20年4月1日以降」
となっていて、特殊支配同族会社は該当せず、申告区分は青色です。

この「会社基本情報」の設定はとても重要で、1つでも設定が違うと、決算処理
の方法や申告書の記述内容、算出する税額などが大きく変わってしまう場合が
ありますので、充分に確認しておく必要があります。

------------------------------------------------------------------------
それでは、仕訳を入力してみましょう。

画面上部に、「ファイル」、「編集」、「設定」などのメニューが並んでます
ので、「伝票入力」メニューを選択して、表示されたプルダウンメニューから
「マニュアル入力」を選択します。
このメニューを選択する操作イメージは以下のようになります。
 マニュアル入力の選択 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/002.html

この「伝票入力->マニュアル入力」メニューが通常の会計ソフトと同じイメージ
で仕訳入力するためのメニューです。

画面右上の「追加」ボタンをクリックすると、仕訳を入力するための
「伝票追加」ダイアログが表示されます。
画面イメージは以下のようになります。
 伝票追加ボタンをクリック ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/003.html

------------------------------------------------------------------------
キーボード操作で仕訳を入力する方法は、2通りあります。

 1)キー項目による入力

  「キー項目」とは、「設定->キー項目」メニューで登録されている
  借方科目、貸方科目のセットです。
  予め登録しておけば同じような仕訳を入力するときに、自分が分かりやすい
  言葉で仕訳入力できます。
  たとえば、

   キー項目 借方科目  貸方科目
   電車賃  旅費交通費 現金

  と登録しておけば、キー項目として、「電車賃」を指定すれば、

   旅費交通費/現金

  の仕訳を作成します。

 2)複式簿記による入力

  この入力方法は、通常の会計ソフトと同じように、借方科目、貸方科目を
  個別に指定して入力する方法です。

どちらの方法で仕訳入力しても、仕訳日記帳に取り込まれた段階では、同じです。

------------------------------------------------------------------------
では、今回、1件だけ入力する仕訳として現金売上100万円を入力してみます。

「キー項目」の部分の▼をクリックするとプルダウンメニューで登録されている
キー項目一覧が表示されますので、「現金売上」を選択します。
画面イメージは以下のようになります。
 現金売上を選択 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/004.html

次に金額欄に、1,000,000 と入力してから、「設定」ボタンをクリックします。
 金額を入力 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/005.html

これで、1件の仕訳が入力できました。
画面イメージは以下のように変わります。
 仕訳を1件入力 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/006.html

ここで、画面右上の「OK」ボタンをクリックすると、このとき初めて
この仕訳が仕訳日記帳に転送されます。

------------------------------------------------------------------------
「帳簿->仕訳日記帳」メニューで確認すると、確かに仕訳が取り込まれています。
 仕訳日記帳の確認 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/007.html

ここで、仕訳日記帳に取り込まれた仕訳は、もちろん、「帳簿->元帳」メニュー
でも確認できます。
 元帳の確認 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/008.html

------------------------------------------------------------------------
さて、今回は、この1件の仕訳だけで決算してみます。

前回同様、ツールバーの「決算」ボタンをクリックします。
前回もご説明しましたが、この状態では、まだ決算書は確定していませんので、
「決算」ボタンはクリック不可能です。
「決算書作成」ダイアログの右下の「未払法人税」ボタンをご覧ください。
 決算書作成ダイアログ ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/009.html

「未払法人税」ボタンの□の枠にチェックが付いてません。
これは、まだ、「未払法人税」処理が完了していない、という意味です。

一方で、「減価償却」ボタンや「棚卸」ボタンはクリックできない状態となって
います。
「減価償却」ボタンがクリックできないのは、この場合は減価償却仕訳を作成
する必要がないからです。現金売上の仕訳が1件だけなので、当然です。
また、「棚卸」ボタンがクリックできないのは、冒頭で確認した「会社基本情報」
の設定で、「棚卸:しない」に設定されているからです。

このように「税理士いらず」は、決算処理をする時点で入力されている仕訳や
「会社基本情報」の設定などを参照して当期にどの決算調整処理を行うべきかを
判断します。

------------------------------------------------------------------------
それでは、決算調整処理を行うため、「未払法人税」ボタンをクリックして
みましょう。

以下のように、「当期納税額と税率の設定」というダイアログが表示されます。
 当期納税額と税率の設定 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/010.html

この場合、第1期目なので、「前期未納税額」や「当期発生税額」の表示は
ありません。

このダイアログの下の部分は、税率などの設定状況や消費税設定状況の確認です。
税率設定などは、東京都を基準として既定の表示をしていますが、都道府県に
よって、税率や均等割額が異なる場合には該当する数字をマウスクリックすると
金額などが反転して、修正できるようになっています。

ここでの税率などの設定が、そのまま税額計算のベースになるので、間違えの
ないように確認してください。
「消費税設定」については、基本的には「会社基本情報」で設定されますので、
ここでは確認するだけです。
ただし「課税区分」の強制変更は、このダイアログで行えます。

------------------------------------------------------------------------
また、左側のシーケンスメニューに着目してください。

「税理士いらず」は、この「未払法人税」処理で、実際には申告調整処理を完了
してしまい、すべての税目の税額を計算してしまいます。
つまり、内部的には、この段階で、所得と税額を確定してしまいます。
そのために、確認したりお客様の入力が必要な別表などが順番に表示されます。

この場合は、「交際費損金不算入」などのサイドメニューは非アクティブ状態に
なっています。これは、交際費仕訳がないからです。
このように、この場面でも、やはり設定や仕訳の入力状態から、どの申告調整が
必要かを「税理士いらず」が判断済みです。

------------------------------------------------------------------------
それでは、ダイアログ右上の「設定」ボタンをクリックしてください。

すぐに、申告調整処理が完了し、所得と税額を計算して、ご覧のように
「税額集計表」が表示されます。
 税額集計表 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/011.html

「閉じる」ボタンをクリックすると、決算調整処理が完了し、めでたく
確定決算書ができあがります。
ここで、初めて「決算」ボタンがクリック可能となります。
 決算調整処理完了 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/012.html

でも、これで終わりではありません。
前回もご説明したように、新たに作成された確定決算書は、お客様自身に
一度、確認していただきます。

「決算」ボタンをクリックすると、決算書の表紙から順番に確定した当期の
決算書を確認することができます。
 確定した当期決算書の表紙 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/013.pdf
 (貸借対照表)      ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/014.pdf
 (損益計算書)      ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/015.pdf
 (販管費内訳書)     ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/016.pdf
 (株主資本等変動計算書) ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/017.pdf

上記の確定決算書で、最後のページの「株主資本等変動計算書」の日付や役員の
記名欄は、「決算書作成」ダイアログの「当期変動額」ボタンをクリックすると
「後半文章」を編集することができます。
 株主資本等変動額 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/018.html

このように、決算書の確認が完了すると、ツールバーの「法人税」、「地方税」、
「消費税」、「概況説明書」ボタンがクリック可能となり、後は「税理士いらず」
が作成した申告書を順番に確認するだけです。

------------------------------------------------------------------------
申告書の確認方法は≪第2号≫でもご説明していますので、ここでは、1つだけ
確認イメージの例をご紹介します。
 別表四の確認 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/019.html

この別表四では、「1 当期利益」は、622,000 円となっています。
この数字は、決算書の「当期純利益(税引き後当期利益)」です。

また加算項目である
 「2」損金の額に算入した法人税  220,000
 「3」損金の額に算入した道府県民税及び市町村民税 108,000
 「10」事業税 50,000
の合計額は、決算書の損益計算書の「法人税・住民税及び事業税」の金額です。

つまり、別表四の
 「1」+「2」+「3」+「10」=決算書(PL)の「税引前当期利益」
ということになります。

また、この場合、
 「2」+「3」=決算書(BS)の「未払法人税等」
 「4」=決算書(BS)の「未払事業税等」
ということにもなります。

------------------------------------------------------------------------
ここで、1つ考察をしてみましょう。

 100万円の儲け(利益)に対して、いくらの税金が発生するか?

もう、答えは明らかですね。
「税理士いらず」では、確定決算書が作成された時点での「税額集計表」を
確認するだけです。
 税額集計表 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/020.html

当期確定税額の合計は、378,000 円になりますので、
実効税率は、 37.8 % ということになります。
一般的に中小法人の実効税率は、40 % 程度と言われてますから、
だいたい納得できる(?)数字になります。

また、「税額集計表」をよくみると、非常に税金の種類が多いことが分かります。
法人税、都道府県民税の法人税割、均等割、市町村民税の法人税割、均等割、
事業税と、なんと6種類もの税金が発生します。
しかも、このケースの場合は、1期目で免税という単純パターンの場合であって、
消費税の課税事業者の場合だと、さらに増えます。
(消費税は、預り税なので、「税額が増えた」とまでは言えませんが。。)

------------------------------------------------------------------------
でも、試しに、「もし、課税事業者だったら?」の場合を試算してみましょう。
(実際には、このケースでは、資本金1千万円未満で1期目なので、
免税事業者です)

操作はカンタンです。
「設定->会社基本情報」で、課税区分を変更して、もう1度、決算調整処理を
して、決算書を作成するだけです。
 課税区分の変更 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/021.html

結果は、以下のようになります。
 本則課税の場合 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/022.html

結論としては、消費税 47,500 円が新たに発生して、当期発生税額の合計が
410,600 円となるのですが、免税の場合と少し様子が違うことにお気付きかと
思います。
所得金額も法人税額も、その他の税目の金額も、ほとんとが免税の場合と
違います。

その理由は、消費税は期末時点で損金に算入できるので、その分だけ所得金額が
少なくなるからです。
所得金額が変われば、当然、法人税額も変わるし、所得を課税標準としている
事業税が変わり、さらに、法人税額を基準としている地方税の法人税割が
変わるためです。

「税理士いらず」では、
  消費税:計上時点で損金算入
  事業税:計上時点では、一旦、損金不算入。
      納付時点で、損金算入。
という方法を使っています。
(もちろん、合法的な方法です。念のため。。)

このへんのお話は、詳しくご説明していると、どんどん、難しくなりますので、
今回は、割愛させていただきます。

ちなみに、上の設例では、消費税を本則課税に変更して試算してみましたが、
これが簡易課税となると、もちろん、またまた、所得や税額が変わってきます。
練習がてら、「遊び心」で試してみてください。

長くなりましたが、今回の入門編(2)は、ここまでにします。
次回は、もう少し、仕訳を追加してみましょう。

========================================================================
● よくあるお問合せ 〜作成した申告書はそのまま税務署に提出できるの?〜
========================================================================

「税理士いらず」で作成した申告書をそのまま税務署に提出しても問題ないか?

という、ご質問もよくいただきます。

弊社の「公式な回答」としては、

 □ 法人税申告書の別表一(一)、消費税申告書の第27号様式については
  転記してください

 □ 地方税申告書の第六号様式、第二十号様式については、お客様自身で
  各自治体にお問合せください

 □ その他の別表、内訳書等については、そのまま提出可能です

というものです。

なぜ、これが「公式な回答」になるかということをご説明します。

------------------------------------------------------------------------
まず、「税理士いらず」で使用している別表や内訳書の様式ですが、
これは国税庁のホームページで開示されている様式をダウンロードしたものです。
地方税申告書についても、同様に東京都などで開示されている様式そのままです。

弊社では、このダウンロードした様式を「一旦、画像化」します。
そして、プログラムが算出した金額や文字列などの記述項目を

 画像に重ね合わせて、再度、PDF化

という手法を用いています。
つまり、様式自体は、たとえば内訳書の「注意書き」の1文字すら改変せずに
提出様式そのままということになります。

「税理士いらず」に限らず、別表などを作成するソフトはいろいろとありますが、
弊社で調査した限りでは、そのほとんどは、エクセルなどを使って、まったく
同じ様式を再作成しているようです。
そういう意味では「税理士いらず」の様式は開示されいる様式とまったく同じ
なので、「そのまま提出するには、より適している」と言えるかもしれません。

それでも、なお、一部の別表については転記をお願いするのは、

 ・たとえば、法人税申告書の別表一などは、税務署から複写式の所定の用紙が
  送付されるので、そのまま所定の用紙をご利用になった方が問題が発生
  しないと思われるため

 ・「税務署処理欄」などがあり、そこには整理番号などの税務署で処理する
  ための情報が記載されているため

 ・必ず「自署押印欄」があるため

 ・青色申告の場合、控用も青色の用紙を使っているため

などの理由があるからです。

この提出用の申告書作成方法について、弊社でお勧めする方法は、

 ○ まずは「税理士いらず」で、すべて作成して「PDF一括出力」などを
  使って、保存しておく

 ○ 法人税別表一、消費税27号様式、地方税の六号様式、二十号様式は
  素直に(?)税務署や自治体から送付された用紙に転記する

 ○ その他の提出書類はすべて、PDFファイルとして保存したおいたものを
  プリンタで印刷する

という方法です。
ただし、「法人事業概況説明書」については、転記するのは少したいへんなので
表面の「整理番号」を記入した上で、そのまま提出してください。

------------------------------------------------------------------------
余談になるかもしれませんが、このようにご説明すると、

 他の書類は全部印字できるのに「別表一だけ手書き」というのは惜しいな。。

とおっしゃるお客様もおられます。

でも、「税理士いらず」は「印刷ソフト」ではなくて、難解な申告書の記述内容
を確定させるソフトですので、そのへんはご理解いただきたいと思います。

※実際問題として、「税理士いらず」をご利用になる小規模法人様の場合、
 別表一や六号様式に転記する数字は、それほど多くはありません。
 その数字を算出するための計算過程が大切ですから。。

※お客様の中には、心配で(?)「税理士いらず」が出力した帳票を税務署に
 持参して聞いてくれる方もおられます。
 答えは、
  「これでいいけど、別表一は所定の用紙に書いてね」
 だそうです。

========================================================================
● お知らせ 〜マイナーバージョンアップ予定のご案内〜 ○
========================================================================

弊社では、近々、「税理士いらず」のマイナーバージョンアップを予定しています。
現在、出荷テスト中ですが、おおむね、12月中旬から下旬頃のリリースになる
見込みです。
マイナーバージョンアップ版がリリースされると、バージョン番号が変わります。
現在の最新版は、Ver 3.116 ですが、この次は、Ver 3.2xx になります。

※バージョン番号の小数点1桁目が変化すると、比較的大きなバージョンアップ
 になります。

最新のバージョン番号は、「製品情報ページのお知らせ」または、
「ダウンロードページ」でご案内しておりますので、ご確認ください。
  最新バージョン番号の確認 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/023.html
               ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/003/024.html

------------------------------------------------------------------------
今回のバージョンアップでは、かなり多くの機能が追加されます。

追加機能の詳細は、リリース後にホームページのリリース履歴ページでご案内
させていただきますが、今回はホームページに先行して、主要な機能追加項目の
概略をご説明させていただきます。

 1.少額交際費科目の追加

  既定の勘定科目として「少額交際費」が追加されます。
  これはどういう意味か、すぐに予想がつくとと思いますが、損金算入が
  認められる1人当たり 5,000 円以下の飲食費については、別科目で処理する
  というものです。
  別科目で処理といっても、従来の仕訳が使えないということではありません。
  決算書の「販売費及び一般管理費内訳書」には、従来の交際費科目と新たな
  少額交際費科目の合算金額が表示されます。
  法人税申告書別表十五では、少額交際費科目の金額が
   「6」交際費等の額から控除される費用の額
  に引用されます。
  これによって、従来は、決算調整処理でマニュアル入力しないと、交際費の
  損金不算入額が補正されませんでしたが、少額交際費科目を使えば、予め
  少額交際費を考慮した形で別表十五が作成されます。

 2.複合仕訳のサポート

  複合仕訳のサポートについての問い合わせも多数いただいてます。
  「税理士いらず」は、開発初期の段階からOCRの組み込みを前提として、
  キー項目の登録による仕訳の自動作成ということを意識して作られています
  ので、入力可能な仕訳については、
   借方科目/貸方科目
  が、1対1で明示されていることを前提としていました。
  しかし、特に、既存の会計ソフトから移行されるお客様の場合に、既に
  入力済みの複合仕訳のインポートができなくて困る、というご意見を多数
  いただきました。
  この機能追加は、かなり難関ではありましたが、今回のマイナーバージョン
  アップで取り込む予定です。

 3.総勘定元帳の作成機能の追加

  現バージョンの「税理士いらず」では、総勘定元帳を印刷しようとすると、
  元帳メニューで、科目を1つ1つ指定しながら印刷しなくてはなりません。
  それでは操作を何回もやらなくてはならないので不便、というお客様の声に
  お答えして、総勘定元帳の一括PDF出力機能を追加します。
  PDFファイルとして一括保存してしまえば、後は、そのPDFファイルを
  印刷するだけになります。
  ただし、現状のメニュー体系を大きく変更することはできませんので、
  この機能は、元帳を表示した状態で「ファイル->一括PDF出力」メニュー
  を選択すると有効になる、という仕様にさせていただきました。

 4.前期貸借対照表入力機能の改善

  現状では、「設定->前期貸借対照表の取込」メニューでは勘定科目の追加は
  できません。
  これは、このメニューは「初期利用」メニューでの登録作業の一部として
  位置づけていたため、最終的には「設定->勘定科目」メニューで、当期の
  期首残高を確認していただくことを前提としているためです。
  (「前期貸借対照表の取込」メニューでの入力金額は「勘定科目」メニュー
  に転送されます。逆は、転送されません。)
  しかし、実際にご利用になるお客様にとっては、ちょっと、分かりづらい
  ようです。
  今回のマイナーバージョンアップで、「前期貸借対照表」メニューでも
  勘定科目を追加できるようになります。
  ※体験版では、勘定科目の追加機能は制限されています。

 5.インポート処理の柔軟化

  実は、19年度版では仕訳インポートの際のCSVファイルのフォーマット
  に、若干、不備があっても、プログラムが省略項目などを推定して取り込む
  ようになっていました。
  しかし、この推定機能のために、CSV形式によっては、かえって誤推定を
  することもあるため、20年度版ではインポートするCSVファイルの
  ファーマットを「厳格にチェック」するようにしました。
  ところが、この「厳格チェック」のために、19年度版ではインポート可能
  なCSVファイルがインポートできない、という現象も発生しました。
  そこで、再変更して、再度、柔軟化しました。
  ただし、今回は「限定された柔軟化」になります。
  この「柔軟化の詳細」は、ここでご説明すると、かなり長くなってしまい
  ますので、リリース後にホームページでご案内させていただきます。

 6.内訳書14の様式変更

  平成19年4月1日以降開始事業年度分について、役員給与の損金処理規定
  が変更されたのに伴い、内訳書14(役員報酬手当等及び人件費の内訳書)
  の様式が変更されました。
  20年度版の初期バージョンでは、まだこの変更に対応できませんでしたが、
  今回のマイナーバージョンアップで内訳書14の様式が変更されます。

 7.ヘルプ機能の大幅改善

  ヘルプ機能についての大幅な見直しをしました。
  基本的には、操作のすべての場面に「ヘルプ」ボタンが実装されますので、
  不明な点がありましたら、まず、「ヘルプ」ボタンをクリックしてみて
  ください。
  「ヘルプ」ボタンクリック時の動作は、簡単な説明ダイアログが表示される
  場合と、オンラインヘルプの該当ページをブラウザで表示する場合があります。
  インターネットに接続していない場合には、別のパソコンなどでホームページ
  のオンラインヘルプをご確認ください。
   オンラインヘルプ ⇒ http://www.z-irazu.jp/help

上記のご説明以外にも、今回のマイナーバージョンアップでは、細かい機能追加
などがたくさんあります。
詳しくは、リリース後に、ホームページにて、ご説明させていただきます。

なお、上記の機能追加項目は、現時点での予定項目になりますので、出荷テスト
にて、所定の品質を確保できないと判断される場合には、一部の機能については
機能追加を見合わせていただくこともございますので、ご了承願います。

========================================================================
■ 次回予告
========================================================================

次回は、12/19(金)の配信になります。

 入門編(3) 〜仕訳を入力してみる(その2)〜

と題して、今回の継続で仕訳をいくつか追加してみます。

今回の設例は、

 支出した費用0で、現金売上100万

などという現実にはあり得ない設定ですが、次回は人件費や交際費などの仕訳も
入力してう少し普通(?)のパターンにしてみます。

それでは、次回もお楽しみに!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  「税理士いらず」の使い方
    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
  バックナンバーと配信停止はこちらまで
        ⇒ http://www.mag2.com/m/0000278053.html 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【発行元】
 有限会社アイソフト 「税理士いらず」販売事務局
 〒194-0013 東京都町田市原町田2-1-17 スペーシア町田304
 TEL : 042-720-7262 FAX : 042-720-7263
 e-mail: sales@z-irazu.jp <- ご意見、ご要望はコチラのメールアドレスまで
 URL   : http://www.z-irazu.jp
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

「税理士いらず」の使い方

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/09
部数 624部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「税理士いらず」の使い方

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/09
部数 624部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ゼロから始める不動産投資
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング