テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略!

テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略! #626 ジェニファーの個室


カテゴリー: 2017年02月26日
---------------------------------------------------------
<テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略!>
第626号
----------------------------------------http://www.namaeigo.com
■■ このメルマガの目的 ■■

アメリカの映画やテレビドラマで英文字幕を見れば実に簡単な
セリフがモゴモゴ固まって聴きとれないことがあります。
これはラクして話すために省エネ発音を使っているから。

英語ネイティブ相手の会話。一対一ならなんとかなるのに
ネイティブ同士が話し出すと、突然聞き取りレベルが
ガクッと落ちるのも、省エネ発音のせいです。

中学校以来学んできた発音を「よそ行き発音」とすれば、
この省エネ発音はまさに「タメグチ」発音。リスニング学習の
大きな盲点です。

このメルマガでは、カジュアルな会話ほど頻出するこの省エネ
発音を動画サイト YouTube にアップロードされたアメリカの
テレビCMで解説。英語ネイティブに大きく近づくリスニング
スキルの獲得をお手伝いします。


◆このメルマガの使い方(お勧めする方法)

こちらをご覧ください。
→ www.namaeigo.com/index.html#tsukaikata




◆-------------- 今日のコマーシャル --------------◆
【ジェニファーの個室 (エミレーツ航空)】


人気ドラマとして不動の位置を占める「フレンズ」の
ジェニファー・アニストン。
機内で座席に戻ってみると...



コマーシャルへのリンク:

https://www.youtube.com/watch?v=yz_qZQbiZuA





■課題文■

カッコ内の部分を聞きとって書き出してみましょう。
今回は、課題としてささやき声を幾つか取り上げてみました。


(0:06~) 

Jen: Oh! (Q1). Can I help you, sir?

Boy: I’m just about to begin my journey back.

Jen: Really? And where’s that to?

BBoy: (Q2) my mom and dad.

Jen: (Q3) I be your copilot?

Boy: Sure.

Jen: Yeah?

Boy: Yeah!

Jen: Oh gosh, hold on. (Q4). 
My name’s Jennifer, but my friends call me Jen.

Boy: My name’s Cooper, but you can call me Coop. 
Is it possible for me to refuel (Q5)?

Jen: Carrot juice, huh?

Boy: I (Q6) be a pilot when I grow up, and good eyesight is very important.

Jen: Smart. Could we have, uh, two carrot juices, please?

Man: Certainly, Madam.

Jen: (Q7).

Man: You’re welcome.

Jen: Cooper?

So you want to fly planes when you grow up, huh?

Boy: Yeah, but this is the best plane, Jen, so I only want to 
fly this plane.

Boy: Oh dad! (Q8) my copilot?

Jen: Hi, there.

Woman 1: Oh, hello.

Jen: This thing has so many games and so many movies, it’s crazy.

Boy: Yeah.

Woman 2: Hi madam, would you like to go back to your seat now?

Jen: Oh, no, no, I’m good.

Oh wait, do you think their mom’s ok?

Woman 2: Oh, she’s doing just fine.

Boy: (Q9) pilot, you’ll be able to fly around the world 
even faster.

Jen: That’s a shame, it’s so nice up here.





<<語句と表現>>

●語句の意味が複数ある場合は主にこのCMで該当する意味を
記します。
●リスニング課題の部分に含まれる語句は省いています。

☆ copilot   副操縦士

☆ refuel  燃料を補給する

☆ Hi, there.  Hiと同じなんですが少し印象が柔らかくなります。

☆ I'm good. I'm fine. の代わりに使うことがあります。





----------------------------
◆解答と省エネ発音のポイント
----------------------------

●カジュアル度の高さは♪から♪♪♪で表わします。
 ♪:フォーマルな会話で使っても問題ない。
 ♪♪:カジュアルな会話向け。
 ♪♪♪:カジュアル度高し。
 
●できるだけ実際の音に近い音をアルファベットとカタカナで
記しますが、これはあくまで参考です。

●曖昧母音(発音記号 が e の上下逆さまになったやつ)、
を @ で表記します。


Q1♪♪♪  Well, hello.    ⇒  W@llhello.

これを単に Hello.と聞いてしまった人。
それはそれで構いません。

でも、Hello の前にかすかに聞こえる音が
気になる人もいると思うので課題にしました。

発音としては、well を
全体弱めに超素早く発音した音です。

[w]も弱く、母音はほとんど発音していません。
そして、全く間を置かずに Helloに続けています。

で、今回伝えたいことは
文頭に、オマケのように Well をつける人が結構いることです。

Well...とはっきり発音して間をおくのは、
発言内容をまとめるための時間稼ぎとして使われますね。

でも、今回フォーカスしたいのは
そういう時間稼ぎの Well...ではなくって、
発音もいい加減で音も弱い、
あるのかないのかはっきりしないような Wellです。

ジェニファーの、このWellなんかは
発音いい加減すぎ、音も弱すぎで
あることに気づかない場合もありますが、
もう少しはっきり聴こえだすと
「え、今、話し始めで言ったのはなんて言葉??」と
気を取られてしまい、
英文理解で一番大切な文頭の把握で
つまづいてしまうことがあります。

人によっては、やたらめったら
そうした Well を使う人がいるので要注意です。

文頭によくワケの分からない音が入ったとき、
「もしかしたら Well だったのかも」と気づくことは
リスニングの上でプラスになります。

そういう人が Wellを使いすぎる主な理由は
単に癖になっているせいです。

文頭に Wellを置くと、
たとえば口調が少しやわらかく聞こえる効果等があります。

この Well, hello. だったら、代わりに
Hello. と呼びかけると、少しだけ強く聞こえ得る。

もしかしたら「人の座席で何してるのよ!」と
詰問しているような印象を与えてしまうかも知れない。

そういう穏やかな口調をつとめているうちに
こうした文頭の Well が癖になった人もいると思います。




Q2  Back to   ⇒  Back t@

☆♪♪♪  to    ⇒  t@

極めて軽く、弱い to の音。

センテンスとしては、主部がないので
そこで引っかかる人もいるかも知れません。




Q3  What do you say    ⇒  easy-do-use

[文意」What do you say I be your copilot?
私が副操縦士になるっていうのはどうかしら?

What do you say....? は、人に提案する際の表現の一つ。
提案なので、I be と、動詞が原型になってます。

☆♪  What do you    ⇒  Whadoyou=ワドゥユ/ワルユ

[t] が「軽く弾くD」の音。

「ドゥ」と「ル」の中間。

「軽く弾くD」についての音声付の詳しい説明はこちら↓

http://www.namaeigo.com/mini_koza7.html#flapT




Q4   Sorry.     ⇒  Sorry.

ささやき声。

このところ、ささやき声について
このメルマガでいろいろ書いてますが
ささやき声で行なう音読やシャドーイングというのは、
子音をしっかり際立たせて発音する良い訓練にもなるんで、
ぜひ取り入れてみてください。

大切なのは息の量と速さ(強さ)なのを忘れないことです。





Q5  with some carrot juice   ⇒  withs@m carrot juice

☆♪  with some   ⇒  withs@m

with の th の音が殆ど聴こえず
次の some の[s]と
ほとんど継ぎ目なく発音されていますが
まあ普通の発音と言えます。

こういう軽めの th に面食らってしまうのは
th の本来の音を知らないからです。

「TH の発音は舌先を上下の歯で噛む」と
教わった人もいるかも知れませんが、
これが明らかな間違いです。

thの正しい発音方法は

(1)まず上の歯の下端に舌先を軽くあてる。
舌先の、ほんのさきっちょだけでいいです。
下の歯からのプレッシャーはまったくなし。
(噛んではいない!)

(2)上歯の下側をツルッと軽くなでるようにして
舌先を口の中に引き戻しつつ、息を強めに出す。

そのときの舌を歯の間を息がこすれて通りぬける音が
[th]の音です。




Q6♪♪   want to   ⇒  wanna

よく知られた want to が「ワナ」となる省エネ。




Q7♪♪♪  Thank you.    ⇒  '@nkyu.

これもささやき声。

加えて、Thank の th は殆ど発音せず。

状況から見てこれが Thank you. だと気づかない人は
あまりいないかもしれませんが、
日常的にしょちゅう使う短い言葉は
省エネ発音と呼べるレベルをとおり越して、
いい加減な発音になることも多いです。


例:

Thank you. → nkyu. としか聞こえない。

Excuse me. → scuse m@. としか聞こえない。

Let's go. → tsgo. としか聞こえない。




Q8   Do you want to meet    ⇒  Djwan mee'

☆♪♪♪  Do you want to    ⇒  Djwan

Do と you は圧縮された音。
母音はほとんど聴こえません。

want to は非常に強い省エネですが、
これは子供っぽいやや崩れた発音です。

この男の子、
ジェニファーと話していた時は
使う単語や言い回しも結構大人っぽいものを選んでました。

Can の代わりに Is it possible...? とか。

でも、お父さんを見たら急に子供に戻ったようです。


☆♪ meet    ⇒  mee'

語尾の破裂音[t]を発音せず。




Q9♪  When I’m a    ⇒  Wen nye ma

一語のようにかたまって聞こえるかも知れません。

When は軽く発音、
ごくゆるく I とリエゾン。

am と a がリエゾン。





<全文>

(0:06~) 

Jen: Oh! (Q1Well, hello). Can I help you, sir?

Boy: I’m just about to begin my journey back.

Jen: Really? And where’s that to?

BBoy: (Q2Back to) my mom and dad.

Jen: (Q3What do you say) I be your copilot?

Boy: Sure.

Jen: Yeah?

Boy: Yeah!

Jen: Oh gosh, hold on. (Q4Sorry). 
My name’s Jennifer, but my friends call me Jen.

Boy: My name’s Cooper, but you can call me Coop. 
Is it possible for me to refuel (Q5with some carrot juice)?

Jen: Carrot juice, huh?

Boy: I (Q6want to) be a pilot when I grow up, and good eyesight is very important.

Jen: Smart. Could we have, uh, two carrot juices, please?

Man: Certainly, Madam.

Jen: (Q7Thank you).

Man: You’re welcome.

Jen: Cooper?

So you want to fly planes when you grow up, huh?

Boy: Yeah, but this is the best plane, Jen, so I only want to 
fly this plane.

Boy: Oh dad! (Q8Do you want to meet) my copilot?

Jen: Hi, there.

Woman 1: Oh, hello.

Jen: This thing has so many games and so many movies, it’s crazy.

Boy: Yeah.

Woman 2: Hi madam, would you like to go back to your seat now?

Jen: Oh, no, no, I’m good.

Oh wait, do you think their mom’s ok?

Woman 2: Oh, she’s doing just fine.

Boy: (Q9When I’m a) pilot, you’ll be able to fly around the world 
even faster.

Jen: That’s a shame, it’s so nice up here.


<訳文(意訳)>

(0:06~) 

Jen: あらま! こんにちは。どうしたの、あなた。(少しおどけてSir をつけてる。)

Boy: 帰りの飛行を開始するところなんだ。

Jen: そうなの?で、どこに向かって?

BBoy: ママとパパのところさ。

Jen: 私が副操縦士になるっていうのはどうかしら?

Boy: いいよ。

Jen: ホントに?

Boy: うん!

Jen: あらまあ、急がないでよ。すいません。 
私の名前はジェニファーよ。でも友達はジェンって呼ぶわ。

Boy: 僕はクーパー。でもクープって呼んでいいよ。 
キャロットジュースで燃料補給してもいいかなあ。

Jen: キャロットジュースね、ふ~ん。

Boy: 大きくなったら機長になりたいんだ。だから視力がいいのはとても大切だからね。

Jen: 賢いじゃない。キャロットジュースを、うんと、二つ頂けます?

Man: かしこまりました。

Jen: ありがと。

Man: とんでもありません。

Jen: クーパー?

大きくなったら飛行機を飛ばしたいわけね、じゃあ。

Boy: うん、でもこれが最高の飛行機だからね、ジェン。
だから、僕が操縦したいのはこの飛行機だけなんだ。

Boy: ねえ、パパ!僕の副操縦士に会いたい?

Jen: こんにちは。

Woman 1: あら、こんにちは。

Jen: これって、ゲームや映画がすごくたくさんあるから、もうクレージーだわね。

Boy: うん。

Woman 2: すみません、お席にもうお戻りになりたいですか?

Jen: え、結構よ。これで満足よ。

あ、待って。お母さんのほうは大丈夫かしら?

Woman 2: 彼女でしたら、全然大丈夫ですよ。

Boy: 僕がパイロットになったら、君は世界中を今よりさらにもっと速く飛んでまわれるから。

Jen: それって残念だわ。こうやって飛んでるのってすごくナイスだから。




-----------------------------------------------------
◆編集後記
-----------------------------------------------------
いやあ、あの個室、素敵ですねえ。

どんな食事が出るのか、もうすごく気になってしまいます。


■よかったらこのメルマガを友達に紹介してください。
このまま転送してもかまいません。

それでは、また次号で!


=======================================================
テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略!(毎週日曜発行)
発行人: 松尾光治
HP:  http://www.namaeigo.com
関連サイト: http://www.mogomogobuster.com

※ このメルマガの無断転載はご遠慮ください。
※ YouTube動画使用要領は米国著作権法 Fair Use に基づきます。
  This publication is created within the Fair Use exception to 
 the U.S. copyright law.
=======================================================
Copyright (C) 2017 Koji Matsuo  All rights reserved.

このメルマガは『まぐまぐ!』を利用して配信しています。

バックナンバー・購読解除はこちらからお願いします。
→ http://archive.mag2.com/0000275288/index.html

ついでに読みたい

テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略!

RSSを登録する
発行周期 毎週日曜日
最新号 2017/02/26
部数 2,966部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング