フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)

ドライフライの爆釣の戦術 番外編


カテゴリー: 2017年04月27日
『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
              By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------

ドライフライの爆釣の戦術 番外編


大井しょうぶです。




ドライフライの釣りというのは、


何も、ドライフライだけでなく、
ニンフを水面上に流してもいい訳ですし、

ウエットも同じです。


インジケーターが付いていないと釣りにならない場面もありますが、
(流れが速く複雑なポイントなど)


結構、インジケーターなしでも何とかなるケースも多いんです。



ですから、
ニンフやウエットをそのままドライと同じような感覚で、ライズにアプローチしてみても、
面白い結果を得られることも少なくありません。



湖では、ストリーマーを浮かべても釣れますよね。
浮いて漂っているワカサギとか。


管釣りでも、マラブーを浮かせていたらライズすることもなきにしもあらずです。



なので、
ダンやスピナー、アダルトの釣りばかりが、ドライフライではないということです。


ヨーロッパでは、川でフローティングストリーマーを引っ張り、
デカレインボーを釣ることもそこそこポピュラーですし。







■アンマッチザハッチ



マッチングザハッチに対して、


マッチングザ ベイト

マッチングザ キュリオシティー(好奇心)

マッチングザ アパタイト(本能)

マッチングザ スパークル(きらめき)

マッチングザ アジテート(撹拌、扇動)





なども、

ドライフライの要素の中に入ってくるんだと考えていますけどね。


これはドライだけではなく、すべての釣り方に共通する要素ですけど。



魚が何で口を使うのか?

は、

捕食の為だけではなく、
様々な要因が潜んでいるんでしょうね。




他にも、

リアクションバイトという観点で思考してみれば、


カラーリアクション

シルエットリアクション

紫外線リアクション

Prey first(先に捕食する)リアクション


なども、とても興味深い魚の捕食行動です。




Prey first(プレイファースト)なんて、


集団心理が働き、セレクティブさも失われ、
我先に捕食するという、魚の生存心理が前面にでている行動だと思います。


管理釣り場で群れている魚たちには、こういう捕食行動が多く見られます。


「他の奴らに食われるのなら、俺が先に食ってやる」


という。


面白いですよね。



人間も、時として同じような行動を取ることも、
実は、かなりありますよね。



というか、ほぼ、


そういう心理で社会の営みは行われていると言っても過言ではないでしょう。
(よく考えてみると恐ろし・・)



群れの集団心理は時として、感覚を麻痺させる訳です。
防衛本能や危険察知能力が低下してしまうからです。


人間の持つ集団心理の怖さは、歴史が証明していますよね、何と言っても。



話が広がってしまいましたが、

魚の捕食行動というのは、
色んな要素が重なり合っている訳ですから、


フライをタイイングする時には、
水生昆虫の模倣だけに拘らずに、常識に捉われない自由な発想で巻いても面白いと思います。


これが、案外難しいんですけど。




自由な発想。


ん~、これが簡単そうで最も難しい概念ですね。



お手本通りにやることが、一番安全であり手堅い訳ですから、
人は、そう流れてしまいがちです。



でも、そこで、

これもありなんじゃない?

こんなのは、面白いんじゃない?


という遊び心が、何かを生むのかもしれませんし。







■ホットスポット


ドライフライにホットスポットを取り入れる。


ホットスポットというのは、ユーロニンフのフライの大きな特徴であり、
他のナチュラルなニンフとは一線を画すテクニックです。

これを取り入れることで、抜群に釣れるニンフフライに変身することが可能です。


そこで、
このホットスポットをドライフライにも取り入れてみるとどうなるのか?


色々試してみましたが、
やっぱり、予測通り魚の反応がは上がるんですね。


つまり、
今まで巻いていたナチュラルなドライフライにホットスポットをワンポイント入れてみる。


例えば、CDCダンとか、ユスリカアダルトとか、エルクヘアーカディスに、
ホットスポットを入れてみるんです。


たった、それだけで、
嘘のように反応は上がることも多々あるんです。


まったく、面白いのです。
こういうのって。



ホットスポットのカラーリングというのは、例えば、
赤、イエロー、赤金、黒金、チャートリュース。


こういう要素をナチュラルなドライフライに入れてみると、
また、面白い反応が得られるんですね。






■アンバランス


ドライフライは、バランスよく巻くことがいいとされています。
特に、ウイングなんかは左右対称で均一な長さと大きさで、というような。


でもしかし、
本物の虫は、きれいなバランスのまま流れることばかりではないですよね。


流れに揉まれたりしながら、生きるか死ぬかの戦いを繰り広げているのですから、
羽の片一方が縮れてしまったり、もげたり、縒れたり、

その形態は、様々なのが本当のところです。


なので、フライも、


バランスを重視するより、アンバランスを意識的に取り入れ、
巻いてみるというのも、エッジの効いた戦術だと思います。


スペントなんかは、ベタッと水面に羽を付けて流れている形態を模したものですが、
そのウイングをアンバランスにしてしまうと、

より、リアリティーを出せ、より生命感を醸し出せるはずです。


(私も、たまたまバランス悪く巻いた失敗フライを、
たまたま他にいいフライがなくなったので使ったみたら、
その日、一番の反応を得られた、ということがありました)



この時の生命感というのは、
水生昆虫の絶命寸前の儚くも美しい生命感という意味合いが強いかも知れません。


あと一歩で、羽化に成功し大空に飛び立てたのに、
その夢破れたり・・、というような。


よく考えると、なんとも切ないフライですが、
こういうところに、奥深い面白さ、気付きが潜んでいるのだとも、感じるんですけどね。







ということで、今号はこの辺で。



Tight Line!









■■人気コンテンツ■■



・ヨーロピアンニンフィングとは?
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/whyEN

45度クワド理論はトレース方法の黄金比率です。




・フライキャスティング無料講座
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/castingfree

動画で基本を練習し、スクールで上級者を目指してください。




・スターターキット
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/start

まずは、このキットで体験してください。
サープラスノットは、いい仕事をしてくれます。




・完成品チェックニンフ
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Czech%20Champions%20Nymphs%208set

シンプルだけど釣れるんです。応用範囲も幅広い。



・タイイングセットコンプリート
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/TyingCompleteSet

量質転化を図るには、このセットで大量に巻くことが一番の近道です。









■伝えたいこと


本当は・・

私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。




そして私は、釣りを釣りで終わらせたくありません。

これからの時代は、

「釣りを釣りで終わらせない」

思考能力が必要だと思っています。

何故なら、
史上最高の激動の時代(カオスの時代)に我々は生きているからです。


資本主義は限界値を超えている
AI(人工知能の台頭)
情報の氾濫につぐ氾濫
近隣国の不穏な動向


釣りをする為にロッドはありますが、
世界観を押し広げる為の大切なツールでもあるのです。


視野の広さ、洞察力、直観力、主体的に考え抜く力。
これらを、釣りという楽しい遊びを通して身に付けていくべきです。

でないと、もったいなさすぎます。


だから、時には釣りと直接関係ない話や、
ちょっと挑発的な問い掛けもするかも知れません。

でも、そのことであなたがインスパイアーを受け、
何かに気付き、何かの行動の起爆剤になれるのなら、私は、そのことが非常にうれしいのです。


我々の時間は限られています。
今、後悔のない完全燃焼の人生を自らつかみ取る為にロッドを手に取るのです。


「釣れればいい」「たくさん釣れればそれでいい」「でかいのが釣れればいい」
という表層の事象ばかりでなく、その先にある、まだ見ぬ景色を自ら見にいく為に。








私に聞いてみたいことなどありましたら、お気軽に連絡してください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
http://www.flyfishing-japan.com/shop/



発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000274931.html

フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/02/12
部数 115部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/02/12
部数 115部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング