石平(せきへい)のチャイナウォッチ

中国、「ネット世論」で体制内革命は起きるか


カテゴリー: 2012年03月02日
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
2012.03.02 No.159号
╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
~誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考~
石平(せきへい)のチャイナウォッチ
http://www.seki-hei.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
=★==========================================================★=
■ 中国、「ネット世論」で体制内革命は起きるか
=★==========================================================★=

本メルマガでは常に「変化」という視点から中国情勢を見てきたが、
2月、この国の歴史的激変を予感させるような動きが2つあった。

1つは、新華通信社が2月19日に伝えた
共産党中央規律検査委員会書記、賀国強氏の「重要発言」である。
賀主任は最近開かれた同委員会の会議で
「反腐敗闘争」への総括を行った中、
「インターネットの発展は反腐敗闘争のルートを広げた」と評価した上で、
今後は「反腐敗においてネットなどの新しいメディアは
積極的役割を発揮すべきだ」と発言したという。

近年、普通の市民がインターネットを使って
汚職幹部を告発するようなことが頻繁に起きており、
ネットという「文明の利器」は民衆にとって
反官僚反汚職の有力な武器となった。
体制内の汚職摘発を任務とする規律検査委員会書記の上述の発言は、
ネットのこうした「積極的な役割」への政権の追認を意味すると同時に、
腐敗問題に対する彼ら自身の危機感の表れでもあろう。

つまり政権は内部摘発だけの腐敗対策では、もはや限界だと悟った上、
このままでは「亡党亡国(党が滅んで国が滅ぶ)」
が避けられないという強い危機感の下、
外部の民衆とネットの力を借りて体制内の汚職の蔓延(まんえん)を
何とか食い止めようと考えているのである。

ネット世論を「反政権」ではなく、
「反腐敗」へと誘導して政権のコントロールできる範囲内に置いておこう
とする思惑も見え隠れするが、今の共産党政権は「異質勢力」としての
ネットの力を頭から否定するのではなく、むしろそれとの「連携」を
積極的に図ろうとしたところに時代の変化が感じられる。

もう1つ、それはまた決定的な変化を予兆する動きが別の領域でも見られた。

2月15日、温家宝首相は「国務院常務会議」を主宰し、
「2012年の経済改革の深化」を討議した中で、
「改革の重要項目」の一つとして、
「鉄道・市政・金融・エネルギー・電信・教育・医療などの分野への
民間資本の進出を奨励する」との方針を示した。

本メルマガでは民間金融資本への共産党政権の容認を捉えて
「中国金融革命の始まり」だと評したが、
今回の国務院常務会議が示した方針は、
それをさらに上回った「革命」的な政策転換であるといえよう。

もし今後、この改革方針が確実に実施されれば、
鉄道・金融・エネルギーなど「国民経済の要」としての重要領域だけでなく、
「市政」や「教育」などの「準政治領域」にまで
民間資本が堂々と食い込んで幅を利かすような事態が起きてくるのだ。
言ってみれば中国の共産党政権は、自らの権力基盤となる諸領域の一部を、
「資本主義」という「対立勢力」に明け渡そうとしている。

もちろんそれは、中国経済の中で
ますます重みを増してきた民間資本に対し、
経済の安定を図ろうとする政権の不本意な譲歩だとみるべきだが、
民間のネット世論の力を「反腐敗闘争」に参与させようとする
中央規律検査委員会の新方針の場合と同様、
この「譲歩」のもたらす結果は実に大きい。
ネットや資本などの民間勢力による政治関与の広がりは、
今までの共産党一党独裁の支配体制に
楔(くさび)を打ち込むことになるのが確実だからである。

中国の「体制内革命」がそれで一歩前進できればよいのだが、
しかしもし、ネットと資本が体制内に入ったことで
逆に体制によって飼いならされるようなこととなれば、
それはまた中国にとっての不幸というしかない。
この国の未来を決する「官」と「民」との攻防は今後はどこへ向かうのだろうか

( 石 平 )

=★==========================================================★=
【PR】【 地政学とは何か?リアリズムとは何か?】

★これからますます混沌としてくる国際情勢を読み解くキーワード。
 それは、「地政学」と「リアリズム」。
 そのエッセンスを掴むための無料メルマガをご紹介します。
=★==========================================================★=

 ┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃

最新号のCheck & 無料メルマガ登録はこちらから
→ http://archive.mag2.com/0000110606/index.html

━╋…‥・    ・・‥‥…━━━━━━━╋━━━┯

(最新号より一部紹介)

この例で私が何を言いたいかというと、
前回のエントリーでも言及したように、
「寛容であること」や「人にやさしく」というかけ声は、
たしかに耳に心地いいものであり、重要なのかもしれないが、
逆にそこには危険が潜んでおり、
そこに大きな矛盾をはらんでいることもある、
ということなのである。

我々を取り巻く世界の状況は、実際問題として、
今後、ますます厳しくなることは明白である。
そして、そんな状況だからこそ、
我が日本国においても「寛容たれ」という耳障りの良い、
心地良い言葉が流布することも容易に想定出来る。
だが、その「甘い誘惑」が、実のところ、
現実世界の問題をさらに悪化させることになる恐れが強いのである。

このような認識を、我々日本人一人ひとりが持つ必要があり、
この点について、われわれはより自覚的にならなければならない。

「地獄への道には、善意が敷き詰められている」のである。

-------------------------------------------------
最新号のCheck & 無料メルマガ登録はこちらから
→ http://archive.mag2.com/0000110606/index.html
-------------------------------------------------

■------------------------■
■■奥山真司プロフィール■■
■------------------------■

横浜生まれ。日本の高校を卒業後、
カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に入学。
地理学科および哲学科を卒業。
英国レディング大学大学院戦略学科で修士号及び博士号を取得。
コリン・グレイに師事した。戦略研究学会会員。
米国地政学研究家。戦略学博士

・筆者ブログ「地政学を英国で学んだ」
http://geopoli.exblog.jp/

・奥山真司Twitter
http://twitter.com/#!/masatheman

-------------------------------------------------
最新号のCheck & 無料メルマガ登録はこちらから
→ http://archive.mag2.com/0000110606/index.html
-------------------------------------------------

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆  石平(せきへい)のチャイナウォッチ
◆
◆ 発行者へのご意見:http://www.seki-hei.com/contact/
◆ このメールマガジンは、「まぐまぐ」を利用して配信されています。
◆ このメールマガジンの友人、知人等への転送は自由です。
◆ ただし、ヘッダ・フッタ付きで転送してください。
◆ 配信停止は、http://archive.mag2.com/0000267856/index.htmlからできます。

━…━…━…━…━…━…━…━…━ http://www.seki-hei.com/ ━…━

石平(せきへい)のチャイナウォッチ

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/06/02
部数 14,364部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

石平(せきへい)のチャイナウォッチ

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/06/02
部数 14,364部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

「竹中亮祐」×「長倉顕太」 海外で自由な生活をしながら1億稼ぐ方法
20代で国内外で5社経営している実業家・投資家、著者であり、シンガポール在住の竹中亮祐と、東京とサンフランシスコの間でデュアルライフを送っていおり、手掛けた書籍は1100万部以上のパブリッシャー長倉顕太の2人が海外にいながら1億稼ぐための最新のビジネスノウハウを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング