石平(せきへい)のチャイナウォッチ

【 緊 急 配 信 】温家宝は何のために震災地へ行くのか


カテゴリー: 2011年05月19日
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
2011.05.19 No.126号
╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
~誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考~
石平(せきへい)のチャイナウォッチ
http://www.seki-hei.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
=★==========================================================★=
■ 温家宝は何のために震災地へ行くのか
=★==========================================================★=

今月21日から22日にかけて開催される日中韓首脳会議の期間中、
中韓首脳はまず、福島県と宮城県の震災地を訪問して
避難住民を「激励する」予定となっていることが
政府筋の発表によって判明されている。

そして今までのニュース報道などを総合してみると、
今回の「震災地訪問外交」の仕掛人は間違いなく
中国の温家宝首相であることが分かる。
彼は5月初旬の早々から「日本の震災地へ行く」と自ら決めて、
外交筋を通じて日本側に強く働きかけてその訪問の決定にこぎ着けた、
という経緯がある。韓国の李明博大統領の場合はむしろ、
この「温家宝工作」に巻き込まれてやむをえず付き合っていくことになった、
という観である。

そこでの問題は、当の温家宝首相は一体何のために、
日本の震災地の訪問にそれほど「熱望」して固執しているのか、である。

日本政府のそれとは大いに違って、中国首脳の外交行動の背後には
常に戦略的計算があることは世界的常識ともなっているが、
実は、上述の「温家宝工作」によって実現される予定の「震災地訪問」にも、
このような冷徹な戦略が働いているのではないかと、私は見ているのである。

そのキーワードの一つはやはり「尖閣」である。

去年の秋に、尖閣諸島付近の海域で中国船の日本領海侵犯事件が起きた。
そのとき、中国政府が日本にたいして
あまりにも理不尽な恫喝的な態度と一連の制裁措置をとったことの結果、
日本国内の対中感情がそれまで以上に悪化して、
中国の軍拡と野望にたいする日本国民の警戒心が急速に高まった経緯がある。

中国にとって、それはやはり、「しまった」と悔やむほどの
好ましくい事態であろう。海を制覇する中国の長期戦略が緒についたばかりだから、
早い段階での日本国民の対中警戒感の高まりは
その戦略推進の大いなる邪魔にもなりかねないからである。
そのために、中国政府は何とかして尖閣事件の「悪影響」を払拭して
日本国民の中国に対する警戒心を和らげてそれを取り消そうと考えているが、
5月の日中韓首脳会談開催の前に東日本の大震災が起きたことは、
中国にとってはむしろ好機到来となっている。

今回の日中韓首脳会談は最初から日本での開催となっているから、
これを機に温家宝が来日するのもごく自然のことだし、
来日を機に「震災地訪問」を言い出すのも別に怪しまれるようなことでもない。
そして中国の首相は自ら震災地を訪問して日本の避難住民と親切に接して
激励するような場面がテレビを通じて日本中に流されていると、
「日本国民の対中警戒感の解除」という企みが楽々と成功できることを、
当の中国政府はよく知っているものである。

言ってみれば、「震災地を訪れて尖閣を忘れさせよう」というのは
まさに温首相による震災地訪問の目的の一つであろうが、実は、それと関連して、
温首相にはもう一つの隠された意図があると思う。

今回の東日本大震災後の救助・復興活動において、
アメリカ軍の展開しているトモダチ作戦が大きな成果を上げて
日本の被災者を大いに助けたことになっている。
その結果、日本におけるアメリカ軍の存在感が今まで以上に大きくなって、
日米同盟は今まで以上に強化されたことは周知の通りだ。
しかしそれは、隣の中国にとって実に「不愉快」な光景なのである。
東太平洋の海を制覇する戦略を着々と進めている中国にとって、
東アジアにおけるアメリカ軍のプレゼンスと日米同盟の存在は何よりの邪魔者であるから、
中国からすれば、いずれか日米同盟が解消されて
アメリカ軍が日本を含め東アジア各国から撤退してもらうのは一番良い結果である。

しかし今、まさに震災中でのアメリカ軍のトモダチ作戦の展開によって、
事態はむしろ中国の望む方向とは正反対の方向で進んでいることになっているのである。
中国からすればそれは当然面白くはない。何とかして劣勢を挽回したい気持ちは山々であろう。

そこで、温家宝首相による日本の震災地の訪問は、
中国にとっての「失地回復」の絶好のチャンスとなるのである。
アメリカ軍が確かに震災地で活躍していたが、
アメリカの首脳はいまだに一度も、震災地を訪問したことがない。
それはまさに、温家宝首相にとっての出番なのである。
中国国内で「映画スーパースター」との異名を持ち、
涙と笑顔ならいつでもいくらでも出せる名演技の持ち主だから、
彼は今回の震災地訪問で一体どう振る舞うのかが想像できよう。

おそらく彼は、日本の被災者の手を取って涙を流すようなパーフォマンスを
至るところで演じて見せながら「中国人民と中国政府の好意と友情」を吹聴するのであろう。
そうすることによってアメリカ軍にとってかわって中国の存在感を大きくして
「米国よりも中国」という印象を植え付けるのはまさにその目的である。

言ってみれば、アメリカ軍のトモダチ作戦に対抗して、
得意の「ナミダ作戦」を展開するのは
まさに震災地訪問における温家宝首相の一番の任務なのである。

中国の隠された意図は結局このようなものであろうが、
後は、温家宝首相の涙に騙されることになるかどうかは、
まさに日本国民次第なのである。

(石 平)

=★==========================================================★=
【PR】中国の台頭・アメリカの意図、そして日本の進むべき道は…
   今こそ、日本人一人ひとりが真剣に考えるべき時だ。
=★==========================================================★=

▼▼長谷川慶太郎・石平の対談第二弾いよいよCD化▼▼

長谷川慶太郎 vs 石平 2枚組CD「アジア大激震!2」
2011年、中国は瀕死の状態となる?!

「アジア大激震!」から2ヶ月半!
再び話題の対談が実現!長谷川慶太郎・石平待望の CD第2弾発売!!

「アジア大激震!」2

第1部 とまらない中国の「元高」「インフレ」
第2部 崩壊寸前の北朝鮮
2枚組CD 定価 10,500円(消費税込)


■------------------------------------------------------------■
長谷川)

「東日本大震災の直後に一番最初に、
一番強力な支援を出したのはアメリカなんです。
ご存知の通り航空母艦ロナルド・レーガンが14日に来ました。
地震は、11日なんです。
3日では来れない!実は、9日に出てます。
これは、石先生、何のためだと思いますか?
中国に対応するために、第7艦隊を2倍にしたんです。」

石 平)

「中国に対して、全力であたるんですね。
この構図は震災後も変わらない!!・・・・」

■------------------------------------------------------------■

詳細・お申し込みはこちらから!
▼「李白社公式サイト」
http://goo.gl/aBNZJ

=★==========================================================★=
■■議論をしていれば、原発事故は起こらなかった……
▼▼『自主防衛を急げ!』日下公人/伊藤貫・著▼▼

→ http://amzn.to/hL8r6m

◆日本はこのまま崩れてしまうのか?

大地震により国内の問題一色になった日本。
しかし、国際環境を見回せば、現在、ただならぬ状況にある。
アメリカの経済圧力(TPPなど)中東革命による石油高騰
中国のインフレと暴動の可能性北朝鮮の核の脅威など、
このまま国内問題に終始していれば、
近いうちに日本は国際環境のなかで取り残される。
本当の独立国となるには、やはり核議論は避けては通れないのである。

アメリカ在住の政治・外交評論家である伊藤貫氏は、
アメリカの真の狙いを肌身で感じた経験を踏まえて語り、
日本を愛し、経済・政治・社会など
あらゆる分野を辛口批評で警鐘する日下公人氏は、
日本人としての覚悟を語る。戦略なき日本に明日はあるのか?
白熱の議論が展開される。

◆「核」を議論しなければ日本人は前に進めない

今回の震災に遭っても、明日への希望を失わない日本人の素晴らしさが
世界のニュースを駆け巡っている。
しかし一方で、危機管理能力のなさが露呈したのも事実である。
危機管理は、平和な状態が長く続いた日本人には、消失してしまった言葉である。
突然の事故に対する再生ができるのに、それを防ごうとする対策はできない。

だから、国益や国防といった日本の未来に左右する大問題ですら対策を議論しない、
もはやこれは国民性といっていい。
今回の原発事故で、国民はいっせいに原発反対論者となってしまうのだろうか。
日本の未来を考えたとき、それは得策ではない。あえて核について議論する。
その強さこそが日本を再び世界一の国にするためのスタートとなるのだ。


--------------------------------------------------------------------
議論をしていれば、原発事故は起こらなかった……
『自主防衛を急げ!』
日下公人/伊藤貫・著

→ http://amzn.to/hL8r6m
--------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆  石平(せきへい)のチャイナウォッチ
◆
◆ 発行者へのご意見:http://www.seki-hei.com/contact/
◆ このメールマガジンは、「まぐまぐ」を利用して配信されています。
◆ このメールマガジンの友人、知人等への転送は自由です。
◆ ただし、ヘッダ・フッタ付きで転送してください。
◆ 配信停止は、http://archive.mag2.com/0000267856/index.htmlからできます。

━…━…━…━…━…━…━…━…━ http://www.seki-hei.com/ ━…━

石平(せきへい)のチャイナウォッチ

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/06/02
部数 14,213部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

石平(せきへい)のチャイナウォッチ

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/06/02
部数 14,213部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング