Gottinのお酒&アンティーク豆知識

■◇Gottinのお酒&アンティーク豆知識■◇


カテゴリー: 2014年10月10日
■◇Gottinのお酒&アンティーク豆知識■◇  

発行→  Gottin ~女神のグラス~  
ホームページ→ http://www.gottin.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクにお願いします
http://www.mag2.com/m/0000265612.html

※バックナンバーはこちらに!!
 http://archive.mag2.com/0000265612/index.html 


■■■メルマガの趣旨■■■

当店のお奨めのお酒・アンティーク(グラス・調度品)・
その他の内容を中心として、皆様にご紹介していきたいと思います。
店主自ら選んだ作品の、面白い話題を提供出来たら幸いです。
古くて新しい世界のお話をしていきたいと思います。
月1~2回の発行を目処としています。
お気軽に登録していただけたらと思います。

■アンティーク販売について■

通常営業で売却済みとなる場合が多く、
メルマガで紹介出来ない状態が続いております。
打開策を検討中ですので、宜しくお願いしたします。

http://www.gottin.jp/blog/2011/01/2_2.html

★個人的なお知らせを1点★

「当店のHPを作成していただいた、吉田サン!!!
お聞きしたい事があるので、このメルマガを見ていましたら、
t-hiroyuki@mth.biglobe.ne.jpまで連絡下さい。お願いします。


■■■移転完了記念☆第75回■■■

季節外れの台風が直撃しそうな3連休ですが、
皆様お元気でしょうか。

既に10月となりました。
今年も残り少なくなってきました。

気温の変化が激しい時期ですので、
体調管理には十分ご注意下さい。

~~~~

8月1日(金曜)の店の正式開店からおよそ2ヶ月が過ぎました。

10月に入り、多少は落ち着いてきた気がします。
何時まで経っても完成形は無いと思いますが、
何卒宜しくお願い致します。

まだお越しになってない皆様、是非宜しくお願い致します。

~~~~

なお、毎回気分の悪い報告なり申し訳ありませんが、
前の賃貸人との現状回復問題は奇妙な沈黙期間となっています。

先方は詐欺まがいの金額を要求しているのですが、
そこから話が進んでいません。

誰がどう見ても私に不利な点は無いのですが、
何も反応が無いのも気持ち悪いと思います。

何度でも繰り返しますが、
現在、旧店舗は賃借人を募集中の様です。

本当に関わらない方が良いと思います。

もし万が一、
関係者で興味がある方がいたら心底ご忠告したいと思います。

~~

さて。

育児は長女が八ヶ月となり、
高速のハイハイが出来る様になりました(笑

もはや目を離すことは出来なくなり、
大変さに拍車がかかりました。

夜の寝かしつけなどは毎回大騒ぎです。
仕方ないと言えばそれまでですが、
頑張りたいと思います!

~~~~

さて。

毎度の株式市場についてですが、10日ほど前に
16,000円に到達しました。
為替も110円に到達し、
当面の天井近辺だと思います。

ここからの大幅上昇は流石に厳しいと思います。

日本の年金改革により、
大幅な資金流入が判明すれば風向きも一変しますが、
不透明感はぬぐえません。

少し様子見で良いかと思います。

~~~~~

さて。株式ネタからはこれぐらいにして、、、、、、。

今回は、前回紹介した現代アートの世界について、

私なりの穿った視点で紹介したいと思います。

特定の現代アートがもてはやされている感じがありますが、
そもそも現代アートとは何なのでしょうか。

両極端に振れやすい現代アートとは、
何なのか?

まあ。答えるなら。。。。。

身も蓋も無い答えを言うと、それは
「高額で売れているか否か」 これに尽きるのです。。。。


~~~~~~~
現代アートとは現存作家の作品か?
~~~~~~~

ずばり。

作家が現存であれば基本的に現代アートとなります。

あの印象派であっても当時はバリバリの前衛芸術。
アカデミズム画壇からは無視された存在でした。

そうした意味からも、
現在も現存中の作家が制作した作品は、
「現代アート」と捉えて問題ないと思います。

どのような作品であっても、
今生きている方の作品は現代アートと言えます。

内容の斬新さや奇抜さがあるから、現代アートではなく、
単純に生きているか否か。
それが大事なんだと思います。

~~~~
どんな作品でも制作当時は現代アート
~~~~

小難しい理念や、
インスタレーションに代表される現代アートですが、
保守的・コンサバティブな画風は常に幾らでも存在します。

むしろ
現代アート=斬新さ
のような形式に違和感を覚えます。

いや、奇をてらった表現をすれば現代アートと言われかねない、
表層的なとらわれ方に、疑問を感じます。

デッサンを重視し・着実な歩みを得て、
たどり着く表現が本来なのですが、
現代アート=奇抜・斬新さ、のような傾向が強いのは、
どうしてもシックリ来ません(笑

現代アート=抽象に近い表現
ではなく

現代アート=具象・抽象全てを含めた作品。

こうあるべきだと思います。

~~~~~

確かに、草間を始め、
現代アートと言われている作家群は、
とっつきにくい物だらけです。

海外に目を向けても、
牛を半分に切ってホルマリン漬けにした作品を見せられても、
どう理解して良いのか苦しみます
(イギリスの著名現代アート作家・ダミアン ハーストの作品です)

確かに刺激的だし、センセーショナルなので、
アリだとは思いますが。。。。。

誤解を恐れず言うならば、

具象より抽象の方が、
価値がある?見たいな風潮は問題ありだと思います。

色々な意見があり、微妙な線引きで成り立っている現代アートなので、
全てを否定するつもりはありませんが、
印象派だって、出来た当時は最先端でした(笑

また表現方法が出尽くした、とも言えますが、
これは手を変え品を変え、
新たな表現方法が生まれてくるのだと思います。

最近の現代アートは
表現方法の強烈さばかりが注目され、
本来の美しい物を描くと言う、
永遠不滅の表現方法が軽視されているような気がしてなりません。

勿論、それだけで無い事は十分理解していますが、
100号の画面に黒一色で表現されても
う~~んです。
(マークロコスなどは代表格です)

~~~~

だからといって、
具象が廃れているかと言うとそんなことあありません。

むしろ、スーパーリアリズムといった表現で、
写真以上に写真らしい描き方も最近の主流となっています。

大御所ですと 
森本草介や野田弘志らの写実絵画も主要なジャンルです。

写真のようで写真ではない、
ギリギリの表現方法を取りつつ、絵画表現を極めると言う意味では、
抽象画よりは理解しやすいジャンルかと思います。

もちろん綺麗なだけではダメなのは言うまでもありませんが・・・・。

~~~~~

大まかな風潮として、
とことん抽象か とことん具象(リアリズム)かの、
どちらかよりなのが現代アートを難しくしているのだと思います。

また特定の画家が流行する事で、
その奇抜さが正当化され、さらに高額で売れる事から、
現代アートは抽象化が進んだのだと思います。

強引な例えですが、
最近は岡本太郎の絵が人気です。

確かに良い内容ですし、好きな作家ですが、
彼は人間的には最低です(笑
愛人を作る事を良しとしたり、
重婚的なことを平気でやっています。

画家とはそもそものキャラクターありきでこそ、
売れる時代なのだと思います。

時代の寵児となっている、
草間弥生も本人が言っているように、
制せ陰的に病んでいた人です

それが良い面で捉えられているから値段も上がるのです。

人道的には非難されてしかるべきなんですが(汗

~~~~~

見方を変えれば、
インパクトのある作品は古今東西沢山存在します。

画面を黒に塗らなくても、
例えば、曽我蕭白の異端画風や、
最近再評価されつつある狩野派の作品群、
狩野山雪などの独自性はある種の抽象画に近いとさえ思います。

奇を狙った表現より、
突き詰めた上での独自性が重要なのかと思います。

まぁ。

売れたら勝ちという単純明快な世界なので、
売れ無ければ(評価され無ければダメだとは
良くわかっているのですが・・・・・。

~・~・~・~
~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~

現代アートは理念先行になりつつあり、
投機ゲームとさえ見ることが出来るのが現状です。

私は基本的には芸術は美しい物だと思っています。
肌触りという言葉がありますが、
その意味で、見た目の感覚、
見触り?が大事だと強く思っています。

その上で、物語、ストーリーが見えるか?
これが大事だと思っています。

そうした中で、キャンベルスープが画面に敷き詰められても、
インパクトはありますが、そこから思い描けるストーリーがありません。
(アンデイーウォーホールらのポップアートとか)

だからこそ具象に惹かれるのであり、
本来の姿からかけ離れすぎない事が、これからの時代は必要かと思います。

~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~
~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~

■アンティーク販売について■

通常営業で売却済みとなる場合が多く、
今回も数点が通常営業で売却済みとなりました。
打開策を検討中ですので、宜しくお願いしたします。

☆前回までの作品は売却済みとなりました☆

http://www.gottin.jp/blog/2011/01/2_2.html


~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~~・・・~
~~~■~~~■~~~まとめ~~~■~~~■~~~

今回は広義の現代アートとは何か?
について書いてみました。

アートの範疇が極めて流動的になっている現在において、
マネジメント無しで作品を売るのはほぼ不可能です。

戦略的思考で自分の立ち居地を把握しないと、
完全な独り善がりになってしまいます。

ですから?

私は現代アートではなく、具象の物故作家が好きなんです。
生産性の無い作品に大きな魅力を感じるのです。

美術は本来、人間の本能に基づいて発展しました。
文字が読めない人に神の存在を示す事が
アートの本質です。
これは古今東西歴史を問わずに共通しています。

そこから実に様々に発展し、最終的には
壊れたテレビを大量に並べたりするのです。
(例えば、オノヨーコの作品は、
アクリル台に傷んだリンゴを載せただけです)

売れれば勝ちの世界なので何ら問題は無いのですが、
抽象が流行れば流行るほど、
私は具象に惹かれます。

時代はどちらに向かうのか。

私には解りません(笑

勿論!!!

新店舗にも是非宜しくお願い致します。

かなりお奨めのブレンデッとウイスキーがあります。
これは美味しいと自負していますので、何卒!!!

多少狭い店になったので、窮屈かもしれませんが、
10月も宜しくお願い致します。

★原則紹介制★

★予約(貸切)でカラオケあり★

港区赤坂3-6-18
ニューロイヤルビル502号
03-35847778(番号は変わらず)
Gottin

高木啓行 
~~~~~~

★個人的なお知らせを1点★

「当店のHPを作成していただいた、吉田サン!!!
お聞きしたい事があるので、このメルマガを見ていましたら、
t-hiroyuki@mth.biglobe.ne.jpまで連絡下さい。お願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~

アンティークグラス類に、
もしご興味のある方は、お問い合わせ下さい。
配送等は実費となります。

http://www.gottin.jp/blog/2010/05/post_51.html

なお。作品は店内に飾ってあります。

お買い上げ希望の方で、
当店の営業中に引取りにお越し頂いた場合、サービスとして、
飲食代金を半額と致します!!!!
上限はありますが、感謝の気持ちを込めてサービスいたします!!!!

☆当店のグラスは大半がアンティークグラスです。

☆次回のアンティーク販売もお楽しみに♪

☆http://www.gottin.jp/antique/index.html



!!今回はここまでとします!!


次回予告■■■未定■■■




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


稚拙な文章ですが、お読みいただき有難うございました。
Gottinオーナーバーテンダー・高木でした。

☆Gottinに感想でもどうかなぁ。と思ってくださった方はこちらへ☆
「問い合わせフォーム」をご利用下さい!
http://www.gottin.jp/contact/index.html

※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクにお願いします※
http://www.mag2.com/m/0000265612.html

 
!!!!次回もお願い致します!!!!


*注意*

<このメルマガの内容はあくまでもGottinオーナーの自主判断で記載しています。
誤記があった場合の責任、書かれている内容の保証は出来ません。
特定の商品を推奨してもいません。
記載内容は皆様の責任で判断して頂きたいと思います>

*****************************
発行元 
Gottin ~女神のグラス~ 
http://www.gottin.jp/
bar@gottin.jp
TEL&FAX 03-3584-7778
東京都港区赤坂3-6-18 
ニューロイヤルビル502号
・営業日
月曜~金曜/7時~26時
・定休日
日曜・祝日(土曜)
☆土曜日は不定休です。ご注意下さい☆

~~~■~~~■~~~■~~~■~~~■~~~■~~~

Gottinとは→

赤坂サカス徒歩2分の雑居ビルにある、アンティークバーです。
2006年6月に開店しました(2014年7月現在地に移転)。
お酒もさることながら、
使用するアンティークグラス&クラシックな調度品に大きな特徴があります。
詳しくは是非ホームページをご覧頂ければと思います。

http://www.gottin.jp/

~~~■~~~■~~~■~~~■~~~■~~~■~~~ 

Gottinのお酒&アンティーク豆知識

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2016/01/07
部数 66部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

Gottinのお酒&アンティーク豆知識

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2016/01/07
部数 66部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング