中国株投資レッスン

資本市場の発展が成長のカギを握る!!


カテゴリー: 2017年01月19日
////////////////////////////////////////////////////////////////
                  2017年1月19日 第457号

     「中国株投資レッスン」

     TS・チャイナ・リサーチ株式会社 田代尚機 発行
////////////////////////////////////////////////////////////////


     目次
     1. 中国株有料メルマガに助言しています!!
     2. 資本市場の発展が成長のカギを握る!!
     3.『中国株二季報 2017年春号』の販売開始!!

1. 中国株有料メルマガに助言しています!!
 今年の中国経済は、供給側改革の深化、一帯一路戦略、走出去政策、

PPPプロジェクトの拡大、混合所有制改革の加速、戦略的振興産業

の発展など、中国経済の構造を変える戦略、政策が多く打ち出される

見通しです。

 中長期投資には絶好のタイミングだと考えています。

 今こそ、中国株投資のチャンスです!!

 TS・チャイナ・リサーチ株式会社は、グローバルリンクアドバイザーズ
株式会社が発行する週刊中国株投資戦略レポートに関して、助言・
情報提供を行っております。
http://www.gladv.co.jp/members/china_senryaku/index.html

2. 資本市場の発展が成長のカギを握る!!!!
 先週はいろいろな政策情報が報道されたが、その中にいくつか重要だと
思われるものがあった。今回はそれらを簡単にまとめておきたい。

 まず、PPPプロジェクトに関する政策について。

 発展改革委員会投資司、証券監督管理員会債券部、中国証券投資基金業協会は
9日、関連企業を呼んだ上で、PPPプロジェクト資産証券化座談会を開催した。
会議では、伝統的なインフラ設備領域のPPPプロジェクトにおける
証券化資金調達を推し進めることについて話し合われた。これは、発改委、
証監会が共同で開催した第一回目の座談会である。
PPPプロジェクト資産証券化業務が正式に立ち上げられたことを意味する。

 今後、両機関は協力関係を強め、共同でPPPプロジェクト資産証券化教育を
行い、条件にあうPPPプロジェクトを選び出し、できるだけ早く、関連する
証券化商品を発行させる方針である。

 国務院は2016年10月11日、PPPモデルプロジェクト第三弾対象プロジェクトを
発表した。ごみ処理、下水道管の設置、道路、駐車場の建設、景観緑化
といった政府関連プロジェクトを中心に、516の案件が具体的な
政府プロジェクトとして認定された。事業総規模は1兆1700億元に達する。

 問題は“資金をどう調達するのか”という点である。中央の財源には限りが
ある。地方財政はリーマンショック後に行われた過剰な積極財政政策の
後遺症で何処も財政難である。

 そこで民営資金の導入に注目が集まり、PPPプロジェクトを増やそう
といった話になっている。

 政府としては、国家として必要なプロジェクトを厳選し、それを中心に
投資を加速させたい。そこで今回の516件の案件を指定するといった形に
なったのであるが、それに民間資本が興味を示してくれるだろうか?

 インフラ投資は資金回収までに長い時間がかかる。途中で投資を止める
わけにはいかない。民間からすれば、扱いにくい案件である。国務院は、
そうした点を少しでも和らげるために資産を証券化し、投資、資金回収の
利便性を高めようとしているのだ。

 次に混合所有制国有企業改革について。

 中国中冶(H株01618、上海A株601618)は11日、「中国国有企業構造調整基金
股フェン有限公司は同社が行う第三者割当増資2476万株を引き受ける。
ロックアップ期間は12か月間である」と発表した。

 中国国有企業構造調整基金股フェン有限公司とは、2016年9月に設立された
国内最大規模の産業向け投資ファンドだ。株主は中国誠通控股集団
(発起人、出資額300億元)、中国郵政儲蓄銀行(500億元)、招商局集団
(200億元)、中国兵器工業集団(50億元)、中国石油化工集団(50億元)、
中国交通建設集団(50億元)、神華集団(50億元)、中国移動通信集団(50億元)、
中国中車集団(10億元)、北京金融街投資(集団)(50億元)。資本金は
1310億元であるが、レバレッジがかかっており、ファンド規模は3500億元
である。本来、PE投資を目的としているようであるが、今回初めて
上場企業への投資を行うようである。

 混合所有制国有企業改革とは、中央系国有企業に民間資本を導入することで、
資本の充実と経営効率の改善を目指す改革である。ここで導入される資金は
元をたどれば国有企業の出資金や、銀行からの借入金ではあるが、
ファンドによる投資であり、純粋なキャピタルゲイン獲得を目的とした
投資である。混合所有制国有企業改革では、こうした企業支配を
目的としない資金の導入が望まれる。

 なお、資金使途は、珠海十字門中央ビジネス区ビジネスグループ、
滬州空港道路建設、湛江鋼鉄環境保護、汪家馨城第二期、満堂家園など、
プロジェクトに関する開発資金などである。

 企業側は少しでもリターンの高いプロジェクトを開拓し、外部から少しでも
多くの資金を調達しようとする。ファンド側は将来性のあるプロジェクトを
厳選して投資しようとする。両方の努力によって、良質で効率的な
インフラ投資が増えることになる。

 政府が経済主体に働きかけ、成長を促すといったやり方は無駄がなく、
効率的であるように思えるが、それほど簡単ではない。

 例えば自動車産業を例にとると、2015年10月から始まった購入税半減政策は、
2016年の中国自動車市場を急成長させる原動力となった。生産量は
8年連続で世界第1位。生産、販売量はいずれも2800万台を超え、
それぞれ14.46%増、13.65%増となった。

 しかし、中国自動車協会は、「購入税政策における期限到来の不確実性は
需要の先食いを招き、それが2017年の販売に一部影響を与えるだろう。
購入税政策の段階的な終了による影響もあり、2017年の自動車販売台数は
5%増の2940万台前後となるだろう」などと発言している。購入税政策について
少し補足しておくと、今年は経過措置として、軽減税率が半減する形で
維持されたが、来年からは2015年9月以前の状態に戻る見込みである。

 「自動車需要は安定成長するとみており、今後、5~10年の間は成長が続く
であろう」とも指摘しているが、恒久減税でない限り、こうした政策の
効果は生産のボラティリティを一時的に高めるだけとなってしまいかねない。

 新エネルギー自動車についていえば、「2017年は2016年と比べ、国家の
補助金は20%削減され、地方財政による補助金も中央財政による補助金額の
50%を超えてはならないといった政策が打ち出されている。
2017年第1四半期の新エネルギー自動車の販売量は楽観できないであろう」
などと説明している。

 新エネルギー自動車への補助金政策を巡り、違法取得が相次いだ。だから、
一旦縮小されることになるのだが、政府が性悪説に立ち、補助金を
受ける側の監督管理をしっかり行わない限り、政策効果が薄いばかりか、
社会の不満を拡大させる結果となってしまう。

 中国経済の強さは「多様性」、「個の強さ」にある。中国には様々なタイプの
人がいて、自己の利益を最大化するためにあらゆる努力を惜しまない人が
沢山いる。政府は彼らを上手く活用し、監督管理してきたが、そのことが
この数十年間、中国経済を奇跡的に高成長させてきた原動力となっている。

 しかし、「自己利益の最大化」は時として、社会通念や道徳、法秩序を超えて
しまう。不動産、株式市場、商品市場におけるボラティリティの高さや、
実体経済における非効率な投資の過熱などを引き起こしてしまう。

 経済が今後も成長を続けるために、市場の自由化、国際化を進めることで
「多様性」を維持し、「個の強さ」をさらに強化しながら、それによって
発生するだろう不都合な部分を取り除くよう、政府は今後も、うまく
監督管理していくであろう。過去の実績がこのシステムの優位性を
証明している。

 我々は経済システムの違いを正しく理解した上で、中国市場で起きる
いろいろな変動を冷静に分析すべきである。
(1月14日作成、有料メルマガから一部抜粋)。

3.『中国株二季報 2017年春号』の販売開始!!
 中国株投資の必携・必読書、二季報最新号の発売が開始されました。

 特集の“H株・レッドチップの復権”を執筆しました。

 中国株は押し目から回復へ!!中国株投資はビッグチャンス到来です。

 詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。
https://www.nikihou.jp/organ/nikihotscr.html

---------------------------------------------------------------------
電子メールに掲載されている内容等は、投資の参考となる情報提供のみを
目的としたものです。したがって、勧誘を目的としたものでありません。
投資に関する最終判断は、お客様御自身の責任でお願い申し上げます。
TS・チャイナ・リサーチ株式会社の電子メール情報を用い、発生した
いかなる損害(被害)及び民事、刑事的問題については、
当社は一切の責任を免れます。
 本件に記載されている内容はその正確性又は完全性を保証したものでは
ありません。記載された内容は、予告なしに変更することがあります。また、
投資結果を保証するものではありません。投資に関する最終判断は、御自身の
責任でお願い申し上げます。


---------------------------------------------------------------
  中国株投資レッスン
    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000265585.html 
---------------------------------------------------------------

ついでに読みたい

中国株投資レッスン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/01/19
部数 2,044部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、好きなことを仕事にする「お金の心理学」
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

司法書士くりりんの事件簿
現役司法書士による法情報や出版した電子書籍に関する情報提供です。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング