ゲンさんの新聞業界裏話

第208回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞勧誘方法のいろいろ 拡張員編 その2


カテゴリー: 2012年06月01日
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      
   第208回 ゲンさんの新聞業界裏話      2012.6. 1


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

目次

   ■新聞勧誘方法のいろいろ  拡張員編 その2
       
    
   ■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


■新聞勧誘方法のいろいろ  拡張員編 その2


このシリーズの第1回目の当メルマガ『第206回 ゲンさんの新聞業界裏話
 ■新聞勧誘方法のいろいろ  拡張員編 その1』(注1.巻末参考ページ参
照)の評判がそこそこ良かったので少し安心した。

この回から読まれる方のために言うと、過去8年間に渡ってメルマガやサイト
に寄せられた業界関係者の方々からのメールの中から、「新聞勧誘方法のいろ
いろ」と題し、率直な考え方に基づく勧誘方法というのをピックアップして紹
介しようと考えたことが、その発端やった。

現場の生の声を伝えるという趣旨になる。

その内容には賛否両論あるかも知れんと思いつつ、ここでは、それらをそのま
ま紹介することにした。

それらについて一つずつ解説するようなことはしない。褒めることもしなけれ
ば批判もしないと。

ご感想は、それぞれにお任せするとして。

良いものも悪いものも含めて、すべてが業界関係者の声ということで分かって
欲しかった。

善し悪しに関わらず、他人のやり方や考え方を知るというのは、それなりに意
義のあることやと思うさかいな。

良い考え、方法には学べばええし、悪いと思えるものは反面教師にして貰えれ
ばええ。活かし方は人それぞれや。

案の定というか、予想どおり同感やという意見もあれば批判的なものなど賛否
両論いろいろなご意見が寄せられた。

それらのご意見についてはこのシリーズの中で取り上げるのは控えさせて頂く。

一方通行と言えば一方通行やが、このシリーズはそういうものやと理解して頂
きたい。

それでは始める。

……………………………………………………………………………………………

新聞勧誘方法のいろいろ  拡張員編 その2


【百人の客より一軒の販売店を拡張せよ】

百人のお客様を拡張するより一つのお店を拡張する方がおいしいって思ってま
す。

店に貢献して、その後店に(良いように)ヒイキにしてもらうことが現在の拡
張員の最強スタイルやと思います。


【私の呼び出し法】

私の拡張の仕方は、まず自転車でパンフレットを各家庭に持って行き、インタ
ーホンを鳴らし「〇〇(本名)ですが後で来ますので見ててくださいね」と言
ってポストに入れます。

ある程度の軒数を回ったら、最初にパンフレットを入れさせて頂いたお家から
「先ほどの〇〇(本名)ですが見て頂けました?」と聞くとほとんどの方は見
てないのですが、玄関口まで出て来てくれる方が多数います。


【すべては勉強】

悪を見て半面教師にするのも勉強ですよ。良いトークは盗み取るぐらいの気概
がないと一日一日がもったいない。


【恨みは拡張で】

拡張初心者の頃は先輩にカードを取り上げられた事も数回ありますし、天ぷら
カードに私の名前を書かれた事まであります。 

私は、こういう腐った人間に負けてたまるかという気持ちで、奴らが喫茶店や
パチンコ屋で遊んでいる間に叩きまくっています。


【拡張は情熱と集中力と自己管理】

ベテランになっても数多くの軒数を叩きます。仕事が終わった後は目は釣り上
がりフラフラですよ。拡張は情熱と集中力と自己管理だと思います。


【拡張の本質】

先輩や同僚と表面上でもいいから付き合って行く世渡り上手な面と、カード
(契約)を上げる力がないと潰れて行く世界です。

人の不正を正すより自分のカードを追いかけることです。


【その差は情熱とセンス】

営業において確かなことなどありません。同じマニュアルに沿った営業をした
としても、人によりかなり成績の差がついてしまうものだと思います。


【拡張員は特殊人間】

拡張員は何て言うか特殊人間(人造人間じゃないですよ!)みたいな所があっ
てですね-、大胆不適かつ繊細で、何事にも動じない鈍感な心、当たり障りの
ないギャグ、そういった少し特殊な感性を持ち合わした生き物なんですよね。


【個性は最大の武器】

しかし、まあ~全国の拡張員のみなさん~本来の個性をお忘れではありません
か、元気を出せなんて他人事の様な言葉は言いません。(僕も言われたくない)

個性を出そうよ~、あるでしょ、あなたしかない不思議な魅力。

世間様は不況、不況ってうるさいけど…心の中までも不況にすることないもん
ね!

楽しんじゃいましょうよ! それが俺ら拡張員の武器でしょ!

個性はあきらかに武器ですよ、最大のね!


【相手に合わせるトーク】

同じ事を喋って「あがる」「あがらない」の差は何なのだろう?

ある日、団長に呼ばれて一緒に飲む機会がありました。そこで思い切って団長
に質問をぶつけてみました。

返ってきた答です。

「確かにみんな契約をくれとお願いしてるのには変わりない。トークも人それ
ぞれ特徴はあるけど、大体は同じ事を喋っとる。おまけにサービス内容も同じ
やしな」

「何が違うか言うたら、相手(客)が違うねん」

私はまだ理解できませんでした。

「おっちゃん! 新聞取ってぇ~やぁ~!! って言うて、しゃぁ~ないなぁ
~、で書いてくれる客もおる」

「逆にそんな喋り方をしたら一生取ってくれへん客もおる」

「それほどサービスしてくれるんやったら取ってやるって客もおる」

「あんたは真面目そうやから取ってあげるわぁ~って客もおる」

「相手がどんな客かという事を咄嗟に判断して、それなりに自分も変身できた
ら今よりはカードにつながると思うで」

私は相手がどんな客かという事はある程度判断できていたつもりでしたが、そ
れに合わせて自分を変身させると言うことまではしていませんでした。

相手がどんな客であっても、自分のスタイルは固定していました。

それからは自分のスタイル、自分のトークというものをやめ、できる限り相手
に喋らせて、相手のペースに合わせる(ここは私が重要と思う所で、相手のペ
ースに乗るのではなく「合わせる」である)トークを展開して自然な感じで契
約の話へ持って行くというスタイルに変えてみました。

これは成功で以前の自分では考えられない程の成果が上げられるようになりま
した。
 

【上げやすい場所】

街中の一軒家より田舎の集落とかの方が上がりやすくないですか? 街中の一
軒家だとインターホン越しで顔も見ずに断られることが多いです。

その点、集落はお年よりもいれば、外で作業している人たちが多いので話しか
け、熱心に話に付き合うと上げやすいんですよ。


【落とせる自信】

「こんにちは~。Y新聞ですけど。来月やる24時間TVのサポートもしているん
で募金したつもりで半年だけ付き合って頂けないでしょうか? あなたが支払
うことになる新聞代も回り回って人の役に必ず立ちますので。

半年取ってもらうと一ヶ月無料ですし、ビール券、洗剤などもつきますよ。半
年だけでいいんです。それ以上は取って欲しいとは一切言いませんので! 本
当に」

大概、ここまで言う前にインターホンを切られるんですけど、ここまで話を聞
いてうーんと唸る人や質問してくる人は落とせる自信ありますね。


【強引なキャンペーントーク】

「こんにちは。ちょっと聞きたいんだけど、今M新聞入ってる?」

「いえ」
  
「あぁ良かった。新聞祭りのサービスで○○を配っているから使ってください。
失礼します」と言いながら玄関に入りお客に渡す。
           
お客がびっくりして「どこの新聞屋さん?」と言ってくる。
 
「別に怪し者ではないから安心してください」

その時にお客の言うことは無視してさらに続ける。 
 
「実はM新聞が創刊○○周年記念キャンペーンしてまして、普段できないサー
ビスですので1年間応援してください。よろしくお願いします」

サービスの現物をどっさり客の目の前に置く。すると大半が仕方なくでも話を
聞く。

 
【断り文句を言われたときの対応】
   
「主人に聞かないと分からない」

「家を買うとか土地を買うとか言ったら怒られるけど、たかが新聞くらいで怒
るような旦那さんなんかいませんよ。今回1回だけお願いします」
 
「そんな先の契約はできません」

「何を仰ってるんです。どこの新聞でも5年10年後の契約は当たり前ですよ。
私はそこまでは言いませんから、今読んでおられる新聞が終わった後の1年間
でいいのでよろしくお願いします」
 
「A新聞紙しか読まない」    
     
「そういうお客さんだから頼んでいるのです。私も男の子、清水の舞台から飛
び降りたつもりで6ヶ月にまけちゃうから1回だけ応援して下さい」
  
最も肝心なのはトークではなく気迫です。


【いつか使いたい拡張トーク】

「ナベ○ネ、いなくなったからハンコ頂戴」


【納得のトーク】

拡張員、契約に困れば販売店の店主や店長が死んだと言うくらいは当たり前。

そんなことをトークにされる方が悪いと、妙に納得。


【おいしい仕事】
 
何時もつくづく思うのですが、最近の拡張員はなぜオシャレをしないのでしょ
う。

私が初めてスーツを着たのは拡張員になった昭和34年当時です。団長が保証
人になり丸井で買いました。

「それで女の所に行けば一発だ」煽られて。
 
当然、狙いはアパートか下宿屋。カラフルな女性の下着が干してあったら飛ん
でいきます。
 
一生に一度結婚した奥さんも拡張しながら見つけました。
 
その日の仕事は女とデートの約束ができたら、何時もそこでお終い。
 
こんなにおいしい拡張員を何故辞めたか。
 
結婚したときに義父から「拡張員は世間体が悪いからやめろ」の一言のため。
 

【サイトを客に紹介しても良いですか】

「新聞拡張員ゲンさんの嘆き」をお客さんに「こういうサイトもあるよ」と教
えてもいいでしょうか?

また自分で紹介チラシのようなものを作ってもいいでしょうか?
 
というのも私は新聞の営業を始めて二年になりますが、なぜ、こんなに新聞の
営業は嫌われるんだろう、苦情もこんなに多いんだろうと思ったときこのサイ
トを紹介してはどうかなと考えたのです。
 

【危機一髪の機転トーク】

何度か経験したが、ハコ(小さな賃貸の一軒家)を叩いていると30代位の女
性から「上がっていきな、新聞取ってあげるから」と。

当時二十歳になりたてのぼくは暇な団地妻、ホステスなどに声をかけられるこ
とが多かった。

ぼくは、まずは相手の話を聞くことに徹していた。ビールを出されることも多
かったがアルコールは断った。

お茶でも飲みながらあまり自分の事は話さないようにした。向こうはこちらの
話を聞くより、自分から話したい場合の方が多い。

もちろん誘われる事もあったが客と一線越えたことはない。

新聞くらいで自分を売る気もないし、下手(何が?)だからと断ったら女性か
らしつこくされることは少ない。

お茶を飲んでる時にダンナが帰ってきた事もある。

嫁はバツが悪そうに「あっ」としか言わない。ダンナはあくまでこちらの出方
をみようとして「どちらさま?」と。

この時、脳みそをフル回転させた、ただ帰るだけではだめだ。新聞を取っても
らわんと。そう必死に考えた。

そして出てきたトークが、「(ネームプレート見せて)○○と申します。お邪魔
しております、実はA紙の勧誘でして、お宅では現在どこも取ってないとの事
でしたので、しつこいと思いながらも奥様に無理を言ってました。

奥様も旦那様じゃないと分からないとの事でしたがあまりに熱が入ってしまい
話してたら喉が枯れて痛くなってしまってお茶一杯だけ頂けませんか? と言
うと快く持ってきていただいたので飲んでいたところでした。ありがとうござ
います」という感じのものだった。

当時のぼくは茶髪にロン毛でよくいるちゃらんぽらんな風体だったが、見た目
と違う丁寧な物言いにキョトンとしていたダンナに「6ヶ月だけお願いします」
と頭を下げた。

実際はそのお宅には奥さんと対面して二、三分拡張せず雑談しているところで
「上がって」と言われ、お言葉に甘えて茶を飲んでただけでこちらに非はない
が、これで帰ったらその時間が無駄になる。

絶対あげたかった。奥さんは黙ってた。任せるという意味だろう。何度かその
ダンナとやり取りをして、やましい相手ではないのを理解させた後は早かった。

6ヶ月カードになった。この間、二、三十分の出来事だった。 

こういった事もあり、その後も客の誘いに乗ることはない、もっとも今では年
を取ったから誘われることはないけど。


【役所の勧誘実態】

最初、役所というところは一般とは常識が違うというか、雰囲気がまるで違う
ような感じがしました。

はじめの頃は、コネなどを使って営業しているのかと思いましたら、そうでも
ありませんでした。

ターゲットは課長、課長補佐などの役職の偉い人です。給料の高い人です。

1年に1回は付き合いで新聞を取ってくれる。そういう人を探します。

私のN径新聞の営業は拡材がありません。ほとんど、サービスがありません。

そのため役所の中を廻り、人の良さそうな人を探し情に訴えるのです。

はじめは訪問するのが嫌で嫌でたまりませんでしたが、長くやっていると面白
い所だというのと、おいしい市場でもあるということが分かってきました。

営業は訪問件数と比例するところがありますので、人が多い所は短時間で、か
なりの人に合えるため枚数が上がるのです。
 
取ってくれた人は顧客管理をして記録に残しておきます。役所では3ヶ月しか
取りません。3ヶ月経つと確実に止めます。するとまた勧誘できます。

営業時間は9時~5時まで。こちらとしても夜の訪問をしなくいいので助かり
ます。

ただ、亭主関白の人だけしか取れません。


【楽しきかな漫才拡張】

私のやり方は定義するならば、漫才拡張といったようなものです。

豚もおだてれば木に登るの例えのように、ほめ殺しを多く使うやり方です。

拡材に近所の畑で売っていた大根を使ったこともあります。

嘘も方便、様々な時事刻々の話題をちりばめ、私自身の欠点を武器にして笑
いを取りながら勧誘しています。


【姓名辞典は拡張のアイテム】

日本の苗字の数は約30万と多く、中には難しい読み方もかなりありまして、
そんな名前のお宅を見つけた場合がチャンスで、正しい名前で呼びかけると喜
ばれます。

例えば「御手洗」という性があります。これは「みてらい」と読むのが正しく、
そのままストレートに読んではいけません。

「みてらいさん」と呼びかけると、こういう人からは喜ばれます。「よくご存
知ね」と。今まで嫌な思いをされていることが多ければ多いほど、そう言われ
ます。

そんな時、「神主の養成所にいたことがあるので知っているのです」と答えま
す。

これだけで信用されます。

もちろん、そのために姓名辞典の類は常に持ち歩いているわけですが。

…………………………………………………………………………………………… 

今回はここまでにしとく。

拡張員編はまだまだあって続けるつもりやが、次回のこのシリーズでは新聞販
売店関係者の話をするつもりにしとる。

また違った味わいがあると思うので。

改めてこんなことが言いたい。こんな方法もあるというのがあれば歓迎するの
で是非、メールで寄せて頂ければと思う。



参考ページ

注1.第206回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞勧誘方法のいろいろ  拡
張員編 その1
http://archive.mag2.com/0000265583/20120518080000000.html



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の5月25日から本日6月1日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1131 セールスの登録解除をしてもらえない時は、どうすればいいんでしょ
うか?
NO.1132 新聞の拡張員をしている(と想像している)某人物を探しております
NO.1133 セールス(拡張員)登録が末梢されるまで動かない方がいいもんです
か?

リンク集
その3 各種情報関連サイト・ブログ集NO.6
保険の資料請求.com……医療保険や生命保険の資料請求案内サイト

ストレスの悩みを改善navi……ストレスによる原因や症状を詳しく解説し予防
方法や改善方法を分かりやすく紹介しているサイト


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage21.html

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
iPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブ
レット、Androidタブレット大

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
必要端末「iPad(アイパッド)」、「iPhone(アイフォン)」、「iPod Touch
(アイポッド・タッチ)」


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)……宅急便代金引換、コンビニ払い、ATM、ネット
バイキング、Edy払い可。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』書籍販売コーナー
http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/newpage17.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL   : http://www3.ocn.ne.jp/~siratuka/
Mail : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000265583.html 
                                               
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ゲンさんの新聞業界裏話

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/15
部数 566部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ゲンさんの新聞業界裏話

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/15
部数 566部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング