税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

派遣か請負か給与か


カテゴリー: 2008年09月21日
 2004年の労働者派遣法の改正により製造業の派遣が認められるようになり、2007年3月に派遣期間が3年に延びました。

 2006年以降派遣へシフトする会社が増えました。

 今、2009年問題といわれ、約300万人以上とも呼ばれる製造業派遣労働者の契約期限切れをめぐり社会問題化しています。

 継続して人材派遣を行うには3ヶ月以上の期間をおかなければならないというルールのもと 直接雇用か請負に変更する企業も増えています。

 ただ人材派遣については、歴史を追って説明していかないとなりません。

 2006年に実際は請負でないのに請負とする偽装請負問題がマスコミに大幅に取り上げられました。

 業務請負契約 業務委託契約などの形式により請負側が仕事をうけていたが、実際は派遣契約と同じであったというケースです。

 請負主が派遣業の許可をもたずに、人だけ請負と称して請負先の事業所に人を派遣

 働かされていた人は、実際はその請負先の指揮命令の元働いている

 こういう場合は派遣を行っているとみなされるからです。

 職業安定法による請負と派遣の違いは以下の要件をすべて満たさないと派遣とみなされます。

 ●作業完成について事業主として法律上すべて責任を負う

 ●作業従事する労働者を指揮監督する

 ●作業従事する労働者に対し 使用者として法律規定のすべての義務を負う

 ●自ら資材を提供し専門的な技術経験を持ち、単に肉体労働を提供するものでない

 2006年に偽装請負とみなされた会社は職業安定法違反、労働者派遣法違反となり、
その後の労働者派遣法の改正に伴いほとんどが労働者派遣に移行したという
経緯があります。

 派遣業の場合、原則として常用の派遣労働者の源泉所得税義務、社会保険料負担、労働保険料負担などがあります。
 労働者派遣法の規定により、労働者の身分関係の規定も厳しく、人材コストも大きいため、請負形式に比べるとコスト面で割高です
 このことから請負の形で違法に労働者を使用していたケースもあったようです。


 このケースは比較的大手の製造業が槍玉にあがったのですが、請負か給与かというのはどの規模の企業についても判断が難しいところでもあります。

 税法上も実態で請負か給与の判定は注意が必要です。

 (消費税は、請負は課税、給与は非課税で源泉所得税義務があるため)

 消費税基本通達1-1-1によると

●その契約にかかる役務の提供の内容が他人の代替を容れるかどうか

●役務の提供にあたり、事業者の指揮監督を受けるかどうか

●まだ引渡しを完了していない完成品が不可抗力のため滅失した場合でも当該個人が権利としてすでに提供した役務に関わる報酬の請求をなすことができるかどうか

●役務の提供に係る材料、用具等を提供されているかどうか

 消費税については、人材派遣業の場合消費税の控除するものが、ほとんど人件費でないため負担が重くなります。(売上げは課税、給与法定福利費は非課税のため)

 人材派遣についてはこれからはマージン率を情報として労働者や派遣先に公開するように指針を出しています。
 単純に給与のみのマージン率では判断できないこともあると思います。
 高負担の社会保険、労働保険 社員教育負担率なども含めた考慮がなされるのでしょうか?

 人材派遣業は1940年に今のマンパワー社の創始者である弁護士2名が急に止めてしまった人の穴埋めとして

 必要なときに 必要な人を 必要な期間だけというサービスを考えたのがはじまりです。

 まず日本の場合大企業がいっせいにとりいれ、政府も産業界も労働コスト削減につながると歓迎したシステムです。

 また紹介予定派遣など、正社員への道も開かれ、今は何かと槍玉にあがっていますが成長する分野であることは間違いないと思います。

 ただ全世界的には、同一労働同一賃金という傾向が強まっており非正規社員だから安くていいという従来の考え方を見直そうという機運があります。

ヒトとヒトとの関係を大切にしたい

 つちうら税理士法人  http://tsuchiuratax.jp



 

このメルマガは現在休刊中です

税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2010/04/29
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2010/04/29
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング