理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

文型の利用法 Part II


カテゴリー: 2008年05月14日
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  第7回 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5月も半ばになりますが、皆さん、新しい学年、新しい年度にもう慣れてきたでしょうか?

世の中ではよく5月病などと言いますが(最近ではもっと早いものも言われているようですが)

ただ単に新生活に疲れたというだけでなく、慣れてきた頃に「何かやらなくては!でも何をやった

らいいか分からない!」とか、「やることは分かっているつもりだけど、どうやったら良いか方法

が分からない!」とかいうときにも、無力感からこのように感じてしまうのかもしれません。


「何かやらなくては!」と思った方は一緒に英語に取り組んでみませんか?「英語をやると決めたけど、

どうしたら良いか分からない!」という人も一緒にどう取り組んでみるか考えてみませんか? 

☆ Language School 〜航〜 ☆ では、英語の学習全般に対応しております。

ホームページも新たにしましたので、是非ともご覧下さい!

URL: http://www.lswataru.com

しかも、このメールの最後の方には ★ 夏の始めと終わりの “BIG EVENTS” ★ の告知を致します。お楽しみに! 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎ いきなり質問です。選択肢から(    )に当てはまる適切だと思われるものを選んで下さ
い。

帰ろうとしているお客さんに“I”が言うセリフ。

“I’ll (               ) my son drive you home”.

(a) let   (b) make   (c) have  (d) get

==================  ★  ★   解答と解説 ★  ★  ====================

答えは(b)の “have” です。

下に示しましたが、my son (O) の後に“V(原形)=drive”がきているのが一つのポイントで(d)の“get”は答えにはなりません。

    (“get”は『手に入れる』動きをしますので、“to”が必要だと思って下さい。しかも『手に入れる』ということから
      『何とか頼んでOにVしてもらう』感じで『息子に頼んでお客さんを送ってもらう』感じになるため お客さんは恐縮
      してしまいますよ。)

(a) let も (b) make も (c) have も “my son (O)”の後に“V(原形)が取れるので、

  ★  ★『形が同じ』ということは『意味』を考えなければなりません。★ ★

 ☆“let”は『許可』ですから、息子に許可するということは、息子が行きたがっているということですよ。

       お客さんは奇麗なお姉さんなのでしょうか?

 ☆“make” は人が主語のとき『強制』ですから、『息子に無理矢理送らせます』ということで、お客さん引いちゃいますよ

 ☆ 息子にあなた(お客さん)を送らせるのは『当然』ということであれば、お客さんもそんなに気にしないでしょう。

◎ I’ll have my son drive you home.       『息子にご自宅まで車で送らせましょう』

=================================================================

▲▽▲   S V O C (OとCの関係=s’v’) の“C”に“V(原形)”をとれるV  ▲▽▲

(1) 知覚動詞 see/ hear/ feel など

(2) 使役動詞 let (許可)  /make (人がSのとき強制) /have(当然の関係)

(3) help  O  (to) V(原) OがVするの を助ける・手伝う/に役立つ

      (toが入ると「きっかけを助ける」と言う意味)

▲▽▲           ▽▲▽          ▲▽▲           ▽▲▽            ▲▽▲            ▽▲▽          ▲▽▲


◎ ではもう1問! 同じように(   )に当てはまると思われるものを選んで下さい。

Stephanie’s father (                ) her study overseas against her will.

(a) let  (b) made  (c) had (d) compelled

==================  ★  ★   解答と解説 ★  ★  ====================

答えは (b)made です。

“her(O)”の後に“study=V(原形)”がきているのがポイントの一つで、下にあげたように“compelled”はだめです。

もう一つのポイントは“against her will”=『彼女の意志に反して』です。『意志に反して』ということは、

『強制的に』させたということになります。

勝手に『彼女が留学したかったんだ!』と考えないで下さいね。そうすると、『許可』=“let”になっちゃいます。

◎ Stephanie’s father made her study overseas against her will.

=  Stephanie’s father compelled her to study overseas against her will.

『ステファニーの父は、彼女の意志に反して、海外留学させた』 

                 ◇◆◇◆◇◆  -------    言い換え/書き換え   --------   ◆◇◆◇◆◇

let O V(原)   = allow O to V(原)     ⇒OがVするのを許可する/OにVさせてあげる

make O V(原)  = force /compel / oblige  O to V(原)
                                          
                                                             ⇒ΟがVするのを強制する/義務づける/OにVさせる
                                  

have O V(原)   = get O to V(原)      ⇒ΟにVしてもらう/OにVさせる

◆◇◆         ◇◆◇        ◆◇◆         ◇◆◇        ◆◇◆         ◇◆◇            ◆◇◆

とこのように、『Sが (原因で) OにVさせる (OがVすることになる/Vできる)』という場合は、

ほとんど“to V(原形)になります。

☆       ----------            ☆            ---------          ☆         ---------       ☆   ----------    ☆

    Sが働きかけたこと(許可したり,強制したり、励ましたり、促したり)により、

    OがVする方に向かっていく(未来志向は“to V(原形) )

☆  -------------------                         ---------------------                       ------------------☆

と考えれば良いでしょう。

ということは、先ほどの例文は、こう考えたら良いんじゃないでしょうか?

◎ Stephanie’s father made her study overseas against her will.

=  Stephanie’s father compelled her to study overseas against her will.

『ステファニーの父が原因で(父のせいで)、ステファニーは自分の意志に反して海外留学をしなくちゃならなかった』

★ そうです。SVOCの文型は 『S が原因で O C=結果』と捉えられます。★

---------------- ☆ ★   other examples    ★ ☆-----------------

This medicine will make you feel better.
            S               V →      O    C
『この薬を飲めば、きっと気分が良くなるよ』←“medicine”は『飲み薬』だから

His help enabled me to attain the goal. 
        S        V →    O         C

『彼が手伝ってくれたおかげで私は目標を達成できた』

-------------------------------------------------------------------

============== ▼△▼   発展 △▼△ ===============

◎ ところで, O C がs’ v’ のような関係ならmake は文(she was happy.のようなsentence)を

取れば良いじゃないか!と思いませんか? 

答えはYes でもあり, Noでもあるのです。

もちろん、『因果関係』を表す“make” は文の形をとれず  “O C” です。

 =Richard made her very happy. 
           S         V     O              C
  
  『リチャードは彼女を幸せにした。→ リチャードのおかげで彼女は幸せになった』

☆ 理解の鍵はこんなところにあります。次の例文を見て下さい。

I can’t make out that much water is coming in.   

  make はout を伴って“that+文”の形を『目的語』に取ることがあります。

この場合、日本語で言えば、「〜を理解する」という意味で使えます。

     ← 答えを作り(make) 出す(out)と考えれば良いでしょう。(“out”は『外に出す時は完全に』というニュアンスも入ります。)

=figure out 〜/figure 〜 out  ←計算して(figure) 答えを出す(out) 

=work out 〜 /work 〜 out   ←働きかけて(work) 答えを出す(out)

☆そもそも『文を目的語に取る動詞』は、前回書いたように 

 ◆メンタル系の動詞=思考、理解、感情、(発言)=think, understand, feel, (say) 等 ◆

などの『頭の中で行われる』ことで、表に出るものではありません。

つまり『結果は作り出さない』のです。

-------------------------------------------------------------------------
発言は頭の中で行われたことを表に出す行為ですが、言っただけではその結果は生まれません。

『私は、金持ちになる!と言いました。』ほら、言っただけじゃ金持ちにはなれないでしょう。
-------------------------------------------------------------------------

☆ですからSVOC のOC は直接文(SV)の形にはなりませんし、取らないことに意義があると言えるでしょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★  お知らせ  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

language School 〜航〜 では夏の始めと終わりの“BIG EVENTS”として

(1)7月17〜19日 もう一度“Over the TOP”

(2)7月21〜25日 Language Acquisition theory(言語習得理論)
            本質から攻めよう!音から身につける英語
            (Overwrapping, Sight translation, Shadowing等を駆使)
            聞いて、言って、読んで、書いて!

(3)8月18〜20日 理性と感性をフル活用!もっと面白い英語の捉え方。
            (前置詞、単語、熟語、文法+正誤判定)

(4)8月28〜31日 “Over the TOP”への長文読解 + Academic writing
            早慶上智、東大、京大 恐るるに足らず!

(5)8月17〜20日 TOEIC講座
      8月28〜31日 TOEFL講座
      9月2〜5日   TOEIC講座
    9月2〜5日   TOEFL講座

詳細、正確な講座名、さらに他の講座は、近々ホームページでUPします。ぜひ、この日程は開けておいて下さい!

皆さんの夢、希望を叶える方法をお教えします! 問い合わせ、ご希望等ありましたら

lsw@lswataru.com 

までメールを御送り下さい!
  
あっ、携帯用メルマガでも(ミニマグ)配信することにしました。そちらもよろしくお願いします。(もう少し御待ち下さい)

★★★★★★★★★★★★★★★★  次週予告 ★★★★★★★★★★★★★★★★★

何週か後に、また詳しく文型の話はします(因果関係を表す文型も合わせて)。

来週は『時制』の話をしてみたいと思います。『時制』苦手だという人も多いんじゃないでしょうか?

でも大丈夫。一緒に『理性と感性をフル活用』しましょう!


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング