理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

『不確定事項』を表す不定詞


カテゴリー: 2008年04月28日
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  第5回  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆さん、憶えてらっしゃいますか?第1、2回で不定詞について触れましたね。

そこで『不定詞』とは

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆ 未来志向・不確定事項 ◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
と書きました。ただ私は、◆ 未来志向 ◆についてしか説明していなかったので

残りの★ 不確定事項 ★について今日は取り組んでみましょう!

★★★★★★★  ◎ どうして『不定詞』という名前なの?  ★★★★★★★★

よくよく考えてみると『不定詞』というのは『定詞』を否定(不)したものだということに気づき

ませんか?ということは、『定詞』とは何なのかが分かると『不定詞』の意味が分かるかもしれま

せんね。

☆『定詞・定形動詞 (finite verb) 』=★人称・時制★により★定めた・定められた★動詞

  例)(1)  This flower smells good.  『この花はいいにおいがする』

                上の文の “smells” ←人称(3人称単数)+時間(現在)により定められた・定めた形
  
    (2)  Stephanie looked young for her age.  『ステファニーは年の割に若く見えた』

    上の文の “looked”←時間(過去)により定められた・定めた形

とこのように★人称・時間★により『動詞の形』を★定める★のです。

☆『現在形』『過去形』は『確定事項』だからこそ動詞自体を変形させる(“smells”, looked”)

のだと思って下さい。(ドイツ語、フランス語のようにもっと人称によって動詞が変化する言語に

触れてみるとこの意味はもっと分かるはずです。)

---------------------------------------------------------------------------------------
文法書の『現在形』のところには『確実な未来』などというものがありませんでしたか?

The company celebrates its twentieth birthday tomorrow.

『その会社は、明日創立20周年を祝う』

“tomorrow”(明日)でも“celebrates”(現在形)なのは、『明日確実にお祝いをする』からです!
-----------------------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★  ◎ 不定詞 = to V(原形)/ V(原形) ★★★★★★★★

☆“to” が付いている“V(原形)”を『to 不定詞』

☆“V(原形)”のみのものを『原形不定詞』

と呼ぶことがあります。

--------------------☆ 『不確定事項』を表す “to V(原形) ☆-----------------------

だいたい『未来』のことって『不確定』なことが多くないですか? つまり『不定』です。

『不定』のことは動詞そのものを変化させる(=定める)ことが出来ないんです。

例)  
It remains to be seen whether I can find the solution to the problem.

『僕がその問題の解決策を見つけられるのかはまだ分からない』

      (“it”は形式主語で“whether”以下が真主語で強調重点が当てられていますね。)

------------------------- ☆  解説  ☆ ---------------------------------------------------------
“remain” =ままである “to be seen” = これからわかる(未来) → 今は分からない(不確定)

→ 『まだ分からないままである』

★	『未来』は『不確定』だと分かりましたね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

例)

(1) He seems to be rich.   『彼は金持ちであるようだ』

 『これから金持ちになる』というより『金持ちかどうかは不確定だが』という感じです。

☆ですから、こうも使えます。

(2) He seems to have been rich. 『彼は金持ちであったようだ』

“to” の後には『不確定』だから Vの過去形は使えません。そこで、『ある時より前』を表す

have + V p.p. (完了形)の力を借りて、『過去の意味』を出しています。

----------------------------------------------------------------------------
  S seem to V(原形) = SはVする/Vであるようだ

  S seem to have Vp.p. = SはVした/Vであったようだ.
----------------------------------------------------------------------------

『不定詞』が『未来だ、未来だ』とだけ言っていたら、“to have Vp.p.” は受け入れられませんね。

『不確定事項』も表せるとわかれば、『過去の不確定なこと』を“to have Vp.p.”で表現できる

と受け入れられませんか?

例)
They are believed to have escaped from the dangerous situation.

『彼等はあの危険な状況から抜け出したと信じられている。』

『信じられている』内容も『不確定』と言えますね。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  S be said/thought/believed to V(原形)  = SはVする・Vであると言われて/思われて/信じられている

  S be said/thought/believed to have Vp.p.=SはVした・Vであったと 言われて/思われて/信じられている
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

--------------------------- ☆ 不確定を表すV(原形) = 原形不定詞 ☆----------------------------------
 

◎助動詞の後ろも『動詞は原形』 = 『原形不定詞(“to”のない “V(原形)”)』

『助動詞』 (will, would, can, could, may, might, shall, should, must) だってみんな

『未来・不確定(推量・推定系)』

を表すのだからその後ろにくる動詞は ★ V(原形) ★になるんです。

えっ!?『助動詞』がみんな『未来』という意味が分からない? それは、皆さん中学生のときに

“will”が『未来』、“will”が『未来』って言われすぎたのではないですか?

? みなさん、こういわれたらどう思いますか?

『ここに温泉のチケットが3枚あるから、友達と一緒に★ 2週間前に★ 

                行ってきてもいいよ(may)、行けるだろ(can)、行かなければ!(must)』

おかしいですよね。そう助動詞は『未来』『不確定=未だ起こっていないこと』を表します
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆   発展  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


新しい試みですが、ここでQuestion!    

(              )内に当てはまる正しい選択肢をA 〜 Dより選んで下さい

Tom insisted that our team (                ) a new project as soon as possible.

A) worked on   B) works on    C) work on  D) would work on      (work on 〜 = 〜に取りかかる/働きかける)



★ 正解は C) の “work on” になります。

Tom insisted that our team (should) work on a new project as soon as possible.

『トムは、僕たちのチームは出来る限りすぐに新しいプロジェクトに取りかかるべきだと主張した』

皆さんは聞いたと見たことがありませんか?こんなルールを
----------------------------------------------------------------------------------------
主張(insist)  命令(order) 提案(suggest, propose)  要求(request, require, demand, ask)  推薦(recommend) 

を表すV(動詞)の後の  “that + 節 (文)” の中のV (動詞)=◆ should V (原形)  ◆ or ◆ V(原形) ◆

 ★“should”がない場合、『人称・時制』に関係なくV(原形)! 
----------------------------------------------------------------------------------------
憶えていませんか?憶えていない人は是非憶えましょう!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇  他の例文  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

We suggested that the next meeting be held within a week.

『私達は、次のミーティングを1週間以内に開くことを提案した』

『that+文』の中身が “be”であることに注意!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

というだけでは、納得しない人も多いでしょうから、説明します!というか、もうほとんどしてあります。

★★★★★★★★★★  解説  ★★★★★★★★★★★

☆ should を入れるのはたぶんみなさんすぐ御分かりになるのではないでしょうか? だって、

『主張、命令、提案、要求、推薦』て、『こうすべき!』という感じがしますよね。

☆ V(原形)なのは、そう、こうした(insist, order, suggest, propose, request, require,

 demand, ask, recommend)という動詞は、『まだ決まっていないこと=不確定事項』を 

『こうしろ、ああしろ、こうしようよ、そうしようよ』というわけですよね。『確定事項』を

『命令、提案、要求、推薦』する必要がありますか?

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
“should”を入れないことにもいくつか理由はあるようです。それは、“should”が『忠告』

であり、ある意味、偉そうになるからです。偉い人って何か人と距離をとる何とも言えない

雰囲気があるでしょう?ただこの話は後の機会にまわします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------☆ 今週の単語 ☆-------------------------------------

接頭辞“co/col/com/con=共に・合わせて・全体・完全

☆“collaborate”= 『協力する・合作する・共同研究する』

   =“col”(共に)+“laborate”(働く)→ “collaboration”(名詞)

☆ “colleague”= 『(専門職、公職にある人の)同僚、仲間』

   =“col”(共に)+league(代表者を選ぶ・リーグ)

☆ “coworker”= 『同僚、仲間』

   =“co”(共に)+“work”(働く)+“er”(人)

☆ “contract”= 『契約』

   =“con”(共に)+“tract”(引き合う)→一緒に引き合う→同意できる条件を引き出す

-------------------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★  次回予告 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

英語をやるぞ!というとだいたい出会う『文型』というものがありますよね。何の為にやって

いるのかわからない!という声もよく耳にするので『ちょっと面白い』役立つ文型の利用法を

お話します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★  お知らせ  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

近々 Language School 〜航〜 のホームページ http://www.lswataru.com (復活しました)

をrenewalしpower upする予定です!

授業風景とうもupする予定なのでお楽しみに!おそらく『前置詞』についてです。

みなさん『前置詞』はまず空間把握していますか?苦手な人も多いですが、コツはありますし、楽しみ方もあります。

我こそは『未来に繋がる英語を勉強したい!』という人、当塾にお集りを!責任を持ってできるようにします!

受験生(大学、編入、大学院問わず!)、試験対策(TOEIC, TOEFL, 高校生には受験と一緒に英検対策お勧めです)

をする方、どしどし池袋(ジュンク堂から歩いて3分 ー 近々ジュンク堂にパンフレット置いてもらいます!)に来て下さい!

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング