理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

単語の理解→記憶を助ける接頭辞、語幹、接尾辞


カテゴリー: 2008年04月21日
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆   第4回  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先週、次回予告で 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
同じ "tribute" を含んでいるのに『contribute, distribute, attribute なぜ意味が違うんだ〜!』と御悩みの方
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

と書きましたが、もちろん悩んでいる人だけでなく

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  けっこうおもしろいかも、もう少し詳しく教えて!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

という人ももちろん大歓迎!です。今日も『ちょっと面白く』英語を捉えていきましょう!

----------------------------------------------------------
その前に、今まではこのメルマガに自分が誰なのか知らせていませんでしたね。(今イチどうしていいのかわからなかったの
です。メルマガをやるのは初めてだったので)。よくよく考えると名前をはっきりと言って(書いて)いないのも失礼だと思うので、
軽く自己紹介をしておきます。

私は、今年から立ち上げた

池袋から歩いて5分の英語塾『Language School〜航〜』の代表 (予備校でも教えていますが)

中山 航です。今後ともよろしくお願い致します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

まずは、復習といたしまして、
★接頭辞+様々な語幹(+接尾辞)★を少し見てみましょう。

◎co/con/com 共に、合わせて、全体 

☆"cooperate"  『協力する』→ "cooperation" ("ion"=名詞を作る)

     ="co"(共に、一緒に)+"operate"(仕事をさせる、働く) → 一緒に働く
                       
☆"confide"   『信頼する、秘密を打ち明ける』→ "confidence"(ence=名詞を作る)『自信、確信、秘密』
       
     ="con"(全体→完全に)+"fide"(信頼する)
 
          → ◆(自分を信頼すれば)自信を持つ   ◆(他者を信頼すれば)秘密を打ち明ける
        
   ◇何で "confidence" には『自信』と『秘密』という今イチ噛み合ない2つの意味があるのかわかりましたか?
  
   ◇ちなみに形容詞は "confidential" です

☆"confront" 『〜と向かい合う、〜に立ち向かう』→ "confrontation"(名詞)
  
      ="co"(共に、一緒に)+"front" (ひたい、全面) → しっかりと顔を向ける
                   

☆"company"  『仲間、会社』

      ="com"(共に)+"pani"(パンを食べる)+"y" (集合体)

      →嫌いな人と『パンは食べ』ないでしょう。『仲間』と食べましょう!『仲間』と『会社』を作りそうですね!
     

☆"companion" 『仲間、連れ、付き添い』

     = "company[i]" + "on" (人) → 一緒にパンを食べる間柄の人

 ◇ちなみに現在、英語で"pan"といえば、「フライパン」です。 「パン」はポルトガル語から来ているようです。
 
☆ "computer" 『コンピューター』
 
     = "com" (共に/完全に)+"pute" (考える/計算する)+"er" (する人/物)

    ←→ "dispute" 『討論する/論争』 = "dis" (分離→反対)+ "pute" (考える)→反対の考え方をする

    
 ------------------------▲▽▼最初の悩みに対する答えが少し見えましたか?▽▲▽------------------------------

 同じ "pute" を使っていても "compute(r)" と"dispute" が違うのは、接頭辞 "com" と "dis" の違いにより意味が
 変わっていくのですね。 
 
----------------------------------▽▲▽さらにちなみに▲▽▲----------------------------------

 co/con/comと変わるのは、『語幹』の出だしの音に関わりがあります。
 

 例えば、"p/b" の音は『破裂音』と言ったりしますが、口を閉じた状態から、勢いよく『パッ・プッ!』『バッ・ブッ!』と音を出します。
 "p/b"の音は"n" の発音(舌を前歯の付け根あたりにつけたあと、離すとこの音が出ます。耳を澄ますと "one" は 『ワンヌゥ』
 と聞こえますよ。)をした後では、出しづらいので、口を閉じて鼻から抜く "m"の音を入れると発声しやすいのです。ですから、
 "p/b"の前に "n" が来ることはなく、 "m" がきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------- 
☆  "Imbalance" 『不均衡』, "impossible" 『不可能な』
 
                  → この "in" → "im" は(否定)
 
☆  "Import" 『輸入、輸入する』, "implement" 『道具、実行する』
 
                  → この "in" → "im" は『中に/を』
----------------------------------------------------------------------------------------------------

 "p" の前に "n" がきているのは、僕が見たところ、『Anpanman』ぐらいです。
           
さぁ、
 皆で発音です! "Repeat after me!" 『アンヌゥ パンヌゥ マンヌゥ』言いづらいですね。
 
 
 発音/発声とスペルの関係を表す典型です!トータル学習がポイントでしょう!

------------------▽▲▽----------------▲▽▲----------------▽▲▽---------------▲▽▲-------------------- 
  
◎ "ad/at" 〜に(方向、付加、変化) → ここから "add" (付け加える)
  
☆ "adapt A to B"   『AをBに合わせる、適合/順応させる』

     = "ad" (〜に) + "apt" (合わせる) → 〜に合わせる
   
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------
         ★ "apt"(結びつけられた→合うように作られた)

         ☆ "be apt to V(原形)"  『Vする傾向がある、とかくVしがちだ』
   
           You are apt to underestimate your own ability.
   
           『 君(達)はとかく自分の力を過小評価しがちだ』
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------
☆ "adjust A to B"  『AをBに適合/順応させる、調節する』

      = "ad" (〜に) + "just" (〜の近くに置く) → 〜にぴたりと合わせる

☆ "adopt" 『〜を採用・採択する、〜を養子にする』
  
      = "ad" (〜に) + "opt" (選ぶ、決める → "option" ) → 〜を選んで採用する
  
☆ "attend 〜"  『〜に参加/出席する』

      = "at" (〜に) + "tend" (足を伸ばす→足を運ぶ)
  
  →名詞 "attendance" 『参加、出席』 "attendant" 『付添人、接客係』
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
         ★『足を運ぶ』とくれば、当然そちらに『気持ちを向ける』ことになります。

          "attend to〜" = 〜に注目する・〜を注意して聞く

          = "pay/give attention to 〜" 
          
          (『注目・注意』という意味での名詞は "attention" です。)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
☆"attract A to B"  = AをBに引きつける・魅惑する

      = "at" (〜の方に) + "tract" (引く・引き寄せる)

----------------▲▽▲ ちなみに ▽▲▽-------------------

 ad/at/ap は『付加』するということから『〜に』を示すtoとの
組み合わせが圧倒的に多いですね。

-----▲▽▲--------▽▲▽---------▲▽▲-------▽▲▽------

★★★★★★★   接頭辞の違いが意味の変化・違いを生み出すんだ!   ★★★★★★★  
 

☆☆☆☆☆☆   いよいよ(ちょっと長かったですか?)最初の謎の解説です   ☆☆☆☆☆☆

☆"attribute A to B"  『AをBに帰する』

     = "at" (〜に) + "tribute" (与える、贈る)→ Aを『元のB』に送り返す

 →(1)AはBによると思う・考える (2)AがBにあると思う・考える
  
  → ◆(1)「A(結果を)をB(元の原因)にもどす」感じです
  
          Stephanie attributed her success to Richard's advice.
                                                                                        
          『ステファニーは、成功した(A)のはリチャードの忠告(B)のおかげだと思った』
            
          ◯ 成功(A)の元をたどれば忠告(B)なんです。                           

      ◆(2)「Aという性格、性質を([Aを持つ]元のB)にもどす」

          I can’t attributed any fault to Stephanie.
                                            
          『僕はステファニー(B)に欠点(A)があるとは思えない。
            
          ◯欠点(A)はステファニー(B)の元へは帰ら  ないんです。           

☆ "contribute (A) to B"  『Bに寄付/寄稿/貢献する』

      = "con" (合わせて)+ "tribute" (贈る、与える)

       ◆ お金を『合わせて』おくれば、『寄付する』
      ◆ 文書を『合わせて』おくれば、『寄稿する』
      ◆ 良いことを『合わせて』おくれば、『貢献する』

もう一つ重要な使い方が

     A contribute to  B  『AがBの一因となる』

    Irregular daily habits contribute to obesity.     → obesity = 肥満

    『不規則な生活習慣が肥満の一因となる』

   "A"が "何か結果(A)につながるもの" を『集め合わせて』 B(結果)に『おくる』感じです。

☆ "distribute"  『〜を分配する、割り当てる』 

  これは先週やりましたね

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 接頭辞、語幹、接尾辞はこれからなるべく毎週、さりげなくも目立つように、 『今週の〜』という感じで 載せていきます。
 地道にも『理性と感性をフル活用して』どんどん語彙力を増して行きましょう!語彙/vocabulary(英単語、英熟語)が
 増える と自信(confidence)が出てくるのは、確かでしょう!自分の力をもっと引き出せるように!

 You’ve got so much power inside. So believe in yourself!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★      次回予告       ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

実は皆さん憶えてらっしゃいますか?不定詞は『未来志向』と『不確定事項』で使うと書いたのを。ところが、私は、
『不確定事項』については、触れていなかったのです。来週はこのことについて触れてみます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★      お知らせ         ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今現在  http://www.lswataru.com  では事情によりHPが見ることが出来ませんが、

URL:http://1stgeocities.jp/lswataru   から見ることが出来るのでよろしくお願いします。

また、ブログの方でも基礎的な英語の理解(主に構造の捉え方、訳し方)等を載せていこうと計画中です。

合わせて、ご覧下さい!

URL: http://lswataru.blog62.fc2.com

お問い合わせ、質問等は、こちらからのコメント欄からでも、

keiraview1227@yahoo.co.jp

からでもできます。御待ちしております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング