新聞販売経営者の営業視点!

販売店の引継ぎ


カテゴリー: 2009年07月09日
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           新聞販売経営者の営業視点!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(第15号)


☆★☆ 販売店の引継ぎ ☆★☆



こんにちは。新聞っ子です。


チョー、お久し振りです。
あっという今年も中盤を過ぎ、折り返しになってしまいました。
この前半は、隣接店の廃業に伴う引継ぎに追われていました。

親子3代で新聞販売店の経営をされていたお店でしたので、
馴染みのお客様が多くて、引き継いでからの「止め」の申し出が多くて大変です。(^^;




以前から書いていますが、
折込み広告の売り上げの落ち込み・・・相変わらず続いていまして、
どこの系統の販売店も経営的に大変な状況は変わりません。

そんな経営状況ですから、手を上げざる得ない販売店もでてきます。
当然、そんな状況なので、新しく引き継ぐために新人の経営者を充てても、
すんなり経営が順調にいくとも限らない。

例えば、10年前ならこのエリアで、この部数で十分な経営ができていて、
経営者の実入りも多かった・・・

という場合でも、
今の経営の現状では、生活するのに精一杯・・・
そう、世帯の減少していくエリアでは、ビジネスとしての魅力に乏しいわけ。




だから、発行本社にしても「新聞の販売網の維持は生命線」ですから、
販売店が経営体として運営できる状況を維持していかないといけない。

だとしたら、弱体化した販売店を経営力のある販売店に委託していくのは
当然の成り行きなのかもしれません。

販売網を維持していくために、販売店の数が統合によって減ってくる・・・
のは自然な流れなのだと思います。

「以前は、お店も25店もあったのに、今じゃ10店になっちゃった。」
なんて回顧するような時代がすぐそこに来ています。




一経営者として考えれば、
この先10年、20年、新聞販売店として生活していくためには、
どういう経営戦略とらないといけないのか・・・と考えます。

われわれのお客さんは、エリア内の購読していただいているお客様。
それに、取引していただいてる発行本社、関連会社の方々・・・。

単純に、この方たちから支持される販売店でないといけないのは当たり前。
仕事に熱意と自信をもって取り組むのも当たり前。




しかし、地方都市などで、人口の減少が確実な状況では、
エリア内のお客様を増加させるためには、今以上のライバル紙との潰し合いに
なってしまいます。

新聞自体の世帯普及率は下がる一方なので、どうしても
パイの奪い合いになってしまいます。

しかし、その競争にどれだけの投資価値があるのか・・・
は、疑問に感じてしまいます。

客観的に冷静に考えると、
部数が減っていっても確実に経営体として健全経営できる状態にしておくこと。
これが、目指すべき着地点です。

そのために、隣接店との統合というのは、とるべき戦略の大きな目玉です。
自店の販売エリアを拡大させながら、部数維持と売上げ維持。
当然、収益も拡大させていく・・・のが一つの手段と言えます。

部数が増えて、販売店を分割していった成長期のモデル、
その逆の現象が自分たちの生き残る経営戦略になります。




だから、同じ系統(●●新聞販売店)ごとでも、競争が激しくなってきます。
発行本社から支持される販売店でないと生き残りは難しい。
そのためには、販売エリアでの売上げ増の実績や読者管理の実績が隣接店よりも
評価が高くないといけないわけです。

突き詰めると、ちゃんと周りの店よりも仕事に励み、実績を積み上げておくこと。
そして、発行本社に数値データを持って、きちんと説明、説得することができる、
その自信をしっかり創っておくこと・・・だと思います。

結局、周りから支持される店が残ってくるんだと思います。







今回は、久し振りのメルマガで、近況と今の想い・・・書いてみました。

まあ、現場の詳細は次回から書きたいと思います。

次回はいつ?(笑)

にならないよう、書いていきます。

それでは、また。




★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━編集後記



今年から、中二の息子が新聞配達を始めました。

2月からだから、半年目。

「大丈夫かな?」

なんて心配してましたが、ゲーム代欲しさに頑張っています。

自転車で早朝配達する姿を見かけると・・・

「息子よ、頑張れ!」と心の中で声掛けます。


親は、いつまでも心配するんですよね。



***************************************
発行者:新聞っ子

【問い合先】info@ycmc.jp

【URL】http://www.ycmc.jp/

【PR】

 http://www.yaruki.org/ikumou/

 http://www.100oku.org/kango/

 http://www.100oku.org/yakuzai/

 http://www.ycmc.jp/toku/


※このメルマガはまぐまぐを利用して発行しております。

http://www.mag2.com/
***************************************

このメルマガは現在休刊中です

新聞販売経営者の営業視点!

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2009/07/09
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

新聞販売経営者の営業視点!

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2009/07/09
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング