飛鳥遊訪マガジン

飛鳥遊訪マガジン Vol. 005


カテゴリー: 2008年03月05日
◆◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆
◆◇◆       飛鳥遊訪マガジン Vol. 005 (2008.1.4.)
◇◆
◆          飛鳥好きの貴方に贈るメールマガジンです。
           両槻会のイベントもご紹介します。

                           両槻会 http://asuka.huuryuu.com/
                               
━━━━━◇━━━━━━━━━━◇━━━━━━━━━━◇━━━━━━━

 
  明けましておめでとうございます♪
  皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのことと存じます。
  旧年中は両槻会へのご支援をいただき、誠にありがとうございました。
  今年も何卒ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
  本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

  お正月といえばお雑煮♪奈良県では、少々風変わりなお雑煮を食べます。
  風人家の場合では、お雑煮そのものは関西風の白味噌仕立てなのですが、変
  わっているのはその食べ方にあります。白味噌雑煮の中からお餅だけを取り
  出して、別皿に用意した黄な粉にまぶして食べるのです。おそらく経験のな
  い人は気持ち悪いと思うかも・・。(笑)
  まずは、下のリンク先の記事を読んでみてください。(^^ゞ 昨年の黄粉雑
  煮のお話です。写真もあります。
   http://asukakaze.blog.shinobi.jp/Entry/97/

  皆さんのお家では、どのような雑煮を食べられたでしょう。定例会でお会い
  しましたときにでも、そのようなお話もお聞かせください。   
                              (風人)


┏◆━index ━━◆◇◆

 〈1〉寄稿       ・・高松塚古墳雑考 1      / 相原嘉之先生
 --------------------------------------------------------------------
 〈2〉投稿・・酒船石と亀形石造物について現地を見た感想/ ひげ田さん
 --------------------------------------------------------------------
 〈3〉飛鳥話 NO.1   ・・・季節で巡る太古の飛鳥   / 河内太古
 --------------------------------------------------------------------
 〈4〉飛鳥話 NO.2  ・・TOMの飛鳥ほろ酔いがたり  / TOM
 --------------------------------------------------------------------
 〈5〉飛鳥情報 
 --------------------------------------------------------------------
 〈6〉両槻会からのお知らせ 
 --------------------------------------------------------------------
 〈7〉編集後記
 --------------------------------------------------------------------
┗━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━


┏◆━━━━━━━━━━
 〈1〉高松塚古墳雑考 1
          明日香村教育委員会文化財課 主事 相原嘉之先生
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━━━

「飛鳥美人の微笑み」

  真っ暗な暗闇の中をのぞき込む。静寂な空間。徐々に目が慣れてくると、
 天井から根が垂れ下がって、水滴が光っている。壁に何か色の付いたものが
 ……。そこに陽の光が差し込んだ。こちらに向かって微笑む「飛鳥美人」が
 出現した。
  昭和47年3月21日正午すぎ。奈良県高市郡明日香村平田で調査してい
 た網干善教氏は目を疑った。これまでの日本ではなかった壁画古墳の発見は、
 新聞一面カラーで掲載されました。昨今でこそ、新聞の一面を考古学の記事
 が飾ることも珍しくなくなりましたが、当時はまだ考古学や遺跡が一般に認
 知されておらず、その意味でも高松塚壁画の発見は重要な役割をはたしてい
 ました。

  石室の中に描かれていたのは星宿図・日月像・四神図、そして男女人物群
 像です。天井の星宿は古代中国思想に基づいて描かれもので、皇帝たちの住
 む天極や二十八宿の星座が描かれています。これらの星座と地上界は連動し
 ており、天文を観察することによって、時の為政者は地上で政治を行ってい
 たのです。四神図も同じ思想の基に描かれています。二十八宿がそれぞれ東
 西南北の4方向の7宿ずつで四神となっており、四方を具象する動物とされ
 ています。これが高松塚壁画のモチーフです。この他に、男女人物群像が描
 かれています。カラフルな服装をし、様々な道具を手に持っています。優雅
 に談笑しながら、歩いている姿から、当時のファッションがわかり、飛鳥時
 代に想いを描く道先案内人にもなりました。私たちは彼女たちに「飛鳥美人」
 とキャッチフレーズをつけたのです。

  飛鳥美人は私たちに大きな驚きとロマン、そして遺跡や文化財の大切さを
 教えてくれました。これは同時に明日香村が文化財と共に生きることを決定
 づける出来事でもあります。この飛鳥美人の微笑みを絶やさぬように、私た
 ちは努力をしていくのです。

 ━━━◇『明日香村公式ホームページ』
    http://www.asukamura.jp/


┏◇◆━━━━━━━━━
 〈2〉酒船石と亀形石造物について現地を見た感想 / ひげ田さん
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━━━

 酒船石については古くから祭祀に使ったとか、酒を造ったとか、油を絞った
 とか、色々の説があるが、此れと言った確証は無いと言われている。この酒
 船石から数十メートル下がった場所から近年亀形石造物が発見された。この
 亀形石造物の近くから紅花の花粉が2007年10月頃多量に発見されたと
 の報道が有った。

 話は変るが日本全国で年間数万人の変死者が出ている。特に外傷の無い者は
 9割迄解剖もせず、検死に立ち会った多くの医者は死因をたいていの場合に
 当てはまる心不全として処理するケースが多いそうだ。ここで考えるのだが、
 考古学にも此れとよく似たケースが有るのではなかろうか。
 例えば古い遺跡を発掘していて過去に例の無い意味不明の物が出たとしよう。
 こう言う場合は多々、祭祀に使われていた物ではなかろうか等と曖昧にした
 りはしないだろうか。

 話は戻るが酒船石はそう言うたぐいの物では無く、れっきとした生活に密着
 した染色用の一器具ではなかったのだろうか。
 私は直感的に、酒船石は染色用の一器材だと考えます。又亀形石造物は染色
 液を入れるプールではないか。

(その理由)
 この頃(飛鳥時代)大陸とも活発な交易があり、朝廷や豪族も大陸の色彩的
 影響はかなり受けていたと思われます、朝廷(推古天皇)は冠位の色を決めた。
 大化3年には七色十三階制、武官の制服、被服令を発令した。冠位の色を上
 位順に記すと、黄丹、紫、緋、緑、糸票、黄、黒となる。当時は草木染や泥
 染め等が主流であった。例えば紅花染めは当時紅花を杵で突きしゃぎその液
 に浸す。

 酒船石を染色にどのように利用したか。
 この酒船石は設置当時はほぼ水平に設置し、周囲は盛り土をして殆んど段差
 は無かったが、地震や風雨等の浸食により現状のように露出し傾いたと考え
 られる。
 例えば緋(赤)染色をする場合B部、長方形の臼の中へ沢山の紅花を入れる。
 次にA部に灰を入れ水を加え溶きながらB部へ流す、杵で餅をつく様にB部
 臼の中の紅花を突きしゃぎ液をC部へ流す。C部が一杯になると高低差を付
 けたD、E1、E2、 F1、F2、G2へと流れ込む。これ等のプールは
 C部のプールの様に液体を貯めなければならない、当然流れ込む順番により
 染色液の濃度が変る、色にも濃淡が出る。当時は色彩もあまり多くなかった
 為冠位も色彩の濃淡で分けた。高貴な朝廷関係者は、この高台の酒船石の各
 プールで濃淡をつけた染色をし、残った染色液は下部亀形石造物へ流し込み、
 一般豪族達はこのプールの中へ布を浸し染色したのではなかろうか。
 その当時、染色剤の原料として用いた紅花の花粉が、最下部の亀形石造物周
 辺に沈殿して残っていたのでは?

 酒船石参考図  (文中の記号を描き込んだ画像です)
  http://asuka.huuryuu.com/magazine/photo/sakahuneisi071222.gif

 私は2007年11月29日から12月3日にかけてカンボジア(アンコー
 ルワット)、ベトナムへ旅をした。
 この旅行中絹織物工場の見学する機会に恵まれた。この工場はカンボジアの
 田舎で、桑の木を育て蚕を飼い繭を紡ぎ、おだまきで糸を巻き取り、糸が出
 来ると染色だ、色んな色の糸を昔ながらの手法で(手動はた織機)気長に織
 って行く。
 私が注目したのは糸の染色方法だ。基本的には此処も矢張り草木染。草木を
 熱湯で茹でる方法、花や草木や木の皮等を石臼で突きしゃぎ樹液を抽出する
 方法。抽出した液は甕などに入れ、その中へ糸や布を浸けて染色する。カラ
 ーも赤、青、黄、緑、紫、等十数種類の色が有った。
 現地人が樹皮を石臼で突きしゃぐしぐさを見て、私の脳裏に酒船石の上で古
 代人が杵で樹皮を突きしゃいで居る姿が浮かんで消えなかった。


┏◆◇◆━━━━━━━━
 〈3〉季節で巡る太古の飛鳥 / 河内太古
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━━━

 「栗原のお地蔵さん」

 飛鳥駅から朝風峠を越えて稲淵の棚田をめぐり飛鳥の里の中心部に出る遊歩
 が、最近の太古の定番コースになっています。四季折々に見せる棚田の風景
 はいくら通い続けても飽くことがありません。

 朝風峠越えは勾配があるのでかなりきついのですが、峠近くから展望する飛
 鳥や二上山・金剛・葛城の山並みは、上りの疲れを癒してくれるものがあり
 ます。息を整え、体の火照りを冷まして振り返るひとときの清涼感は、一歩
 一歩上ってこそ味わえる余得のような気分です。

 この朝風峠に至るまでの栗原の里に、小さな辻の野仏が佇んでいます。近く
 を吉野川分水が地上に出て流れる野道の三叉路に「右おかでら」と刻まれた
 辻地蔵さんです。太古はこの野仏が好きで、朝風峠を越えるときには必ず立
 ち寄って「お元気ですか」と声をかけています。雨の日も暑い日も寒い日も、
 お地蔵さんは表情を変えずにこやかに迎えてくれます。野仏の後背は広い田
 んぼが広がり、早苗の頃、稲穂の頃と季節の移ろいに合わせて、様々な変化
 を見せてくれます。

 小さな野仏は、夏の雑草に埋もれてしまうほどの背丈ですが、ときおり里の
 方が供えるのか、菜の花や彼岸花が傍らにそっと活けられている時がありま
 す。それでも近づかなければ気づかないほどの小さなお地蔵さんです。

 地元の方でもご存知の方は少ない野仏ですが、かって「太陽」という雑誌の
 別冊の飛鳥特集でこの小さな野仏の写真を見つけたときは、ちょっとときめ
 きを感じたものです。

 この野仏の位置を何人かの方に尋ねられたことがありますが、その場所に気
 づかれないほど小さくひっそりと佇んでいます。飛鳥を歩かれたときに、一
 度探してみてください。首尾よく出会えたら、きっと「こんにちは」と声を
 かけたくなります。

 場所:上平田峠に抜ける農免道路を吉野川分水を越えてすぐ右手下に見える
 農道の三叉路です。農免道路を挟んで北西方向に文武天皇陵が見えています。
 また、老人ホーム「あまかし苑」北側の野道を峠方向に辿ると農免道路の手
 前に吉野川分水にかかる小さな橋が見えてきます。この橋がかかる野道を少
 し上った三叉路です。

 栗原のお地蔵さん
  http://asuka.huuryuu.com/magazine/photo/kurihara1.jpg
  http://asuka.huuryuu.com/magazine/photo/kurahara2.jpg

 ━━━◇『季節を訪ねて〜河内太古の写真館〜』
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~kawati/


┏◇◆◇◆━━━━━━━
 〈4〉TOMの飛鳥ほろ酔いがたり / TOM
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━━━

 明けましておめでとうございます。今年も皆様にとって良い年になりますよ
 う祈念致します。

 さて明日香を歩いていると時々飛鳥時代の事でふと疑問に思ったりすること
 があります。

  春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山

 有名な持統天皇の歌ですが、歌そのものからは牧歌的な風景を想像します。
 しかし、よく考えてみると「天の香具山」とは大和の神聖な山であって決し
 て洗濯物、かどうかは分りませんが、白妙の衣を干すと言う行為は「何と大
 それたことを」と思わずにはいれません。
 もう少し考えてみると、この歌には何か他の意味があるのではないかと思え
 てきます。すると「皆の衆、もう休んでいる春は過ぎて働く夏になりました
 よ。貴方方にはあの貴い天の香具山に衣を掛ける事の出来る(私と言う)立
 派な方が付いているのです。さあ安心して働きなさい」と言っているように
 も伺えます。するとそこから「そんなことを言える持統天皇ってどんな人だ
 ったんだろう」と言う思いが生じます。そして「生まれは、育ちは、兄弟は、
 子供は」とどんどん興味が湧いて行くのです。と同時に歌にまで歌われた
 『天の香具山』とはどんな山なのだろうと言う気持ちになり実際に天の香具
 山を目にしてその小さな事に驚かされ「何故こんな小さな山が神聖視された
 のだろう」と疑問は広がります。
 
 今回は無責任発言第一弾ですので、持統天皇が在位中、何故吉野に固執して
 31回もの行幸をしたのか考えてみましょう。昔、彼女の旦那、大海人皇子
 (天武天皇)は兄の天智天皇から次期天皇の位をどうかと問われた時、辞退
 し即出家して吉野に隠棲することがあります。まあ、出家すると言って奥さ
 ん連れて行くのも妙な話ですがそれは兎も角、即日飛鳥に戻り翌日彼女を連
 れて霙降る中、芋峠を越えて吉野に入ります。このとき大海人皇子は「わし
 の妃には彼女しかいない」と思ったでしょう。一方彼女は「私はこの人に賭
 けた」と思っていたのではないでしょうか。この思いが彼女をして31回に
 も及ぶ吉野行幸をせしめた一つの要因であったように思えます。

 こう言う取り留めのない話を徒然に続けて行きたいと思っています。 

     
┏◆◇◆◇◆━━━━━━
 〈5〉飛鳥情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━━━

 橿原考古学研究所付属博物館 特別陳列 

 「はじめの子年 −十二支の考古学 子−」
 2007年12月15日(土)〜2008年1月20日(日)

  http://www.kashikoken.jp/museum/tokuchin/nezumi/top.html

 子年に因み、ねずみ、子に関する考古学資料が展示されています。

 桜井市脇本遺跡から出土した銅鐸片等の速報展示も同時に行われています。
 2007年12月19日(水)〜2008年1月14日(月)

 脇本遺跡の報道発表資料
  http://www.kashikoken.jp/from-site/2007/wakimoto/wakimoto.pdf


┏◇◆◇◆◇◆━━━━━
 〈6〉両槻会からのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━━━

 第六回定例会は申し込み受付中です♪ 
 申し込み締め切り日(7日)までに、お申し込みください。締め切りが迫っ
 ていますので、お忘れのないようにお願いします。今回は、昼食を予約いた
 しますので、必ず締め切りまでにメールまたはブログコメントとしてお申し
 込みください。

 申し込みをしていただきました皆さんには、詳細案内をお送りしています。
 申し込んだのに案内が来ない方は、今一度申し込みメールをお出しください
 ませ。m(__)m なお翌日深夜までに連絡のない場合は、その旨両槻会ブログ
 にコメントをお書きくださいますように。よろしくお願いいたします。

 http://asuka.huuryuu.com   メール asukakaze2@gmail.com

 今回は、予定コースに在ります「益田岩船」をご紹介します。
 益田岩船は有名ですので、すでに訪ねられた方も多いと思います。丘の頂上
 付近にある巨大な石は、見る者を圧倒する迫力を持っています。東西11m、
 南北8m、高さ5mを測ります。その巨石の上面には、1.6m角で、深さ
 1.3mの方形の穴が二ヶ所穿たれています。推定の重量は160tとも言わ
 れています。

 この巨大な石造物が何であるのか、古くから色々な説がありました。益田池
 の碑文、星占台、物見台、火葬墓、拝火教の祭壇、鳥葬台、漏刻台、横口式
 石槨などと諸説入り乱れて伝えられます。近年では、横口式石槨説が有力な
 ようですが、未だ決定的な説は無いようです。

 岩船の謎を解くために、一つのヒントになるかも知れない事実があります。
 それは、岩船の岩はひびが入っているということです。上部の四角く穿たれ
 た穴には、いつも雨水が溜まっているのですが、そこから漏水を起こしてい
 ます。岩船をよく観察すると、岩の中央部を横に一周するように亀裂が入り、
 水が漏れていることを確かめることが出来ます。
 このことは、岩が割れてしまったために、石造物として完成することなく、
 打ち捨てられた可能性を示しているようにも思えます。

 岩船の後で訪れる牽牛子塚古墳の石槨と見比べて見るのも楽しいと思います。
 ここから先は妄想になりますが、横口式石槨を作ろうとして失敗し、代わり
 に造られたのが牽牛子塚古墳であるのかも知れません・・・。


┏◆◇◆◇◆◇◆━━━━
 〈7〉編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━━━

 ご購読下さってる皆さんの中には、飛鳥で新年を迎えた・・なんて言う素敵
 な年越しをされた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 さて、早くも5号を数えた飛鳥遊訪マガジンですが、次の6号では引き続き、
 相原先生の高松塚のお話、事務局からは風人とももが担当します。
 発行は、1月18日です♪

 第六回定例会も間近に迫ってきています。皆さんに楽しんで頂けるようにと
 只今事務局では、準備に大わらわです。(笑)
 当日、お逢い出来るのをお楽しみにしています♪
 では、皆さんお風邪などを召されませんように。(^^)
                               (もも)

  ┏━━◆◇◆━━━ ━━━ ━━━ ━━━ ━━━ ━━━┓
        
       発行 :両槻会 http://asuka.huuryuu.com/  

       マガジンに関するお問合わせやご意見メールは
        asukakaze2@gmail.com 両槻会事務局まで
     登録/解除は http://www.mag2.com/m/0000259444.html
          
          発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/  
  ┗━━━ ━━━ ━━━ ━━━ ━━━ ━━━◇◆◇━━┛

飛鳥遊訪マガジン

RSSを登録する
発行周期 隔週・金曜日
最新号 2017/11/10
部数 224部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

飛鳥遊訪マガジン

RSSを登録する
発行周期 隔週・金曜日
最新号 2017/11/10
部数 224部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング