知って役立つおもしろ歳時記

おもしろ歳時記Vol.128【12月6日 音の日】


カテゴリー: 2016年12月01日
◇─────────────────────────────◇

      知 っ て 役 立 つ お も し ろ 歳 時 記
       ─ この日 何の日 気になる日♪ ─

 平成28年12月1日

         明成社「おも歳」編集部 
                 http://www.meiseisha.com/

◇─────────────────────────────◇

【1】この日何の日?

            12月6日 音の日
                    
【2】日本の秀歌 


      思ひつつ寝ればや人の見えつらむ
            夢と知りせばさめざらましを

                 小野小町(古今和歌集・巻十)

【3】新刊紹介

     『永遠の武士道 
          語り伝えたい日本人の生き方』
 
                      多久善郎/著
               単行本・四六判・並製・320頁
                      定価1800円+税
      
    
──────────────────────────────
【1】この日何の日?   

      12月6日 音の日
                                                                
────────────────────────────── 

平成6年(1994)、日本オーディオ協会が、
日本レコード協会、日本音楽スタジオ協会とともに、
「音の日」を制定しました。
12月6日は、エジソンがフォノグラフ(蓄音機)を
発明し公開した日にあたります。
それは、1877年、アメリカのメンロパーク市でのことです。
30歳のエジソンは、メンロパークの魔術師と呼ばれました。
 
音は、空気の振動によって起こります。
今日では、音は記録でき、何度も再生できるようになっています。
しかし、エジソンの発明までは、音は一瞬のもので、
二度と同じ音を再生することは不可能でした。
 
エジソンが発明したフォノグラフは、
回転するハンドルのついた鉄 製の軸に、
真鍮の円筒がつけられ、その円筒には錫箔が巻きつけられています。
そして円筒の側面には、
針のついた振動板をはめ込んだ管が取りつけられています。
エジソンはハンドルを回しながら、
「メリーさんの羊」を歌いました。
そして、歌い終わったあと、針をもとの位置にもどして、
再び同じハンドルを回すと、
そこからエジソンの甲高い歌声が聞こえてきました。
そのとき、聴衆はびっくりしました。
そしてこのニュースは世界をかけめぐりました。
 
その後、音質などの改良が続けられ、
これがレコードとなって発達していきます。
さらにレコードやカセットテープのアナログ機器から
CDなどのデジタル機器が開発されます。
そして、今やインターネッ トを介し、様々な機器を使って、
自由に音を楽しむことができる時代となりました。 

──────────────────────────────
【2】日本の秀歌

      思ひつつ寝ればや人の見えつらむ
            夢と知りせばさめざらましを

                 小野小町(古今和歌集・巻十)

──────────────────────────────
小野小町といえば、日本の代表的美人として知られています。
恋の歌が多数残されていて、後世の吾々から見ると
華やかなイメージがありますが、
歌もその生涯も決して派手なものではなかったようです。

この歌も心にまかせず諦めに似た恋の行方を訴えるような
物悲しいまなざしでとらえられています。
「知りせばさめざらましを」は、「せば」が「まし」と呼応して
もし…だったら、…だろうに、となる語法で
「恋しいと思いながら寝るものだから、あの人が夢に見えた
のだろうか。夢と知っていたら目覚めないでいたかったものを」
といった解釈になります。

小町の生涯はよくわかっていませんが、幸せな結婚生活とは
無縁のようでした。
しかもその晩年の姿は知られず、歴史に
溶け込むように消えてしまっています。そのため、実にたくさんの
小町の伝説が生まれ、中には不気味なものも混じっています。

日本を代表する美人と呼ばれても、
全てを手に入れた生涯ではなかったようで、
人生は難しいなと思います。


この歌は『平成新選百人一首』(明成社)からご紹介しています。
http://meiseisha.thebase.in/items/921443
──────────────────────────────
【3】新刊紹介

     『永遠の武士道 
          語り伝えたい日本人の生き方』
 
                      多久善郎/著
               単行本・四六判・並製・320頁
                      定価1800円+税
          
──────────────────────────────

勝ちといふは、味方に勝つ事なり。
味方に勝つといふは、我に勝つ事なり。
我に勝つといふは、気を以って体に勝つ事なり。
『葉隠』聞書第七・一

本書の中で紹介されているこの一節は
肥前国佐賀鍋島藩士・山本常朝が武士としての心得を口述し、
それを同藩士田代陣基が筆録しまとめた書籍『葉隠』の中の言葉です。

戦の多かった時代、武士は勇武を直接示すことが出来ましたが、
江戸時代の元禄泰平の時代になると、武士たちにとって、
そうした機会はほとんどなくなりました。
そんな中、如何にして「勝つ力」を養成していくのか。
そのことが、この言葉の中に示されています。

現代語に直すと「勝つというのは、味方に勝つ
事をいうのである。味方に勝つには、自分に勝たなければならない。
自分に勝つとは『気(精神)』を以って『体(肉体)』に
勝つ事に他ならない」
ということですが、
人間には食欲・性欲・睡眠欲・名誉欲・金銭欲・安逸欲など
様々な欲が肉体に付随して生じてきます。
『永遠の武士道』の著者、多久善郎氏はその欲望に打ち勝つことが
「己に克つ」ことだと、本書の中で述べています。

氏は若き日に授業や講演などを聞いて眠くなると、釘や押しピンなどを
腿に刺したり、顔を自分で殴ったりして
眠気に打ち勝っていたといいます。
まさに、気が体に勝っていくのです。

日々、自らに何事かを課して生きていくことは難しいことです。
しかし、それら厳しい心構えを持つことこそ武士道への第一歩です。
本書はそれら心構えを維持するにはぴったりの本です。
ぜひ、読んで頂きたいおすすめの1冊です。


『永遠の武士道』
http://meiseisha.thebase.in/items/3002015
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎人気上昇中!
◇明成社編集部ブログ http://ameblo.jp/meiseisha/

「話題の本」
http://ameblo.jp/meiseisha/entry-12220545102.html

米大統領選トランプ氏が勝利〜この本、売れてます!
http://ameblo.jp/meiseisha/entry-12218121669.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

≪おもしろ歳時記≫ 編集人 ミケねこ 
         
△  ▲   あっという間に年の瀬です。 
(・×・)  歳をとるほど時間が短くなるといいますが、
┌○─○┐ 本当ですね。
| ミケ | アメリカの大統領選も終わり、いよいよ世界の様子も
└───┘ 変化してきました。平和を保つための選択が今、
      求められています。                 
                        
     明成社のオンライン         
     http://meiseisha.thebase.in/

     かえるショップ 
     http://kaerushop.thebase.in/

     明成社ツイッター
     http://twitter.com/meiseisha 

     明成社Facebook
     https://www.facebook.com/meiseish?ref=hl       

---------------------------------------------
株式会社 明成社 http://www.meiseisha.com/ 
〒153-0042 東京都世田谷区池尻3-21-29-302
電話 03-3412-2871 FAX 03-5431-0759
-------------------------------------------- 

知って役立つおもしろ歳時記

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/07/01
部数 191部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って役立つおもしろ歳時記

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/07/01
部数 191部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング