知って役立つおもしろ歳時記

おもしろ歳時記Vol.122【6月16日 和菓子の日(嘉祥の日) 】


カテゴリー: 2016年06月01日
◇─────────────────────────────◇

      知 っ て 役 立 つ お も し ろ 歳 時 記
       ─ この日 何の日 気になる日♪ ─

 平成28年6月1日

         明成社「おも歳」編集部 
                 http://www.meiseisha.com/

◇─────────────────────────────◇

【1】この日何の日?

      6月16日 和菓子の日(嘉祥の日)   
             
【2】日本の秀歌 

      父母が頭かき撫で幸くあれて
          いひし言葉(けとば)ぜ忘れかねつる
 
                 丈部稲麻呂(万葉集・巻20)
            
【3】新刊紹介
 
      『永遠の武士道 
          語り伝えたい日本人の生き方』
 
                      多久善郎/著
               単行本・四六判・並製・320頁
                      定価1800円+税
      
──────────────────────────────
【1】この日何の日?   

     
         6月16日 和菓子の日(嘉祥の日)
                                                               
────────────────────────────── 

全国和菓子協会が、和菓子の日を定めています。
その由来は、この日が、「嘉祥(かしょう)の日」だったからです。
嘉祥元年(848)、時の仁明天皇が、
16の菓子や餅を神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈りました。
そして、元号を「嘉祥」と改元しました。
この行事は、宮中で明治の頃まで行われていました。
 
また、武士のなかでも、
豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を行っていたことが、
『武徳編年集成』に記載されています。
江戸幕府でも、将軍より、大名・旗本などの諸士が、
大広間で菓子を賜り、これを「嘉祥頂戴」といいました。
 
民間においても、江戸時代には「嘉祥喰」といって、
菓 子や餅16個を求め食べるしきたりがありました。
「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願う
めでたい行事として歴史の中で受け継がれてきました。
この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。
 
和菓子は、洋菓子に比べてもとてもヘルシーです。
また、梅雨の季節に、とても身体にいい食品でもあります。
それは、和菓子には餡子が入っているからです。
餡子の材料の小豆には、とても高い利尿作用があります。
梅雨の季節は、人の体内も湿気ります。
小豆は、その湿気をとってくれるんです。
 
和菓子は、季節感をとても大切にしています。
お菓子の題材なども季節にちなんだものになります。
6月であれば、アジサイの花をモチーフにしたものや
鮎の形をしたお菓子も多くあります。
梅雨時のアジサイの美しさや、
鮎漁解禁をお祝いしてのお菓子です。
じめじめした梅雨の季節にも、
和菓子が、とても心地よくしてくれます。


──────────────────────────────
【2】日本の秀歌

   父母が頭かき撫で幸くあれて
          いひし言葉(けとば)ぜ忘れかねつる
 
                 丈部稲麻呂(万葉集・巻20)
    
──────────────────────────────

これは、防人(さきもり)の歌です。

この歌は「父母が私の頭をかき撫でて、お前、無事で元気で行って
いらっしゃいよと言ってくれた言葉が忘れられないことだ」という
意味です。

防人とは、古代の兵制の一つで、対外防衛のために対馬・壱岐・
筑紫など、今の九州地方を守るために置かれた人たちの事です。

防人という名前は、「崎」、つまり国土の先端部にて
国を守るため「防ぐ」という意味合いから
「防人」と呼ばれるようになったそうです。

防人がきちんと制度化されたのは664年、天智天皇の御代の時です。
歌の作者は駿河の国、今の静岡県の出身です。

防人は全国から集められるのですが、
奈良時代中期からは実際には関東地方・中部地方からだけに
なりました。その理由は東国の若者がとりわけ勇敢であった、という
理由からだそうです。

静岡県から遠い九州の地に行くのです。苦しい兵役であり、しかも
三年は帰ることが出来ない。さぞ寂しい心持であっただろうと
拝察します。
そのため、防人の歌の多くは胸を打つものばかりです。
父母が子を思う心、そして子が父母を思う心は、
時代を越えても変わらない普遍的な感情なのだと
感じ入る、感動的な一首です。


この歌は『平成新選百人一首』からご紹介しています。
http://meiseisha.com/?p=832

──────────────────────────────
【3】新刊紹介
  
     『永遠の武士道 
          語り伝えたい日本人の生き方』
 
                      多久善郎/著
               単行本・四六判・並製・320頁
                      定価1800円+税
──────────────────────────────

「志有るの士は利刃の如し。百邪辟易す。志無きの人は
鈍刀の如し。童蒙も侮翫す。」

佐藤一斎『言志録』三十三


この言葉は、佐藤一斎の言葉です。
佐藤一斎は明治維新の志士達の生き方に大きな影響を
与えた書物の一つ『言志四録(げんししろく)』の著者です。

薩摩の西郷隆盛はこの著書を愛読し、その中から
101条を抜き書きして座右の戒めとしたといわれて
います。それが『西郷南洲手抄言志録(てしょうげんしろく)』です。

佐藤一斎は文化2年(1805)34歳で朱子学の宗家林家の
塾長(私塾)となり、佐久間象山や山田方谷、渡辺崋山、
横井小楠などを教えました。

最初に紹介した言葉は
「志を抱く武士は、鋭い刀の様な物で、多くの
邪悪な物事は恐れて立ち退いてしまう。
一方、志の無い人間は、なまくら刀の様な物で
子供にだって馬鹿にされる」という意味です。

本書の著者である多久善郎氏は次のように述べています。

「人間の価値を決めるのは「志」である。
心をどこに定めて向かわせるのか。
一斎のこの言葉を肝に銘じて生きるならば、
必ずや人生は輝いてくるであろう」

今の時代、人間の価値はお金や名声などと
思ってしまっている人が多いような気がします。
しかし、人間の価値とは、著者が言うとおり、
「何を志すのか」にあると思います。
本書は日本人に脈々と流れてきた「武士道精神」を
先人が残した言葉を紐解く中で味わっていきます。

先人の曇りのない言葉は、現代を生きる私達にも
響くものばかりです。

一日一ページ、開くごとに、
見えてくる新しい世界があるかもしれません。
ぜひ、ご覧頂きたいおすすめの1冊です。


『永遠の武士道 
  語り伝えたい日本人の生き方』多久善郎/著
http://meiseisha.thebase.in/items/3002015

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎人気上昇中!
◇明成社編集部ブログ http://ameblo.jp/meiseisha/

日本人として生きる誇りと勇気
http://ameblo.jp/meiseisha/entry-12165638189.html

「海難1890」ブルーレイ&DVD
http://ameblo.jp/meiseisha/entry-12161862621.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

≪おもしろ歳時記≫ 編集人 ミケねこ 
         
△  ▲    紫陽花が綺麗な季節になりました。
(・×・) ♪ 梅雨のじめじめは嫌ですが、紫陽花を見ると
┌○─○┐  季節を感じて心がほっこりします。
| ミケ |  紫陽花を見に行きたい今日この頃です。
└───┘  
                        
     明成社のオンライン         
     http://meiseisha.thebase.in/

     かえるショップ 
     http://kaerushop.thebase.in/

     明成社ツイッター
     http://twitter.com/meiseisha 

     明成社Facebook
     https://www.facebook.com/meiseish?ref=hl       

---------------------------------------------
株式会社 明成社 http://www.meiseisha.com/ 
〒153-0042 東京都世田谷区池尻3-21-29-302
電話 03-3412-2871 FAX 03-5431-0759
-------------------------------------------- 

ついでに読みたい

知って役立つおもしろ歳時記

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/03/01
部数 198部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング