グルメの心理学

グルメの心理学 「ウェンディーズ」バーガー 閉店の衝撃


カテゴリー: 2009年12月16日
─────────────────────────────────

             グルメの心理学
       
      ●第19号● 2009年12月16日発行 ● 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「ウェンディーズ」バーガー 閉店の衝撃
─────────────────────────────────

 ハンバーガー・チェーン店の「ウェンディーズ」。
 日本国内71店舗全てが12月31日をもって営業終了となります。
 
 とっても残念・・・、というか私にとっては衝撃的なニュースです。
 
●ウェンディーズ
http://www.nihon-wendies.co.jp/

 これは食べ収めに行かなくては・・・と思って、
渋谷の「ウェンディーズ」に足を運んだところ、
ほぼ満席の大入り状態でした。

 おまけに、「チリ」をはじめとして、人気メニューの何品かが
「品切れ」となっていました。

 ファーストフード店で品切れというのは滅多に見ませんが、
私と同じじよう「食べ収め」客が、殺到している
ということなのでしょう。

 
 私は、もともとハンバーガーなんてほとんど食べない人間だったのですが、
アメリカ生活でハンバーガーの魅力に開眼しました。

 アメリカの場合、チェーン店ではなく、独立系というか、
単独店舗の店に、めっちゃおいしい店が何軒かあったのですが、
チェーン店としては「ウェンディーズ」が、一番好きでした。

 どこがおいしいかというと、バンズにしっかりとした歯ごたえがあって、
パテも肉の旨みがしっかりとしている。

 「しっかりと肉を食べた感じがする」ということで、
これがハンバーガーの魅力であり、醍醐味だと思います。

 ハンバーガー大手の「マ●●」にはそれが全くなくて、
カロリー数は異常に高い割に満腹感がない・・・という。


 そんな状況で、日本に帰国して、渋谷に「ウェンディーズ」を
発見したときは、「ヤッター」と大喜びしました。

 それから渋谷の文化村のあたりに行くときは、
必ず食べていたのです・・・。


 アメリカの独立系のハンバーガー・ショップでは、
ほぼ100%の確率でメニューに「チリ」があって、
チリとハンバーガーとは切り離せない存在でありますが、
日本で「チリ」をメニューを入れている
ハンバーガー・ショップというは滅多になくて、
そんな中、日本になじみの薄い「チリ」というメニューを
人々に知らしめるべく、頑固にメニューに入れ続ける当たりは、
「ウェンディーズ」は、アメリカ食文化の伝道師とでも言うべきか・・・。

 そういう「アメリカン・フード」へのこだわりを持った
頑固さが「ウェンディーズ」にはあって、
そういうコンセプト的なものも含めて
「ウェンディーズ」が好きでした。

 千円以下で食べられるハンバーガーとしては、
最も好きなブランドだっただけに、
今回の撤退は、とても残念です。

 全面撤退しなくてもいいんじゃないか・・・というか、
何軒かは残してくれよ・・・というのが心情です。

 まあ、契約の問題で、そういうこともできないのでしょうが・・・。


 もし、「ウェンディーズ」を食べたことがない方は、
是非、閉店前に一度食べてみてください。

 樺沢のお勧めは、「ダヴルウェンディーズ」です。

 アメリカを思い出しますなあ・・・。


 「味」と「思い出」というのは、密接に結びついています。
 
 私にとっての「ウェンディーズ」は、
アメリカ生活を思い出させる「トリガー」のようなもの。

 それを失うというのは、自分の大切な思い出を失うような
気がするのです・・・・・・。


「チリ」を自宅で食べたい人は・・・
   ↓↓↓
メキシコのトマト味のおつまみです。 煮込んだお豆にトマトを入れ、さらに、
煮込んだ料理です。...
http://01.futako.info/b/mexicanchili.html


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
メールマガジン解除:http://www.mag2.com/m/0000257512.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
メール送信者:(株)樺沢心理学研究所 佐々木信幸(樺沢紫苑)
連絡先:  kzion@kabasawa.jp
メール送信者情報の詳細:
http://www.saikyo.bizshin.com/semi1/hyouji_eisei.html
メールマガジン登録/解除:http://www.mag2.com/m/0000257512.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


このメルマガは現在休刊中です

グルメの心理学

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2009/12/16
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

グルメの心理学

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2009/12/16
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング